電話?LINE?復縁したい元彼との連絡頻度とは?

元彼と復縁したければ、まずは連絡を取り合わなければいけません。 しかし、電話にしようか、LINEにしようかと悩んでいる人が多いでしょう。 今回は、「電話とLINEのそれぞれのメリット・デメリット」や「復縁したい元彼との連絡頻度」について紹介します。 元彼に連絡する方法で迷っている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

復縁したい元彼との連絡ツールは?

元彼との連絡ツールは電話やLINEがおすすめです。

「元彼と復縁したい!」と悩んでいる人は多いでしょう。

元彼と復縁したければ、離れてしまった二人の距離を縮めなければいけません。

二人の距離を縮めるためには、電話やLINEで連絡を取り合える関係を目指しましょう

気楽に連絡が取り合える関係に戻れたら、復縁までもう少しです。

電話?LINE?それぞれのメリット・デメリット

元彼と復縁したいと思っているなら、まずは電話やLINEで連絡を取れる関係を目指しましょう。

しかし、元彼と別れてから初めて連絡をするときは、「電話とLINEのどっちがいいんだろう?」と迷ってしまいますよね。

次は、復縁したい元彼に連絡をするときの、電話とLINEそれぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

電話のメリット:お互いの気持ちが伝わりやすい

電話はLINEと違って、お互いの生の声でコミュニケーションを取るツールです

自分の言葉に感情を乗せたら、自分の気持ちをうまく伝えることができますし、元彼の声色で自分のことをどう思っているかを知ることができます。

電話はお互いの気持ちが伝わりやすく、復縁に向けてどう動くべきかを的確に読み取ることができるメリットがあります

電話のデメリット:電話にでてくれない場合がある

元彼が電話にでてくれたら、自分の気持ちをうまく伝えることができますが、必ずしも電話にでてくれるとは限りません

むしろ、元カノからの電話を警戒して、気づいているのに電話にでないことがあります。

元彼が電話にでてくれなかったら、二人の距離を縮めることができませんし、「電話にでないってことは復縁が無理なのかな…」と余計に悩みを深めるデメリットがあります。

LINEのメリット:元彼がLINEを読んだかどうかを判断できる

元彼が電話にでなかったら、自分の気持ちを伝えることも二人の距離を縮めることもできないうえに、元カノに折り返しの電話をかける男性は多くありません。

しかし、LINEには既読機能が備わっており、LINEの送り先の相手が内容に目を通しているかどうかを判断できます

元彼にLINEを既読スルーされても、既読になった時点で自分の気持ちが伝わった証拠です。

あなたからのLINEの内容を読んで返信するかどうかを判断しますので、別れてから初めてのLINEは、復縁と無関係な内容で送りましょう。

LINEのデメリット:誤解をされる場合がある

元彼に限らず、家族や友達とのLINEのやり取りの中で誤解をしたり、された経験がある人は多いのではないでしょうか

気持ちを込めてLINEの文章を作っていても、元彼にあなたの本当の気持ちは伝わりにくく、誤解をされてしまう場合があります。

誤解をされるとさらに元彼からの印象が悪くなり、復縁どころか連絡を取り合う関係に戻れなくなるかもしれません。

LINEを送る前に読み返して、誤解されそうな文章になっていないかチェックをしましょう。

連絡は頻繁にとるべきなの?

元彼と復縁したいときは頻繁に連絡を取るべきではありません。

元彼と復縁したいと考えている人は、たくさん連絡を取り合って、復縁できるまで一気に二人の距離を縮めたいと思うでしょう。

しかし、別れた時点で元カノにマイナスな印象を持っていますし、元彼から別れを切り出した場合であれば、元カノからの連絡を鬱陶しく思っている可能性があります。

頻繁に連絡を取らずに、元彼の反応を見ながら少しずつ連絡する頻度を増やしましょう

元彼と復縁したいときのポイント

復縁したい気持ちだけで行動に移したところで、大した期待はできません。

大事なポイントを押さえたやり方をしないと、かえって元彼との距離ができてしまいます。

元彼との復縁を成功させるためのポイントを見てみましょう。

元彼と復縁したいときのポイント➀:ゆっくり距離を縮める

元彼と復縁したいと考えていると、「新しい彼女ができるのではないか・自分のことに興味がなくなるのではないか」と不安や焦りを感じてしまうでしょう。

しかし、復縁の成功において焦りは禁物です。

不安や焦る気持ちをうまくコントロールしながら、しっかりと冷却期間を置いて、少しずつ慎重に元彼との距離を縮めましょう

焦らなければ、自分のやるべきことや元彼を振り向かせる方法がわかるはずです。

元彼と復縁したいときのポイント➁:元彼のペースに合わせる

元彼が電話やLINEの返信をしてくれたら、復縁の期待をして毎日のように連絡をしたくなるでしょう。

しかし、自分ではなく元彼のペースに合わせて連絡を取り合わないと、鬱陶しく思われるなどマイナスな印象を与えてしまいます

自分の気持ちはグッとこらえて、元彼のペースで二人の距離を縮めましょう。

彼に合った連絡ツールを選びましょう!

「電話とLINEのそれぞれのメリット・デメリット」や「復縁したい元彼との連絡頻度」について紹介しました。

復縁したい元彼に連絡をするときは、電話やLINEを含めて元彼に合った連絡ツールを選びましょう。

すぐではなくても、きっとあなたに返信をしてくれるはずです。

関連記事
復縁したいときLINEは送っていいの?でもどんな内容を送るべき?

復縁したいときLINEは送っていいの?でもどんな内容を送るべき?

復縁したい!でもどうやって気持ちを伝える?失敗を防ぐ方法は?

復縁したい!でもどうやって気持ちを伝える?失敗を防ぐ方法は?

元カレと復縁したい!嫌われているか確かめる方法と仲直り方法

元カレと復縁したい!嫌われているか確かめる方法と仲直り方法

関連キーワード

おすすめの記事