結婚指輪をなくしたときに考える3つのジンクスとは?

大切な結婚指輪をなくすと、「どうしよう」「なくしちゃって相手に悪いな…」と思ってしまいますよね。

そこで、ここでは結婚指輪をなくしたときに考える3つのジンクスを紹介します。

結婚指輪をなくした方は、ぜひ参考にしてみてください。

結婚指輪をなくした!どうしよう…

本当になくしたのか考える

「結婚指輪をなくした」と思っていても、どこかに置き忘れていたり、しまっている可能性があります。

結婚指輪をなくしたときは、まずは本当になくしたのか考えてみましょう。

考えるだけで結婚指輪のある場所がわかるかもしれません。

結婚相手になくしたことを伝える

結婚指輪をなくしたときは「なくしたことを怒られる…」と思うかもしれませんが、きちんと結婚相手に伝えましょう。

結婚相手に内緒にしていることで「なんで言ってくれないの?」「内緒にしてるなんて最低」と思われてしまい、喧嘩になるかもしれません。

結婚指輪を探す

結婚指輪をなくしたときは、思い当たる場所や今まで自分がいた場所を探しましょう。

なくしたその日に見つからないかもしれませんが、何日も探し続けることで見つけられるかもしれません。

また、結婚相手にも一緒に探してもらうと、より早く見つかるかもしれません。

結婚指輪をなくしたときに考えるジンクス① 記憶をたどる

どこかに置き忘れてる

結婚指輪をなくしたときに、記憶をたどることで見つかるというジンクスがあります。

お風呂を入るときに脱衣所に置いたり、洗い物をするときにテーブルなどに結婚指輪を置くことがあるでしょう。

どこかに置き忘れている可能性があるため、ジンクスを信じて置き忘れていないか思い出してみましょう。

落とした場所を思い出す

結婚指輪が緩いと、自然と指から抜けてしまうことがあるでしょう。

よく結婚指輪が抜ける方は、「どこで落としたか」を思い出してみるといいかもしれません。

ジンクスの通り記憶をたどって、落としたであろう場所を思い出してみましょう。

結婚指輪をなくしたときに考えるジンクス② 心当たりがある場所を探す

なくした場所を思い出す

結婚指輪をなくしたときは、心あたりがあるところを探すといいというジンクスがあります。

心当たりがある場所を探すだけで、なくした場所を思い出す可能性があります。

なくした場所を思い出せば、結婚指輪が見つかる可能性が高いです。

見つかる可能性が高い

心当たりのある場所を探せば見つかるというジンクスがあります。

結婚指輪を外した場所や、最後に結婚指輪をつけていたことが確信できるところ探してみるといいでしょう。

そうすれば、結婚指輪が見つかるかもしれません。

結婚指輪をなくしたときに考えるジンクス③ 警察に届ける

誰かが届けてくれる

外で結婚指輪をなくした場合は、警察に届けるといいというジンクスがあります。

警察に届けることで、誰かが警察まで届けてくれるかもしれません。

また、警察に届けたときは、定期的に結婚指輪が見つかったか聞くようにしましょう。

不安な気持ちが軽くなる

結婚指輪をなくしてなかなか見つからないと、「どうしよう…」「早く見つかってほしいのに」と不安に思いますよね。

警察に届けることで「見つかるかもしれない」と期待をすることができて、不安な気持ちが軽くなるというジンクスがあります。

不安な気持ちをなくすために、警察に届けるといいでしょう。

何かしらの意味があると考えよう!

心機一転

結婚指輪をなくしたのには、何か意味がある可能性があります。

「最近夫婦関係がよくない」と思っている夫婦が結婚指輪をなくした場合は、結婚指輪を変えて心機一転しようという意味があったかもしれません。

夫婦関係が悪化していたときに結婚指輪をなくした場合は、夫婦関係を回復するために結婚指輪の買い替えどきだと思うようにするといいでしょう。

結婚指輪を買い換える

結婚指輪は、どんどん劣化してしまいますよね。

「買ったときのような輝きがなくなった」「新しい結婚指輪がほしいな」と思っているときに結婚指輪をなくした場合は、買い換えるといいでしょう。

買い換えてからは、絶対に指輪をなくさないように気をつけましょう。

関連記事
彼との結婚指輪をなくしたのは必然?なくした意味を詳しく解説
結婚指輪のお返しって必要なの?お返しに相応しい物とは?
指輪より嬉しい?結婚指輪の代わりにピッタリな贈り物

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!