転職をタイミングに結婚はあり?彼氏の見分け方

ウラッテ編集部

2017年05月19日更新

転職を機に結婚をすることになった人が多くいます。転職のタイミングで結婚するのは良いことなのでしょうか?

メリットとデメリットをご紹介いたします。

転職は結婚のタイミングになる?

転職を考えて次の職場を探すときに、彼氏に相談をしたら結婚することになったという人がいます。

「新しい仕事を探すなら、この際結婚しちゃおうよ。」、「結婚して働きやすい所を選んだほうがいいよ。」と彼氏が言ってくれる可能性が大いにあるのです。

もし次に転職をするなら、結婚後のことも考えて職場を選びたいと思った場合は、彼氏に相談をしてみると良いでしょう。


転職を機に結婚する際、心配なこと・・・

転職を機に結婚をするとなると、忙しくなることが目に見えています。新しい職場では仕事を覚えなければいけないし、結婚の準備も進めなければいけない。一気にそんなに忙しくなって大丈夫なのかと心配になります。

また自分がもし新しい職場に馴染めなかったら、転職先がなかなか決まらなかったら、彼氏に負担をかけてしまうことになるかもしれないと不安になることも。

転職を機に結婚をする際に当たって、代表的なメリットとデメリットをご紹介していきます。

転職のタイミングで結婚をするメリット

ライフスタイルに合わせやすい

一番のメリットは新居からの通勤距離や、結婚生活にベストな時間帯の仕事を探しやすいということです。今までとは違うライフスタイルに、ぴったりの職につくことができます。


嫌な顔をされない

もともと働いていた人が、結婚するのでこれからは残業を減らしたいいうと会社側は困ることもあるので、嫌な顔をされてしまうことがあります。

しかしもう結婚することがわかっている場合は残業なし、時短勤務でも会社側も受け入れてくれやすくなるでしょう。

彼氏が協力してくれる

転職のときはどうしても疲労がたまりがちです。転職先がなかなか決まらないことも。そんなときに一人だと不安になってしまいますが、結婚が決まっている彼氏が傍にいて支えてくれるでしょう。

彼氏はこれから一生を共にする人です。もう一人で無理をしなくても良いのです。ちょっとうまくいかないときは、彼に甘えるのも良いでしょう。

飲み会が断りやすい

結婚しても同じ職場で働き続けた場合、飲み会のときに「旦那が待っているんで帰ります。」というと結婚をまだしていない人から、「あの人変わったよねー。」と嫌味っぽく言われてしまうことがあります。

しかし結婚を機に転職をした場合、あなたにはすでに婚約者、または旦那がいるとわかってもらっているので「しょうがないよねー」と言ってお互いに嫌な思いをせずに飲み会を早めに切り上げたり、断ることができやすくなります。


転職のタイミングで結婚をするデメリット

やっぱり大変

転職をして新しい仕事を覚えたり、人間関係を築くのだけでも大変なのにそのタイミングで結婚となると結婚に向けての準備や引っ越しで体力的にも精神的にも疲れてしまいます。

一気に生活環境が変わるので、体調を崩してしまう心配もあります。そんなときには頑張りすぎないで、彼氏にも頼るようにしましょう。

周囲への気まずさ

転職を機に結婚をすると、転職をしてすぐに産休や育休をとることになる可能性もあります。まだ入社したばかりのタイミングで、産休や育休をとるのは気まずいというデメリットがあります。

しかし入社したてということは引き継ぐ仕事も少ないということです。妊娠した際は気まずくてもなるべく早めに会社の人に報告をするようにしてください。

子どもを授かるタイミングがつかみにくい

先程のデメリットに似ていますが、転職したばかりで産休を取るのは気まずいですよね。その気まずさからなかなか子どもを授かるタイミングがつかめなくなるというデメリットがあります。

まだ若い女性ならばいいですが、早く子どもを産みたいと思う女性にとってはタイミングがつかみにくいのは大きなデメリットかもしれません。

まとめ

転職のタイミングでプロポーズをされること可能性は大きいですが、転職を機に結婚をすることにはメリットもあればデメリットもあります。

メリットとデメリットを理解したうえで、自分たちはこのタイミングで結婚したほうが良いのかもう一度考え直してみてはいかがでしょうか?

また転職を機に結婚をすると決めた場合は彼氏のサポートが必要不可欠です。二人で協力しあい、幸せな結婚生活を始めましょう。


最新記事をいち早くお届け!
友だち追加数

この記事が気に入ったらいいね!してね

恋や仕事がうまく行く最新情報をお届けします

ウラッテをLINEで友だち追加