遠距離カップルの婚約破棄が増えている!?後悔しない決め方とは

遠距離恋愛を乗り越えて婚約をしたのに、婚約破棄となってしまうと「遠距離恋愛なんてしなければよかった」「婚約なんてしないほうがよかった」と後悔してしまうでしょう。

そこで、ここでは遠距離中の婚約を後悔しない決め方について紹介します。

後悔しない決め方を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

遠距離カップルの婚約破棄が増えている!?

遠距離だと婚約破棄になるケースがある

とある調査では、約70%の遠距離カップルが別れるというデータがあるため、婚約をしても婚約破棄になってしまうケースがあります。

遠距離で婚約破棄となると、「遠距離恋愛をしなければよかった」「婚約しなければよかった」と後悔をすることになるでしょう。

遠距離でも婚約破棄にならないこともある

遠距離恋愛では別れることになるカップルが多いですが、中には婚約破棄とならずに結婚できるカップルもいます。

「私たちは婚約破棄にならない」と相手のことを信じているのであれば、婚約をしてもいいでしょう。

婚約破棄をしたいと思ったきっかけ

結婚をするまでの期間が長い

「遠距離が終わったら結婚しよう」と婚約をしている場合は、「結婚をするまでの期間が長い」という理由で婚約破棄になることがあります。

この場合は、婚約破棄をしないために、遠距離が終わるまで婚約はしないほうがいいでしょう。

結婚をしても遠距離生活が終わらない

結婚をするのであれば、「一緒に暮らしたい」と思うのは自然なことでしょう。

そのため、結婚をしても遠距離生活が終わらず、一緒に暮らすことができないことが原因で婚約破棄となってしまうことがあります。

婚約中に身近な人に魅力を感じた

遠距離恋愛をしていると、会いたいときに会うことができず、身近な人に魅力を感じてしまうことがあります。

それが理由で、婚約破棄となってしまうことがあります。

婚約破棄をしたほうがいい遠距離カップル

感情的になって婚約をした

今まで近くにいたのに急に遠距離恋愛をすることになると、「遠距離が原因で別れたくない」「婚約をして相手のことを縛りたい」と感情的になってしまうことがあるでしょう。

感情的になって婚約をすると、遠距離恋愛中に婚約破棄となる可能性があります。

遠距離恋愛に終わりが見えない

結婚をするのであれば、「一緒に暮らしたい」と思いますよね。

しかし、遠距離恋愛に終わりが見えないと、結婚をしても一緒に暮らせない可能性があります。

一緒に暮らしたいのであれば、身近な人と結婚をしたほうがいいでしょう。

付き合ってからの期間が短い

付き合ってからの期間が短いと、お互いに嫌な部分を知らずに婚約をしてしまい、付き合いが長くなるにつれて不満を抱き婚約破棄となる可能性があります。

遠距離で付き合ってからの期間が短い場合は、婚約をしないほうがいいでしょう。

本当にいいの?後悔しない決め方

遠距離でも結婚をしたいと思えるか

遠距離恋愛の場合は、結婚をしても会えなかったり一緒に暮らせない可能性があります。

そのため、「遠距離でも結婚をしたいと思えるのか」を真剣に考えて、婚約するか判断しましょう。

相手のことを心から信用しているか

遠距離で結婚をする場合は、相手のことを心から信用することが大切です。

連絡がこなかったり会えない日が続いたときに、「浮気をされそう」「本当に私のこと好きなのかな」と相手のことを疑ってしまうと、「信用してくれないなら結婚できない」という理由で婚約破棄となることがあります。

「結婚したい」と意地になっていないか

遠距離による不安な気持ちや「○歳までに結婚したい」など、意地になっていないか考えましょう。

意地になって婚約をした場合は、冷静になれたときに「この人とは結婚したくない」「遠距離で結婚はできない」と思い、婚約破棄となるかもしれません。

婚約をするときは、冷静な気持ちで判断するようにしましょう。

ちゃんと考えよう!

婚約をしたのに婚約破棄となってしまうと、「婚約なんてしなければよかった」と思いますよね。

婚約をしたことに後悔をしないように、遠距離でも結婚をしたいと思えるのかを真剣に考えて判断しましょう。

関連記事
やり直しは可能。自分の浮気が原因で婚約破棄をした彼と復縁する方法
復縁ってできる?婚約破棄をした元彼との冷却期間とは
「婚約破棄しよう…」と言われた。男女で違う婚約破棄の原因

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!