元彼と復縁したい…自然に連絡するコツ5選

「元彼と復縁したい」と思っても、連絡するのはなかなか勇気がいることです。

実は、復縁のためには連絡が重要な鍵を握ります。

そこで、元彼に自然に連絡する方法や、コツなどをたっぷり紹介します。少しでも不安な気持ちが減るよう、精一杯サポートします!

まずは復縁と連絡の関係からみていきましょう。

連絡は、復縁の鍵を握るとても大切なポイントということがわかるはずです。

復縁と連絡の関係とは

元彼への連絡と復縁は重要な関係にある!

「元彼に連絡したいけど勇気がでない…」
「元彼に連絡を無視されたらどうしよう…」

と、不安を感じて連絡できずにいる人がほとんどではないでしょうか?

ただでさえ、別れたときにマイナスな印象をもたれているため、これ以上元彼に嫌われれば、復縁することが難しくなってしまうはずです。

しかし、どこかのタイミングで元彼に連絡をしなければ復縁できる見込みがなく、元彼に対する未練を断ち切るまで今の苦しみが続いてしまうのです。

元彼に連絡をしたからといって復縁できるわけでもありませんが、元彼との連絡をきっかけにしなければ、復縁することが難しいと言えます。

連絡の再開が元彼との関係を取り戻す第一歩!

上記で「元彼との連絡をきっかけにしなければ復縁することが難しい」とお伝えしましたが、これほど連絡が復縁の鍵と言われるには理由があります。

まず、好きな人との関係を縮めるためには、コミュニケーションをとって自分のことを知ってもらわなければいけませんよね。

自分の性格・恋愛傾向・趣味といったものを知ってもらうことは、好きな人の気を惹くことに繋がるため、会えないときも連絡を取りあって、できるだけコミュニケーションを図らなければいけません。

しかし、元彼との復縁の場合は、マイナスの印象からのスタートであり、なおかつ疎遠になっていたわけです。

いきなり会いにいけば、元彼からの印象が余計に悪くなり、復縁するどころか嫌われる可能性があります。

連絡の再開は、疎遠になっていた元彼との関係を取り戻す第一歩です。

早く元彼と復縁したいと思っているでしょうが、焦らず慎重に進めれば、復縁の成功率を高めることができるでしょう。

元彼に連絡しないほうが復縁できるの?

連絡をせずに元彼との復縁は難しい

元彼に連絡したくても、

「もっと嫌われるかもしれない…」
「連絡を無視されたらどうしよう…」

と不安を感じて、連絡できずにいる人がいるでしょう。

たしかに、元彼に連絡をするには勇気が必要であり「連絡せずに復縁したい」と考えておかしくありません。

もちろん、連絡をしなくても復縁できる可能性はありますが、連絡しない場合は、連絡した場合に比べて、復縁できる確率が大きく下がってしまうのです。

元彼との復縁を考えているのであれば、少しでも成功率を高めたいと思いますよね?

「元彼との復縁を成功させたい」と思うのであれば、勇気をだして元彼に連絡することをおすすめします。

元彼に自然に連絡するコツ

元彼と復縁するためには連絡の再開が重要とお伝えしていますが、それでも連絡するには勇気がいりますよね。

「どんな内容で連絡すればいいの?」
「どのタイミングで連絡するべきなの?」

と、なにかと知りたいことがあるでしょう。

そこで今度は、元彼に自然に連絡をする5つのコツを紹介します。

緊張することなく、いたって普通に元彼に連絡できるはずです。

コツ➀:元彼の誕生日にメッセージを送る

元彼に連絡をする目的は、返信をもらって二人の距離を縮めることです。

返信がなければ、せっかく勇気をだして連絡したことに意味がなくなってしまいます。

元彼から返信がもらえる連絡の仕方は、元彼の気分が高まっているタイミングで連絡することが重要です。

おすすめは、元彼の誕生日であり「おめでとう!いい1年にしてね」と、お祝いのメッセージを送れば、きっと返信してくれるでしょう。

実際に、元彼の誕生日にメッセージを送ったことがきっかけで、関係を修復して復縁できた人がたくさんいるようですよ。

コツ➁:友達感覚として連絡をする

「元彼から返信がなかったらどうしよう...」
「返信がなければ復縁できないのかな...」

と、不安になっていれば、連絡することに躊躇してしまうのではないでしょうか?

