仲直りしたい…喧嘩中の彼氏から連絡がくるLINEの内容4選

「彼氏と喧嘩したけど仲直りでる気配がない」
「このまま別れちゃうのかな」

喧嘩をきっかけに彼氏と連絡がとれなくなると、ネガティブ思考になりますよね。

ここでは、主に喧嘩をきっかけに彼氏から連絡がこなくなってしまった方に向けて、彼氏から連絡がくるLINEの内容や仲直りをする方法を紹介します。

彼氏と仲直りしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

仲直りがしたくて彼氏に連絡をしたのに、無視されると

「なんで連絡してくれないの?」
「彼氏はどういう気持ちで無視してるんだろう…」と、彼氏の心理が気になりますよね。

まずは、喧嘩の原因から彼氏が連絡をしてくれない心理を理解して、仲直りする方法を見つけましょう。

喧嘩の原因から考える!彼氏がLINEを無視する心理

喧嘩をしたあとにLINEを無視する男性が少なくありません。

LINEを無視する男性の心理は、喧嘩の原因やおたがいの性格と大きな関係があります。

喧嘩の原因によっては、LINEを無視されるだけではなく自然消滅する危険性があるので注意しましょう。

心理① 言い訳を聞きたくない

喧嘩をしたあとにLINEを無視する彼氏の心理として、「彼女の言い訳を聞きたくないから」というものがあります。

どれほど仲がよくてもまったく喧嘩をしないカップルはほとんどいません。

いい関係を築いていけるカップルは喧嘩のあとにおたがいが歩み寄って関係改善することができます。

しかし、なかにはうまく謝ることができない方がいます。そんな方は、喧嘩のときに自分が悪いと気づいていても言い訳ばかりしてしまいがちです。

あなたがそのタイプの場合は、彼氏は「喧嘩のあとの言い訳を見るのがいや」という感情になりLINEを無視するようになります。

心理② 気持ちを落ち着かせたい

喧嘩をしたあとはどうしても感情的になってしまい、冷静に話すことができなくなってしまいます。

そのため、「気持ちを落ち着けるまでLINEを確認したくない」という男性が少なくありません。

頭に血がのぼっているときは、彼女からの謝罪のLINEだったとしてもイライラしてしまうことがありそれを防ごうとするためです。

また、「自分から謝ろう」と思っていたとしても「いま送っても受け入れてくれなそう」と感じているときに、あえて距離をおくためLINEを確認しないケースがあります。

心理③ 忙しい

彼女と喧嘩をしたあとにLINEを無視する男性のなかには、仕事やプライベートが忙しくて単純にLINEをチェックできていないだけのケースがあります。

とくに仕事が忙しいときは、LINEのチェックをあと回しにして仕事に打ち込む男性が多いです。

LINEをチェックするタイミングは人によって違い、男性は女性よりLINEのチェックが遅い傾向があります。

喧嘩をしたあとのLINEは「はやく返信してほしい」と感じる女性が多いかと思いますが、「返信やLINEをチェックするタイミングは人それぞれ」と考えるようにしましょう。

