謝っても無視する夫にもう疲れた...夫婦喧嘩を終わらせる方法

夫婦喧嘩をしてお互いに言いたいことを言って、スッキリすれば仲直りはしやすいでしょう。

しかし、なかには妻のことをひたすら無視し続ける夫がいます。

そんなとき、妻はどうすればよいのでしょうか?

今回は、謝っても無視する夫との夫婦喧嘩を終わらせる方法について紹介します。

旦那から無視されることに疲れた。夫婦喧嘩はいつまで続く?

謝っても無視する期間はどれくらい?

夫婦喧嘩謝っても無視される期間は人それぞれで、1日で終わる人がいれば何週間と続いたり、なかには数か月もの間妻を無視し続ける夫がいます。

ただし、自分の口から離婚という言葉は出さず、ただ無視を続けているだけなので別れる気はないようです。

妻を無視する夫の心理

夫婦喧嘩で謝っても無視する夫の心理としては、「これ以上関係を悪化させたくない」「傷つきたくない」「妻を傷つけたくない」という心理が挙げられます。

また、妻を無視することで冷静になれるように、冷却期間を置いていることが考えられます。

夫婦喧嘩で謝っても無視されると当てつけのように感じますが、実際には関係修復の準備期間のようです。

謝っても無視されるのはなぜ?無視し続ける夫への対処法

そっとしておく

夫婦喧嘩で謝っても無視された場合は、無理に話し合いをしようとせずそのままそっとしておいて様子を見てみましょう

少しずつ気持ちが落ち着いてきているようなら、静観を続けることで事態は収束していくはずです。

すっかり気持ちが落ち着き、普段通りの夫に戻ったところで話しかければ大丈夫でしょう。

根気強く話しかける

根気強く話しかけていると、そのうち夫が折れて話をするようになることがあります。

話の内容は夫婦喧嘩のことではなく、「ありがとう」「いってらっしゃい」「おやすみ」のような一般的なあいさつで構いません。

たったその一言だけで、心が少しずつほぐれていくはずです。

好物を用意しておく

夫の好物を作って夜の食卓に並べておくのは、対処法としておすすめです。

食事を見ても無視するようなら、「よかったら食べてね」と一言メモ書きを置いて食卓から離れてみましょう。

翌日には、夫の態度が変わるかもしれません。

無視する夫に疲れた!夫婦喧嘩を少しでも早く終わらせる方法

自分から謝る

早く仲直りをしたいなら、自分から謝るのが一番早いでしょう。

あなたが謝ったことをきっかけに、夫も謝罪してお互い笑って済ませられる可能性があります。

とくに、「自分に非がある」と分かっている場合には、1日も早く謝るほうがよいでしょう。

もし夫側に非があったとしても、「私のこういうところがいけなかった」と反省点をピンポイントで示して謝ってみてください。

義母に相談する

夫婦喧嘩で謝っても無視され続けるなら、義母に相談して味方になってもらいましょう

男性は、何歳になっても母親から注意されると堪えるものです。

義母に事情を話して、仲直りできるように協力してもらいましょう。

母親から言われば、夫婦喧嘩で謝っても無視する状態を続けにくくなるはずです。

お互いに口を聞かない期間が1週間以上続くと離婚の危機...?

2人の心が離れてしまう

夫が無視するからといって、自分も夫のことを無視していませんか?

その状態が長引くと、2人の心がどんどん離れて行ってしまい、夫婦としての信頼関係を失う可能性があります。

気づいたときには手遅れになっていることがあるので、注意が必要です。

修復不可能になる可能性

お互いに1週間も無視し続けていると、相手に対する思いやりや気遣いなどが失われ、相手を無視する状態が当たり前になってきます。

さらに、そのまま会話のない状態が続くと、修復不可能になるほど2人の関係が壊れてしまう可能性があります。

謝っても無視された経験がある主婦に聞いた!旦那に試したこと

実際に夫婦喧嘩で謝っても無視された女性は、しばらく放っておく・手料理で好物を作る・返事をするまで名前を呼び続けるといったことをしている人が多いようです。

ほかには、実家に帰る・泣く・あえて喧嘩をふっかけるなど、人によって対応はさまざまです。

夫の反応を見ながらいろいろな方法を試してみると、効果的な対処法が見つかるかもしれません。

関連記事
無視され始めたから不安....家庭内別居でも離婚しない方法
夫婦喧嘩で離婚する前に仲直りしよう!無視の期間を終わらせる方法
夫婦喧嘩をして旦那が無視するのはなぜ?対処法とは…

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!