脱セフレ!男性心理を攻略して本命彼女になる方法

「セフレから本命彼女になりたい」という悩みは、多くの女性が抱えています。

本気でセフレから本命になりたいなら、まずはセフレの心理をきちんと理解することが大切です。

しかし、男性心理はそう簡単には分からないですよね。毎日「彼は何を考えているの?」「私は本命になれるの?」と不安でしょう。

そこでこの記事では、セフレをつくる男性心理を詳しく解説し、さらに本命彼女になるための方法もあなたにお伝えします。

セフレから本命彼女になることを諦める必要はありません。男性心理を攻略して幸せになりましょう!

セフレとは?セフレから本命になれる可能性

セフレから本命になれる確率は30%未満

「セフレの彼の本命彼女になりたい」と、願っている女性は多いでしょう。

彼との関係がどんな形で始まったとしても、好きになれば「彼女になりたい」と、思って当然です。

しかし、自分が彼を好きだからといって、彼があなたを好きになってくれるわけではありません。

ましてや、体から始まった関係であれば、普通の恋愛以上に、彼の気を惹くことは難しいでしょう。

そのため、セフレから本命になれる確率は30%未満と低く、彼女になることは難しいのです。

それでも、セフレから本命になれる確率がゼロでない限り、可能性は残されています。

セフレをつくる男性心理や、セフレから本命彼女になる方法を知れば、彼との関係を進展させることができるはずです。

理解しよう!セフレをつくる男性心理

彼と体の関係があれば、本命彼女になれそうな気がしますよね?

ましてや、ほかに付き合っている女性がいなければ、余計に「どうして自分と付き合ってくれないの?」と、疑問に感じてしまうはずです。

しかし、男性がセフレをつくるのは、何かしらの理由があり、セフレをつくる男性心理を理解することで、本命彼女になれるヒントを見つけることができます。

そこで今度は、セフレをつくる5つの男性心理を見てみましょう。

男性心理①:とにかく性欲を満たしたい

多くの男性は、性欲を満たすことを目的にセフレをつくっています。

セフレであれば、面倒な駆け引きをする必要がなく、自分の都合に合わせて好きなだけセックスをすることができるからです。

セックスがご無沙汰なとき、お酒に酔ったときなど、昼であろうと夜であろうと、時間に関係なくセックスをして性欲を満たそうと考えています。

男性心理②:好きなプレイができて都合がいい

セフレとは、純粋にセックスを楽しむことが目的の関係です。

自分の隠しもった性癖を解放できる相手であり、好きなプレイでセックスをすることができます。

おもちゃを使ったハードなセックスや、AVの真似をしたセックスなど、好きなプレイができる都合のいい相手として、セフレをつくる男性は多いです。

男性心理③:面倒な恋の駆け引きが必要ないからラク

特定のセフレがいれば、女性を褒めたりデートをしたりと、自分に振り向かせるための駆け引きが必要ありません。

自分の都合に合わせてセフレを呼び出せば、いつでもセックスを楽しむことができます。

「彼女はいらないけどセックスはしたい」と、考える男性に見られる心理です。

男性心理④:お金をかけずにセックスができる

男性は、好きな人と付き合うためや、ナンパした女性を口説くために、デート食事代でお金を使っています。

もちろん、正式に付き合えば、誕生日や記念日でお金を使わなければいけません。

ただ、セフレであれば、デートをすることも、記念日をお祝いすることもないため、お金をかけずにセックスをすることができます。

「お金をかけずにセックスがしたい」と、考えて、セフレをつくる男性は多いです。

男性心理⑤:寂しさを埋めたい

セフレとの関係は、欲求不満の解消や、快楽を得るためのセックスをするだけとは限りません。

セフレと他愛のない会話をしたり、セックスをして肌のぬくもりを感じることによって、孤独の寂しさを埋めている場合があります。

本命彼女がいる・いないに関わらず、孤独の寂しさを埋めるために、セフレをつくる男性は多いです。

セフレの女性を複数作るのはなぜ?