連絡をしなければ、元彼との関係を取り戻せませんので、結果を恐れず連絡するしかないのです。

無駄に深く考えず、付き合っている頃のように「久しぶり、元気にしてる?」と、友達感覚で連絡をしてみてください。

しかし、友達感覚で連絡をする場合は、しっかりと冷却期間を置く必要があり、一般的には平均3か月間と言われています。

ただ、別れた原因や別れ方によって置くべき冷却期間は異なるため、自分がどれだけの冷却期間を置くかを調べたうえで、元彼に連絡をしましょう。

コツ➂:イベントの参加確認で連絡をする

元彼と共通の知人がいる場合は、

「今度会社のみんなでBBQをするけど参加しない?」
「来月、大学の同窓会があるみたいだけど参加するか教えて」

と、イベントの参加確認で連絡をしてみてください

個人的な連絡にならないため、自然に電話やLINEを送ることができて、なおかつ高い確率で返信してもらえるはずです。

また、一度の連絡ですべての情報を伝えるのではなく、元彼から返信があるたびに、

「集合時間は〇時だよ」
「必要なものは〇〇だよ」

と、小出しに伝えて連絡のやり取りを長続きさせましょう

元彼と連絡のやり取りを続けられれば、個人的な内容に繋げやすくなりますよ。

コツ④:SNSからコメントやDMを送る

元彼に連絡する方法は、いくつかありますが、ほとんどの方は電話やLINEで連絡をするのではないでしょうか?

電話やLINEは一般的な連絡ツールですが、

「何か話したいことがあるんだろうな」
「めんどくさいな」

と思われやすく、せっかく連絡したものの無視される可能性が考えられます。

しかし、電話やLINEにこだわらなくても、元彼のSNSにDMやコメントを送れば、自然な形で連絡をすることができるのです。

ただ、元彼のSNSに「会いたい・復縁したい」とコメントをすれば、かえって引かれてしまいますので、あくまで投稿された記事に関する内容でコメントを送りましょう。

あなたからのDMやコメントが元彼の目に止まれば、何かしらの返信をしてくれるはずです。

コツ⑤:個人的な相談で連絡する

せっかく元彼に連絡をするわけですから、やっぱり個人的な内容でやり取りをしたいですよね。

しかし、個人的な内容といっても恋愛や復縁に関するものは、元彼に警戒されて連絡を無視されたり、場合によっては着信拒否&ブロックされるかもしれません。

そこでおすすめの内容が、元彼に個人的な相談をすることです。

元彼と同じ職場であれば、仕事や人間関係の悩みについて、電話やLINEで相談してみてください。

どんな別れ方であっても、一度は付き合っていた関係ですので、困っているあなたも放っておけないでしょう

なんだかんだあなたを心配して、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

元彼から連絡をもらうコツ

元彼に連絡をしたのであれば、きちんと返信してほしいですよね。

また、あなたからの連絡をきっかけにして、元彼からも連絡してくれるようになれば、二人が復縁する確率がグッと高まるでしょう

しかし「元彼から連絡がほしい」と願っていても、あなたの望む結果にはなりません。

どうすれば元彼から連絡がもらえるのか、以下の4つの方法を見てみましょう。

コツ➀:冷却期間後に元彼と遭遇する

たいていの場合は、別れてから元彼と疎遠になっていることが多いと思います。

もちろん、連絡を取りあわなければ、同じ職場や学校でない限り顔をあわすこともないでしょう。

このように、二人の繋がりが切れた状態では、元彼からの連絡を望んでも叶う可能性はほとんどないと言えます。

しかし、どんな別れ方であっても、しばらく時間が経てば元カノのことを思い出すのが男性の特徴とされています。

しっかりと冷却期間を置いて元彼と遭遇すれば、あなたのことを強く印象づけることができるはずです。

「最近元カノはどうしているかな?」と気にしているときに、あなたと遭遇すれば、運命を感じて元彼から連絡をしてくれるでしょう。

コツ➁:自分磨きをして可愛くなる

別れてからしばらく経てば、ほとんどの男性が元カノのことを思い出す特徴があると説明しました。

元カノを思い出すということは、少なからず意識している証拠であり、元カノの近況を知りたくて、共通の友達に探りをいれたりSNSのチェックをする傾向があるようです。

元カノのことを探っているなかで、別れたときより可愛くなっていれば

「なんで別れたんだろう…」
「連絡してみようかな?」

と、思ってくれるのではないでしょうか?

