今さら聞けない…婚約指輪と結婚指輪って2つ必要なの?

プロポーズや結婚に向かいだしたとき、指輪は重要なアイテムの1つですよね。 それでは、婚約指輪と結婚指輪は2つ必要なのでしょうか? 2つの指輪の意味、平均予算やトレンドをご紹介します。

今さら聞けない…婚約指輪と結婚指輪の2つの違いとは?

婚約の証に男性から女性に贈るもの

婚約指輪は、結婚することを誓い、その婚約の証に男性から女性へ贈るもの。男性がプロポーズの言葉と共に、サプライズで用意した指輪を女性の指にはめる、そんなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

デザインは一般的には華やかできらびやかなものが多く、”純潔”や”永遠の絆”などの石言葉を持つ、ダイヤモンドを使用したものが多く選ばれています。

一生ものですので、女性側にデザインなどのこだわりがある場合は、2人で選ぶのがオススメです。

結婚の証となるもの

結婚指輪は、その名のとおり結婚の証となるもの。こちらはは日常的に身につけるので、つけ心地も重要なポイントになります。ペアやそれに近いデザインのシンプルなものが多く選ばれています。

結婚式で交換される指輪はこの結婚指輪です。結婚指輪は2人で選ぶことがほとんどのようです。

婚約指輪と結婚指輪は2つ必要なの?

2つの指輪はそれぞれ意味が異なっている

指輪を2つ…と考えると不思議に思う方もいるかもしれませんが、婚約指輪と結婚指輪とでは、それぞれの指輪が持つ意味が異なっています。

中には、婚約指輪は華やかで日常ではつける場面がない、タンスの肥やしになるのが勿体無い、などの理由から購入しない方もいるようです。

また、婚約指輪の費用を新婚旅行や2人の新生活の費用に充てた方が有意義、との見方もあります。

人生に一度の特別な指輪

カップルによって、婚約指輪と結婚指輪の2つの指輪に対する価値観は様々ですが、婚約指輪は、この時にしか用意することのできない特別な指輪。そして、多くの女性にとって憧れの指輪ですよね。

婚約指輪を贈った男性側としては、指輪を生涯大切にしてもらえれば嬉しいですし、贈られた女性側も、つける度に贈られたときの新鮮な気持ちを思い出し、幸せを感じることができるはずです。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

婚約指輪と結婚指輪の2つの平均予算

婚約指輪の相場は35万円前後

婚約指輪の平均予算は、35万円程度が多いようです。

婚約指輪にはダイヤモンドなどの宝石があしらわれたものが主流で、大きさやグレードによっても価格は変わってきますが、だいたい給料の1ヶ月分が相場となっています。

昔は婚約指輪は給料3ヶ月分といった時代もあったようですが、今は現実的な価格のものが多く選ばれているようですね。

それに比べ結婚指輪の平均予算は2つで25万円程度と、婚約指輪よりも相場が安くなっています。理由としては、結婚指輪は日常的につけることを前提として、婚約指輪と比べるとシンプルなデザインがものが多く選ばれているからといえそうです。

婚約指輪と結婚指輪の2つのトレンドは?

婚約指輪はメレダイヤモンドでより一層きらびやかに

婚約指輪といえば、センターに大きなダイヤモンドが1粒あしらわれた、立て爪(ソリティア)のタイプが定番ですよね。

立て爪のリングは、そのデザイン上、日常ではつけにくいといった声が多くあったようですが最近では爪のあまり高くないタイプのものも多くでています。

そして人気なのが、センターのダイヤモンドの両脇にメレダイヤモンドがあしらわれたデザイン。メレダイヤモンドがついていることで、ダイヤモンドの輝きが増し、より一層華やかで特別な印象になります。

ほかには、イエローダイヤモンドなどのカラーストーンで彩られたものや、地金がゴールドやピンクゴールドのものなど、自分らしさをプラスして選ぶ方も増えてきているようです。

結婚指輪にも華やかさを求める傾向が

結婚指輪はかつては飾りのないシンプルなものが主流といえましたが、最近では婚約指輪と同様、ワンポイントでメレダイヤモンドがあしらわれたものや、ダイヤモンドがぐるりと並べられたエタニティリングが人気を集めています。

女性の場合は、フォーマルな場面などで、婚約指輪と結婚指輪の2つの指輪を重ね付けをする場面もあるでしょう。そういった重ね付けを想定したデザインのセットリングを販売しているブランドもあるようです。

時代とともに変わる2つの指輪のトレンド

かつての婚約指輪は華やか、結婚指輪はシンプルといった傾向は時代とともに変わり、最近ではどちらも華やかなデザインのものがトレンドといえそうです。

デザインのバリエーションが増えたことで、おのずと選択肢も広がっているようです。

2人で話し合うのがベストでしょう!

一生身につけるものだからこそ

婚約指輪は婚約の証に男性から女性へ贈るもの、結婚指輪は結婚の証となるもの。それぞれ2つの指輪が持つ意味は異なっていますが、どちらも一生身につける指輪。2つの指輪には、幸せな記憶が凝縮され、人生が刻まれていくはずです。

それぞれのカップルのライフスタイルによっても婚約指輪と結婚指輪の2つの指輪が必要かは変わってきますが、ぜひ一度話し合ってみてはいかがでしょうか。

関連記事
いつからなの?結婚指輪をつけるベストなタイミング

いつからなの?結婚指輪をつけるベストなタイミング

いつからなの?結婚指輪をつけるベストなタイミング

いつからなの?結婚指輪をつけるベストなタイミング

彼との結婚指輪をなくしたのは必然?なくした意味を詳しく解説

彼との結婚指輪をなくしたのは必然?なくした意味を詳しく解説

関連キーワード

おすすめの記事