結婚生活がずっとうまくいくはず!夫婦で決めておくべき5つのルールとは

恋愛と結婚は別物だと言いますよね。

それは、恋愛で通用していたことが、結婚して夫婦ともなると通用しなくなるからです。

そのため、愛し合って結婚したのに離婚をすることがあるのです。

では、夫婦生活を円満に過ごすにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、夫婦で決めておくべきルールを紹介します。

幸せな夫婦生活をこの先ずっと送っていきたい!


出典:uratte.jp

結婚はゴールではなく、2人のスタート地点です。

誰もが「幸せな結婚生活をおくりたい」と考えていますが、どのようにすれば夫婦円満に生活ができるのでしょうか?

他人だった2人が生活を共にしていくわけですから、ルールを決めておくと何かあったときのために役立つでしょう。

夫婦円満に暮らすためには2人の間にルールを設けよう


出典:uratte.jp

結婚前はわからなかったけど、一緒に夫婦として生活を共にすると価値観や習慣の違いに驚かされることがよくあります。

お互い譲れない意見がぶつかると、ケンカから離婚に発展することがあるかもしれません。

結婚は妥協とよくいったものですが、夫婦間のルールを設けていることによって、「ここまでなら妥協できる」と相手を許す目安になります。

必見!夫婦で決めておくべき5つのルール


出典:gahag.net

ルール➀ お金

夫婦の問題の中で、お金の問題が一番シビアな問題かもしれません。

結婚前は自分で稼いだお金を自分に使えたのに、結婚をすることにより自由にできなくなるからです。

例えば、「家賃や光熱費などといった生活に欠かせない出費を割り勘で払うのか」「どちらかの収入からおこずかい制にするか」など、自分だけで勝手に決めれる問題ではなくなってくるのです。

こういったことからケンカの種にならないように、夫婦のお金をどのように使うのか結婚前にルールを決めておくのがベストです。

ルール② 家事

専業主婦になるのならまだしも、結婚後も仕事を続けるとなると家事が負担になってくる可能性があります。

ここで重要なのは、どちらかが負担にならないことです。

円満な夫婦生活を続けるには、不満がないように軽減することが大切です。

「忙しくても休日は料理をする」「洗濯物はどちらかがたたむ」などのルールで、できる範囲で相手のことを思いやりましょう。

ルール③ 異性との交遊関係

あなたに異性の友人はいますか?

「結婚したから異性の友人をすべて切れ!」というようなパートナーは極端だと思いますが、度をすぎると夫婦の愛情に亀裂が入る恐れがあります。

異性との友人と会うときは、細かいルールを決めておいたほうがいいでしょう。

世間体なども踏まえて、結婚後は異性との交遊関係をどうしていくのか話し合いましょう。

ルール④ 夫婦としての時間

結婚して夫婦になると恋人から家族になることや、生活を共にすることで家事・仕事・育児に追われて、ときめきがなくなるとよく聞きますよね。

夫婦といっても、男女として愛し合って結婚したのですから、男女として意識しなくなったら冷めるのは時間の問題です。

情で結婚生活を続けるより、夫婦としての時間を作り恋人のようなトキメキをいつまでも維持できたら素敵だと思いませんか?

忙しい中でもデートをしたり、夫婦の時間をつくることで愛情を育てることができます。

ルール⑤ ケンカした後の仲直りの方法

結婚生活において大切なのは、妥協や許容範囲がどこまであるかということです。

ケンカした後の仲直り方法をルールとして決めておくと、素直になれなくてもスムーズに謝ることができます。

例えば、「仲直りするのにお気に入りのおやつを食べる」でもいいのです。

「ごめん」という、たったこれだけの言葉なのに素直に言えなくても、2人の間で決められたルールを設ければ、ケンカするほど仲がいい夫婦になるかもしれませんよ。

結婚後に夫婦間でルールを決めるときの注意点


出典:uratte.jp

注意点➀ 縛りをきつすぎないようにする

ある程度の縛りがルールの中にあってもいいとは思いますが、縛りがきつくなってしまうと続かないことがあります。

よかれと思って決めたルールだったのに、そのうち「~しなければならない」という義務に変わり苦しくなってしまいます。

あくまでも、結婚生活をよりよくするルールなので、守れる程度のルールにすると続けることができます。

注意点② 1人で決めない

かかあ天下・亭主関白な夫婦に多いですが、どちらかが勝手にルールを決めてそれを相手にも強要してしまうと、それは完全に相手を支配した夫婦像になってしまいます。

夫婦とは対等であり、どちらかが上にたった時点で長く続けるのが難しくなるでしょう。

不満が出てしまうので、結婚後のルールは1人で決めるのではなく、必ず2人で決めるようにしましょう。

注意点③ 臨機応変に対応できるルールにする

結婚後の状況の変化によって、ルール通りにいかなくなることがあるかと思います。

育児・親の介護・仕事のこと・人間関係など、生きていればさまざまなことが想定されます。

そんなときに、ルールが守れなくなったからといって相手を責めがちになるかもしれません。

しかし、必要なのは思いやりです。

状況や変化に応じて臨機応変にルールを変更したり、お休みをすることがあってもいいでしょう。

夫婦円満!ルール以外にも幸せに暮らすコツはある


出典:uratte.jp

ルールというのは、結婚生活をスムーズに送るための指針です。

夫婦円満の秘訣は、信頼関係を築くことや愛する努力です。

「相手が何もしてくれない」と文句ばかり言う人がいますが、相手に対してそういった人は自分から何かをしているのでしょうか?

愛情をコミュニケーションで伝えている夫婦は、いつ見ても仲良しですよね。

結婚した後でも、愛情表現を伝えて愛を育んでいけたら素敵ですね。

関連記事
結婚した女性に聞いた!決めてよかった&決めてはいけない夫婦のルール
違いはこれ!結婚して不幸になった人と幸せになった人の決定的な差
結婚後に門限を決めるのは変?飲み会や夜遊びの適切な頻度とは

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!