長続きするカップルの特徴&長続きしないカップルの特徴は?長続きのコツも!

「彼氏と長続きしたい」と思うのは当たり前のことですが、ちょっとしたことで関係が悪化をしたり別れてしまうことがあります。

そこで、長続きするカップルの特徴や方法を知ると、彼氏と長い間、いい関係を築いていけるようになるかもしれません。

ぜひあなたも、長続きするカップルの仲間入りを果たしてくださいね!

彼氏と長続きするためには、好きという気持ちだけではいけないようです。

まずは長続きするカップルと長続きしないカップルの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

長続きするカップルの特徴

まずは、長続きするカップルの3つの特徴を見てみましょう。

特徴➀:お互いが素である

彼氏・彼女を好きすぎると「嫌われたくない!」「ずっと好きでいてほしい」という思いが強くなりますよね。

その結果、おしゃべりなのに物静かでクールな男を演じたり、ギャルなのに清楚なファッションを着たりと、自分を偽ってしまうことがあります。

しかし、自分を偽り続けた分だけストレスを感じて「もう付き合っていくのに疲れた…」と思ってしまうのです。

ただ、長続きするカップルは、自分を偽ることなく本当の自分で恋人に接していますので「彼氏・彼女と一緒にいるときが一番リラックスできる!」と、感じながら付き合っています。

特徴➁:価値観の違いを受け入れている

付き合っていても、彼氏との価値観は違うものです。

価値観の違いは、カップルが喧嘩をするきっかけの1つですが、価値観の違いを受け入れているカップルは、いつまでも付き合い続けることができます。

自分と違う考えに対してストレスを感じるのではなく「そういう考え方があるんだ!」と、ポジティブでいられるからこそ長続きできるのです。

特徴➂:お互いに信頼しあっている

カップルが長続きするためには、好きという気持ち以上に信頼関係が必要です

たとえば、彼氏が飲みに行くと聞いて「誰と行くの?どこに行くの?浮気じゃないのはよね?」と疑うのではなく、「うん、行ってらっしゃい!楽しんでね!」と気持ちよく送る出せる関係のことを意味します。

