失恋後は彼のことをブロックするべき?立ち直るためのポイント

失恋したあとに、彼のことをブロックすべきかどうかで悩む方がいます。

失恋したあとは、彼のことをブロックすべきなのでしょうか。

今回は、失恋後に彼のことをブロックすべきかと、立ち直るためのポイントを紹介するので参考にしてみてください。

失恋後は彼のことをブロックするべき?

失恋をしたときは「もう彼のことを考えたくない」という心理になり、連絡先をブロックしようとする人がいます。

しかし、別れ方によってはブロックすることがよくないケースがあります。

そのため、ブロックするかどうか悩んだときは、焦ってブロックせずに時間をかけて冷静に考えましょう。

ブロックしたほうがいい失恋の仕方

【ブロックしたほうがいい失恋の仕方1】彼の浮気が原因のとき

彼が浮気をして別れたときに、「浮気する人と付き合えない」と思ったときはブロックしましょう。

浮気に対する価値観は人によって違い、どうしても浮気をした相手を許せない人がいるためです。

絶対に復縁がないと考えていれば、ブロックをしたあとに公開することはほとんどありません。

【ブロックしたほうがいい失恋の仕方2】暴力やモラハラがあるとき

元彼の暴力やモラハラが原因で別れたときは、ブロックしたほうがいいケースがほとんどです。

「もう暴力やモラハラをしない」と言われたとしても、性格が大きく変わることが少ないためです。

また、連絡先を残しておくと身の危険があるケースがあるため、ブロックしたほうがいいことが多いです。

【ブロックしたほうがいい失恋の仕方3】連絡がしつこいとき

失恋したあとに、元彼からの連絡がしつこすぎるときはブロックしたほうがいいです。

連絡がしつこすぎると「うざい」と感じるだけではなく、元彼からの連絡がストレスになってしまい日常生活に悪影響をおよぼすためです。

ブロックしなくてもいい失恋の仕方

【ブロックしなくてもいい失恋の仕方1】復縁したいとき

失恋をしたときに、「いつか元彼と復縁したい」と考えている女性がいます。

復縁をしたいのにブロックするとチャンスがほとんどなくなってしまうため、ブロックするのはNGです。

また、「復縁したい」と思っていたとしてもすぐに復縁を申し出ないようにしましょう。

別れたあとは、冷却期間をおいてから復縁を目指すことが大切です。

【ブロックしなくてもいい失恋の仕方2】おたがいに納得しているとき

別れるときに、おたがいが別れに納得しているケースがあります。

このときは、別れたあとに友人として付き合うことが多いです。

そのため、ブロックする必要がありません。

【ブロックしなくてもいい失恋の仕方3】ブロックするか悩んだとき

「失恋したけどブロックするかどうか」と悩んでいる場合は、ブロックしないほうがいいケースがほとんどです。

失恋から時間がたつにつれて、元彼に対する悪い印象が薄れてきます。

また、しばらくしてから「やっぱり元彼と復縁したい」と考える人がいるため、失恋後すぐにブロックをして後悔する人が少なくありません。

失恋から立ち直るための3つのポイント

【失恋から立ち直るポイント1】新しい出会いを見つける

失恋から立ち直るポイントのひとつは、新しい出会いを見つけることです。

新しい出会いがあれば、失恋を過去のものとして割り切れるためです。

【失恋から立ち直るポイント2】恋愛以外に打ち込む

仕事や趣味と言った恋愛以外のことに打ち込むことが、立ち直るためのポイントのひとつです。

失恋のことを考える余裕がなくなるほかに、日常が充実して立ち直れるようになります。

【失恋から立ち直るポイント3】新しい出会いがあると前向きになる

失恋から立ち直れない人は、別れたあとにずっと失恋のことばかり考えてしまいます。

そのため、「新しい出会いがあるはず」と前向きになって行動しましょう。

そうすることで、失恋の辛さより新たな出会いに気持ちが向かい、立ち直れるようになります。

すぐにブロックをする必要はなさそう!

失恋したときにブロックすべきパターンは、まったく復縁するつもりがないときや身の危険があるときです。

そのため、慌ててブロックしないほうがいいケースがほとんどです。

関連記事
失恋がショックすぎて受け入れられない…前に進む方法とは?
失恋をしてから毎日が辛い…おすすめの気分転換方法とは?
失恋の執着が消えない理由&執着を捨てる方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!