嫉妬がひどい彼氏と別れるべき?付き合うかの判断ポイント

嫉妬深い彼氏と付き合っているときは、彼氏の嫉妬が原因で喧嘩をしたり嫌な思いをすることがあります。

そのため、「嫉妬深い彼氏とは別れたほうがいいかもしれない」と悩む方が少なくありません。

今回は、嫉妬深い彼氏と付き合うか別れるかの判断方法を紹介するので、参考にしてみてください。

嫉妬がひどい彼氏と別れるべき?

嫉妬がひどい彼氏と付き合っているときは、彼氏の嫉妬を原因として喧嘩をしたり嫌な思いをすることがあります。

そのため、「付き合っていてつまらない」「一緒にいるのが辛い」とネガティブになりがちです。

しかし、彼氏の嫉妬だけで別れを判断すると後悔するケースがあります。

嫉妬する彼氏ほど、彼女のことを真剣に考えているといえるためです。

嫉妬深い彼氏と別れるメリット

【嫉妬深い彼氏と別れるメリット1】彼氏の嫉妬から解放されるから

嫉妬深い彼氏と付き合っているときは、彼氏の嫉妬により束縛されたり文句を言われるといったさまざまなネガティブなことが起きます。

嫉妬深い彼氏と別れるメリットとして、彼氏の嫉妬から解放されることがあげられます。

【嫉妬深い彼氏と別れるメリット2】新しい彼氏を探せる

嫉妬深い彼氏と付き合っているときは、「このままうまくやっていけるかな」と不安になります。

しかし、嫉妬深い彼氏と別れる前に新しい彼氏を探そうとすると、彼氏の嫉妬によりトラブルが発生する危険性があります。

そのため、嫉妬深い彼氏と別れることでゆっくり新しい彼氏を探せるようになることがメリットです。

【嫉妬深い彼氏と別れるメリット3】ストレスが減る

嫉妬深い彼氏と付き合っていると、ストレスを抱えてしまうことが多いです。

そのため、嫉妬深い彼氏と別れることでストレス解消できます。

【嫉妬深い彼氏と別れるメリット4】トラブルを防げるから

嫉妬深い彼氏は、嫉妬から彼女を束縛したり場合によっては手をあげてしまうことがあります。

そのため、トラブルが発生する前に別れることがメリットになります。

別れて後悔するパターンとは

【別れて後悔するパターン1】新しい彼氏が嫉妬深いとき

嫉妬深い彼氏と別れたあとに、別の彼氏と付き合うことが多いです。

このときに、新しい彼氏が嫉妬深いときは「また嫉妬深い男性と付き合うなら別れなければよかった」と後悔します。

これは同じタイプの男性を選んでしまうだけではなく、あなた自身が彼氏の嫉妬心を煽る行動をとる性格をしていることが考えられます。

【別れて後悔するパターン2】彼氏のいいところに別れてから気づいたとき

嫉妬深い彼氏と別れたあとに、彼氏のいいところに気づいて後悔するケースがあります。

一緒にいるときには気づかなかったことでも、別れて距離をおくことで気づけることが少なくありません。

【別れて後悔するパターン3】彼氏のことが好きなとき

彼氏の嫉妬が嫌だとしても、彼氏のことが好きであるケースが少なくありません。

そのため、別れたあとに「やっぱり彼氏が好きだった」と後悔してしまいます。

彼氏と付き合うかの判断基準

【判断基準1】彼氏の嫉妬を我慢できるか

男性が嫉妬をするときの行動は人によって違うほか、嫉妬深さが違います。

そのため、嫉妬をしたとしてもあまり気にしないで付き合えるケースが少なくありません。

彼氏の嫉妬を我慢できるかどうかで、付き合うか別れるかを決めることでうまくいきことが多いです。

【判断基準2】彼氏を変えることができるか

嫉妬深い彼氏を変えることができるかどうかで、別れる判断をするのがひとつの方法です。

あなたが彼氏と冷静に話し合いをして、彼氏の嫉妬が改善できるかどうかを見極めましょう。

【判断基準3】将来のことを冷静に考えて幸せになれるか

嫉妬深い彼氏と別れる前に、将来のことを冷静に考えてみましょう

幸せになれそうなビジョンがないときは、別れを決断したほうがいいケースがほとんどです。

幸せになれる将来があるときは、嫉妬に我慢できるかどうかを考えて総合的に判断しましょう。

付き合い続ける場合の注意点

嫉妬深い彼氏と付き合い続けるときは、彼氏の嫉妬によってストレスがたまることを覚悟しましょう。

また、「彼氏の嫉妬がよくなるはず」と信じていてもうまくいかないことがあるので、注意が必要です。

関連記事
彼氏の嫉妬がしつこい!上手な対応6選
彼氏と別れるか悩む!別れるか別れないかの診断方法
レベル別!彼氏が嫉妬して不機嫌になったときの対応方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!