専業主婦に向けるモラハラ言動って?脱出する方法はコレ!

夫婦間や恋人間の中でパートナーからモラハラやDVなど受けて悩んでいる人は年々増えているようです。ひどい夫がいると「このままどうなってしまうんだろう」と不安になりますよね。

中でも、特定の人間関係しか構築できない環境の専業主婦はモラハラを受けても相談したくても相談できる相手かいなかったり、親に迷惑をかけたくないとの理由で助けを求めることができないでいるケースがあります。

なぜパートナーは大切な人を傷つけるのでしょうか。具体的な体験談などを含めてモラハラの事例や解決策をご紹介します。

専業主婦が夫にモラハラを受けやすい理由

モラハラを受ける専業主婦には共通した特徴や理由があると言われています。いったいどのような理由で大切なパートナーを傷つけてしまうのでしょうか。

モラハラを受ける理由:旦那を立てすぎるから

専業主婦に対して「食わせてやっている」と自分の頑張りだけで家庭が成り立っていると勘違いする旦那がいます。

しかし、それ以上に問題なのがその言葉を受け止めてしまうことです。夫婦は本来対等の立場であることが当たり前ですが、旦那のためにとメイドのように尽くしすぎてしまう従順な女性は自分から上下関係を作ってしまうためモラハラに遭ってしまいます。

モラハラを受ける理由:意思の疎通ができていないから

根本的にモラハラは何かに対しての苛立ちから発生します。それは男女とも対等に言い合える立場であっても起こります。

例えば、価値観が違いすぎて話が噛み合わないケースです。お互いに自分の中の常識や価値観で話しているためパートナーの常識が自分とまったく違うと相手を理解できなくなります。

さらにパートナーを非常識と決めつけ尊重しなくなります。専業主婦の場合社会と離れているのでなおさら視野が狭いと思われてしまうようです。次第に話すことが面倒で苦痛になりパートナーの言動だけでなく存在すら無視するようになるのです。

モラハラを受ける理由:家事に完璧を求められるから

旦那から「ずっと家にいるなら家庭のことが何でもできて当たり」とプレッシャーを与えられる専業主婦は少なくありません。

料理の味付けに失敗したしたり、掃除を1日さぼっただけで「なんでこんなこともできないの?」「1日家でなにしてたの?」と無能扱いをされ責め立てられてしまうのです。

専業主婦に向けるモラハラ言動とは…

存在価値がないと見下す

結婚を機に退職し社会から離れて専業主婦になった女性は多くいます。社会貢献はもちろん大きな存在価値の1つです。そして社会から離れていても家庭を守り命を育てる専業主婦もまた同じです。

しかし、社会から離れている専業主婦を「養ってもらって自由な生活をしているだけ」と極端な偏見を持ちののしる旦那は実は相当数いるようです。

自由を与えない

専業主婦の場合収入源は男性の給料しかありません。その中から家庭の諸費用や養育費などをやりくりしなければいけません。出費を最小限に抑えたいモラハラ夫は専業主婦が自由に使えるお金は無駄なものと考えます。

モラハラ夫で辛い!脱出する方法は?

つらい気持ちを言葉にする

今の状況から脱出するためには自分の気持ちに正直になりそれをパートナーに伝えましょう。「自分が耐えれば丸く収まる」「そのうち辞めるだろう」という考えでは解決しないどころかその現状を受け入れていることと同じです。

慣れてしまうとモラハラをされていることに違和感をもたなくなり、主体性を失い精神的な病気を患ってしまう恐れがあります。

逃げ場を確保しておく

つらくて耐えられない場合は距離をおきましょう。そのためには逃げる場所を確保する必要があります。実家でも友達の家でも構いません。可能であれば仲裁に入ってくれる人を見つけると心強いでしょう。パートナーへモラハラしている自覚を持たせるには第三者からの助言が必要です。

モラハラを受けた専業主婦の体験談

私が受けたモラハラは束縛でした。「専業主婦で稼ぎもしないくせに高いもの買うな」と逐一買ったものをチェックされます。友達とランチに行けば「安い店で十分だろ」と怒られます。外に出るのが億劫になり引きこもるようになりました。

モラハラ夫は自分の思い通りにいかないと何でも私のせいにします。家で仕事ができないのは「専業主婦のくせに泣いている子供をあやせないお前のせい」と言われたり、私が何かを助言すると「お前が余計なことを言うから時間がかかった」など責任をおしつけられました。自分では何もできないのにプライドだけは高い面倒くさい男だったので別れました。

常に家事や料理などやることに文句をつけ、見下す旦那で、それは友人数人と食事に行った場でも変わりませんでした。私の家事で失敗したことを暴露して無能呼ばわりするだけでなく、食事中も嫌な顔をしながら「食べ方が汚い」「気が利かない」など人前でののしる始末。最低としか言えません。

モラハラは離婚も考える大問題!

家庭という閉ざされた空間だからこそ周りが気づくことができず本人も我慢するしかありません。モラハラ夫はその環境をいいことにどんどんつけあがります。たとえ旦那だからといってパートナーの尊厳を傷つけることは許されません。離婚を考えていないのであれば勇気をもって話し合いましょう。

関連記事
怖い...辛い...モラハラ旦那へのストレスと恐怖で怯えた妻ができる対策
旦那のモラハラにどこまで耐えればいいの?辛いときの対策とは
夫のモラハラが原因で浮気をした…どっちが悪い?解決策はある?

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード