付き合う前の電話テクニック♡タイミング&内容

付き合う前に電話をしたいけど、タイミングや何を話せばいいのか話題に悩んで、恥ずかしいし緊張してしまいますよね。 そこでこの記事では好きな人を振り向かせる、付き合う前の電話テクニックについてを徹底的に詳しく紹介します。「好きな人にどんなタイミングで、どういったきっかけで電話をすればいんだろう」 「付き合う前の初めての電話で何を話せばいいんだろう…内容を考えたほうがいいかな…」そんな悩みをスッキリ解決します。 また初電話がかかってきたときの男性心理の見極め方や、付き合う前に電話でNGなこともご紹介します!

付き合う前に電話するのはあり?なし?男女の意見

「好きな人に電話してもいいの?」
「電話したら嫌われないかな…」

付き合う前だからこそ、初電話をするときは慎重になりますよね。

では、付き合う前に好きな人に電話をしてもいいのか、男女それぞれの意見を参考にしてみましょう。

女の子からの電話は基本嬉しい

20代 男性

女性から電話がかかってくるのは嬉しいです。いつも僕の場合は自分からかけているので、むしろ女性から電話をかけられたいものです。

電話でたくさんお喋りをすれば、それだけお互いのことがわかりますし、好きな人を振り向かせることも、好きな人に対する自分の気持ちを確かめることもできると思います。電話は、好きな人との大切なコミュニケーションだと思っています。

逆に電話がなかったら脈なしなのかな?って思います。

20代 男性

付き合う前だとしても好きな人に電話をするのは、当然のことだと思います。

好きな人の声が聞きたいのはもちろんですし、好きな人のことは知りたいものですし、自分のことも知ってほしいですからね。

好きな人と付き合いたいなら男女関係なく電話をするべきだと思っています。

完全に脈なしの人からの電話はうざい

30代 男性

付き合う前に電話をすること自体は特に悪いと思いませんが、どちらかというと個人的には「なし」ですね。

以前、興味がない人から電話の催促があったのですが、正直疲れてるときに毎日電話をしてくるので迷惑でした…。電話を断るのも傷つけない言葉を考えなきゃいけないしエネルギーがいるんです…。

例えありかなって思う女性だったとしても、僕は電話が苦手なタイプなので、電話をするぐらいなら直接会えばいいじゃんと思ってしまいます。

だから別に電話はしなくていいかなって思います。

やりすぎると迷惑

30代 女性

付き合う前は、毎日でも好きな人に電話をしたくてたまらなくなります。できるだけ常に声を聞いて好きな人の存在を近くに感じたいんです。

でもそれで以前、わたしが電話をかけまくっていたらしつこかったようで断られたことがあります…。そこから関係もきまずくなって…電話はいいと思いますが加減が重要そうですね。

電話独特のドキドキが効果的

20代 女性

電話って声は聞こえるけど顔が見えない絶妙な感じがドキドキすると思うんです。

だから電話をうまく使えば、好きな人を振り向かせることができて、より確実に交際に発展させることができると考えています。

「好きな人の声が聞きたい」といった純粋な気持ちもありますが、どちらかというと、好きな人を振り向かせるための恋愛テクニックと思っています。

付き合う前に電話をすることに対して、男女でさまざまな意見がありましたが、比較的「付き合う前に電話をするのはあり」と答える人が多いようです。しか電話のしすぎは逆効果なようです。

付き合う前に電話するメリット

今度は、好きな人との恋をうまく進めるために、付き合う前に電話するメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット① 一気に進展しやすい

付き合う前に電話をすると、お互いのことを詳しく知ることができます。

直接会えばお互いのことについて話をすることはできますが、付き合ってないのに2人きりで会うことは難しく、まだ関係が深くない場合は誘えなかったりもするでしょう。

しかし電話であれば会うよりも気楽ですし、LINEのメッセージよりも深いコミュニケーションができて、たくさんメッセージのやり取りをしなくても一気にお互いのことについて知ることができます。

お互いの性格・価値観・趣味趣向・恋愛傾向を知ることができれば、本当に付き合うべき人なのかを判断できたり、どうすれば好きな人が振り向いてくれるのかがわかりやすくなります。