また、飲みに行く彼氏も、彼女に心配をかけないために「〇〇君とどこどこで何時まで飲むからね」と、詳しく説明をしてくれます。

お互いを思いやる気持ちを持って厚い信頼関係を築ければ、長続きするカップルになれるでしょう。

長続きしないカップルの特徴

今度は、長続きしないカップルにどのような特徴があるのかを見てみましょう。

長続きするカップルと、長続きしないカップルの違いを比べてみてください。

特徴➀:依存・束縛している

長続きしないカップルは、依存や束縛が激しい特徴があります。

自分に自信がなかったり、過去の恋愛で浮気をされた経験があったりと、何か理由があってパートナーに依存・束縛をしてしまうのです。

「女の人がいる場所に行かないで」
「もっと早くLINEの返信をしてよ」
「どうして私の気持ちをわかってくれないの…?」

と、自分の気持ちを押しつけられれば、あなたと付き合うことに息苦しさを感じてしまうでしょう。

その結果、癒しを感じられる他の女性に意識が向いて別れてしまうのです。

特徴➁:思いやりの心を持てていない

長続きしないカップルは、パートナーを思いやることができません

すべてにおいて自分中心に考えているため「仕事と私のどっちが大切なのよ」と彼氏を苦しめたり、平気で男友達と遊んで彼氏に不安を与えてしまうのです。

特徴➂:相手に気を使っている

彼氏・彼女とは、喧嘩のないラブラブな関係でいたいと思っているはずです。

喧嘩をすればお互いに嫌な気分になるうえに、場合によっては別れてしまいます。

そのため、パートナーを怒らせないように、喧嘩をしないようにと気を使ってしまうのですが、パートナーに気を使っているカップルは長続きしない傾向があります。

パートナーに気を使うということは、それだけ自分の気持ちを押し殺していることを意味します。

言いたいことも言えない関係は、付き合うことにストレスを感じて疲れてしまうだけでしょう。

カップルが長続きする方法

長続きする・しないカップルのそれぞれの特徴を紹介しました。

今度は、長続きするための方法について見てみましょう。

方法➀:しっかりとコミュニケーションを取る

カップルがうまく付き合っているかどうかは、どれだけコミュニケーションを取るかで決まります。

他愛のない会話も大事ですが、自分の気持ちや考えを伝えられる関係を築ければ、それだけパートナーとの絆を深めることができます。

また、会話やLINEといった方法を使い分けて、よりたくさんコミュニケーションを取れれば、お互いのことを理解できますので長く付き合える関係になれるでしょう。

方法➁:干渉しすぎない

彼氏のことが好きだからこそ、好きな食べ物や趣味はもちろん、人間関係や悩んでいることまで知りたいと思いますよね。

しかし、その日そのときの行動を事細かく把握されると、人はストレスを感じて一緒にいることに疲れてしまいます。

「いまどこにいるの?」
「誰と遊んでいるの?」
「その人ってどんな人?」

と、干渉しすぎると長く付き合えなくなるため、パートナーとの距離感に気をつけなければいけません。

方法➂:意地を張らない

付き合っているパートナーは、自分にとって特別な存在ですよね。

家族や友達に話せないことも彼氏だけには話せたり、他の人には見せない姿を彼氏だけには見せられたりと、あなたにとって唯一の存在だと思います。

しかし、パートナーは大切な存在ではあるものの、自分の思い通りにコントロールできる存在ではありません

意地を張って自分の意見を押し通したり、パートナーの意見を否定ばかりしていれば、お互いを理解しあえませんので長く付き合うことができません。

また、付き合ってはいるものの、性格や考え方が同じとは限りません

ときには意見がぶつかって、喧嘩をすることがあるでしょう。

しかし、意地を張っていれば素直に謝ることができず、無駄に喧嘩を長引かせて二人の関係を悪化させてしまいます。

カップルが長く付き合うためには、お互いに意地を張らないことが大事なのです。

長続きさせたいならLINEがポイント!

彼氏と長続きしたければ、意地を張らずにしっかりとコミュニケーションを取つつ、程よい距離感を保つことが大切です。

上記で紹介した彼氏との関係を長続きさせるポイントを活かして、うまく付き合っていきましょう。

なかでも、彼氏とのコミュニケーションに関しては、長続きさせるうえで最も重要なポイントです。

普段、LINEで彼氏とコミュニケーションを取っている人が多いと思いますが、LINEの頻度や内容は、長続きさせる秘訣でもあります。

そこで今度は、彼氏と長続きするためのLINEのポイントについて見てみましょう。

しつこくない程度でこまめに連絡を取り合う

彼氏と長続きするためには、少しでも多くのコミュニケーションを取ることが大切です

コミュニケーションを取る量が多いほど、相手の考えていることや悩んでいることが理解できたり、お互いの行動を把握できる安心感を得られるため、うまく付き合っていくことができます。

