難しい?レズビアンカップルが長続きする方法とは

レズビアンは女性同士だからこそぶつかり合うことが多く、長続きさせるのが難しいです。 しかし、せっかく奇跡的な出会いをしたのですから、うまくいく方法が知りたいですよね。 ここでは、レズビアンが長続きする方法と付き合う上で注意することを紹介します。

レズビアンカップルはうまくやっていけるのかな?

レズビアンカップルは女性同士なので、感情の起伏がお互いに激しくなります。

相手のちょっとした行動・発言にイラっとして、長続きしないカップルが多いようです。

しかし、レズビアンの恋人をつくるのは簡単ではないからこそ、うまくやっていける方法を知りたいですよね。

レズビアンカップルの恋愛の特徴

嫉妬深く・やきもち妬き

レズビアンの恋愛の特徴の一つが、嫉妬深い・やきもち妬きな人が多いことです。

男女のカップルでは、やきもちを妬かなくていいことまで気になります。

例えば「友達とご飯食べに行ってくる」と言われた場合は、男女なら「同性の友達かな」と考えるでしょう。

しかし、レズビアンカップルだと「女の子だよね」「好きになられたらどうしよう」と嫉妬深く考えてしまいます

恋人にとってはただの友達でも、「友達が恋愛対象者になるかも」と不安に思うのでしょう。

すぐに惚れやすい

「相手の顔がタイプだった」「仕事の地位が高い人だったから」とすぐに惚れやすいのが特徴となります。

すぐに惚れやすい人は、「素敵な恋人と付き合っている自分が好き」と思っている人が多いようです。

相手の外見や社会的地位を重視するので、恋人がコロコロ変わっていきます。

相手を束縛して依存する

レズビアンの恋愛の特徴で最もよくみられるのが、相手に依存することです。

束縛が激しく、俗にいうメンヘラといわれます。

相手を一途に想う気持ちが強いのですが、不器用で愛情表現をうまくできないため、相手を縛ることで「私を見て」「こんなに好きなんだよ」と伝えています。

相手が辛がっていると分かっていても、一人になりたくないので依存しつづけてしまいます。

好きになったら一途

基本的には恋愛に対してサッパリしていますが、恋人ができたら相手に夢中になります。

仕事や趣味、友達と遊ぶことで満足できるので、恋愛に依存することが少ないです。

自分のタイプじゃない人からアプローチされてもキッパリ断ります。

ただ、好きな人に対しては一途に想い続けるので長続きしやすいです。

お互いに自由な時間があるので、嫉妬や束縛したくなる気持ちがないのでしょう。

友達以上恋人未満を続ける

恋人を作らずに、たくさんの女性を関係をもちたいと考える人がいます。

レズビアンの恋人がほしいのではなく、自分の都合のいい女性とだけ付き合いたいと思っています。

体の関係を持つことがあっても、それ以上は相手に踏み込ませないよう突き放します。

遊んでいるときだけ・ヤッているときだけ、自分の欲が満たされればよいのでしょう。

レズビアンカップルが長続きする方法

家事・料理は得意なほうがする

同棲するとなると、家事分担は誰が何をするのか話し合いますよね。

しかし、分担すると「これができていない」と喧嘩になります。

長続きするためには、家事・料理は得意な人が積極的にするのがおすすめです。

やらされているという感覚がないので、相手に不満を感じずに生活ができます。

しかし、たまにご飯を一緒に作ったり、洗濯物を畳んであげましょう。

相手への感謝の気持ちが伝わるので、恋人も喜んでくれるでしょう。

毎日、会話を欠かさない

眠いときや疲れているときは会話が減ると思いますが、会話を欠かさないようにしましょう。

相手のテンションが低くても楽しそうに話していると、徐々に自分の楽しいペースに飲み込まれていきます。

また、相手が落ち込んでいるときは隣に座って話を聞いてあげるのがよいでしょう。

いつも楽しませてくれたり、話を聞いてくれる相手に感謝の気持ちが溢れて長続きしやすくなるでしょう。

週2回はスキンシップする

レズビアンカップルが長続きするためには、週2回はスキシップをするのが効果的です。

ハグをするとオキシトシン(愛情ホルモン)が分泌されて、心が癒されるといわれます。

また、セックス・キスなどの身体的コミュニケーションもカップルに欠かせません。

肌の触れ合いはパートナー間での同調傾向を高めるので、信頼関係が強くなります

最低でも、週2回はスキンシップをとり愛情を育みましょう。

付き合っていく上での注意点

喧嘩になっても、「ずっと一緒にいたい」「喧嘩したくない」という気持ちがありますよね。

レズビアンカップルが長続きするために以下を注意しましょう。

喧嘩はうやむやにしない

レズビアンカップルの付き合う上での注意点は、喧嘩をうやむやにしないことです。

喧嘩をしたときに、「もういい!」「私が悪いんでしょ」と投げやりな態度をとるのはよくありません。

相手や自分も納得せずにモヤモヤしたままなので、自分の意見を伝えたうえで相手の意見を聞くようにしましょう

お互いの気持ちを理解することで仲が深まり、より強い信頼関係を築けます。

愛情表現は毎日欠かさない

レズビアンカップルの付き合う上での注意点は、愛情表現を毎日欠かさないことです。

女性は、継続的に「好き!」「愛してる」と伝えてくれる人に愛情を感じます。

お金をかけたものではなく、「恋人が自分を愛している」という気持ちが欲しいのです。

同性同士だからこそ些細なことに嫉妬・やきもちを妬くので、愛情表現を欠かさないようにしましょう。

恋人の意見を尊重する

レズビアンカップルの付き合う上での注意点は、恋人の意見を尊重することです。

付き合いが長くなると相手に自分の価値観を押し付けますが、相手が嫌だと感じる行動・発言はしてはいけません

はじめは大目に見てくれていたとしても、ずっと直さなかった別れを切り出されるでしょう。

長続きさせるために、相手が許せる・許せないことを理解しましょう。

長続きできるように頑張ろう!

レズビアンカップルは女性同士で感情の起伏が激しく、ぶつかり合うことが多いと思います。

喧嘩をうやむやにしたり、相手の意見を無視するのは別れの原因となるので注意が必要です。

長続きさせるために愛情表現やスキンシップを積極的にして、愛情を育んでいきましょう。

関連記事
レズビアンカップルは浮気が多いって本当?浮気の定義とは…

レズビアンカップルは浮気が多いって本当?浮気の定義とは…

揉めることが多い?レズビアンカップルが別れるきっかけって?

揉めることが多い?レズビアンカップルが別れるきっかけって?

同性愛カップルにおすすめ!デートスポット&プランまとめ

同性愛カップルにおすすめ!デートスポット&プランまとめ

関連キーワード

おすすめの記事