相手のことを知り、自分のことを知ってもらうことが、付き合うための第一歩になるでしょう。

メリット② 相手の状況がわかりやすい

電話は相手の声の抑揚がわかり、また何をしているかもわかりやすいです。そのためLINEでメッセージをするよりも相手の状況を確かめやすくなります。

恋愛はタイミングが命ですが、電話をすることによってタイミングが分かりやすくなります。

メリット③ 距離を縮めることができる

男女が付き合う関係になるためには、できるだけコミュニケーションを多く取ってお互いについて詳しく知り、二人の距離を縮めなければいけません。

二人の距離が縮まると、気軽に話しができたり悩み相談をするうちに信頼関係を築くことができます。

また、話をしながらボディタッチなどのスキンシップができるようになり、心と体の両方の距離が近づいて、お互いが特別な存在に変わっていくのです。

しかし、普段会社や学校で好きな人と顔を合わしていても、やるべきことや周りの目を気にしてコミュニケーションを取ることができませんが、顔を合わせることができない関係であればもっと困難だと思います。

しかし電話であれば、寝る前の時間や休日にお喋りできます。好きな人との距離を縮めるために、電話を使って時間を有効活用しましょう。

付き合う前に電話するデメリット

タイミングを合わせにくい

電話でのやり取りは、好きな人に会えなくても二人の距離を縮めることができるコミュニケーションの1つです。

実際に「好きな人と仲良くなりたい」「好きな人を振り向かせたい」と思って、付き合う前の好きな人に電話したいと考えている人は多いでしょう。

しかし、好きな人が時間に余裕があるときや、気分が乗っているときを見極めて電話をしないと、返ってウザい思われてしまう可能性もあります。

電話のやり取りで仲良くなることはできますが、電話をかけるタイミングがわからない難しさがあります。

盛り上がらないと気まずい

電話で会話のやり取りが盛り上がらない場合は気まずくなってしまい、下手をすれば相手に「性格が合わないのかな?」と思われてしまうときがあります。

だからこそ無言や沈黙が続かないために、ある程度の話す内容を考えておくといいでしょう。

考える時間がない

LINEと違って電話中はすぐに返事をしないといけません。だからこそ思わぬことを言ってしまったり、緊張して何を答えればいいのか分からなくなってしまうこともあります。

話す自身がない方は、少し練習をしてから彼と電話をしたほうがいいでしょう。

付き合う前に電話をするきっかけとタイミング

「いきなり電話をかけても嫌がられないかな?」「何をきっかけに電話をかけたらいいんだろう...」と不安に感じているのではないでしょうか。

電話をしたくても誘い方に悩みますよね。しかしあれこれ考えすぎて、結局電話をしないままでいると好きな人との距離を縮めることが難しいかもしれません。

そこでできるだけ自然に電話をかけるための口実をまとめました。

① LINEで説明が難しい悩みや相談をする

はじめて好きな人に電話をする人は、悩み相談をきっかけにするといいでしょう。

「悩み」という話題があるため電話中に無言になる心配がなく、好きな人が悩みをどれだけ真剣に聞いてくれるかを見極めることで、好きな人の人柄を知ることができます。

しかし、いきなり電話をかけて悩み相談をすると、好きな人に重いと思われる可能性がありますので「相談したいことがあるから今日電話していいかな?何時ごろだったら時間に余裕がある?」と事前に電話をすると伝えたうえで、なおかつ電話をする時間帯を確認しておきましょう。

また、相談する内容は、恋愛や人間関係のトラブルではなく、仕事の悩みなどの比較的軽い相談にしておくと、好きな人に負担をかけることなく電話をすることができるはずです。

② 彼が得意な分野について教えてほしいと電話をする

彼が得意な分野についての電話をしてみましょう。例えば彼の地元の美味しいお店であったり、彼の趣味のことであったり、そういった話題がおすすめです。

自分の特技や趣味は誰かにシェアをしたくなるものです。

「LINEより電話のほうが早そう」と口実にして電話をかけてみましょう。

③ 遊びの誘いをする

ある程度好きな人との関係が築けている場合は、遊び誘いをきっかけにして電話をかけてみるのはどうでしょうか。

2人きりで会うのが難しい場合は、複数人での遊びに誘うのもよさそうです。

「週末に会社のみんなでBBQするんだけど来ない?」
「会社の飲み会があるんだけど参加はどうする?」

仕事や遊びの連絡であれば、違和感なく電話をかけることができて、なおかつスムーズな会話をすることができます。

また遊びの誘いをして終わるのでなく、「〇〇部長は飲み会好きだから大変だけどね笑」と冗談をまじえた会話をすることで、話題を次に進められて楽しい電話になるはずです。

業務連絡や遊びの連絡をきっかけにする場合は、いきなり電話をかけて問題ありません。いきなり電話をかけることで「〇〇ちゃんから電話だ。どうしたんだろう?」と意識させることができますので、より電話するチャンスを作ることができます。