しかし、多くの男性は、LINEが苦手であり、なおかつ邪魔になるものと考えているため、毎日しつこくLINEを送っていれば、鬱陶しさを感じさせてしまいます

「1日に〇回の頻度がベスト!」と断言できませんが、しつこくない程度でこまめに連絡を取り合うことがベストな頻度と言えるでしょう。

朝のあいさつや、その日の予定を報告する程度であれば、LINEのやり取りがストレスにならないため、長続きするカップルになれるはずです。

朝や寝る前のあいさつをする

カップルによってLINEの頻度はそれぞれですが、長続きするカップルほど、朝や寝る前のあいさつは必ずしているようです。

「おはよう!仕事行ってくるね」
「いま仕事終わったよ。疲れた…」
「そろそろ寝るね!おやすみ」

と、大した用事がなくても1日に1回はLINEのやり取りをして、彼氏とのコミュニケーションを取っています。

また、朝や寝る前のあいさつであれば、お互いの行動リズムが把握できるため、浮気を疑ったり不安を感じることがありません。

さらに、あいさつ程度であれば、LINEにストレスを感じない程よい頻度であることも長続きする秘訣とされています。

用件や報告が必要なこと以外の連絡は最低限

長続きするカップルは、基本的にLINEで雑談をしないようです。

大事なことは、LINEではなく直接会って話をして、会話の絶えない楽しいデートを心がけている傾向があります。

しかし、「おはよう」「おやすみ」だけのLINEでは、パートナーの行動が把握できないため「どこで誰といるんだろう?」と不安を感じてしまいますよね。

そのため、パートナーに不安を与えず、むしろ安心させるために、

「明日は会社の飲み会だから帰りが遅くなるかも!」
「今日は〇〇ちゃんと飲みに行ってきていいかな?」

と、自分の行動について報告をしています

報告以上のやり取りがありませんので、LINEでストレスを与える心配がなく、加えてパートナーを安心させられる内容と言えるでしょう。

デートの予定について話す

カップルにとって、デートに関する話題が一番LINEで盛り上がるのではないでしょうか。

「今度はいつデートする?」
「次のデートはどこへ行こうか?」

と、デートの予定についてLINEでやり取りをしていると、とても楽しい気分になれて、パートナーへの愛情を実感できることでしょう。

もちろん長続きするカップルも、デートの予定についてLINEでやり取りをしており、デートの予定を立てることで、二人の愛情を深めたりマンネリ化を防いでいるのです。

彼氏とのLINEがうまくいかないときの対処法

彼氏とのコミュニケーションを取るうえで、LINEはとても大事なアイテムです。

しかし、あなたは毎日たくさんLINEをしたくても、彼氏がLINE嫌いであれば、

「彼氏とLINEできなくて寂しい…」
「本当は私のことが好きじゃないのかな…」

と、マイナスに考えてしまうのではないでしょうか?

たくさんの女性が彼氏とのLINEがうまくいかなくて悩んでいると思いますが、一人で悩みを抱えていると、彼氏との関係がギクシャクしてしまうでしょう。

いつまでも彼氏と円満な関係でいるために、彼氏とのLINEがうまくいかないときの対処法を紹介します。

対処法➀:LINEのやり取りについて彼氏と話し合う

「もっと彼氏とLINEをしたい」
「彼氏にLINEをスルーされる」
「彼氏からもLINEをしてほしい」

上記のような彼氏とのLINEの悩みを抱えていると思います。

しかし、LINEの悩みを抱えているものの「彼氏に嫌われたくない」「彼氏と喧嘩したくない」という思いから、一人で抱え込んでいる人がほとんどではないでしょうか。

しかし、悩みは言葉にして伝えない限り、いつまで経っても彼氏に理解してもらえず、余計に悩みを大きくしてしまいます。

しっかりと彼氏と二人で話し合ってLINEに関するルールを作れば、うまく付き合っていけるはずです。

対処法➁:彼氏のペースに合わせてあげる

「彼氏と長続きするためには思いやりの心を持つことが大切である」とお伝えしましたが、LINEのやり取りに関しても思いやりが必要です。

たとえば、LINEが嫌いな彼氏に「もっとLINEしてよ!」と求めるのではなく、「彼氏はLINEが嫌いだから控えておこう」と思いやれば、彼氏との関係が悪くなることはありません。

