プロポーズから結婚までの準備期間はどれくらい?具体的な手順

プロポーズに応じると、「結婚をするまでの準備期間はどれくらいがベストなの?」と気になりますよね。

そこで、ここではプロポーズから結婚までの準備期間について説明します。

最近プロポーズに応じた方は、ぜひ参考にしてみてください。

プロポーズから結婚までの流れが分からない...教えて!

両親に結婚の挨拶をする

結婚をするとお互いの両親と家族になるため、結婚までの準備期間に両親に結婚の挨拶をする必要があります。

そのため、プロポーズを受けて婚約したあとは両親に挨拶をしましょう。

相手の両親に挨拶をするときは正装をして、手土産をもっていけばいいイメージを与えることができるでしょう。

結婚の詳細を決める

「いつ入籍をするか」「結婚式は挙げるか」など、結婚の詳細を決める必要があります。

結婚をする日は、2人にとって特別な日になるため、お互いに納得できるまで話し合うようにしましょう。

両親の顔合わせをする

結婚の詳細が決まったあとは、両親の顔合わせをしましょう。

顔合わせのときに結婚の詳細を話せば会話が盛り上がり、両親同士が仲良くなれるかもしれません。

そのため、両親の顔合わせをする前に、結婚の詳細を決めておくといいでしょう。

プロポーズから結婚までの平均準備期間はこれくらい

プロポーズから半年で結婚する

とある調査では、プロポーズから半年の準備期間で両親に挨拶をすませて結婚の詳細を決めて、両親の顔合わせもすませるという人が多いです。

しかし、半年という準備期間で結婚式を予約して準備をするのは難しいため、結婚式は入籍後になるでしょう。

結婚式はプロポーズから約1年後が多い

プロポーズから半年以内に入籍をする人は多いですが、結婚式は1年後にする人が多いです。

結婚式は、結婚式場を予約してウエディングプランナーとなんども話し合って決めるため、半年という準備期間では短いです。

1年という準備期間があれば、満足のいく結婚式が挙げられるかもしれません。

焦って結婚するのは禁物

「結婚したい」という気持ちが強いと、プロポーズを受けてすぐに結婚をしてしまうでしょう。

しかし、焦って結婚してしまうと、「もっと真剣に話し合えばよかった」と後悔してしまうかもしれません。

焦って結婚しないようにしましょう。

プロポーズから結婚までの具体的な流れとは

まずは両親に挨拶をする

結婚をするということは、両親にとって息子や娘ができるということです。

家族が増えるため、プロポーズを受けて婚約をしたら必ず両親に挨拶をしましょう。

両親は「どういう人と結婚するんだろう」「幸せにしてくれるのかな」と心配しているため、結婚相手のことを詳しく紹介するようにしましょう。

入籍日や結婚式の詳細を決める

「記念日に入籍する」「結婚式は入籍してから挙げる」など、結婚の詳細を決めましょう。

結婚の詳細を決めないと結婚できないですし、友人や職場の人に報告できないでしょう。

結婚をする日は2人にとって大切な日になるため、2人が納得するまで話し合って決めるようにしましょう。

結婚の詳細が決まれば、あとは結婚する日まで待つだけです。

何が必要?プロポーズから結婚までに必要な作業

結婚の詳細を話し合う

準備期間中に結婚の詳細を話し合わないと、結婚することができませんよね。

結婚の詳細を決めるときは、必ず入籍する日を決めるようにしましょう。

また、結婚式を挙げるカップルは、「どこで結婚式を挙げるか」「どんな結婚式にしたいのか」など、結婚式の話し合いもするといいでしょう。

結婚式の準備をする

結婚式の詳細が決まったら準備をしましょう。

「新婚旅行で撮った写真を飾る」「結婚式で流す動画を作成する」など、結婚式の準備は大変で時間がかかってしまいます。

1年くらい時間をかけて、素敵な結婚式を作り上げるといいでしょう。

準備期間&具体的にやるべきことまとめ

プロポーズを受けてから結婚までの準備期間に、両親に挨拶をしたり結婚の詳細を決めましょう。

また、結婚式を挙げる場合は、準備期間中にどんな結婚式にしたいか話し合って、2人が満足できる結婚式の計画をしましょう。

関連記事
遠距離恋愛から結婚が決まった♡3つの準備すること
そんな暇ないってば!結婚式の準備で喧嘩してしまう理由&喧嘩しない方法
結婚が決まった!遠距離恋愛後に退職をするベストなタイミング

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!