夫婦喧嘩の原因ランキング!喧嘩を減らす夫婦円満の秘訣

夫婦に喧嘩はつきものです。たとえどんなに仲がいい夫婦でも、一時の感情や、価値観のズレなどから喧嘩は発生してしまうものです。 この記事では夫婦喧嘩の原因をランキングでご紹介します。原因を知っていればこれからの喧嘩を減らすきっかけになるかもしれません。 夫婦円満の秘訣についても解説するのでぜひチェックしてみてくださいね。

【体験談】みんなはどれくらい夫婦喧嘩をする?原因は?

「夫婦喧嘩ばかりで疲れた…」と、悩んでいる方は多いと思いますが、どれだけ円満な夫婦であっても、喧嘩をすることはあります。

みんながどれくらい夫婦喧嘩をしているかについて、夫婦喧嘩の原因を含めて読んでみましょう。

体験談1

30代 女性

夫婦生活が長くなるほど、旦那との価値観の違いで夫婦喧嘩ばかりするようになりました。

最近は、月に1回のペースで喧嘩をする状態です。

なんとか旦那とうまくやっていきたいのですが、なかなか夫婦喧嘩がなおりません。

どうすれば円満な夫婦になれるのか、誰か教えてください。

体験談2

30代 女性

夫婦喧嘩が絶えなくて、本当に疲れました。

お金や子供のことで旦那と喧嘩をしていましたが、最近は旦那の休日の過ごし方でさえ喧嘩の原因になっています。

家のことをしない、休日はすぐに外出する旦那には、本当にイライラします。

できれば離婚は避けたいのですが、円満な夫婦でいる方法がわからないので困っています。

夫婦喧嘩の原因ランキング!トップ5

夫婦喧嘩に悩む女性の声を紹介しましたが、どの夫婦も大なり小なり喧嘩をしているようですね。

ただ何が原因で夫婦喧嘩をしているのでしょうか?

