転職理由が結婚はやめるべき?男女別、成功しやすいタイミング

結婚を機に、転職をするかたは多いかと思われます。

しかし、結婚を機に転職するさいは、いくつかポイントを押さえなくてはいけないことをご存じでしょうか。

この記事では、「結婚を機に転職するさいに抑えるべきポイント」を男女別に解説したり、転職のベストなタイミングを紹介しています。

転職を検討しているかたは、ぜひ最後まで見てください。

結婚がきっかけで転職活動をすることに...なんとかして成功させたい!

結婚を機に住所が変わるかたは多くいます。

前の住所からそんなに変化がないのなら転職は考えなくてもいいですが、新しい家から職場が遠すぎると転職を考えなくてはいけません。

しかし、結婚を転職理由にした転職活動は男女とも成功させるのが難しいのです。

そのため、転職理由が結婚である転職活動はいくつかのポイントをおさえる必要があります。

男女共通でこれだけは知っておくべき!結婚を理由に転職する注意点

転職理由が結婚の転職活動の場合は、男女ともに「転職先で長く働くつもりであること」を面接で伝える必要があります。

応募先の企業が求める人材は、長く企業に尽くしてくれる人材です。

そのため、転職理由が結婚である転職活動では、その企業に長く勤めたい気持ちを男女ともに伝えるべきなのです。

男性は家族を養わなくてはいけない責任感をアピールし、女性は妊娠・出産後も長く勤める気持ちがあることを伝えましょう。

続いては、転職理由が結婚である転職活動でおさえるべきポイントを男女別に紹介します。

結婚を転職理由にする場合におさえておくべきポイント【男性編】

年収は400万円ほどあるか

転職理由が結婚であるときに、男性は得られる年収に注意して転職活動をすべきです。

独身時代と違い、結婚後はあなたの年収で奥さんを支えることになります。

子どもができるとなると、奥さんが一定期間働けないなか子育て用のお金も稼がなくてはいけないため、年収400万円ほどは欲しいです。

そのため、転職先の年収はよくチェックしておくべきポイントでしょう。

残業が多い会社かどうか

転職理由が結婚のときに、残業がどれくらいあるかを確認して転職活動しなくてはいけません。

近年の離婚率を知らない人が多いですが、今は約3組に1組が離婚をしていると言われています。

そして、残業は男女の不仲による離婚を招きやすいのです。

いつまでも男女仲のよい夫婦になりたいなら、なるべく残業が少ない会社へ転職するべきでしょう。

結婚を転職理由にする場合におさえておくべきポイント【女性編】

産休・育休実績があるか

転職理由が結婚である場合は、応募先の企業に産休・育休実績があるかをチェックしましょう。

産休・育休制度があっても、理解がない企業のためになかなか産休・育休を取り辛いケースが一定数あります。

実際に産休・育休をとった実績があれば、その企業は産休・育休に理解があるかたがいるのだろうと安心できるでしょう。

また、多くの会社が入社後1年以上経たないと産休・育休がとれないといわれています。

産休・育休をとるつもりなら、入社後いつごろから産休・育休がとれるのかはよく確認すべきでしょう。

時短勤務が可能か

育児にはアクシデントがつきものです。

そのため、子育てをすることを考えると、子どもに何かあったときに対応できる職場であることが望ましいです。

時短勤務ができる職場であれば、病気や事故のときも対応しやすいです。

いざというとき以外にも保護者会や学校のイベントに参加することを考えると、時短勤務ができる企業のほうが子育てと仕事を両立しやすいでしょう、

そのため、転職をするならば時短勤務ができる企業かチェックしておいた方がいいでしょう。

引越しの可能性があるので注意!転職をするベストなタイミングとは

結婚がきっかけで転職をする場合は、男性は家のローンを組んだ後が望ましいです。

家のローンを払う責任が発生するため、企業側も「あなたは長く勤めてくれそう」と安心することができます。

女性は、結婚1年前には転職したほうがいいでしょう。

結婚後はあなたに対し企業が「すぐ育休をとるのではないか」と思う可能性が高く、簡単には転職できない場合が多いのです。

関連記事
結婚を理由に転職を考える女性は多い!その理由と注意点
遠距離恋愛から同棲!転職をするときにやること&注意点
遠距離から結婚!仕事はどうしよう…男の転職するタイミング

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!