Twitterで人気を集める!?旦那の愚痴ハッシュタグまとめ

Twitterに旦那の愚痴を書いて、ストレスを発散している主婦はたくさんいます。 旦那の愚痴を書く際にハッシュタグをつけることで共感したり、「こんなに最低な旦那がいるんだ!うちの旦那はまともかも…」と思って安心できますよね。 そこで、ここではTwitterで旦那の愚痴を書くときのハッシュタグについてまとめています。 Twitterによく旦那の愚痴を書いたり見たりしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Twitterで旦那の愚痴をつぶやく心理とは…?

共感してほしい

Twitterに旦那の愚痴を書くことで、「私の旦那もそんな感じ!本当にムカつくよね」と共感されることがありますよね。

そのため、「共感してほしい!こんな旦那をもつのは私だけじゃないと思いたい」という気持ちから、Twitterに旦那の愚痴を書くのでしょう。

ストレスを解消したい

旦那に不満がたまっているとストレスがたまり、「もう限界!ストレスを解消したい!」と思いますよね。

Twitterに愚痴を書くことで気持ちがスッキリしてストレスが解消できるため、Twitterに旦那の愚痴を書くのでしょう。

旦那に気づいてほしい

旦那に不満がたまっていても直接言えないと、「Twitterに愚痴るから旦那に気づいてほしい」と思いますよね。

そのため、Twitterに愚痴ったのに旦那が気づいてくれないと、「なんで気づいてくれないの?ムカつく!」と思うでしょう。

Twitterで人気を集める旦那の愚痴ハッシュタグ① クソ旦那

旦那のことをクソだと思っている主婦は多いはずです。

そのため、ハッシュタグで【クソ旦那】と記載して、Twitterに旦那の愚痴を書く主婦は多いです。

【#クソ旦那】で検索をすると、旦那のことをクソだと思っているエピソードがたくさん出てきます。

【#クソ旦那】

Twitterで人気を集める旦那の愚痴ハッシュタグ② 旦那デスノート

旦那に対して、「死んでほしい」という感情をもったことが一度はあるはずです。

その気持ちをTwitterに書くときは、ハッシュタグで【旦那デスノート】と記載します。

旦那に対して「死んでほしい」という気持ちがある方は、このハッシュタグを記載して愚痴るといいかもしれません。

【#旦那デスノート】

Twitterで人気を集める旦那の愚痴ハッシュタグ③ 旦那嫌い

旦那との関係がうまくいっていなかったり、旦那に不満がたまっていると「まじで嫌い!旦那なんていなくなればいいのに!」と思いますよね。

その気持ちをTwitterで愚痴るときは、ハッシュタグで【旦那嫌い】と記載して投稿するといいでしょう。

旦那のことを嫌いだと思っている主婦が、共感してくれるはずです。

【#旦那嫌い】

Twitterで旦那の愚痴をつぶやくメリット・デメリット

【メリット①】気持ちがスッキリする

ハッシュダグをつけて旦那の愚痴をTwitterに書くことで、「言いたいことをここで言えて気持ちがスッキリした!」と思いますよね。

そのため、Twitterで愚痴ることで、気持ちがスッキリしてストレスが解消できるというメリットがあります。

【メリット②】共感してもらえる

ハッシュタグをつけてTwitterで旦那の愚痴を書くことで、検索して見ている主婦の方が共感してくれます。

共感してもらうことで、「クソ旦那をもっているのは私だけじゃない!だから私も頑張ろう」と思えて離婚を思い止めることができます。

これからも旦那と結婚生活を続けていくために、Twitterに旦那のことを愚痴るのでしょう。

【デメリット①】フォロワーに悪い印象を与える

Twitterでハッシュタグをつけて旦那の愚痴を書くことで、あなたのことをフォローしている人に「これが本性なんだ…怖い」と思われるかもしれません。

Twitterに愚痴を書くと、フォロワーに悪い印象を与える可能性があります。

【デメリット②】問題は改善されない

ハッシュタグをつけてTwitterに旦那の愚痴を書いたからといって、いい旦那になるわけではありません。

そのため、「旦那に変わってほしい!」と思っているなら、Twitterに愚痴らずに直接本人に言って改善してもらう必要があるでしょう。

関連記事
twitterに旦那の愚痴を書くのはあり?バレないようにする方法

twitterに旦那の愚痴を書くのはあり?バレないようにする方法

旦那が何もしないのはなぜ?協力的な旦那に変える方法とは…

旦那が何もしないのはなぜ?協力的な旦那に変える方法とは…

旦那に対する嫌悪感が止まらない!夫へイライラする5つの理由

旦那に対する嫌悪感が止まらない!夫へイライラする5つの理由

関連キーワード

おすすめの記事