ここでは、ランキング形式で夫婦喧嘩の原因トップ5をご紹介します。

夫婦喧嘩の原因1:性格や価値観の不一致

夫婦喧嘩の原因ランキング1位は、性格や価値観の不一致です。

たとえば、マイペースな性格の旦那と、せっかちな妻が一緒に暮らしていれば、イライラする瞬間が多く、不満が溜まってしまうでしょう。

また、夫婦の価値観の違いは、お金・育児・生活リズムの問題に発展してしまうため、2人の意見がぶつかって夫婦喧嘩に発展してしまうのです。

ただ、人それぞれ性格も価値観も違うわけですから、お互いに相手を尊重することができれば、夫婦喧嘩を減らすことができるでしょう。

夫婦喧嘩の原因2:生活態度に関すること

夫婦喧嘩の原因ランキング2位は、生活態度に関することです。

毎晩飲みに行っていたり、休日に昼過ぎまで寝ていたり、脱いだ服をそのままにしていれば、安定した共同生活を送ることができません。

今やるか・後でやるかの考え方の違いはありますが「旦那・嫁がやってくれるだろう」という甘えが原因であることが多いです。

お互いを支え合っていく意味を理解しなければ、夫婦喧嘩を減らすことは難しいでしょう。

夫婦喧嘩の原因3:お金に関すること

夫婦喧嘩の原因ランキング3位は、お金に関することです。

一番の理由は、お金がないことであり、安定した生活が送れなかったり欲しいものが買えないことによってストレスを感じるのです。

・働かない
・収入が少ない
・借金がある
・無駄遣いが多い
・欲しい物が買えない

これらお金に関する問題は、精神的なストレスになり、夫婦喧嘩に発展してしまいます。

とくに、子供がいる夫婦ほど支出が増えますので、お金のことで夫婦喧嘩が起きやすいようです。

夫婦喧嘩の原因4:家事・育児に関すること

夫婦喧嘩の原因ランキング4位は、家事や育児に関することです。

本来、家事や育児は夫婦で協力してやるべきことなのですが、多くの夫婦が妻一人に、家事や育児を任せている傾向があります。

たしかに、ひと昔前は専業主婦が主流でしたので、女性が家事・育児をしていて不思議ではなかったかもしれません。

しかし現代は、共働きが当たり前の時代になっているため、家事や育児を妻一人に任せるべきではないのです。

また、家事や育児に協力している男性が増えつつあるのですが、旦那の手際の悪さにイライラして、夫婦喧嘩に発展するケースも多く見られます。

・家事や育児の負担がどちらか一方に偏っている
・家事や育児のやり方に不満を感じている

上記2点のどちらかに当てはまる夫婦は、いつ喧嘩が起きてもおかしくないといえるでしょう。

夫婦喧嘩の原因5:義両親・親族に関すること

夫婦喧嘩の原因ランキング5位は、義両親や親族に関することです。

夫婦の相性はよく、円満な家庭が築けているからといって、必ずしも相手の義両親や親族とうまくいくとは限りません。

嫁姑問題をはじめ、嫌がらせを受けていたり、そもそも相性が悪かったりと、義両親や親族が原因で喧嘩をしている夫婦はたくさんいます。

たしかに、相手の親や親族から嫌がらせを受けていれば、パートナーに対して不満をぶつけたくなるでしょう。

しかし、言われる側にしてみれば、自分の両親や親族の悪口を言われていい気分はしません

売り言葉に買い言葉で、義両親や親族のことで夫婦喧嘩がエスカレートしてしまうのです。

夫婦喧嘩から仲直りまでの期間は?

夫婦喧嘩の原因ランキングを紹介しましたが、性格や価値観の違い、家事や育児、お金に関することや義両親が原因で喧嘩をしている夫婦が多いようですね。

ただ、夫婦喧嘩の原因がなんであろうと、いつまでも険悪な関係を続けているわけにはいかず、いつかは仲直りをしなければけません。

実際に「旦那・嫁と喧嘩をしたけ...そろそろ仲直りをしないとけいないかな?」と、悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

仲直りする期間は、夫婦喧嘩の原因や内容によって異なりますが、夫婦はこの先何十年も一緒に暮らすわけです。

仲直りをするまでに時間をかけすぎれば、仲直りのきっかけが作れなくなり、夫婦関係が破綻してしまうでしょう

このことから、可能な限り翌日までに夫婦喧嘩から仲直りをして、ギクシャクした関係を改善することをおすすめします。

夫婦喧嘩から仲直りするきっかけは?

「旦那と喧嘩をしてしまった…どうすれば仲直りできるかな?」と、悩んでいる女性は多いでしょう。

ここでは、夫婦喧嘩から仲直りするきっかけを紹介します。

仲直りのきっかけ1:おはようの挨拶

喧嘩をした旦那へのイライラは、簡単に静めることができないですよね。

また、喧嘩をした気まずさから、なかなか話しかけることができるにいる人も多いでしょう。

ただ、夫婦で共に暮らしているからこそ、朝の挨拶をきっかけに仲直りをしてみてください。

「おはよう!ご飯できてるから一緒に食べよう」
「昨日はごめん。少し言いすぎたことを反省してる。仲直りしたい」

と、普段通りに朝の挨拶をした流れで、喧嘩したことを謝りましょう

自分から歩み寄って普通に接すれば、旦那もきちんと応えてくれるはずです。

仲直りのきっかけ2:「ごめんなさい」の一言

「ごめんなさい」の一言がなければ、夫婦喧嘩から仲直りすることは難しいでしょう。

ただ、夫婦だからこそ「自分から謝りたくない!」と、お互いに意地を張りやすく、喧嘩が長引くケースが多いです。

喧嘩が長引くほど夫婦関係の修復が難しくなり、最悪の場合は、別居や離婚に至る可能性があります。

「喧嘩した旦那と仲直りしたい」と思うのであれば、自分から謝りましょう

あなたに謝られたことで、旦那の怒りも静まるはずです。

仲直りのきっかけ3:夫婦の話し合い

夫婦喧嘩をした後は、イライラしたりギクシャクしたりと、どうしても距離を置いてしまいますよね。

ただ、謝罪の言葉はもちろん必要ですが、夫婦喧嘩に至った原因を解決しない限り、本当の意味での仲直りをすることができません。

「旦那の顔も見たくない!」とイライラする気持ちはわかりますが、しっかりと夫婦で話し合う場をもって、喧嘩の原因を2人で解決していきましょう。

夫婦喧嘩から仲直りするための具体的な手順

夫婦喧嘩から仲直りするきっかけを紹介しましたが、より確実に仲直りするために、具体的な仲直りの手順を見てみましょう。

「旦那と喧嘩をすると長引いてしまう...」と悩んでいる方ほど、ぜひチェックしてみてください。

夫婦喧嘩から仲直りするまでの手順1:夫婦喧嘩の直後は距離を置く

夫婦喧嘩をした直後は、お互いに感情的になっていますので、仲直りすることが難しいでしょう。

むしろ、顔を見るだけでイライラして、売り言葉に買い言葉で喧嘩が繰り返される可能性があります。

また、イライラしていることによって、お互いが素っ気なくなり、怒りを通り越して愛情が冷める可能性も考えられるのです。

夫婦喧嘩の仲直りは、お互いに冷静な状態でなければうまくいきません。

仲直りをするために、しばらく距離を置いて、お互いに冷静になりましょう。

夫婦喧嘩から仲直りするまでの手順2:自分から歩み寄る

夫婦喧嘩後に冷静な状態を取り戻すことができたのであれば、自分から旦那に歩み寄りましょう

旦那に歩み寄るきっかけは、

・おはようの挨拶
・一緒に食事を摂る
・報告や確認のLINE

など、どんなことでも構いません。

あなたから歩み寄ることによって、喧嘩中の旦那との距離を縮めることができるはずです。

また、歩み寄るなかで「昨日は言いすぎてごめん。ちゃんと話し合いたい」と、謝罪の一言をつけ加えることによって、旦那もあなたに歩み寄ってくれるはずです。

夫婦喧嘩から仲直りするまでの手順3:仲直りに向けた前向きな話し合いをする

自分から喧嘩中の旦那に歩み寄ることができたのであれば、仲直りに向けた前向きな話し合いをしましょう

そもそも、夫婦喧嘩をしたのは、何かしらの原因があるわけです。

喧嘩の原因を解決しなければ、スムーズに仲直りをすることはできず、今後も同じ理由で夫婦喧嘩を繰り返す可能性があります。

冷静に話し合いをすれば、お互いの気持ちや考えを理解することができて、より絆の強い夫婦になることができるでしょう。

コツは何?夫婦喧嘩を減らすポイント

どれだけ仲良し夫婦であっても、一緒に暮らしていれば、喧嘩をすることはあります。

ただ、夫婦喧嘩がばかりしていると、夫婦でいることにストレスを感じて、最悪の場合は、離婚に至る可能性があるのです。

ここでは、夫婦喧嘩を減らす3つのポイントを紹介します。

夫婦喧嘩を減らすポイント1:不満をため込まない

愛し合って結婚したとはいうものの、考えも価値観も違うわけですから、不満やストレスを感じる瞬間はあるものです。

ただ、不満を溜め込んだところで、相手に対する怒りやストレスが解消させるわけではありません。

いずれ不満が爆発して、大きな夫婦喧嘩へと発展してしまうでしょう。

夫婦喧嘩を避けたくて、日頃の不満を溜め込んでいる人が多いと思いますが、旦那に対する不満を感じるたびに吐き出すことが、夫婦喧嘩を減らす秘訣です。

夫婦喧嘩を減らすポイント2:スルーする技術を身に付ける

旦那の行動や発言にイライラすることがあると思いますが、すべてを真に受けていれば、あなたの心が持たなくなるでしょう。

夫婦生活は、この先何十年と続くわけですから、旦那のイライラする発言や行動をスルーすることも必要です。

「また何か言ってる...面倒くさい人だな」と、適当に聞き流す技術を身に付ければ、日頃のストレスを和らげることができるはずです。

ストレスを感じなければ、夫婦喧嘩を減らすことができるでしょう。

夫婦喧嘩を減らすポイント3:お互いの価値観を受け入れる

そもそも夫婦喧嘩が起こるのは、お互いに相手の価値観を受け入れていないからです。

自分の気持ちや考えを押しつけるだけで、相手の意見を否定していれば、お互いを理解し合うことができませんので、喧嘩が起きてもおかしくありません。

夫婦であること、共同生活を送ることは、自分より相手を尊重してあげることが大切です。

もっと旦那の話に耳を傾けて、価値観を受け入れてあげれば、夫婦喧嘩を減らすことができるでしょう。

夫婦円満の秘訣3つ

せっかく夫婦になったにも関わらず、喧嘩ばかりでは辛いですよね。

ここでは、円満な夫婦でいるための秘訣を紹介します。

夫婦円満の秘訣を理解して、喧嘩のない幸せな家庭を築きましょう。

夫婦円満の秘訣1:日頃から感謝の気持ちを伝える

夫婦円満の秘訣は、日頃から感謝の気持ちを伝えることです。

「ありがとう」と言われることによって、優しい気持ちになれたり、「またこの人のために優しくいよう」と思うことができます。

互いに優しくできれば、イライラして夫婦喧嘩をすることもなくなるはずです

「いつも家族のために働いてくれてありがとう」
「洗い物をしてくれてありがとう」

と、感謝の言葉を伝えていきましょう。

夫婦円満の秘訣2:コミュニケーションを大切にする

夫婦喧嘩が起きる原因の1つに、コミュニケーション不足があります。

普段からコミュニケーションを疎かにしていることによって、お互いが何を考えているのか、何に悩んでいるのかを理解することができないため、言った・言わないなどの喧嘩に発展してしまうのです。

日頃から、その日のできごとや子供のことなど、夫婦でたくさん会話をして、お互いのことを理解し合いましょう。

夫婦円満の秘訣3:スキンシップを怠らない

スキンシップは、円満な夫婦でいられるかどうかの重要なポイントです。

キスやハグはもちろんですが、しっかりと夜の営みを行なっていれば、お互いの心と体を満たすことに繋がります。

また、スキンシップは浮気トラブルを防ぐ効果が高く、いつまでもラブラブな夫婦でいることができるのです。

ただ、普段から会話などのコミュニケーションが取れていなければ、スキンシップができませんので、夫婦の会話を大切にしてくださいね。

離婚を回避する方法と回避できない場合の対処法

夫婦喧嘩が続くことによって、離婚問題に発展するケースはよくあります。

ここでは、離婚を回避する方法と、離婚を回避できなかった場合の対処法について見てみましょう。

離婚を回避する方法:夫婦喧嘩を長引かせない

夫婦喧嘩から離婚を回避したければ、喧嘩を長引かせないことです。

喧嘩が長引くほど、旦那の気持ちが冷めやすく、離婚を考えてしまいます。

お互いに納得する形で仲直りをすることができれば、離婚を回避できるでしょう。

長くても、2〜3日中に仲直りすることを心がけてくださいね。

離婚を回避できない場合の対処法:離婚の前に別居を提案する

夫婦喧嘩がきっかけで旦那の離婚する意思が固い場合は、離婚ではなく別居を提案してみてください

今は、頭に血が上って冷静に考えることができなくなっているため、旦那の離婚の意思が固いと思われます。

ただ、別居をして離れて暮らすことによって、旦那が冷静さを取り戻したり、あなたの大切さに気づいてくれて離婚を回避できるかもしれません。

「もう何を言っても離婚を回避することができない…」と諦めずに、一度別居を提案してみましょう。

夫婦喧嘩はよくあること!仲直りして円満を目指そう

夫婦喧嘩の原因ランキングや、夫婦喧嘩を減らすポイント、夫婦円満の秘訣を中心に紹介しました。

どの夫婦も喧嘩をしていますので、不安に感じる必要はありません。

ただ、普段から喧嘩をしないこと、喧嘩をしても早く仲直りすることを意識すれば、円満な夫婦でいられるでしょう。

今回紹介したことを参考にして、夫婦円満を目指してくださいね。

関連記事
夫婦喧嘩からの家出は逆効果?メリット・デメリットとは…

夫婦喧嘩からの家出は逆効果?メリット・デメリットとは…

本気なの?夫婦喧嘩ですぐ離婚と言う心理って?ベストな対応は?

本気なの?夫婦喧嘩ですぐ離婚と言う心理って?ベストな対応は?

どのくらいかかる?夫婦喧嘩から仲直りする方法とは?

どのくらいかかる?夫婦喧嘩から仲直りする方法とは?

関連キーワード

おすすめの記事