遠距離恋愛なのに彼氏からの連絡が少ない...男性心理&ベストな連絡頻度

遠距離恋愛をはじめて、想像以上の連絡の少なさに不安になっていませんか?

「思っていたより連絡頻度が少ない」「彼氏からの連絡がいきなり減った...嫌われたのかな?」

こんな風にネガティブな気持ちになっているのはあなただけではありません。

この記事では、連絡遠距離恋愛の連絡頻度の目安や、長続きの秘訣について紹介します。

遠距離恋愛の連絡頻度の悩みを、一緒に解決しましょう。

遠距離中の彼氏から連絡が減った理由は?

「遠距離の彼氏から連絡が減ったのは気持ちが覚めたから?」と、不安に感じていませんか?

1人で考え込んだところで、悪いことしか思い浮かばないはずです。

まずは、遠距離の彼氏から連絡が減った理由を見てみましょう。

理由1:忙しくて返信できないから

遠距離恋愛中は、彼氏に会うことが難しいからこそ、たくさん連絡を取りたいですよね。

ただ、彼氏は遊びで遠くにいるわけではなく、仕事や学校のために遠距離で頑張っているのです。

忙しくなれば、彼女に連絡をしたくてもできなくなるでしょう。

忙しいときにしつこく連絡をしたり、返信を強要すれば、かえって彼氏の重荷になってしまいます。

彼氏の状況が落ち着くまで、しばらく様子を見ておきましょう。

理由2:返信のタイミングが合わないから

遠距離恋愛は、お互いが別々の土地で暮らしているため、生活リズムが異なることが多いです。

たとえば、あなたは昼間に働いていて、彼氏が夜に働いていれば、スムーズに連絡のやり取りをすることができません。

単に、お互いの返信のタイミングが合わないだけなのですが、彼氏との繋がりが薄く感じられるため「連絡が減った…」と、感じてしまうのです。

このように、お互いに返信のタイミングが合わなくなったことで「彼氏からの連絡が減った…」と、思い込んでいるケースは多いです。

理由3:1人の時間を満喫しているから

遠距離恋愛であっても、それぞれ1人の時間は必要です。

ゆっくり体を休めたり、趣味を楽しむ時間を持たなければ、日頃のストレスを発散させることができません。

とくに男性は、1人の時間を求める傾向が強く、彼女から連絡がきていても、自分の時間を優先させることが多いのです。

また、心を許している彼女だからこそ「あとで返信すればいいや」と、考えている場合もあります。

彼氏に干渉しすぎれば、遠距離恋愛が余計にうまくいかなくなるので注意しましょう。

連絡少ないのはなぜ?男性心理

「彼氏が連絡少ない...」と、悩んでいる女性は多いでしょう。

ただ、なにか理由があるから、彼氏の連絡が減ったと思われます。

ここでは、連絡少ない男性の心理を見てみましょう。

男性心理1:携帯が見れないくらい忙しい

こちらの男性のように、忙しさから彼女への連絡が減る男性は多いです。

あくまで忙しいことが理由であり、決して彼女への気持ちが冷めているわけではありません。

もちろん、彼女に連絡ができないこと、連絡が減ったことを申し訳ないと、思ってくれています。

遠距離の彼氏と長続きしたいのであれば、もう少し彼氏を信じてあげましょう

彼氏を疑い過ぎれば、かえって2人の関係を悪くしてしまいますよ。

20代 男性

遠距離恋愛をしていますが、仕事の繁忙期は、携帯が見れないくらい忙しいです。

彼女に連絡ができない日もありますし、申し訳ない気持ちをもっているのですが、仕事なので仕方がないことを理解してほしいと思っています。