④ LINEの流れで電話をする

顔を合わせば気軽に話ができたり、頻繁にLINEで連絡を取り合うほどの関係になっている場合は、LINEで盛り上がっているときに「もうLINEが多すぎるから電話するね!」と一言断りをいれてから電話をするといいでしょう。

お互いにLINEで気分が高まっていますので、すんなりと電話を受け入れてくれるはずです。 LINEでやり取りしていた話題で話をすれば、電話で無言になる心配がありませんので、何も不安に感じることはなく、自然な流れで電話をかけましょう。

関連記事
付き合う前の彼ともっと電話したいけど話題に困る!対処法とは?

付き合う前の彼ともっと電話したいけど話題に困る!対処法とは?

付き合う前の電話で気をつけること&注意点

付き合う前に電話をするメリットを活かせば、好きな人との距離をグッと縮めやすくなり、よりあなたに意識を向けさせることがわかったと思います。

また、付き合う前の電話のやり取りは、LINEやメールと違ってお互いの生の声を聞くため、二人の距離を縮める効果が高いとも言われています。

しかし、好きな人との距離を縮める効果が高い分、やり方を間違えると好きな人からの印象が一気に下がってしまうのです。

そこで、好きな人との恋を実らせるために、電話をするときに気をつけることや注意点を見てみましょう。

① 事前に話す内容を決めて無言にならないようにする

「好きな人と仲良くなりたい」
「好きな人について深く知りたい」
「好きな人の声が聞きたい」

と、人それぞれ電話をしたい目的があると思いますが、最終的な目標は、好きな人と付き合うことだと思います。

電話のやり取りをするなかで好きな人を振り向かせたいのであれば、会話を弾ませて好きな人を楽しい気分にさせなければいけません。

電話で無言の時間ができると「楽しくないのかな?」「なんで電話してきたのに喋らないの?」と印象が悪くなるのです。

電話をする前に会話のネタを用意しておき、無言にならないように気をつけましょう。

好きな人の趣味を調べておいたり、聞きたいことをピックアップしておくと、スムーズな会話ができるでしょう。

② 事前にLINEで電話をしていいか聞く

好きな人との関係性によりますが、まだ友達と呼べるほど仲良しな関係になっていないときは、電話をかける前に初めて電話をするとき「今大丈夫?」「少し話せる?」と確認をしましょう。「今から電話をかけて大丈夫かな?」と一言LINEを送りましょう。

スマホさえあれば、いつでもどこでも電話をすることができますが、忙しくしているときに電話がかかってくると、案外めんどくさいと思ってしまうものです。

たとえ電話にでてくれたとしても「忙しいときにごめん。大した用事じゃないんだ。また電話するね」の一言で終わってしまいます。

好きな人に迷惑をかけないため、好きな人とたっぷり電話でお喋りするために、事前にLINEで一言電話をしていかの確認をしましょう。

断られたら時間をあける

残念ながら電話をしようとしたら断られたり、電話に出ないときがあります。それはあなたが脈なしなのではなく、忙しかったり、電話をしたくない気分だったのかもしれません。

もし断られてしまったときは気にしていないような雰囲気をだして、1ヶ月は電話に誘うのを控えましょう。

付き合う前の電話のNG行為と嫌われないコツ

時間帯に配慮する

付き合う前に電話をするときは、電話をかける時間帯に気をつけなければいけません。

たとえば「◯◯君の声を聞いたら眠れるかと思って電話しちゃった」と深夜に電話をかける女性を可愛いと思うかもしれませんが、相手の男性にしてみると、だだの迷惑にしかならないのです。

もちろん、好きな人が友達と遊んでいるときや、仕事で忙しいときに電話をかけると「鬱陶しいな…何で電話をしてくるんだよ」と迷惑に思われてしまいます。

電話をするときは、深夜・早朝・仕事中などの時間帯は避けて、好きな人に負担をかけない時間帯を選びましょう。

がっつき過ぎない

やたらプライベートを聞いたり、しつこく何度も電話かけたりとがっつき過ぎないようにしましょう。比較的に男性は追いかけられるより追いかけたい生き物です。あまりにもあなたが追いかけてしまうと、逃げられてしまう事があります。

もし追いかけすぎてしまった時は、ほんの少し返事を遅くするなどして彼とバランスを整えましょう。しかしわざと返信を遅くするなどの駆け引きは失敗するときがあるので、加減には気をつけてください。

自分のことばかり話す

好きな人に自分のことを知ってもらいたくて、今日の出来事や自分の趣味について話をしたくなる気持ちはわかります。

しかし、ずっとあなたの話を聞いている相手は「話を聞くばかりで飽きてしまった…全然楽しくないから電話してきてほしくないな」と思ってしまいます。

付き合う前の電話は「あなたと一緒にいることで楽しい」と思わせることを意識しましょう。

一人で話さずに、好きな人が話したくなるような電話のやり取りを心がけましょう。

下ネタを話さない

下ネタを話せる仲ということは仲がいいということです。しかし、仲良くなりすぎると逆に異性として見てもらえなくなる可能性があります。ただの友達止まりになってしまうのです。

女性らしい話し方や恥じらいを感じさせて異性として意識させましょう。

毎日や長時間はダメ?付き合う前の電話の頻度と通話時間

付き合う前に好きな人に電話をするときは、どうしても緊張するものですが、きっかけやタイミングに気をつけておくと案外簡単に電話できるものです。

しかし、気軽に好きな人に電話ができるようになっても、電話の頻度や通話時間は気をつけなければいけません。

通話時間は30分以内

好きな人との関係は浅くても深くても、電話の長さには注意をして通話時間は30分以内で済ませるようにしましょう。1時間や2時間とあまりにも通話時間が長いと、あなたとの電話がめんどくさいというイメージがついています。

話題を残しておいてほうが次に電話をしやすいですし、「もう電話を切るのか…」と好きな人に物足りなさを感じさせたほうが、あなたのことを意識させる効果に繋げることができます。

  • まだ二人の関係に距離がある人は5〜10分
  • すでに親密な関係を築いている人は20〜30分

と、好きな人との関係に合わせて、30分以内で通話時間を調整するといいでしょう。

距離がまだある関係なら月に2〜3回

「会っても少し話す程度」「LINEでの連絡をほとんどしたことがない」と、まだ二人に関係が知り合いレベルで距離がある場合は、月に2〜3回程度の電話にしましょう。

会って話をしたりLINEで連絡を取り合って、好きな人との距離を縮めないことには、電話をかけても好きな人に困惑されてしまいます。

可能な限りは電話以外の方法でも、ある程度好きな人との関係を築くことに意識を持ちましょう。

また電話をかけるときは、仕事の業務連絡などをきっかけにして手短な電話にしましょう。

週に1回ペースが理想

彼とある程度、仲良くなっても自分からかける電話は週に1回ペースにしましょう。

電話を含めてコミニケーションを多く取るほど二人の距離が縮まって、付き合うことを可能にしてくれます。

しかし電話に時間を取られると、その日にやるべきことができなくなるストレスを感じたり、話題が尽きて楽しみがなくなったりと、マイナスな影響を与えることがあります。

毎日電話をかけずに普段はLINEでやり取りをして1週間に1回のペースで電話でお喋りをするといった連絡の取り方をしましょう。

親しい関係なら2〜3日に1回

電話をしたときにまるで恋人のようなラブラブでイチャイチャな雰囲気があり、且つ彼からも電話がくる状態なら、毎日電話してもいいでしょう。かなり脈ありでほぼカップル成立状態の可能性があるので、このまま関係を深めていきましょう。

「何を話せばいいの?」付き合う前の相手と電話で話す内容

付き合う前に好きな人に電話をしたくても、「なにを話せばいいんだろう…」「電話で無言になるのが怖くて電話ができない…」と、不安に感じている人が多いはずです。

自分から電話をかけておきながら無言になると「なんのために電話をしてきたんだろう?早く電話を切りたいな」と悪い印象をもたれてしまいます。

好きな人と付き合う前に楽しい電話をするために、おすすめの話題について見てみましょう。

① 相手を気遣う話題

相手の体調を気遣ったり、あるいは相手の誕生日や就職祝いなどを祝う電話をするといいでしょう。祝われたり気遣いをされて嫌な気持ちになる人はいません。

相手を気遣ううちに、彼から人生相談をもちかけてくれるかもしれません。

② 相手の趣味に関する話題

付き合う前に電話をするときは、お互いの趣味や興味があることから話をはじめると、会話が弾んで楽しい時間を過ごせるはずです。

お互いのことを詳しく知ることができて、より好きな人に興味を持ったり、逆に自分に興味を持たせることができるでしょう。

また、趣味や興味があることをきっかけに「◯◯君の趣味に私も興味があったので、今度教えて!」と遊ぶ約束に繋げることができるため、どんどん二人の距離が縮まるはずです。

③ 過去の思い出話

すでに好きな人と気軽に話ができる関係を築いている人の場合は、過去の思い出について話をすると会話が盛り上がるはずです。

たとえば、好きな人と同世代であれば、中学生の頃に聞いていた音楽や部活で大変だったことなど、ありきたりな思い出話ですが、なにかと共感できる部分が多くて話が盛り上がること間違いありません。

また、お互いの知らない部分を知ることができて、より親近感を感じられるため、恋愛に発展しやすくなります。

④ 恋バナは◎

付き合う前であっても、すでに何度か電話をしている仲になっていれば、お互いの恋愛について話をすると、より自分を異性として意識させることができます。

たとえば、

  • 過去の恋愛話
  • 過去の恋愛の失敗談
  • 付き合ってきた人数
  • モテるモテないについて

と、比較的軽い内容の恋愛話がおすすめです。

好きな人と恋愛関係に発展させることができたり、好きな人の恋愛傾向や恋愛観について知ることができるため、振り向かせる方法や付き合い方を明確にできるでしょう。

⑤ ゲームをする

通信制のゲームで電話をしながら対戦をすれば、沈黙が続いても気まずくなりません。また楽しい思い出を一緒に作ることもできます。お互いにやっているゲームがあるなら、ゲームの対戦に誘ってみてもいいでしょう。

可愛いと思わせる!電話のテクニック

あなたが好きな人と付き合う前に電話をする理由は、好きな人を振り向かせて最終的には付き合うことですよね。

声が聞こえるけど顔がみえない絶妙な電話はドキドキしやすいです。電話のドキドキ効果を恋愛のドキドキだと勘違いさせましょう!

リアクションはオーバーに

電話で好きな人を振り向かせたいときは、しっかりと声に感情を乗せて話をしましょう。

言葉に感情を乗せる方法は、抑揚をつけて話すだけです。

言葉に感情を乗せる(=抑揚をつける)と、話を聞いている側の好きな人に臨場感を与えることができますので、会話が弾んで楽しい時間を過ごすことに繋がります。

相手のことを褒める

好きな人に自分の気持ちに気づいてほしいときは、とにかく相手を褒めましょう。

「〇〇君は優しくて仕事ができて素敵だよ」
「〇〇君の話って本当におもしろい!一緒にいて楽しい」

と、些細なことで構いませんので好きな人を褒めていると「どうしてそんなに褒めてくれるのかな?意識してくれてるのかな?」と気づいてくれます。

見た目・内面・周りからの評価をまじえて、好きな人をとことん褒めてあげましょう。

第一声は名前を呼ぶ

電話に出てくれたときの第一声は「もしもし」ではなく名前を呼ぶようにしましょう。小さい細かいテクニックですが、名前を呼ぶだけで親近感がグッと高まります。

電話の終わり方は寂しそうにする

電話の切り方のコツは「◯◯君と電話をしていると時間が経つのが早いな…」「もっと◯◯君とお喋りしたかったな…」と寂しそうな少し甘えるトーンで電話を切ることです。好きな人に女性としての可愛さを感じさせる効果があります。

大事なことは「電話を切るのが寂しい=電話が楽しい・もっと電話したい」と匂わせることです。さらに「また近いうちに電話してもいい?」と可愛くお願いをすると、次に電話をかけやすくなって、より異性として意識してもらえるでしょう。

