【占い師が説く】花札占いとは?意味ややり方は?

こんにちは!占い師のうめざわみきと申します。

今回は私がいつも鑑定している占術の1つ『花札占い (はなふだうらない)』についてご紹介をさせて頂きます。

花札占いって何?

「花札占い?聞いたことないな?」「花札で占いができるの?」「花で占う占いなの
?」そんな声が聞こえてくるようです。

まずは花札占いの歴史的背景からみてみましょう。

花札占いの歴史

花札は、安土桃山時代に宣教師が日本に持ち込んだカルタの流れから作られました。特に当時は賭博(とばく)で使われるツールとして発展していたようです。

そして当時の物流環境から地方ごとにさまざまな札が作られ、または使用目的によっていろいろなスタイルの札が考案されて使われてきました。それはまさに日本の一般庶民の文化と四季折々の情報が織り込まれている物であると考えられます。

多様な札の中で鬼札(ジョーカー)の入っている札があります。札の大きさや絵柄から見て占い用としての意図を感じる作りとなっているようです。

実際に第二次世界大戦の頃までは、花札による占い師がいたと言うことです。花札は日本発のオラクルカードの元祖という側面を持っているのだと思います。

そんな花札を現代風にアレンジしたものが、この「花札占い」です。

どんな占術?

一般的なオラクルカードと同じような使い方をします。札一枚一枚に意味を持たせてありますので、たとえばタロットカードの様な、そんな使い方も出来ます。

札の性格上、日本の文化と庶民の暮らしに根付いているので、天使というよりお天道様、ハーブティーというよりほうじ茶のよう様な感覚で占うと良いでしょう。

【占い方】~通常版~

札をシャッフルします。札が小さいので、慣れるまで時間がかかるかもしれません。自分で納得が出来るまでシャッフルしたら、それを2つの山に分けて、ご相談者の方にどちらか選んでもらいます。

選んでもらった山の札を再びシャッフルして、今度はそれを3つの山に分けます。再び、ご相談者の方に選んでもらいます。選んでもらった札を並べて、その意味を紐解いてゆきます。

どんなことを占うのに最適なの?

基本的になんでもお任せです。細かいことも得意です。気になるあの人の心をちょっと覗かせてもらったり、試験に合格する確率を出してみたり、1ヶ月限定のツキを呼び込む方位をみたり…。

単純に、おみくじのようなことも得意中の得意です。

なにせマイノリティです

日本の風土と庶民の生活・習慣に基づく札で、しかも第二次世界大戦の頃には花札占い師がいたということです。

ですが、すっかり忘れ去られてしまっています。花札と言えば賭博のようなちょっと危ないイメージもあります。細々と続いているところもあったようですが、何しろ本当に少人数でしかなかったようです。

一般に知られていなくても仕方ないと言えば仕方ないのです。

今だからこそ復活させたい!花札占いとは?

現在の日本は、混沌(こんとん)としています。世界中が混沌としているその波にすっかり飲み込まれてしまっていると思います。

それでも、日本は八百万の神様がいらっしゃる国です。本物のユダヤ人のひとつの系統は、日本人になったとも言われています。

この日本独自の流れを持った花札での占いで、私たちの日々の悩みを解決し、より質の高い環境の中で魂を磨いてもらいたい…それが「花札占い」の願いのひとつでもあります。

関連記事
【超初心者向け】占い師が伝授!タロットカード占いのやり方&選び方
【超初心者向け】占い師が伝授!ペンデュラムの使い方&ダウンジング占いのやり方
初回無料で鑑定ができる!チャット占い&アプリまとめ

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!