そもそも、どの男性も可愛い女性に惹かれるものです。

冷却期間中に自分磨きをして、元彼が連絡したくなる魅力的な女性になりましょう。

コツ➂:SNSやタイムラインの更新を増やす

元彼から連絡をもらうために、頑張って自分磨きをしているわけですから、どんどんアピールしていきましょう

直接元彼と顔をあわせればいいのですが、同じ職場や学校でなければ、可愛くなった自分を見せつけることができませんよね。

そんなときは、InstagramやFacebookといったSNSやタイムラインをうまく活用して、積極的に元彼に自分をアピールしていきましょう。

可愛くなった姿や、充実した日々をたくさん投稿すれば、元彼が意識してくれて連絡をいれてくれるはずです。

コツ④:自分の噂を元彼の耳に入れる

元彼と偶然の再会をしたり、SNSやタイムラインを活用して元彼に自分の姿をアピールすれば、連絡してもらえる可能性が高まります。

これらの方法が効果的な理由は、元彼に自分を意識させられるからであり、

「可愛くなっているけど新しい彼氏ができたのかな?」
「自分に未練は残っていないのかな?」

と、考えるからこそ連絡をしてくれるのです。

元彼に自分を意識させる方法は、自分の噂を元彼の耳にいれるだけでも効果があります。

周りの人から、

「◯◯ちゃんってすごく可愛くなってるよね!」
「やっぱり新しい彼氏ができたのかな?」


といった噂を耳にした元彼は、あなたのことを気にしてくれるでしょう。

噂の真相を確かめる意味で、元彼から連絡をいれてくれるかもしれません。

おすすめの連絡頻度

元彼と連絡を取りあうようになれれば、復縁の成功がいっきに近づくことになりますが、連絡頻度を誤れば、せっかくの復縁できるチャンスが潰すことになりかねません。

連絡する頻度が多すぎても、逆に少なすぎてもいけません。

どれくらいの頻度で元彼と連絡を取りあうべきなのか、以下の内容を見てみましょう。

元彼との別れ方によってベストな連絡頻度は異なる

元彼と復縁したいわけですから、毎日たくさん連絡を取りあいたいと思うでしょう。

しかし、連絡の頻度は、なにが原因で元彼と別れたのか、元彼とどんな別れ方をしたのかによって大きく変わります

たとえば、あなたの浮気が原因で元彼と別れた場合は、裏切られた恨みや憎しみの感情をもたれていると考えられます。

むしろ、嫌われている可能性も高いため、必要以上に連絡をすれば、余計に元彼の怒りを煽り、復縁どころではなくなるかもしれません。

円満に別れた人がいれば、大喧嘩をして別れている人がいたりと、人によって別れ方はさまざまです。

あなたが元彼とどんな別れ方をしているかで、連絡の頻度を調整していきましょう。

元彼のペースに合わせて連絡するのがベスト

元彼とどんな別れ方をしたかによって、連絡頻度は変わりますが、やはり基本は、元彼のペースに合わせて連絡を取りあうべきです。

元彼のペースに合わせていれば、気が利く女性に思われたり、元彼に息が詰まる思いをさせないため、好印象を与えやすくなります

間違っても、返信がないからといって続けて連絡をいれることのないように気をつけてください。

連絡頻度で元彼に悪い印象を与えれば、復縁が遠のいてしまいますよ。

元彼の連絡内容から気持ちを見抜く方法

元彼と連絡を取りあうなかで、

「もしかして自分に未練があるのかも!」
「やっぱり復縁は難しいのかも…」

と、連絡の内容によって、元彼の気持ちに探りをいれる人は多いでしょう。

復縁したいと思っていれば、元彼の気持ちが気になって当然ですが、連絡の内容だけでは、正確な元彼の気持ちを知ることができないはずです。

元彼の気持ちを知ることは、復縁を成功に導く重要な鍵となるため、しでかりと把握しておかなければいけません。

そこで今度は、元彼の連絡内容から気持ちを見抜く3つの方法を紹介します。

方法➀:個人的な悩みを相談する

自然に元彼に連絡をする方法の1つに、個人的な悩みを相談するものがあります。

別れたとはいえ、一度は付き合っていた関係ですから、困っている元カノのことが気になって、あなたからの連絡に返信してくれるでしょう。

しかし、一応は元カノのことが気になるからといって、必ずしも異性として意識しているわけではありません。

異性としてどう思っているかは、仕事や人間関係の悩みを相談したときに、元彼が親身に相談にのってくれるかで判断することができます。

本気で心配してくれているのであれば復縁できる可能性が高く、相談内容を聞くだけで、これといって協力してくれなければ、相談されたことを面倒に思っている可能性があります。

