【占い師が説く】風水占いとは?意味ややり方は?

『風水』はご存じの方も多いでしょう。開運術と言えば風水です。

今回は占い師である筆者が風水のやり方や意味を詳しく説明しますのでご覧ください。

風水って何?

風水とは「地理風水」とも言われており、大地のパワーをどのようにしたら最大限に活用できるかを追求している環境学・地勢学です。

また、言い換えれば世界と調和した状態で暮らすための知恵です。

風水は占いというカテゴリーに入れるのには少しニュアンスが違ってきますが、風水を知る人は自分で簡単にあらゆるものと調和した状態をつくり、健康、豊かさ、幸福を人生にもたらすことができます。

この意味においては、占いと変わりはありません。

日本で「風水」と言うと、「家相」のイメージが強くなる感じはありますが、風水とは「気の流れ」を読み取り、操り活用する術です。流れという「動」の動きが入ってきます。

九星気学とどう違うの?

風水と九星気学、何がどう違うのかこの2つをなんとなく知っている人ほど迷うことでしょう。

この2つが似ていることは、実は当たり前です。風水も九星気学も、根っこが同じです。四柱推命もそうです。どれも、四千年とも五千年ともいわれる中国の帝王学の1つなので、陰陽五行説や干支・十干等、同じ概念で同じ単語がたくさん出てきます。

今はやっている風水は、ある意味、金運・財運に特化しているところがあります。また、九星気学の複雑な面をわかりやすく砕いて、しかも普通に暮らす私たちが使いやすいようにアレンジした住環境学が、今の風水であると言っても良いと思います。

風水で知ることができるもの

風水が得意としていることは、住まいの中での開運術です。具体的に言えば、家の中のどの方位をどう使えばどうなるか…といった感じになります。

一般的に情報として私たちが見聞きする風水、たとえば「西に黄色い物を置くと金運が上がる」は決して間違ってはいないのですが、これでは片手落ち状態でもあります。

その家の情報・住んでいる人の情報・その年の情報などを総合的に判断して、その判断に沿った開運行動を、実際に開運したい人がとることで、初めて風水が効くことになります。

風水は自分で学ぶ

難しい問題や具体的にシビアな問題については、プロの風水師に鑑定をお願いされた方が絶対に良いです。とても細かいところまで気を付けて観る必要があるからです。

ですがたとえば今年の金運を上げる方位とその対処法等は、自分が学ぶことで観られるようになります。風水にはいろんな流派があり、アレンジされている風水もたくさんありますので、まずはご自分で信頼できる先生を探して、そして師事なさると良いでしょう。

一生使えるスキルが身に着くと思います。

関連記事
【占い師が伝授】東洋占いの基礎「陰陽五行」とは?
【占い師が説く】花札占いとは?意味ややり方は?
【超初心者向け】占い師が伝授!タロットカード占いのやり方&選び方

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!