そうすることでイライラすることが減り、彼氏に対してネガティブな感情を抱かなくなります。

心理④ 彼女の説教を聞きたくない

彼氏と喧嘩をしたときに、説教をしすぎた経験がある女性が少なくないのではないでしょうか。

とくに、「喧嘩の原因は彼氏にあるから自分は悪くない」と感じている女性は彼氏に対して説教をしすぎる傾向があります。

また、あなた自身は説教をしているつもりがなくても言葉づかいが悪くて彼氏に説教をしていると思われることがあります。

そのときは、彼氏は彼女からのLINEに対して「また説教されるのがめんどくさい」という心理になり無視します。

彼氏と喧嘩をしたあとは、LINEを無視されるだけではなく彼氏が連絡してこないことが少なくありません。

LINEを無視される心理と連絡してこない心理を知ることで、関係修復の対処法がわかるようになります。

嫌われたの?喧嘩中の彼氏が連絡をしてこない心理

心理① 気まずくて連絡できない

カップルが喧嘩をするときは、普段言わないことを言ってしまい後悔することが少なくありません。

そんなときに素直に謝れる人はあまり多くなく、「言い過ぎたけどどう謝ったらいいんだろう」と悩むことがほとんどです。

そんなときは、「彼女にどんな連絡をすればいいのかわからない」と悩んだり「連絡することが気まずい」と感じて連絡できなくなることが多いです。

また、喧嘩をしたあとに「彼女が怒っているかもしれない」と不安になって連絡できない男性がいます。

心理② 仕事が忙しい

喧嘩をしたあとに連絡をしない彼氏の心理として「仕事が忙しいから、彼女への連絡は後回し」というものがあります。

仕事と恋愛のどちらを重視するのかは人によって価値観が違い、とくに男性は「連来は恋愛、あくまでも仕事が一番大事」と考えている人が多いです。

そのため、仕事が忙しいときは仕事を優先して彼女に連絡しない男性がいます。

これは、喧嘩のあとだけではなく仕事が忙しいときは彼女への連絡がおろそかになる男性が少なくありません。

心理③ 自然消滅を狙っている

喧嘩のあとに連絡をしない男性の心理としてもっとも気を付けなくてはいけないのは「自然消滅を狙っているから」です。

とくに、おたがいの関係が悪化しているときは喧嘩をきっかけに別れるケースが少なくありません。

そのときに「自分から別れを告げるのはめんどくさい」と考えている男性ほど、「このチャンスに自然消滅させたい」と都合のいいことを考えています。

また、あなたが本命彼女だと思っていたとしても彼にとっては遊び相手の可能性があります。

そのときは、喧嘩をきっかけに「本命じゃないからもう自然消滅でいい」と考える男性がいます。

心理④ 気持ちを落ち着かせたい

喧嘩のあとしばらく連絡をしない男性の心理として、「気持ちを落ち着けてから連絡したい」というものがあります。

喧嘩をしたばかりのときはどうしても頭に血がのぼっているため、おたがいに冷静な話ができません。

そのため、「謝罪の連絡をしたのにうまく伝わらず、かえって喧嘩が長引いてしまた」というケースがあります。

そんな経験をした男性ほど、「すぐに連絡をするより冷静になってから連絡したほうがいい」と考えてあえて連絡を送らせます。

このように、喧嘩のあとに連絡しない男性のしんりにはさまざまなものがあります。

その心理によって対処法が変わるため、彼氏が連絡をしない理由を見抜くことが大切です。

どうしよう…喧嘩中の彼氏から連絡がこないときの対処法

喧嘩中の彼氏から連絡がこないときは「仲直りできないのかな」と不安になります。

このときに、焦って連絡をしようとするのは逆効果なケースが多いです。

しっかりとした対処法を知ることで、うまく仲直りできるようになります。

対処法① 冷却期間と割り切って自分の時間を大切にする

喧嘩をした彼氏から連絡がないときは、慌てて行動するよりも冷却期間と割り切るほうがうまくいくケースが多いです。

連絡がこないときに「どうして連絡してくれないの」とイライラしてしまうと、彼氏に対してネガティブな感情を抱いてしまいます。

彼氏に対してネガティブになると、彼氏から連絡がきたときに素直に話を聞くことができずに「すぐに連絡してこない人の話は聞きたくない」のように文句を言ってしまいがちです。

そうすると、せっかくの仲直りのチャンスを逃してしまい喧嘩を繰り返したり別れるきっかけになります。

彼氏から連絡がないときは「いまは冷却期間」と割り切って、自分の時間を大切にしましょう。

そうすることで気持ちを切り替えることができ、結果的に仲直りがはやくなる効果があります。

対処法② 自分の悪い点を見直して反省する

カップルが喧嘩をするときは、ほとんどの場合でどちらにも悪い点があります。

そのため、彼氏から連絡がこないときに「私のどこが悪かったんだろう」と自分のことを見なおしてみましょう。

冷静になって振り返ることで、悪い点に気づけるだけではなく改善して成長するきっかけになります。

そうすることで、連絡があったタイミングで成長する姿をみせることができ、喧嘩の前より絆を強くすることができます。

対処法③ 彼氏からの連絡を待つ

喧嘩をした彼氏から連絡がないときに、「どうして連絡してくれないの」とこちらから焦って連絡をすると「めんどくさい」と思われたり「イライラする」と思われてしまい逆効果になります。

そのため、「いつか連絡がくるはず」と彼氏を信頼してじっくり待つことがひとつの対処法です。

とくにおたがいの信頼関係が築けていれば、待つことで結果的に早く仲直りできるケースが多いです。

対処法④ 自然消滅しそうなときは自分から連絡する

彼氏との信頼関係が築けていれば待つことで別れに繋がるケースがほとんどありません。

しかし、おたがいの関係が悪化していたり付き合ったばかりで信頼関係が築けていないときは自然消滅に繋がる危険性があります。

そのため、ある程度時間がたっても連絡がないときはあなたからメールやLINEで連絡をしてみましょう。

このときは、「どうして連絡してくれないの」と相手を責めると逆効果になります。

こちらから連絡するときは、うまく仲直りできる内容で送ることが大切です。

喧嘩中の彼氏から連絡がくるLINEの内容

喧嘩中の彼氏から連絡がほしいときは、「すぐに連絡をして」のような単純に連絡を催促するメッセージを送るのは逆効果です。

彼氏の性格を見極めて、一番連絡がきやすい内容を選ぶことが大切です。

素直に謝る内容

喧嘩をしたあとに「どうやって連絡をいれたらいいのかわからない」と悩むことがあるのは男女ともに同じです。

おたがいに連絡することに悩んでいると、結果的に連絡がないまま時間がたってしまいます。

そんなときは、「私の〇〇というところが悪かったです、ごめんなさい」と素直に謝ることが効果的です。

あなたが謝ることで、「彼女と仲直りするきっかけができた」と彼氏が感じて連絡をしてくれるケースが多いです。

寂しい気持ちを素直に伝える内容

「あなたと連絡ができなくて寂しい」と素直に気持ちを伝えることでうまくいくケースがあります。

喧嘩をしたときに、小さなことにこだわりつづけたりわだかまりが残ってしまうと「連絡したいけど、自分から連絡するのは悔しい」と感じる人が多いためです。

彼女から「会いたい」「寂しい」といった素直な気持ちを伝えられたときに、「細かいことはもう気にせずに、もう一度彼女と話したい」と感じる男性が少なくありません。

彼氏を気づかう内容

彼氏から連絡がほしいときは、あえて喧嘩の内容に触れずに「しばらく連絡がありませんが、体調は大丈夫ですか?」と彼氏を気づかうメッセージが効果的です。

喧嘩のときに彼氏側に大きな理由があるときは「彼女が怒っているかもしれないから連絡できない」という男性が多いためです。

あなたが喧嘩のことを気にしないだけではなく、気づかう内容のメッセージを送ることで「彼女が話を聞いてくれる」と感じるほか、「自分には彼女が必要だ」と思う男性がいます。

あえて喧嘩について触れない内容

喧嘩をしたあとに彼氏が連絡をしてこない理由として、「怒っている彼女にどんなメッセージを送ればいいのかわからない」というものがあります。

とくに、彼氏自身が喧嘩の原因があると感じているときに遅れなくなるケースが多いです。

そんなときは、あなたが怒っていないことをアピールするためにあえて喧嘩について触れない内容でメッセージを送ることが効果的です。

いつもと同じようなメッセージを送るほかに、明るい内容や彼氏の趣味といった彼氏が返信しやすい内容で送ることが効果的です。

彼氏の気持ちをとり戻せる!仲直りできるLINEの内容

反省が伝わる内容

喧嘩をした彼氏と仲直りしたいときは、あなたがしっかり反省していることを伝えることが大切です。

「あのときは私が悪かったです」という内容だけでは、謝罪の意志が伝わるかもしれませんが「本当に悪いと思っているのかな」と思われてしまうので注意しましょう。

しっかり反省したことを伝えたいときは、具体的にどんな点を反省したのかを書くことが大切です。

「私には〇〇という欠点があるから、それをなおしていきたい」のように具体的に伝えることで、「彼女が反省しているから、自分も反省しよう」と彼氏が思うようになります。

おたがいに欠点を改善することで、喧嘩する前より絆を強くすることができます。

シンプルな内容

喧嘩をした彼氏と仲直りしたいときは、言いたいことが多くなりすぎてしまい文面が長くなる傾向があります。

しかし、仲直りできていない状態で長文のメッセージを送ると「読むのがめんどくさい」と思われてしまいうまくいきません。

また、あなたが長文のメッセージを送ることで「自分も長文で送らなくてはいけないのか」とプレッシャーを感じてしまい、結果的に既読スルーしてしまう男性がいます。

そのため、仲直りのきっかけをつかみたいときはシンプルな内容で送ることが効果的です。

返信を強要しない内容

彼氏と仲直りしたいときに限らず、「LINEを見たらあなたの気持ちをすぐに送ってください」のように返信を強要する方がいます。

おたがいの関係が良好なときであれば大きな問題になりませんが、喧嘩をしているときは関係が悪化する危険性があります。

喧嘩をしたあとは「気持ちが落ち着くまで連絡をやめておこう」と考えている男性が少なくなく、そんなときに返信を強要されると「めんどくさい彼女」と感じてしまうためです。

そのため、彼氏と仲直りしたいときは返信が欲しいという気持ちを表に出さずに、謝罪や反省していることを伝えるだけにしておきましょう。

明るく締める内容

喧嘩をしたあとにしばらくメッセージのやり取りをしていないときは「彼氏と仲直りできるのかな?」と不安になってしまいます。

ネガティブな状態でメッセージを作成すると、どうしても暗い内容になりがちです。

仲直りしたい彼氏に暗いだけのメッセージを送ってしまうと、彼氏も「仲直りできないかもしれない」とネガティブになってしまい仲直りできない危険性があります。

そのため、メッセージのラストを明るくすることが効果的です。

反省を伝える部分が暗くなっていたとしても、「また連絡するね!」のように明るく締めることで「彼女が前向きになっている」と彼氏が感じて仲直りのきっかけにできます。

気まずくなる?仲直り後に送るLINEの内容の注意点

喧嘩をした彼氏とせっかく仲直りができたのに、すぐに関係が悪化するカップルがいます。

とくに、LINEの内容が悪いと関係が悪化するので注意しましょう。

喧嘩のことを蒸し返す内容

「もう二度と喧嘩をしたくない」と思っていたとしても、どうしても意見が合わなかったりトラブルが原因で喧嘩をするケースがあります。

そのときに、過去の喧嘩のことを蒸し返してしまうとより関係が悪化してしまうので注意しましょう。

また、関係が悪化していないときであっても喧嘩のことを蒸し返すのはNGです。

ひとつの喧嘩のことにこだわりつづけていると「めんどくさい彼女」と思われてしまうためです。

また、「あのときはごめんね」と喧嘩のことを蒸し返して謝りつづけるのはNGです。

彼氏と仲直りをしていい関係を気づきたいときは、過去のことばかり引きずらず前向きになることが大切です。

返信を強要する内容

喧嘩のあとだけではなく、基本的に返信を強要する内容はNGです。

LINEをする頻度は人によって違い、とくに男性はLINEの連絡より仕事を優先しようとする人が多いです。

そのため、LINEを送るときに返信を強要しつづけると彼氏がLINEを面倒に感じてしまい無視したり喧嘩の原因になります。

また、LINEの返信を強要すると彼氏から返信が遅れたときに「どうして返信してくれないの」とネガティブな気持ちになってしまいます。

仲直りした彼氏といい関係を気づきたいときは、相手のことを気づかって返信の強要をやめましょう。

別れをほのめかす内容

彼氏と仲直りしたとしても、ギクシャクしてしまうタイミングがあります。

そんなときに「もう別れる?」と別れをほのめかすメッセージを送るのはNGです。

彼氏があなたとの別れを考えていなかったとしても、あなたのメッセージを見て「このまま付き合ってもうまくいかないかもしれない」と感じるようになってしまうためです。

そのため、あなた自身が彼氏と仲よくしたいと思っているときは別れをほのめかす内容のメッセージを送らないようにしましょう。

もう喧嘩はしたくない…彼氏と円満に付き合う方法

喧嘩をして仲直りしたあとは、いい関係を築いていく方法を知ることが大切です。

いい関係を築いていければ、喧嘩をしたとしてもすぐに仲直りできます。

方法① 喧嘩をしたときのルールを決める

どれほど仲がいいカップルであったとしても、まったく喧嘩をしないということはほとんどありません。

そのため、喧嘩を引きずらずに気持ちを切り替えることが大切です。

喧嘩を引きずらないようにするためには、喧嘩をしたときのルールを決めておくことが効果的です。

「喧嘩をしたとしても次の日まで引きずらない」「前の喧嘩を蒸し返さない」といったルールがあれば関係の悪化を防げます。

方法② おたがいを尊重しあう

彼氏と円満に付き合っていくためには、自分の気持ちだけではなくおたがいのことを尊重しあうことが大切です。

「相性がいい相手」とおたがいに思っていたとしても、価値観がすべて一緒ということはほとんどありません。

そんなときに、自分の意見ばかり押しとおしたり我慢をつづけているといい関係を築けません。

話し合うべきことはしっかり話し合い、おたがいに納得できる答えが出せるカップルほど円満に長つづきします。

とくに、結婚を考えている相手の場合はおたがいのことを尊重し合うことがとても大切です。

方法③ おたがいの時間を大切にする

円満なカップルほど、おたがいが一緒にいる時間だけではなくそれぞれの時間を大切にしています。

恋愛以外に打ち込める趣味や仕事をもつことで、気分転換ができて恋愛をより楽しめるようになるためです。

また、おたがいが自分の時間を持つことで喧嘩のあとの冷却期間を効果的に活用できます。

そのため、深刻な関係になりにくいことが特徴です。

方法④ スキンシップを欠かさない

彼氏と円満な関係を築くために、スキンシップを欠かさないことが大切です。

付き合いが長くなってくるとおたがいにそっけない態度をとるようになることが少なくありません。

とくに、男性は「彼女とイチャイチャしているのをほかの人に見られると恥ずかしい」という心理になり、そっけない態度をとりがちです。

そんなときに、「どうせ彼氏がそっけないから」とスキンシップを諦めてしまうとおたがいの関係が悪化する原因になります。

そのため、彼氏側からスキンシップをとってこないときはあなたからスキンシップをとりにいくことが効果的です。

方法⑤ マンネリ化を防ぐ

付き合いが長くなると、スキンシップが足りなくなるだけではなくどうしてもマンネリ化してしまいます。

付き合いはじめたばかりのときは一緒にいるだけでも楽しいと感じていたとしても、時間とともに新鮮さがなくなってしまいます。

マンネリ化した関係を放置してしまうと、「一緒にいてつまらない」とおたがいに感じてしまいます。

そのため、マンネリ化を防ぐことが円満に付き合っていくために必要です。

マンネリ化を防ぐためには、おたがいに自分磨きを欠かさないことが効果的です。

外見の自分磨きだけではなく内面を磨くことで、円満に付き合えるだけではなく結婚まで進展する確率が上がります。

さいごに

彼氏と喧嘩をしたあとは「はやく仲直りしたい」と思っていたとしても、LINEを無視されたり連絡がこないことがあります。

そんなときは、彼氏の行動にイライラするのではなく彼氏の心理を知ることが大切です。

喧嘩をしたあとの彼氏の心理を知ることで、イライラすることが減るほか仲直りできるタイミングがはやくなります。

また、円満な付き合い方を知ることで喧嘩をしたとしてもすぐに仲直りできるいい関係を築いていけるでしょう。

焦らずネガティブにならず、着実に一歩ずつ彼との距離を縮めていきましょう。

関連記事
彼氏に既読無視をされた!LINEからわかる理由&対処法
もっと構ってほしい!彼氏からLINEがくる方法
別れ話をされたら必見!実際に成功した彼氏を説得させる方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!