国際結婚は難しい!うまくいかない原因は?長続きさせる秘訣

あなたは、国際結婚をしたいと思ったことがありますか? 日本人同士の結婚よりも、困難が多く立ちはだかるのが国際結婚です。 ただでさえ覚悟が必要な結婚ですから、結婚相手が外国人となるとより一層不安は大きくなるでしょう。 今回は、国際結婚がうまくいかない原因と長続きさせる秘訣についてご紹介していきます。

国際結婚ってうまくいくかな?不安な点とは?

国際結婚がしたいと思っても、いざ現実的に考えるとうまくいかないのではないかと不安になるでしょう。

マリッジブルーという言葉があるように、結婚に不安はつきものです。

国際化が進んできた今国際結婚で驚かれることは少なくなってきていますが、それでも結婚相手が外国人となると、乗り越えなければならない壁は通常より増えます。

不安① 言葉の壁

国際結婚がうまくいかないのではないかと不安になる原因として、言葉の壁が挙げられます。

第二言語として英語を習得している人や、相手の国の言葉がネイティブレベルで話せるのであれば何も心配ないでしょうが、多くの人はそうではないでしょう。

ある程度コミュニケーションはとれても、母国語のように微妙なニュアンスを伝える語彙力がない場合、夫婦間で言葉の壁を感じる機会が多くなりそうです。

不安② 相手の両親との付き合い

相手の両親との付き合いに不安を抱く人がいます。

結婚すれば相手の家族と親戚関係になるため、相手の両親との付き合いは大切です。

これは国際結婚に限ったことではありませんが、国際結婚となると言葉や文化の違いから苦労することが多そうです。

「うまくいかないのでは」と思い悩む前に、パートナーに相談するのがよいでしょう。

国際結婚は難しい!うまくいかない原因は?

国際結婚は、「日本人同士の結婚より難しい」というイメージをもっている方が多いでしょう。

実際、国際結婚をすると立ちはだかる壁が多く存在します。

では、具体的にはどのようなことが原因でうまくいかないのでしょうか。

うまくいかない原因① 文化の違い

国際結婚がうまくいかない原因として、文化の違いが考えられます。

カルチャーショックという言葉があるというように、日本と海外では交通ルールやレストランのマナー、食文化などさまざまな文化の違いがあります。

自分の国の文化が否定されると自分が受け入れてもらえていないような気がするため、文化の違いで衝突するカップルは多いでしょう。

うまくいかない原因② 遠距離になる場合がある

どちらかが相手の国で永住することを決めていれば問題ありませんが、そうでない場合はどこに住むかが大きな問題となります。

仕事の都合等ですぐにどちらかの国に住めない場合、しばらくは遠距離恋愛をする必要があります。

遠距離恋愛は必ずうまくいかないというわけではありませんが、生活時間等からすれ違いが発生するため、うまくいかない原因の一つになる可能性があるでしょう。

国際結婚がうまくいかない夫婦の特徴は?

国際結婚がうまくいかないのは、文化の違いや周りの環境だけでなく夫婦に原因がある場合があります。

国際結婚がうまくいかない夫婦の特徴は、相手のことを理解しようとしないということです。

たとえ育った文化が違っても、相手や相手の国を理解しようという姿勢があれば大して問題にはなりません。

相手の文化を受け入れず、自分の育った文化を押し付けようとする夫婦は結婚生活がうまくいかないでしょう。

国際結婚の長続きの秘訣

国際結婚を長続きさせるには、思ったことをきちんと言葉で伝えることが重要です。

日本人は、他国の人に比べて察することが得意です。

そのため、言わなくても分かってもらえると勘違いしてしまうことがあります。

日本人同士の結婚でもお互いの意思疎通は大切ですが、国際結婚ではそれ以上に意思疎通できているか気を配っておく必要があるでしょう。

うまくいかない原因を知っておこう!

困難が多い国際結婚ですが、きちんとうまくいかない原因を知っておくことで壁を乗り越えていくことができます。

国際結婚に憧れている人は、無理に諦めずに幸せな結婚を掴んでください。

関連記事
国際結婚は苦労ばかりって本当!?どう乗り切ればいい?

国際結婚は苦労ばかりって本当!?どう乗り切ればいい?

現実はどう?国際結婚のメリット・デメリットとは?

現実はどう?国際結婚のメリット・デメリットとは?

関連キーワード

おすすめの記事