また「LINEが嫌いなだけで自分のことを嫌っているわけではない」と、理解できるでしょう。

嫌いなものを強制させるのではなく、あなたがLINE嫌いの彼氏に合わせてあげるとうまくいくはずです。

対処法➂:LINEがすべてではないと考える

彼氏とのLINEは、大事なコミュニケーションの1つです。

だからこそ、

「もっと彼氏とLINEしたい」
「彼氏からLINEを送ってほしい」

と、考えても不思議ではありませんが、LINEだけが彼氏との関係を深める手段ではないことも事実です。

今のように、スマートフォンが普及していなかった時代のカップルたちは、毎日会うこともコミュニケーションを取ることもできないなかで付き合ってきています。

それなのに、うまく付き合って結婚までしたカップルが多い理由は、お互いを信頼して、会えたときに内容の濃い時間を過ごしてきたからです。

あなたと彼氏は、間違いなく付き合っている関係です。

もっと彼氏を信じて、デートをめいっぱい満喫すれば、LINEがうまくいかないことが気にならなくなるでしょう。

倦怠期がくるタイミングと対処法

どれだけ仲良しのカップルであっても、いつかは倦怠期が訪れるものです。

カップルにおいて、倦怠期は避けて通れない問題であり、なおかつ倦怠期は一度だけとは限りません。

しかし、倦怠期をうまく乗り越えられれば、今まで以上に彼氏との関係が深まるでしょう。

そのためには、あらかじめ倦怠期が訪れるタイミングを見極めて、きちんと対処すること必要があります。

そこで今度は、いつ倦怠期が訪れるのか、どのように対処すればいいのかについて見てみましょう。

倦怠期がくるタイミング

まずは、倦怠期が訪れるタイミングについて見てみましょう。

事前に倦怠期がくるタイミングを見極められれば、早く対処できて彼氏との関係悪化にブレーキをかけることができます。

長続きさせるために大事なことですので、しっかりと覚えておきましょう。

タイミング①:3ヶ月周期

カップルの倦怠期について、よく言われるのが3ヶ月周期ですよね。

あなたも一度は「3ヶ月ごとに別れの危機が訪れる」と聞いたことがあると思います。

実はこの噂、あながち間違っていません。

付き合った当初は、両思いになれた喜びと好きな人を一人占めできる嬉しさで、愛情が最高潮まで高ぶるものです。

しかし、付き合って3ヶ月経つ頃には、次第に気持ちが落ち着きはじめて、連絡やデートをする頻度が少なくなり、気持ちが冷めたように思えてくる傾向があります

また、最初の倦怠期を乗り越えても、次の3ヶ月後には、彼氏に対する不満や、ワンパターンなデートやエッチにつまらなさを感じて「本当に彼氏のことが好きなのかな?」と疑問を抱くようになるのです。

このように、3ヶ月周期で倦怠期が訪れる傾向がありますが、倦怠期になる原因は異なるため、前もって対策を準備してけば、倦怠期をうまく乗り越えられるでしょう。

タイミング②:不満が溜まってきたとき

付き合いが長くなれば、彼氏の新しい魅力に気づく一方で、

  • 彼氏の癖
  • 価値観の違い
  • だらしない生活態度

と、彼氏に対する不満を感じることがでてきますよね。

彼氏に不満を感じれば、イライラすることが増えて、無意識に冷たい態度を取ったり距離を置きたくなりますよね。

しかし、このような付き合い方を続けていれば、次第に気持ちが冷めて、彼氏との関係に意味を感じなくなるのです。

彼氏に不満を感じたときが倦怠期のサインと覚えておけば、早めに対処をして彼氏との関係を修復することができるでしょう。

タイミング③:気持ちがマンネリ化してきたとき

そもそも倦怠期とは、彼氏との関係にマンネリを感じて嫌になっている状態を意味します。

一緒にいる時間が長くなれば「彼氏といても楽しくない」「彼氏との関係に飽きてきた」と感じることがあります。

しかし、あくまで彼氏との関係に慣れているだけであって、本当に彼氏を失えば後悔してしまう可能性があります。

実際に、倦怠期を理由に別れたことで後悔している人がたくさんいるのです。

後悔するような決断をしないためにも、気持ちがマンネリ化してきたときを倦怠期がくるタイミングと考えておきましょう。

倦怠期がきたときの対処法

倦怠期がくるタイミングがわかっても、対処法を知らなければ意味がありません。

彼氏との関係を改善して、より長く付き合っていくために、倦怠期がきたときの対処法を見てみましょう。

対処法➀:倦怠期になった原因を解決する

倦怠期がきたときは、倦怠期になった原因を解決する必要があります。

そのためには「どうして倦怠期になったんだろう?」と考えることからはじめなければいけません。

たとえば、倦怠期になった原因を考えた結果「彼氏と一緒にいても楽しくない…」と不満を感じたことであれば、あなたがデートプランを立てたり、二人で行ったことのない場所へでかけてみることで、倦怠期を乗り越えることができるはずです。