電話のあとは「ありがとう」と言う

「楽しかったありがとう!明日も頑張ろう」と電話してくれたことに感謝の気持ちを伝えましょう。

ありがとうと言われて嫌がる人なんていません。彼に「気遣いができる人だな」と思われて好印象ももたれやすいです。

脈アリなのか電話で確かめる方法

電話で好きな人を振り向かせるために頑張っても、相手にどう思われているかがわからなければ、二人の関係を進展させることができません。

今度は、電話で脈ありか見極めるための3つのポイントを見てみましょう。

① 彼の声が弾んでいる

声というのは、その人の感情がそのまま伝わってきます。

怒っているときは、語気が強く大きな声になりやすく、嬉しいときは、普段より声のトーンが高く弾んでいるように感じられるのです。

このことから、好きな人が電話に出たときの声のトーンを聞くことで、脈あり・脈なしを見極めることができます。

② 誘ったときの反応

次の電話や、遊び、デートなど何かに誘ったときの彼の反応を意識してみましょう。

第一声が明るく楽しそうであれば、あなたからの電話を喜んでいると判断できて、逆に声のトーンが低く抑揚のない声であれば、あなたからの電話をめんどくさいと感じていると判断できます。

会話の内容ではなく、好きな人の第一声をしっかり聞いて脈ありか脈なしかを判断しましょう。

③ 相手から電話がかかる頻度

あなたは「好きな人の声が聞きたい」「もっと仲良くなりたい」「自分の気持ちに気づいてほしい」と、相手のことが好きだからこそ電話したいと思いますよね。

好きな人があなたと同じ気持ちであれば、相手から電話がかかってくるはずです。

逆に脈なしであれば、あなたが電話をかけるばかりで、好きな人から電話が来ることはないでしょう。

好きな人から電話がかかってくるかどうかで、脈ありか脈なしかを判断できます。

④ あなたの電話にでる確率が高いか

好きな人は、あなたからの電話にでてくれますか?もしくは、必ず折り返しの電話をかけてくれますか?

きちんと電話にでてくれたり、折り返しの電話をかけてくれるようであれば、あなたとの電話を嫌がっているわけではないと判断できるため、好意的に思ってくれているでしょう。

しかし、電話にでてくれることが少なく、折り返しの電話もなく、LINEで用件を聞くような対応を取るのであれば、あなたとの電話をめんどくさいと思っている可能性があります。

⑤ たくさん話をしてくれるか

あなたの好きな人は、電話でたくさん話をしてくれますか?

好きな人のことは、性格・好きな食べ物・子供の頃のこと・過去の恋愛・将来の夢など、1つでも多くのことを知りたいと思って話しかけるものです。

「その人のことが好きだから興味があり、興味があるから質問したい」と思う心理が働きますので、あなたに質問をしたり自分のことを話してくれるようであれば、好意的に思っていると言えます。

逆に、あなたの話を聞くだけで、好きな人が話をしてくれない場合は、残念ながらあなたに興味がないため、今の時点で付き合える可能性は低いと言えます。

しかし、嫌いなわけではありませんので、焦らず時間をかけて好きな人を振り向かせましょう。

⑥ あなたのことを心配しているか

電話で人生相談などをしたときに、相手が本気で相談にのってくれているかを確認しましょう。

好きな人が心から心配してくれるような状態であれば、あなたのことを大切に思っている証拠です。

心配をするだけでなく、具体的なアドバイスも考えてくれたときは、より確実にあなたに対して好印象をもっている可能性があります。

⑦ 寝落ち電話をしてくれるか

寝落ち電話をされたら話がつまらないのかなって思うかもしれませんが、それなら嫌そうな態度を何かしらとるものです。電話中に寝落ちをするということは、あなたに< b>心を許している証拠でもあります。そのため脈アリの可能性が高いです。

ただし無理に長電話をしてしまったときや、深夜に電話をした場合は、体力の限界で寝落ちをしている場合もあります。

付き合う前の電話は緊張するけど進展しやすい

「付き合う前に好きな人に電話するタイミング」や「好きな人を振り向かせるためのテクニック」を中心に紹介しました。

付き合う前の電話のやり取りは、両思いになれるかどうか、付き合えるのかどうかに影響を与えます。

ただ好きな人と電話することで満足せずに、好きな人に負担をかけない電話のかけ方や、好きな人を振り向かせることを意識すると、あなたの恋愛が成功する可能性が、グッと上がるかもしれません。

関連記事
マッチングアプリの彼と会う前は電話をしたほうがいい理由とは

マッチングアプリの彼と会う前は電話をしたほうがいい理由とは

付き合う前の彼ともっと電話したいけど話題に困る!対処法とは?

付き合う前の彼ともっと電話したいけど話題に困る!対処法とは?

好きな人に既読無視されたけど電話したい...嫌われないタイミング

好きな人に既読無視されたけど電話したい...嫌われないタイミング

関連キーワード

おすすめの記事