セフレをつくる男性心理を知って、セフレの彼との関係に悩んでいることでしょう。

ただ、1人でもセフレをつくる男性の多くは、複数の女性をセフレにする傾向があります。

今度は、セフレの女性を複数つくる理由について見てみましょう。

セフレを複数作る理由①:いつでもセックスができるから

男性がセフレをつくる目的は、いつでもセックスをするためです。

ただ、セフレが1人しかいなければ、2人のタイミングが合わないときにセックスをすることができません。

「セックスができなければセフレをつくる意味がない」と、考えているため、複数のセフレをつくって、いつでもセックスができる環境にしているのです。

セフレを複数作る理由②:好きなプレイをしたいから

人それぞれ、見た目や声・性格に個性があるため、セックスの仕方に違いがあります。

セフレを複数つくる男性は、タイプの異なる女性をセフレにすることで、バリエーション豊富なセックスを楽しんでいるのです。

自分がセフレを責めたり、逆にセフレから責められたりと、その日の気分で相手を選んで、性癖を爆発させているのでしょう。

セックスが好きな男性セックスを楽しんでいる男性ほど、複数のセフレをつくる傾向があります。

男性に聞いた!セフレと本命彼女の違い

セフレをつくる理由や男性心理がわかったかと思いますが、そもそもセフレと本命彼女にどのような違いがあるのでしょうか?

「セフレの彼の本命彼女になりたい」と、考えている女性は、以下で紹介する実際の男性の意見を読んでみましょう。

男性の意見①:相手に興味があるか・ないか

20代 男性

セフレと本命の違いは、相手に興味があるか・ないかですね。

彼女にしたい女性のことは、誕生日や趣味、どんな仕事をしているかなど、全部知りたいと思います。

しかし、セフレのことは、セックスをする相手でしかなく、プライベートに興味がありません。

正直、セックスができれば名前も知らなくていいくらいです。

この違いは、セフレと本命の大きな違いだと思います。

男性の意見②:嫌われたくない気持ちがあるか・ないか

30代 男性

本命の彼女にしたい女性からは、絶対に嫌われたくないですよね。

だから、嫌われたり引かれることはしませんし、むしろ好かれるために一生懸命がんばります。

ただ、セフレであれば、いつ嫌われても、なにを思われてもどうでもいいです。

ただのセフレであって、それ以上でも以下でもないので、いつ関係が終わっても気になりません。

相手から嫌われたくない気持ちがあるか・ないかは、大きな違いではないでしょうか?

セフレから本命彼女になる方法

セフレをつくる男性心理や、セフレと本命彼女の違いを読んで「もうセフレの彼の本命にならないのかな…?」と、不安を感じているのではないでしょうか?

