「パパ嫌い」を防ごう!再婚相手と子供が仲良くなる方法

シングルマザーから再婚をするときは、さまざまな障害がありスムーズに再婚できません。

とくに、子供と再婚相手の関係性は重要であり、関係が悪くて再婚を諦める人がいるほどです。

今回は、「子供と再婚相手が仲良くなる方法」や「子供と再婚相手の関係が良好な夫婦の実践していること」を中心に紹介します。

再婚相手のことを子供が嫌いになる可能性

再婚相手のことを子供が嫌いになる可能性は十分考えられます。

多くのシングルマザーが、「再婚したいけど子供が再婚相手を嫌っているから難しそう…」と頭を抱えています。

再婚をするうえで子供の気持ちを無視することはできませんし、むしろ子供の気持ちを一番に考えないと再婚後の家族関係が築けません。

あなたにとって再婚相手は子供と同じくらい愛する人なのかもしれませんが、子供にとってはだだの知らないおじさんですし、気に入らなければ嫌いになってしまいます

親の都合で本当のパパを奪ったり、新しいパパを連れてこられた子供の気持ちは複雑な状態です。

再婚前にたっぷりと時間を取って、子供と再婚相手の関係を築きましょう。

再婚相手と子供が仲良い夫婦の特徴

子供が再婚相手を嫌いになって困っている人は多いでしょうが、その一方で良好な関係を築いている夫婦がいます。

子供と再婚相手が仲良しな夫婦はどのような特徴があるかを確認して、真似してみましょう。

特徴その➀:子供のペースで距離を縮めている

子供と再婚相手が仲良しな夫婦は、子供のペースで距離を縮めたり関係性を築いています

「チームワークを強くするには一番下のレベルに合わせろ」とよく言われますが、家族は1つのチームであり、大人の考えで物事を進めると子供が置いてけぼりになってしまいます。

きちんと家族の絆を強めるために、一番守るべき子供のペースに合わせているようです。

特徴その➁:再婚相手と子供だけの時間を作っている

子供と再婚相手だけの時間を取っている夫婦は、再婚後の家族関係が良好です

見ず知らずの大人と子供が仲良くなるには、一緒に過ごす時間が必要不可欠です。

二人きりで留守番をしたり、買い物や遊びに出かけるなど、距離を縮めて信頼関係を築くための時間をたっぷりと取っているようです。

「パパ嫌い」に陥りやすいパターンはある?

再婚後に子供に紹介をするとパパ嫌いになる可能性が高いです。

「子供が再婚相手を嫌いになってしまった…」と悩んでいる人の多くは、再婚直前になって子供に紹介をしてしまったのかもしれません

シングルマザーが再婚をする場合は、子供と再婚相手を会わせるタイミングを間違えると、その後の関係性に大きな影響を与えてしまいます。

母子家庭の子供にとって、母親は唯一の家族であり誰にも取られたくない存在です

いきなり明日からパパだと紹介されても、子供にとっては「自分の母親を奪った知らないおじさん」という印象しかありません。

再婚相手に心を許さない子供が悪いのではなく、子供の気持ちを考えずに再婚を進めた大人に原因があるのです。

再婚を考えはじめた時点で子供と再婚相手を会わせるなど、二人の関係性が築けたときに再婚をするべきです。

再婚相手と子供が仲良くなる方法

子供が再婚相手を嫌いだと、「家族としてどうするべきなんだろう…」と悩んでしまうでしょう。

しかし、あなたが諦めてしまうと、この先幸せな家族になれません。

どうすれば子供と再婚相手が仲良くなれるのか、2つの方法を見てみましょう。

方法その➀:あなたの気持ちを子供に伝える

子供が再婚相手を嫌いな場合は、あなたと子供の二人きりで話をしましょう

ここで言う二人の話は、子供を責めずに対等な関係でお互いの気持ちを伝えあうことです

子供が気持ちを伝えやすいように、「ママは〇〇ちゃんを愛しているし、パパのことも愛してる。◯◯ちゃんがママと同じようにパパを好きになってくれたら嬉しいな」と子供が理解しやすい言葉と優しい口調で諭すようにあなたから話しましょう。

子供にとって、母親であるあなたは唯一心を許せる存在です。

二人きりで話をすることで、再婚相手に対する思いを変えてくれるでしょう。

方法その➁:再婚相手と子供だけの時間を作る

再婚相手を嫌いな子供は、自分の大切な母親を奪った敵と思い込んでいる状態です。

その誤解を解かない限り、子供の成長と共にどんどん嫌い度が増して、関係の修復ができなくなってしまいます。

再婚相手が敵ではなく母親と子供を守ってくれる存在と知ってもらうために、あなた抜きの二人だけの時間を多く作りましょう

二人だけの時間で他愛のない会話をすることで、少しずつ心の距離が埋まるはずです。

子供との関係が良好な再婚夫婦が実践していること

子供と再婚相手の関係に悩んでいる人は、子供との関係がうまくいっている夫婦を真似することが一番の解決方法です。

ここでは、子供との関係が良好な再婚夫婦が実践していることを見てみましょう。

実践していること➀:再婚相手をパパと呼んでいる

子供と再婚夫婦の関係がうまくいっている夫婦は、子供にパパと呼ばせています

強引なやり方に思う人が多いでしょうが、子供は物事を深く考える能力が発達していないことから、好き・嫌いなどの単純明快な捉え方をする特徴があります

この特徴を活かした方法が言葉にださせることであり、パパと呼ばせ続けることで、子供の中で再婚相手がパパの存在に変わっていくのです

パパと呼ばないことを叱るのではなく、「おじさんじゃないよ、パパだよ」と毎回優しく訂正してあげましょう。

実践していること➁:家族で過ごす時間を作っている

子供と再婚相手の関係がうまくいっている再婚夫婦は、毎日家族で過ごす時間を作っています

家族で朝食や夕飯を食べたり、寝る前のリラックスタイムに家族でゲームをして楽しい時間を過ごすなど、子供に家族の感覚を覚えさせています。

次第に再婚相手を家族の一員として考えてくれるため、少しずつ仲良しになれるようです。

さいごに

「子供と再婚相手が仲良くなる方法」や「子供と再婚相手の関係が良好な夫婦の実践していること」を中心に紹介しました。

シングルマザーが再婚をするときは、子供と再婚相手の関係に悩んでしまうことが多いです。

再婚前から、子供の気持ちを考えた対応を取りましょう。

関連記事
再婚相手とうまくいかない!子供も幸せになる再婚のヒント
子供は邪魔なんかじゃない!再婚の際に配慮すべきこと
再婚相手との子供は出産しないのが正解?デメリットとリスクとは

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!