荷物を取りに来るときの元彼の心理&元彼へ未練を残す方法

元彼と同棲していた場合や、元彼が部屋へよく遊びに来ていた場合は、別れたあとも元彼の荷物が残っていることがあります。

今回は、荷物を取りに来るときの元彼の心理と、元彼へ未練を残す方法を紹介します。

「元彼と復縁したい」と考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

荷物を取りに来るときの元彼の心理

元彼が荷物を取りに来るシチュエーションは、元彼と話をするチャンスになります。

しかし、すぐに「復縁したい」と告白しても、成功する確率は低いです。

荷物を取りに来る元彼の心理を知ることで、復縁できる可能性を上げることができます。

【荷物を取りに来る元彼の心理1】大きな嫌悪感はない

元彼があなたの部屋に荷物を取りに来るということは、「顔も見たくない」という大きな嫌悪感がない心理状態にあるということです。

元カノの顔も見たくない場合は、荷物を取りに来る約束があっても、約束の日に現れないことがあります。

大きな嫌悪感がないといっても、元彼が「復縁したい」という心理状態であるとは限りません。

慌てて行動することがないように、注意しましょう。

【荷物を取りに来る元彼の心理2】復縁したいと考えている

元彼があなたに未練があるときは、元彼も荷物を取りに来るときが元カノと話をするチャンスだと考えていることがあります。

元彼も「復縁したい」という心理にあるときは、あなたが歩み寄ればスムーズに復縁できる可能性があります。

男性はプライドが高く、復縁したいという心理をあまり表に出さないため、元彼の心理を理解することが大切です。

荷物を取りに来るときの元彼へのベストな対応

未練をみせない

荷物を取りに来る元彼に対応するときは、未練があるそぶりを見せないようにしましょう。

元彼に未練を見せてしまうと、「面倒」「うざい」などの悪い感情を持たれてしまいます。

きれいな別れを演出する

元彼が荷物を取りに来たときは、用件だけを伝えるようにしましょう。

きれいな別れを演出することができれば、元彼はこのときのことを美化して思い出し、あなたに対していい印象を持ちます。

荷物を取りに来るときの元彼のNGな対応

荷物を取りに来る元彼に対してNGな行動は、「やっぱり別れないでほしい」と泣きついて復縁を願うことです。

この行動を見た元彼は「うざい」と感じてしまい、距離を置かれてしまいます。

また、「ここで優しくすれば都合よく使えるかも」と考える男性もいます。

何でも言うことを聞く都合のいい女になってしまえば、復縁ではなくセフレとしていいように扱われることがあります。

そうなってしまえば、復縁は難しくなるので注意してください。

荷物を取りに来るときの元彼へ未練を残す方法

元彼と復縁したいときは、元彼に未練を残すことができれば、復縁が成功する確率が高くなります。

元彼に見せてない魅力を見せる

元彼が荷物を取りに来るタイミングが、別れた直後なら難しいですが、しばらく時間がたったあとであれば、あなたの新たな魅力を見せることができます。

「復縁したい」と考えているときは、新たな魅力を身に着けるために、自分磨きをする必要があります。

せっかく自分磨きをしても、元彼に見てもらえなければ意味がありません。

付き合っていたときよりもおしゃれな姿や、精神的に成長した姿を見せることで、元カレに未練を残すことができます。

露骨にアピールしすぎると逆効果になってしまうので、さりげないアピールが効果的です。

元彼にいいイメージを持ってもらう

新たな魅力を見せるのが難しい場合でも、元彼が荷物を取りに来たときにいいイメージを持ってもらうことができます。

元彼の荷物整理を淡々と手伝う中で、細かく気配りをするといいでしょう。

また、このとき付き合っていたときの愚痴などを言ってはいけません。

「付き合ってくれてありがとう」と感謝を伝えることができれば、あなたを強く印象付けることができます。

冷却期間が終わったあと、元彼があなたのことを思い出すようになれば、復縁できる可能性が高くなります。

元彼の心理を理解しよう!

荷物を取りに来る元彼の心理を理解することで、復縁を有利に進めることができます。

慌てて復縁をアピールすると、失敗することが多いので注意してください。

関連記事
元彼が復縁したいと思う女の特徴と「戻りたい」と思わせる方法
別れてから元彼と友達に戻れない?戻れる基準&方法
元彼がご飯に誘ってくる心理&復縁までの道のり

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!