何事も、原因を解決すれば今の状況を改善できます

すぐに別れを考えるのではなく、まずは、倦怠期になった原因を解決することを考えましょう。

対処法➁:自分の時間を充実させる

倦怠期になれば、彼氏と一緒にいることも、一人でいる時間もつまらなく感じる傾向があります。

どんどん気分は塞ぎ込んで、すべてのことから逃げ出したくなるのですが、そうなれば、彼氏との関係は悪くなる一方で、すぐに別れてもおかしくない状況になってしまいます。

そこで、無理に倦怠期の二人の関係をどうにかしようとせず、自分の時間を充実させることだけを考えてみてください。

友達と遊んだり趣味に没頭したりと、自分自身が充実すれば気持ちに余裕がうまれて、冷静に彼氏との関係に向き合えるようになるでしょう。

倦怠期を乗り越える方法

どれだけ仲良しカップルであっても、必ず一度は倦怠期が訪れます。

だからと言って、倦怠期をそのままにしておけば、彼氏との関係が悪化するでしょう。

彼氏との関係を長続きさせたければ、倦怠期を乗り越えなければいけません

どのように倦怠期を乗り越えるのか、以下の方法を見てみましょう。

方法➀:イメチェンをする

倦怠期になれば、すべてことに嫌気がさしてしまいます。

彼氏といても楽しくなく、かと言って友達といても気分が上がることもありません。

塞ぎ込んだ気分は、メイクやヘアスタイルを変えてみるなど、イメージチェンジすることで新鮮な気持ちになれるのです。

あなた自身が明るい気分になれれば、倦怠期中の彼氏との関係に向き合えて、うまく乗り越えることができるでしょう。

方法➁:二人で新しいことをはじめる

倦怠期になれば、彼氏と一緒にいる時間を減らしてしまうでしょう。

一緒にいて楽しくなければ、気楽でいられる一人の時間や、より楽しめる友達との時間に使いたくなりますが、そもそもカップルというのは、一緒にいて楽しめたりリラックスできる関係でなければいけないのです。

倦怠期を理由に一緒にいるべき彼氏と距離を置けば、より関係が悪化して修復できなくなるため、あえて二人で一緒にいられる趣味を作ってみてください

二人でひとつのことに夢中になれれば、時間だけではなく「楽しい・嬉しい」といった感情を共有できるため、離れかけた気持ちを取り戻すことができます。

二人で楽しめる何かを見つけるために、彼氏と話し合ってみましょう。

方法➂:環境を変えてみる

イメチェンしたり、彼氏と共通の趣味を持ったりと、新鮮な気分を取り入れることが、倦怠期を乗り越えるコツです。

このことから、自分の置かれた環境を変えるだけでも気分をリフレッシュできて、彼氏との関係に向き合うことができるのです。

引越しや転職は、環境を変えることができても金銭面のリスクがあるため、部屋をガラッと模様替えしたり、ベッドを新しくするなど、できる範囲で環境変えてみてください

小さな変化ですが、彼氏との関係を大きくプラスに変えてくれるはずです。

喧嘩をしたときの対処法

カップルの倦怠期は、別れを招く大きな原因です。

イメチェンをしたり、彼氏と共通の趣味を持ったりと、うまく新鮮な気分を取り入れて、彼氏との倦怠期を乗り越えてください。

また、倦怠期と同じくらい、カップルの喧嘩は二人の関係を悪くする原因です。

喧嘩をするたびに彼氏との信頼関係が壊れて、修復できなくなってしまいます。

そこで今度は、彼氏と喧嘩をしたときの対処法について見てみましょう。

対処法➀:冷静でいることを心がける

どれだけ些細なことであっても、喧嘩をすれば、彼氏に対してイライラしますよね。

感情的になって、言うつもりのなかったことを口走ったり、ひどい言葉でお互いを傷つけあってしまいます。

また、感情的になったところで喧嘩が終わるわけではなく、感情的になればなるほど喧嘩が激しくなります。

喧嘩をしたときは、どれだけ腹が立っても、あなただけは冷静でいることを心がけてください。

どちらか一方が冷静であれば、大きな喧嘩になる前におさまるでしょう

対処法➁:彼氏の意見に耳を傾ける

彼氏と喧嘩になるということは、お互いの意見がぶつかっている状態です。

言いたいことだけを口にして、相手の言い分をまったく聞こうとしていないと思われます。

わがままを言える唯一の存在だからこそ、彼氏に甘えて気持ちを押しつけているのでしょうが、ぶつかり合った状態が続けば、売り言葉に買い言葉で喧嘩がエスカレートする恐れがあります。

意見がぶつかっているのであれば、彼氏の声に耳を傾けて、彼氏の気持ちを理解してあげてみてください。

少しでも彼氏の気持ちを理解してあげれば、あなたが感情的になることはなく、冷静な話し合いに変えることができるはずです。

対処法➂:適度な距離を置く

彼氏のことが好きでも、喧嘩をすれば感情的になるものです。

しかし、感情的になれば、喧嘩の原因とは関係ない過去の話を蒸し返したり、普段の不満を持ち込んだりと、面倒な状況になって仲直りできなくなります。

また、喧嘩をして感情的になった二人がそばにいても、余計に状況を悪化させてしまうでしょう。

冷静になれるほど気持ちに余裕がなければ、しばらく彼氏と距離を置いて頭を冷やす時間を持ちましょう

彼氏と距離を置いて冷静になれれば、彼氏の気持ちや言葉の意味を理解できて、仲直りのきっかけを見つけることができるはずです。

仲直りする方法

「彼氏と喧嘩をしているけれど、これからも付き合っていきたい」と考えているのであれば、すぐにでも仲直りしなければいけません。

どれだけ早く仲直りできるかによって、二人の関係がいつまで続くかが変わってくるのです。

そこで今度は、喧嘩中の彼氏と仲直りする方法を見てみましょう。

方法➀:きちんと話し合う

喧嘩中の彼氏と仲直りをしたければ、とにかく話し合うことが大切です

喧嘩をした直後は、お互いに感情的になっているため、うまく話し合いができないでしょう。

たしかに、早く仲直りできれば、それだけ彼氏と長く付き合えることでもあるのですが、感情的になっている状態で無理に話し合いをする必要はありません

しばらく距離を置いて、お互いに冷静になれたタイミングで話し合っても構わないのです。

大事なことは、ただ話し合うのではなく、きちんとお互いの気持ちを理解できる意味のある話し合いをすることです。

冷静になれたのであれば、あなたから彼氏に「仲直りしたいからきちんと話し合おう」と声をかけてあげましょう。

方法➁:意地を張らずに自分から謝る

喧嘩をしている人と仲直りするためには、きちんと謝ることが必要ですよね。

謝らなければ、本当の意味での仲直りができず、心のなかで「どうせ適当なことを思っているんだろうな」「影で文句を言っているんだろうな」と信用できなくなるのです。

また、喧嘩の相手が彼氏であれば、自分の気持ちを押し通そうとして意地を張ることがあります。

意地を張れば、それだけ謝ることができずに喧嘩を長引かせてしまいます。

早く仲直りしたければ、意地を貼らずに素直に謝ることが大切です。

たとえ喧嘩の原因があなたになくても「ひどいことを言ってごめん」「ちゃんと話を聞かなくてごめん」と、あなたの悪いと思った部分だけでも謝りましょう。

あなたから謝られたことで、彼氏も素直に謝ってくれるはずです。

方法➂:喧嘩したことを引きずらない

喧嘩中の彼氏と仲直りできたのであれば、同じ話を蒸し返してはいけません

仲直りした時点で、お互いに納得していることであり、問題も解決しているわけなのです。

仲直りしたはずの問題をわざわざ蒸し返せば、いつまで経っても仲直りすることができず、この先なんども同じことで喧嘩を繰り返してしまいます

次第に喧嘩が増えて「もう彼女に好きな気持ちがなくなった」「彼女との関係に疲れた」と思われかねません。

見せかけだけの話し合いではなく、お互いに納得するまで話し合って、彼氏と仲直りしましょう。

彼氏と長続きするためのコツまとめ

ここまで、長続きする・しないカップルの特徴や、LINEの頻度や内容など、彼氏と長続きするために必要なことを紹介してきました。

読んでいくごとに、好きという気持ちだけでは彼氏と長続きできないことがわかったと思います。

愛情だけではなく、彼氏の気持ちや接し方といったさまざまな角度から二人の関係に向き合えば、きっと長続きするカップルになれるはずです。

さいごに、これまでに紹介したことのまとめを見てみましょう。

しっかりと読んで、彼氏との関係に役立ててください。

まとめ➀:しっかりとコミュニケーションを取る

この記事で、何度もコミュニケーションの大切さをお伝えしてきましたが、しっかりとコミュニケーションを取れば、二人は長続きできるカップルになれます

コミュニケーションは、お互いの近況を知ることだけではなく、彼氏が何を考え、何に悩んでいるかを把握できますので、そのときに必要な言葉をかけてあげたり、心情に合わせた接し方をしてあげられるでしょう。

あなたからの思いやりを感じて、今以上に彼氏から愛される彼女になれるはずです。

まとめ➁:信頼関係を築く

カップルは、好きという気持ちだけではうまくいく関係ではありません。

もとを辿れば赤の他人だったわけですので、お互いを信頼しあえる関係にならなければ、長く一緒にいることができなくなります。

二人の価値観の違いを受け入れて、なおかつ思いやりの心を持って付き合いながら信頼関係を築いていってください。

思いやりとは、自分ではなく相手の立場で物事を考えることです

発言や行動に移す前に、彼氏がどう思うかを考えて付き合っていけば、きっと厚い信頼関係で結ばれるでしょう。

まとめ➂:マンネリ化を防ぐ

マンネリは、喧嘩や気持ちが冷める原因であり、二人の関係を一気に悪くしてしまいます。

彼氏と長続きさせたければ、いかにマンネリ化を防止できるかにかかっています。

また、カップルのマンネリ化は、LINE・デートプラン・エッチなど、さまざまなことからはじまります。

二人の関係に慣れや飽きを感じさせない工夫をして、いつも新鮮な気持ちでいられるように対策をしましょう。

マンネリを防止できれば、ずっと円満な関係でいられるはずです。

さいごに

「長続きするカップルの特徴」や「長続きしないカップルの特徴」を中心に紹介しました。

実は、一年以内に別れるカップルの割合は約50%と言われるほど、世の中には長続きしないカップルがたくさんいます。

しかし、どのカップルも、付き合ううえでのコツを掴めば長続く一緒にいられるのです。

「彼氏と長く付き合いたい!」
「彼氏と長続きできるか不安…」

と悩んでいる人は、二人の関係を見つめ直したうえで、今回紹介したカップルが長続きするコツを参考にしながら付き合い方を工夫してみてください。

きっと、いつまでも彼氏と長く付き合っていけるはずです。

関連記事
注意!すぐ別れるカップルの特徴&対処法
彼氏とのLINEは毎日すべき?長続きするカップルのLINE
彼氏と長続きする!?カップルにおすすめなLINEの頻度

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!