また、連絡少ないことで、浮気を疑われるのが一番しんどいです。

これからも、連絡少ないたびに浮気を疑われるのであれば、遠距離恋愛を続けていくことが難しいのかもしれません。

男性心理2:連絡がすべてではない

20代 男性

よく、遠距離の彼女から「もっと連絡してよ!」「連絡少ない!」と、言われます。

ただ、恋愛は連絡がすべてと思っていませんし、むしろ連絡することがストレスです。

彼女には、もっと1人の時間を楽しめる余裕を持ってほしいですね。

今は、彼女の機嫌が悪くならない程度で連絡をしています。

こちらの男性のように、恋愛において連絡の頻度を重視していない男性は多いです。

単純に、連絡する時間や、LINEの内容を考えることが面倒な場合があります。

ただ、女性と男性の恋愛観の違いが理由の場合もあります。

言葉での愛情表現や、連絡の頻度といった形ある愛情を求める女性に対して「好きな気持ちがあることが大事」と、考えるのが男性です。

このことから「連絡少ないから好きじゃなくなったんだ」と、思い込む必要はありません。

連絡少ないことを指摘しすぎれば、彼氏からの印象を悪くするので注意しましょう。

遠距離恋愛中のベストな連絡頻度とは

遠距離恋愛だからこそ、彼氏とたくさん連絡を取りあいたいですよね。

ただ、女性と男性で、連絡の頻度に対する考え方は異なります。

また「もっと連絡してよ!」と、自分の気持ちを押しつけていれば、彼氏との関係が悪化しかねません。

彼氏との遠距離恋愛を長続きさせるためにも、ベストな連絡頻度を見てみましょう。

ベストな連絡頻度1:2人で決めた頻度がベスト

たとえ彼氏・彼女の関係であっても、お互いが求めている連絡の頻度は異なります。

もし、どちらか一方の希望を押し通せば、相手に不満を与えてしまうでしょう。

とくに遠距離恋愛カップルは、連絡の頻度を含めて、あらゆる面で相手の気持ちを尊重しながら付き合っていかなければいけません。

2人でしっかりと話し合えば、お互いに納得いく頻度で連絡ができるはずです。

ただ、状況によっては、2人で決めた頻度で連絡ができない場合があることを理解しておきましょう。

ベストな連絡頻度2:毎日朝・昼・夜の3回程度の連絡

彼氏と連絡頻度について話し合えなければ、朝・昼・夜の1日に3回程度がおすすめです。

  1. 出勤前のおはようのLINE
  2. ランチ中の他愛ないLINE
  3. 帰宅中や寝る前のLINE

上記の連絡頻度であれば、彼氏に負担を与えることも、あなたが寂しさを感じることもなくなるでしょう。

もちろん、すぐに返信してもらうことを期待してはいけません

返信のタイミングが合わないことを前提に考えて、気持ちに余裕を持って返信を待つことを心がけてくださいね。

ベストな連絡頻度3:付き合いのなかで連絡の頻度は変わる

たとえ、彼氏と話し合って連絡頻度を決めたとしても、生活リズムの違いや状況次第では、約束通りに連絡できないことがあります。

また、交際期間が長くなれば、お互いに気持ちが落ち着きますので、連絡頻度にこだわらなくなるでしょう。

連絡のやり取りは、遠距離カップルにとって大事なコミュニケーションの1つですが、連絡を義務と考える必要はありません。

お互いの状況や気持ちを見ながら、連絡頻度を変えていきましょう。

連絡するタイミングはいつが理想?

遠距離恋愛中のカップルは、2人の生活リズムが違いますので、気長に返事を待つべきです。

ただ、やっぱり彼氏とスムーズに連絡を取りあいたいですよね。

すぐに彼氏から返事がもらえれば、遠距離恋愛の寂しさや不安を和らげることができるでしょう。

そこで、遠距離恋愛を円満に続けるための理想的な連絡するタイミングについて紹介します。

タイミング1:出勤中や帰宅の時間帯

出勤中・帰宅中に、スマホでニュースを読んだり、音楽を聴いている人は多いでしょう。

実は、出勤中や帰宅の時間帯は、とくにすることがない自由な時間であり、遠距離の彼氏に連絡するベストなタイミングなのです。

わずかな時間であっても、すぐに彼氏から返信がもらえますので、気分よく1日をスタートすることができるでしょう。

出勤や帰宅中は、彼氏の気持ちに余裕がある時間帯なので、あなたからの連絡を嬉しく思ってくれるでしょう。

タイミング2:伝えたい用件があるとき

遠距離恋愛は、なかなか会えないからこそ、彼氏とまめに連絡を取り合ってコミュニケーションを取らなければいけません。

しかし、ほとんどの男性は、連絡をコミュニケーションのツールと考えておらず、あくまで用件を伝えるためのツールなのです。

だらだらと意味のない連絡をしていれば、彼氏の機嫌を悪くしたり、めんどうな彼女と思われるかもしれません。

「おはよう・おやすみ」は別として、そのほかの連絡は、なにか用件があるときにするといいでしょう。

とくに、電話やLINEを嫌う彼氏の場合は、必要以上の連絡はおすすめしません。

タイミング3:自分が連絡したいとき

たしかに、遠距離の彼氏にしつこく連絡をすれば、連絡そのものが重荷になってしまいます。

ただ、遠距離カップルにとって、連絡は大事なコミュニケーションの1つです。

ましてや、付き合っている関係なのですから、彼氏に気を使いすぎる必要はありません。

むしろ、あれこれ考えてする連絡は、楽しくないうえに、自分がしんどくなるだけです。

「彼氏に連絡したい」と、思ったのであれば、何も気にせず彼氏に電話やLINEを送りましょう。

ただ、彼氏に返事を求めるのではなく、気長に待つことを意識してくださいね。

連絡頻度が減ったときにやってはいけないNG行為

連絡少ないだけならまだしも、さらに彼氏からの連絡が減れば、余計に不安になるでしょう。

ただ、不安なときこそ冷静な対応を心がけなければ、彼氏との関係を悪くしてしまいます。

ここでは、彼氏からの連絡頻度が減ったときの対処法について紹介します。

NG行為1:連絡・返信を強要する

彼氏からの連絡が減れば、気持ちが冷めたのか、浮気をしているのかと不安になるでしょう。

だからといって、

「もっと連絡してよ」
「ちゃんとLINEに返信してよ」

と、連絡を強要すれば、彼氏にストレスを与えてしまいます。

たとえ彼女からの要望であっても、できないこと・やりたくないことを強要されれば、嫌な気持ちになるものです。

しばらく彼氏の様子を見て、さらに連絡が減るのであれば、そのときに「最近連絡が減ったけどどうしたの?」と、優しく聞いてみましょう。

NG行為2:しつこく連絡をする

彼氏の連絡頻度が減ったのは、仕事が忙しかったり、1人の時間を満喫していたりと、なにか理由があるはずです。

「彼氏と連絡を取り合いたい」
「彼氏から返事がほしい」

と、思う気持ちはわかりますが、だからといってしつこく連絡をすれば、かえって彼氏からの印象を悪くしてしまいます。

自分の気持ちを押しつけるのではなく、逆に彼氏のペースに合わせて連絡をすれば、不安やストレスのない遠距離恋愛を続けることができるでしょう。

連絡が減って寂しい時はどうするのがベスト?

彼氏からの連絡が減れば、寂しさを感じるでしょう。

ただ「冷められるかも…」と、不安に思うあまり、何もできずにいる人が多いと思います。

果たして、彼氏からの連絡が減って寂しいときは、いったいどうすればいいのでしょうか?

ここでは、連絡が減って寂しいときの対処法を見てみましょう。

対処法1:「寂しいよ」と甘えた連絡をいれる

彼氏からの連絡が減った寂しさは、無理に我慢する必要はありません

「連絡がなくて寂しいよ」と、素直に気持ちを伝えれば、ちゃんと彼氏は応えてくれます。

そもそもカップルとは、誰よりも心を許せる関係です。

彼氏に気を使いすぎる必要はなく、適度に甘えていきましょう。

対処法2:気長に彼氏からの返信を待つ

ただでさえ、遠距離恋愛は寂しいのに、

「まだ彼氏から連絡がこないな」
「いつになったら彼氏は連絡をしてくれるの?」

と、考えれば、余計に不安になるだけです。

そもそも、2人は付き合っているわけですから、二度と彼氏から連絡がこないことはありません。

気長に待っていれば、いずれ彼氏から連絡がくるでしょう。

彼氏の連絡を待ちつつ自分の時間を充実させれば、不安な気持ちが和らぐはずです。

対処法3:次回のデートプランを立てる

「彼氏からの連絡が減って寂しい」と、考えていても、辛い気持ちになるだけです。

寂しいとき、辛いときこと楽しいことを考えて過ごせば、不安な気持ちが和らぐでしょう。

ちなまに、遠距離の楽しみといえば、彼氏とのデートですよね?

「次のデートはどこへ行こう?」
「◯◯に行ってみたいなー!」

と、彼氏とのデートプランを立てれば、連絡を待っている時間を楽しく過ごせるのではないでしょうか。

彼氏との会話のネタにもなりますので、楽しいデートプランを考えてみてください。

遠距離恋愛を長続きさせる秘訣

連絡頻度を含めて、遠距離恋愛は難しいですよね。

それでも、彼氏のことが好きであれば、付き合っていきたいでしょう。

どうすれば遠距離恋愛を長く続けることができるのか、3つの秘訣を紹介しす。

秘訣1:きちんと連絡を取りあう

連絡少ない彼氏のことで悩んでいると思いますが、遠距離恋愛中はこまめに連絡を取り合うことが大切です。

連絡のやり取りは、遠距離カップルにとって大事なコミュニケーションであり、2人の信頼関係を深めてくれます。

ただ、連絡のやり取りは大事ですが、連絡・返信を強要するなど、自分の気持ちを押しつけてはいけません。

お互いにストレスを感じない頻度で連絡を取り合うことが、遠距離恋愛を長続きさせる秘訣です。

秘訣2:相手の気持ちを尊重する

遠距離恋愛中は、彼氏に会えないからこそ、たくさん連絡がしたくなるものです。

またどのくらいの頻度で彼氏が連絡をしてくれるかで、愛されている実感を得たくなると思います。

ただ、付き合っているとはいえ、お互いの性格や価値観は違うわけです。

彼氏の価値観を無視して、自分の気持ちを押しつければ、きっと嫌われてしまいます。

自分の気持ちより、彼氏の気持ちを尊重した付き合いを心がければ、遠距離恋愛を長続きさせることができるはずです。

秘訣3:1人の時間を充実させる

遠距離恋愛は、彼氏といるより1人でいる時間が長いわけです。

たしかに、遠距離の彼氏に会えない寂しさや不安を感じてしまいますが、

「彼氏に会いたい…」
「彼氏から連絡がこない…」

と、ネガティブなことを考えても、余計に辛くなるだけです。

もっと自分の時間を楽しく過ごして、充実した生活を送ってみてください。

友達と遊んだり、趣味を満喫していれば、楽しく遠距離恋愛を続けることができるでしょう。

彼氏と会えなくて辛くなったときの乗り越えかた

彼氏と会えない期間が長くなるほど、辛くなってくるでしょう。

実際に「遠距離の彼氏に会えなくて辛い…もう遠距離恋愛をやる自信がもてない」と、悩んでいる方は多いはずです。

ここでは、遠距離の会えない寂しさを乗り越える方法を紹介します。

以下の2つの方法を参考にして、遠距離恋愛を長続きさせましょう。

乗り越え方1:家族や友達と過ごして寂しさを紛らわす

部屋に1人で閉じこもって「彼氏に会いたい…」と、悲しんでいても、マイナスなことしか思い浮かびません。

遠距離恋愛の辛い気持ちは、明るい気持ちでしか聞き消せないのです。

辛いときこそ1人を避けて、家族や友達と過ごすことを心がけてください。

楽しめなくても気が紛れますので、不安や辛い気持ちを和らげることができるでしょう。

乗り越え方2:彼氏を喜ばせるために自分磨きをする

遠距離恋愛が辛く感じたときは、彼氏を喜ばせるために自分磨きをしてみてください。

ダイエットをしたり、イメチェンをすれば、より彼氏の気を惹くことができるでしょう。

もちろん、彼氏からの連絡が増える可能性は高く、遠距離恋愛の寂しさや不安がなくなるかもしれません。

また、自分の魅力がアップすることによって、自分に自信がもてるようになるでしょう。

自分磨きには、遠距離恋愛をうまくやっていく効果がたくさんあります。

1人あれこれ考えて悩んでいる方は、自分磨きをはじめましょう。

自分たちのペースで恋愛しよう♡

遠距離の彼氏の連絡が少ない理由や心理、遠距離恋愛のベストな連絡頻度を中心に紹介しました。

遠距離恋愛を長く続けていくためには、自分たちのペースでストレスなく付き合っていくことが大切です。

相手を思いやる気持ちをもって、素敵な関係を築いていきましょう。

関連記事
【女性向け】復縁できない別れ方3選
好きな人に嫌われたかも?男性が好きな人を嫌いになったときに見せる11のサイン
長続きするカップルの特徴&長続きしないカップルの特徴は?長続きのコツも!

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード