浮気をした場合の別れる確率は50%!許してもらう方法

浮気をしてしまう理由はさまざまあると思います。 なかには、「浮気はいけないことだ」とわかっていながらも、できこごろで浮気をしてしまう方がいるでしょう。 そこで浮気をした場合の別れる確率と、許してもらう方法を紹介していきます。最近、浮気をしたのがバレたけど、今のパートナーと付き合い続けたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

浮気をした場合の別れる確率

最近では、浮気や不倫がよくメディアに取り上げられています。では、浮気をした場合の別れる確率は、どのぐらいなのでしょうか?その確率は約50%と言われています。

しかし女性が浮気をした場合は、別れる確率が高くなります。女性が浮気をするときは、浮気相手のことが本気で好きになっている証拠と言えるでしょう。

逆に男性はできごころで浮気をしてしまう方が多く、浮気をしてバレてしまっても、彼女と別れたくないと思っていることが多いようです。

別れたくない!浮気を許してもらう方法

事実をしっかり話す

浮気をしたことを隠す方は多いです。しかし浮気を隠すことによって、パートナーを傷つけてしまう確率が高くなってしまいます。

そのため正直に浮気をしたことを認めると、もしかしたら許してもらえるかもしれません。

とくに女性は浮気をされた行為より浮気を隠されたことに、ショックを感じるので、男性は浮気をしてしまったら、浮気をした理由やこれまでの経緯をしっかり話しましょう。

「もうしない」と謝る

浮気をしてしまったら、謝罪をすることは当然です。なかには浮気をしてしまったのにも関わらず、パートナーのことを悪く言ったり、逆ギレをしてしまう方がいます。

別れたくないと思っているのなら、しっかりと謝罪をして「もう浮気はしない」と宣言しましょう。しかし浮気をされた方は、1度裏切られているので、あなたのことをなかなか信用してくれないかもしれません。

諦めずに謝る

何度謝っても、浮気を許してもらえないことがあります。信頼をしてもらえるのは時間がかかりますが、信頼を失うのは一瞬です。

そのため、再び信頼してもらえるのには非常に時間がかかります。「こんなに謝っているのに…」と被害者意識を持つのではなく、長い時間がかかっても、許してもらう努力をしましょう。

別れることになったら復縁は難しい?

浮気をした場合、あなたが「別れたくない」と思っていても、パートナーが別れたいと思っていたら仕方なく別れるしかありません。しかし、別れることになったからといって、復縁できないわけではありません。

冷却期間を置くことで、パートナーが「やっぱり好きだな」と感じて、復縁したくなるかもしれません。あるアンケートでは、約60%の確率で冷却期間を置いたカップルの方が、復縁しても長続きしやすいことがわかっています。

復縁のためにするべきこととは

浮気した原因を解消する

浮気をして別れることになった場合、浮気をした原因を改善しなければ、復縁できない可能性が高いです。理由は、再び同じ原因で浮気をしてしまうかもしれないからです。

浮気とは、浮気をした側だけが悪いということでもありません。お互いに浮気をした、された原因を話して解消していきましょう。

浮気の原因を改善しないまま復縁をしてしまうと、同じ原因で浮気をしてすぐ別れることになってしまうので、注意してください。

自分に自信をつける

浮気をした原因は、さまざまあると思います。しかし根本的には自分に自信がないため、浮気をしてしまいます。そのため、自分に自信をつけることで復縁できる確率が高まります。

自分に自信をつける方法として、1番おすすめなのが自分磨きです。とくに、ダイエットや筋トレは、外見だけでなく、内面の成長も期待できます。

別れることになってもしょうがいない…

浮気をした場合の別れる確率と、許してもらう方法を紹介しました。浮気をした場合の別れる確率は50%で、別れることになっても仕方がありません。

しかし別れることになっても、復縁できる確率は0%ではないので諦めないようにしましょう。

関連記事
浮気をするのは男だけ?男女の浮気率の違い&浮気する心理

浮気をするのは男だけ?男女の浮気率の違い&浮気する心理

同窓会で浮気をする確率は?浮気を防ぐ方法

同窓会で浮気をする確率は?浮気を防ぐ方法

彼氏と距離を置くと別れる確率が高い?別れたくない時の対処法

彼氏と距離を置くと別れる確率が高い?別れたくない時の対処法

関連キーワード

おすすめの記事