やっぱり難しいかな?20才差で結婚して後悔した体験談

日本では晩婚化が進んでいるため、40才をすぎてから結婚する人が少なくありません。

それにともなって、年齢差がある夫婦が増えていて20才差以上の差がある夫婦がいます。

しかし、夫婦の年齢差が大きすぎるとデメリットがあるため結婚して後悔することがあります。

今回は、20才差で結婚をして後悔した体験談を紹介するので参考にしてみてください。

20才差で結婚はやっぱり難しいかな?

日本では晩婚化が進んでいるほかに、年齢差がある夫婦が増えています。

しかし、年齢差がある夫婦は同年代の夫婦とくらべてデメリットが多いため結婚してから後悔するケースがあります。

もちろん、幸せに暮らしている20才差以上ある夫婦がたくさんいます。

20才差以上あるカップルが結婚を考えているときは、結婚前に年齢差があるカップルのメリット・デメリットを認識する必要があります。

20才差の年の差結婚メリット・デメリット

【20才差で結婚するメリット1】甘えやすい

20才差がある夫婦の場合は、年上のパートナーに甘えやすいことがメリットです。

年齢が高いパートナーは人生経験が豊富なため、少々のことでは動じないことが多いです。

また、年下のパートナーをかわいがる人が多いため、安心して甘えられます。

【20才差で結婚するメリット2】経済力がある

20才差ある相手と結婚するときは、相手が経済的に安定していることが多いです。

新婚時代や出産をするときは大きな出費がありますが、経済的に悩むケースが少ないです。

【20才差で結婚するメリット3】大喧嘩になりにくい

20才差ある夫婦は喧嘩をしたとしても、大きな喧嘩には発展しにくいメリットがあります。

同世代の夫婦が喧嘩をするときはおたがいにひくことができずに大喧嘩になりやすいですが、年齢差があれば大喧嘩になる前に年上のほうが身を引くことが多いです。

【20才差で結婚するデメリット1】話題が合わない

20才差ある夫婦の場合は、会話をするときに話題が合わないケースが少なくありません。

また、話題だけではなく価値観が合わないことがあるため、一緒に生活をしていてトラブルが発生することがあります。

【20才差で結婚するデメリット2】介護の心配がある

20才差ある相手と結婚をするときは、すぐに相手の親の介護がはじまることが少なくありません。

また、相手の親・自分の親・パートナーと年齢がずれているためずっと介護が続くリスクがあります。

【20才差で結婚するデメリット3】出産に焦りを感じる

20才差ある夫婦の場合は、出産に焦りを感じることが少なくありません。

男性が年上の場合は、子供が産まれる可能性が低くありませんがどうしても年齢とともに子供ができにくくなります。

女性が年上のときは、早めに子供を作ったとしても高齢出産になるリスクがあります。

20才差で結婚して後悔した体験談

愛さえあれば大丈夫だと思っていたのですが、年上の夫とのジェネレーションギャップに悩まされています。

おたがいの価値観にずれがあるため、夫婦関係がギクシャクしていて後悔しています。

年上の夫と結婚をして一番後悔している点は、介護です。

夫の両親が高齢で、新婚生活を楽しむ余裕がなく辛いです。

結婚後の後悔を防ぐには?

【後悔を防ぐ方法1】結婚前にリスクを把握する

年の差がある結婚をすると、さまざまなリスクが発生します。

結婚前にリスクをしっかり把握することで、結婚後に後悔することが少なくなります。

【後悔を防ぐ方法2】夫婦で協力する

年の差がある相手と結婚をしたあとは、さまざまな悩みが生まれます。

そんなときにひとりで悩みを抱え込んでしまうと、結婚生活が辛くて後悔してしまいます。

年の差がある結婚をして悩んでいるのは、あなただけではなくパートナーも同様です。

おたがいにしっかりコミュニケーションをとって協力していくことで、後悔を防ぐことができます。

後悔しないようにしっかりと見極めよう!

20才差で結婚をするとデメリットがたくさんありますが、メリットもあるため、幸せな結婚生活を送っている夫婦が少なくありません。

結婚してから後悔しないように、結婚相手をしっかり見極めましょう。

関連記事
年の差結婚の子供を作るタイミング&注意点
ちょっと不安…年の差結婚のメリット・デメリットとは
結婚の年齢差はどれくらいがベスト?理想と限界の差

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!