結婚後にデートがなくなった...世の中の夫婦の平均頻度とは

付き合っていたころはデートに行ったけれど、結婚してからなくなった…という夫婦が多いです。 結婚後デートをしている夫婦は仲睦まじく憧れますよね。世の中の夫婦はどれくらいの頻度でデートをしているのでしょうか。 今回は、結婚後デートする頻度からデートしないリスクなど幅広く紹介します。誘い方などあるので参考にしてみてください。

みんなどれくらいデートしてるの?夫婦デートの頻度

最近1年間で夫婦デートした頻度は週に1回ほどが最も多かったです。月2・3回にデートしたというのが次に多く、ほとんどの夫婦がしてないという結果でした。

20代までは頻繁にデートをして毎日会いたいと思う人もいますが、30・40代になると仕事優先になり頻度が落ちていきます。

夫婦デートする人のほとんどが結婚記念日・誕生日・クリスマスなどのイベントがあるときに誘うとひとが多いようです。

結婚後にスキンシップが全くない...デートなし夫婦の割合

結婚からデートをしていない夫婦は約32%という結果が出ています。互いの関係が深まるほどに恥ずかしさが出てくるようです。

結婚年数別のデート頻度

結婚1~3年目はほとんどの夫婦がデートをしていますが、4年目を過ぎたころから約半数の夫婦がデートに行かなくなる傾向にあります。

結婚年数が増えると子供ができたり、仕事に専念するようになるので二人の時間がとりづらくなります。生活のライフスタイルが変わってくることがデート頻度を下げる原因となるのでしょう。

子供いる・いない夫婦のデート頻度

年数だけに限らず子供がいるか・いないかによってもデートの頻度が変わります。

子供がいない夫婦がデートしない割合が4%ですが、子供がいる夫婦のデートしない割合は40%と大幅に違います。子供がいると一瞬たりとも目を離すことができなくなるのでデートに行けなくなります。旦那も気をつかい誘わないということもあります。

デートしない夫婦は離婚率が高い?結婚後にデートしないリスク

会話がなくなる

夫婦デートしないと会話がなくなり仮面夫婦状態になってしまいます。デートに行くことで何気ない会話をすることが多いです。

話をすることで「やっぱり一緒にいると楽しい」「スキだな~」と愛情の再確認をすることができます。

会話がないことでお互いの知らない部分が増えます。意思疎通ができなくなることが離婚リスクを高めてしまうので注意しましょう。

すれ違いが多くなる

デート頻度が少なくなるとパートナーへの不満・怒りが溜まってしまいすれ違いが多くなります。「私はこう思っているのに」「なんでこうしてくれないの」と過剰に相手を責めすぎてしまいます。

デートする夫婦は「いつもありがとう」と感謝の気持ちを持つことができます。大事にされている自信がつくので夫婦円満になれます。

浮気症になる

デート頻度が少ない夫婦は一緒にいる時間が少なくなります。反対に言うと1人の自由な時間が多くなるということです。

ほかに自分を大切にしてくれたり、楽しませてくれてくれる人に気持ちが揺らいでいきます。自分を見てくれないパートナーに対しての不満が浮気症に繋がるのです。

外に出かけることが多くなったと感じたら注意が必要です。デートの頻度を見つめ直すようにしましょう。

デートの頻度と関係あった!離婚する夫婦と仲良しの夫婦の違い

子供が生まれても夫婦デートしたい人が80%以上いました。しかし、なかなか仕事・子育てに忙しがしく行けないというのも真実です。

仲良しの夫婦の特徴として「デートに行くようにしている」「月1はお出かけ・ランチをする」という意見がありました。

デートする夫婦は夫婦仲が強まり、頻度が少ない夫婦より愛情が強くなります。夫婦円満になるためにデートは効果的です。

仮面夫婦まっしぐらはイヤ...スキンシップの頻度を増やす方法

もっと夫婦のスキンシップを増やして円満に過ごしたいと思いますよね。自然にできるスキンシップの頻度を増やす方法を紹介します。

お見送りのときハグ/肩をポンとする

会社にお見送りするときにハグや肩・背中をポンとたたくのが効果的です。さりげなくスキンシップをとることができます。

相手の体に触れることでリラックス効果・やる気の向上にも繋がるのでおすすめです。小さなアクションでも気持ちを伝えることができます。

適当に見送ることがあると思いますが、スキンシップをとるチャンスなので旦那さんを送り出しましょう。

感謝の気持ちにマッサージをする

会話を切り出せないというひとはマッサージをすることがおすすめです。心身ともに癒すことができます。

「今日もお疲れ様」「いつもありがとうね」といいながら肩や手のひらを軽く揉んであげるだけで良いです。

スキンシップとることの抵抗が無くなり、旦那さんから何かアクションをおこしてくれるようになるかもしれません。

ベットルームで夫婦の会話する

テレビを見ている、食事をしているときは話を聞いてもらえない可能性が高くなります。<落ち着いて会話したいときはベットルームで話すのが良いです。

お互いの距離が自然に縮まることからドキドキしたり、普段とより特別な雰囲気を出すことができます。

「今日、見たテレビで」「子供がさぁ」などたわいない会話を弾んでいき、夫婦仲が深まっていくでしょう。

さいごに

結婚後デートがなくなったのが寂しい人は、普段からスキンシップをとることがおすすめです。

肩、手や背中などに軽く触れたり・揉むだけでも効果があります。スキンシップに慣れ始めたら思い切ってデートに誘ってみましょう。

関連記事
共働きの場合、外食ってあり?共働き夫婦のベストな外食の頻度

共働きの場合、外食ってあり?共働き夫婦のベストな外食の頻度

夫婦円満の割合が高いらしい!一生仲良しな夫婦の共通点

夫婦円満の割合が高いらしい!一生仲良しな夫婦の共通点

結婚相手をずっと好きでいられるかな?ラブラブな夫婦の特徴は?

結婚相手をずっと好きでいられるかな?ラブラブな夫婦の特徴は?

結婚後も幸せが10年以上続く!ずっとラブラブな夫婦の特徴3つ

結婚後も幸せが10年以上続く!ずっとラブラブな夫婦の特徴3つ

関連キーワード

おすすめの記事