たしかに、セフレから本命になれる確率は低いですが、まだ諦める必要はありません。

ここでは、セフレから本命彼女になる方法を紹介します。

以下の3つの方法で、セフレの彼との関係を進展させましょう。

方法①:自分磨きをして魅力的な女性になる

結局のところ、男性が本命彼女にしたいと思う女性の決め手は、見た目の美しさです。

男というのは、なによりも女性の見た目を重視しており、美しいだけで恋愛感情を抱きます。

髪型・ファッション・スタイルを気にして、美しさを高めるための自分磨きをしてみてください。

セフレの彼の「ほかの男に取られたくない」という気持ちが強くなり、次第に彼から求められる回数が増えて、セフレから本命彼女に昇格できるはずです。

方法②:私生活を充実させて気を惹く

実は、セフレをつくる男性ほど独占欲が強いため「ほかの男に取られるかもしれない」という危機感をもたせられれば、本命彼女になれる可能性が高まります。

やり方は簡単で、仕事も遊びも全力で取り組み、自分の私生活を充実させるだけです。

私生活が充実すれば、自然と笑顔が増えて魅力的に変わり「もしかして他に男ができたのか?」と、セフレの彼が危機感をもってくれます。

あなたを他の男に取られたくない気持ちが強くなれば、求められる頻度が増えて、2人の関係をセフレから進展させることに繋がるでしょう。

方法③:男性のペースに合わせない

ショックを受けるかもしれませんが、セフレをつくる男性は、セフレの女性を自分の言いなりと考えています。

いつでも呼べばきてくれて、好きなだけセックスをさせてくれる相手は、男性にとって最高の女性でしょう。

ただ、セフレの彼の本命彼女になりたければ、言いなりの立場から抜け出して、対等な関係にならなければいけません。

すべて彼のペースに合わせるのではなく「今日は会いに行けない」などと、もっと自分の意見をぶつけていけば、彼からの印象を変えることができるはずです。

セフレから脱却!本命彼女になれる女性の特徴

セフレから本命彼女になりたければ、本命になれる女性の特徴を知ることも大事です。

ここでは、セフレから本命彼女になれる女性の特徴を紹介します。

特徴①:自分の意見をはっきり言える

男性は、自分の言う通りにしてくれるセフレに対して、女性としての魅力をほとんど感じていません。

あくまで性欲処理の存在でしかなく、精神的な繋がりを求めたくなる相手に思えないのです。

本気で彼の本命彼女になりたければ、もっと自分の意見をはっきり言える女性になりましょう。

あなたが自分の意見を言えるようになれば、ようやく彼も1人の女性として対等に接してくれるはずです。

特徴②:明るく前向きな性格をしている

セフレの彼を好きになれば、自分のやっていることに疑問を感じて、自信をなくしてしまうでしょう。

それでも大好きな彼と離れたくなくて、もっと自分を見てもらいたくて、どれだけ辛くても彼の言う通りにしてしまうのではないでしょうか?

しかし、暗く後ろ向きな女性に魅力はなく、今後も性欲処理の扱いをされて、悲しみが大きくしてしまいます。

そもそも、男性が好きになる女性は、明るく前向きで笑顔が素敵な女性です。

今はセフレですが、大好きな彼と会っているときだけでも明るく接してみてください。

彼のあなたに対する印象がよくなり、これまでと違う見方をしてくれるはずです。

セフレ止まり...本命彼女になれない女性の特徴

セフレから本命彼女になれる女性の特徴を紹介しましたが、本命彼女になれない女性の特徴も見てみましょう。

セフレから本命彼女になれる・なれない女性を理解すれば、自分がどう変わるべきかがわかるはずです。

特徴①:男性にNOと言えない

セフレの彼にNOと言えない女性は、本命彼女に昇格することは難しいでしょう。

NOが言えない=彼の言いなりであり、何でも言う通りにしてくれる女性に対して、男性は魅力を感じません。

男性が本命彼女にしたい女性は、しっかりと自分の意見を伝えてくれて、対等に接してくれる人なのです。

「今日は会いに行けない」
「そんなプレイはできない」

と、自分の意見が言えない以上は本命彼女になれないと、考えておきましょう。

特徴②:男性に尽くしすぎる

セフレであろうと、好きな人のお願いであれば、できる限り叶えたいと思うのが恋心ですよね。

とくに女性は、男性と違って母性があるため、好きな人に献身的になってしまいます。

ただ、いくら好きであってもセフレに尽くしすぎるのは、彼の言いなりと同じことであり、自分を異性として見てもらうことが難しくなるのです。

好きな人に尽くしたい気持ちはわかりますが、本命彼女になりたければ、尽くすべきではありません。

本命彼女になれた女性のエピソード

セフレから本命彼女になれる確率は30%未満と厳しいですが、頑張って本命彼女になれた女性はたくさんいます。

ここでは、実際にセフレから本命彼女になれた女性の体験談を紹介します。

体験談を参考にして、本命彼女になるための方法を見つけましょう。

体験談①:彼の言いなりをやめたことで関係が進展しました!

20代 女性

セフレ時代は、ずっと彼の言いなりでした。

昼であろうと夜中であろうと、彼から呼ばられば会いに行って、求められるがままにセックスをしていました。

ただ、本気で好きになったときに、このままではいけないと気づいて、関係が終わることを覚悟で彼の言いなりでいるのをやめました。

すると、彼の態度が優しくなったり、デートに誘ってくれたりと、接し方が変わったのです。

そこから一気に関係が進展して、ようやく本命彼女になることができました。

本当に覚悟を決めて、彼の言いなりをやめてよかったです。

体験談②:私生活を充実させたら彼が私に興味をもってくれました!

20代 女性

彼とセフレになってから、呼ばれれば会いに行くような、セフレの彼中心の生活を送っていました。

ただ、そんな生活にも疲れてきて、仕事や友達との時間を優先させはじめたのですが、その頃から彼の私に対する接し方が変わりました。

普段からLINEが届いたり食事やデートに誘ってくれたりと、驚くほど彼との関係が進展しましたね。

しばらく経って彼から付き合おうと言われたときは、本当に嬉しかったです。

ちなみに、彼の態度が変わったのは、プライベートを優先させた頃から私の雰囲気が明るくなって、どんどん惹かれていったそうです。

セフレから本命になれて、本当に幸せです。

男性心理を理解して本命彼女を目指そう!

セフレをつくる男性心理や、セフレから本命彼女になる方法を中心に紹介しました。

セフレから本命彼女になるのは難しいですが、諦めなければ可能性が残されています。

今回紹介した内容を参考にして、大好きな彼の本命彼女を目指してくださいね。

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード