復縁したい!でもどうやって気持ちを伝える?失敗を防ぐ方法は?

「元彼に復縁したい」と思ったときに、気持ちの伝え方で悩むことがあります。 復縁したいときは、どのように気持ちを伝えればいいのでしょうか。 今回は、元彼と復縁したいときにどのように気持ちを伝えるかと、失敗を防ぐ方法を紹介するので参考にしてみてください。

復縁したい!でもどうやって気持ちを伝える?

「元彼と復縁したい」と思っている人が少なくありません。

しかし、復縁は難易度が高いため、「絶対に復縁したい」と思ってもうまくいかないことがあります。

また、「復縁したいけど気持ち伝える方法がわからない」と悩んでいる方が少なくありません。

気持ち伝える方法がよくないと、元彼からの印象が悪くなり復縁の成功率が下がるので注意しましょう。

気持ちを伝えるタイミングはいつがいい?

【気持ち伝えるタイミング1】イベントがあるとき

元彼に気持ち伝えるタイミングとしておすすめなのが、元彼の誕生日やクリスマスといったイベントです。

イベントを理由にすることで自然に連絡でき、元彼に気持ちを伝えやすいためです。

【気持ち伝えるタイミング2】おたがいの関係が深くなったとき

復縁したい元彼に気持ち伝えるタイミングとしておすすめなのが、おたがいの関係が深くなったときです。

元彼と別れたときは元彼からあなたへの印象がマイナスになっているため、「復縁したい」と伝えてもうまくいきません。

そのため、元彼と連絡を取り合い少しずつ距離を縮めることが大切です。

「そろそろ関係が深くなったかな」と感じたときに気持ち伝えることで、復縁の成功率が上がります。

【気持ち伝えるタイミング3】自分磨きができたとき

元彼と復縁したいときは、元彼に「また付き合いたい」と思わせる女性になることが大切です。

そのため、自分磨きをして別れたときより魅力的な女性になることを目指しましょう。

自分磨きをして元彼好みの女性になってから気持ち伝えることで、復縁できる確率が上がります。

【気持ち伝えるタイミング4】復縁できる自信があるとき

復縁したい元彼に気持ち伝えるタイミングとして、復縁できる自信がついたときがあげられます。

自信がついてから気持ち伝えることで、「失敗したら仕方ない」と割り切ることができるためです。

【気持ち伝えるタイミング5】いい雰囲気になったとき

復縁したい元彼といい雰囲気になったときは、気持ち伝えるチャンスです。

雰囲気の効果で、元彼がOKをすることがあるためです。

元彼へ気持ちを伝える方法

元彼へ気持ち伝える方法は、LINEやメールではなく直接会って気持ち伝えることが大切です。

また、気持ち伝えるときは雰囲気を重視しましょう。

周囲に人がいるときは、元彼が恥ずかしがって拒絶することがあるためです。

おたがいが落ち着いて話せる場所で気持ち伝えることで、成功率が上がります。

振られたらどうしよう!失敗を防ぐには?

【失敗を防ぐ方法1】成功率100%はありえないと覚悟する

「復縁したい元彼に振られたくない」と考える女性が多いですが、復縁の成功率が100%になることはありえません

とくに、元彼に好きな相手がいるときは復縁の難易度が上がります。

そのため、「失敗したら新しい相手を見つけよう」と割り切るほかに、「できるだけ成功率を上げてから気持ち伝える」と考えることが大切です。

【失敗を防ぐ方法2】慌てて気持ちを伝えない

「はやく元彼と復縁したい」と思っているときは、慌てて気持ちを伝えがちです。

しかし、元彼との関係が悪い時点で気持ち伝えると振られるリスクが上がります。

そのため、失敗を防ぐために慌てて気持ちを伝えないことが大切です。

【失敗を防ぐ方法3】気持ち伝える前に元彼の気持ちを見極める

元彼に気持ちを伝える前に、元彼の気持ちを見極めることが大切です。

元彼と一緒にいるときに、あなたに対して脈がありそうだと感じたときに気持ち伝えることで失敗する確率が下がります。

いける!と思ったタイミングにしよう!

元彼と復縁したいときは、「いける!」と思ったタイミングで気持ちを伝えましょう。

しかし、復縁は確実に成功するわけではないので覚悟することが大切です。

関連記事
元彼が好きかも...復縁したいと伝えてもいい?

元彼が好きかも...復縁したいと伝えてもいい?

復縁したい!効果的な告白LINEの内容&タイミング

復縁したい!効果的な告白LINEの内容&タイミング

関連キーワード

おすすめの記事