相談をしたときの元彼の反応で、自分をどう思っているかを見抜いてみてください。

方法➁:連絡頻度で駆け引きをする

たとえば、あなたから積極的に連絡をいれたあとに、ピタリと連絡をストップしたり、既読・未読スルーや、時間をおいて返信したりと、連絡の頻度で駆け引きをしてみてください。

あなたのことを意識していれば、元彼から追加で連絡をしてきたり、あなたからの返信を催促したりと、元彼が積極的になってくれるでしょう。

反対に、元彼の態度に変化が見られず、焦りや不安を感じていなければ、あなたのことを何とも思っていないと判断できます。

連絡頻度で駆け引きをしたときに、元彼がどのような連絡をしてくるかで、はっきりと元彼の気持ちを見抜くことができるでしょう。

方法➂:デートの誘いがあるかどうか

気がある相手と連絡を取りあえば、次第に会いたい気持ちが芽生えるものです。

たとえ元彼・元カノの関係であっても同じであり、あなたに気がある元彼であれば「久しぶりに会ってご飯でも行かない?」と、デートの誘いをしてくれるでしょう。

しかし、なかにはセフレ目的でデートを誘ってくるケースもあります。

直接元彼と会ったときに、しっかりと本気か遊びかを見極めなければ、今以上に悲しい思いをしてしまうでしょう。

それでも、デートの誘いがあるということは、あなたを異性として見てくれていることに変わりありません。

デートの誘いをきっかけにして、元彼との関係をどうするかを決断してもいいのではないでしょうか。

連絡期間を置いて復縁できた体験談

早く元彼と復縁したい気持ちがあると思いますが、しっかりと連絡期間を置けば、元彼との復縁を成功させられるでしょう。

実際に、元彼と連絡期間を置いたことで復縁に成功している人がたくさんいます。

ここでは、連絡期間を置いて復縁できた体験談を紹介します。

体験談➀:連絡を再開して1年後に復縁できました!

20代 女性

元彼を諦められず、勇気をだして元彼の誕生日にメッセージを送りました。

LINEを送るときは緊張しましたし「返信がなかったらどうしよう」と、不安なことばかり考えていました。

しかし、案外すぐに元彼からお礼の返信があって、その日を境にLINEのやり取りをすることができたのです。

少し間をおいて返信して、できるだけLINEを長続きさせるために工夫をした結果、元彼から食事の誘いを受けて、連絡再開して1年ほど経った頃に復縁できました。

誕生日は、元彼の気分が高まっているため、返信してくれたのかもしれません。

こちらの女性は、元彼から返信がもらいやすい誕生日に連絡したようですね。

実際に、元彼・元カノの誕生日にメッセージを送ったことで、連絡のやり取りが再開するケースは多く、高い確率で復縁に成功していると言われています。

自分の誕生日は、誰であろうと祝ってくれれば嬉しく感じるものです。

誕生日の心理をうまく活かせば、連絡のやり取りを再開できるでしょう。

「元彼にどのタイミングで連絡すればいいんだろう?」と悩んでいる人は、元彼の誕生日にメッセージを送ってみてはどうでしょうか?

ちなみに、しっかりと自分磨きをしておくことも大切ですよ。

体験談➁:元彼から連絡をもらって関係を修復しました!

20代 女性

私が元彼と復縁できたのは、冷却期間後に偶然を装って元彼と再会したからだと思います。

喧嘩別れをしてから半年ほど、一切連絡を取りあわない疎遠の期間がありました。

一般的に冷却期間と呼ばれているようですが、その間に自分磨きをしたりSNSに投稿したりと、密かにアピールすることも忘れませんでした。

しばらくすると、元彼からSNSにいいねをもらえたことをチャンスと考えて、元彼の会社のそばで偶然の再会を果たしました。

その日のうちに二人で食事に行って、お互いの近況を伝えたり、喧嘩別れしたことを謝って、少しずつ負担のないペースで連絡のやり取りがスタートしました。

すでに二人で会っていることもあり、復縁するまでに時間はかからなかったですね。

こちらの女性は、連絡のやり取りだけではなく、復縁できる可能性が高いと言われる偶然の再会を装って、元彼に自分を意識させたことがよかったと考えられます。

冷却期間中に自分磨きをしたことも、元彼を振り向かせることができたのでしょう。

別れから魅力的な女性になっている元カノを見れば、別れたことを後悔したり、ほかの男に奪われる不安を感じやすくなるため、復縁の成功に繋げられるのです。

ただ偶然の再会を果たすのではなく、しっかりと復縁するための準備をしておくことが重要なポイントですよ。

さいごに

元彼に自然に連絡する5つのコツや、元彼の連絡内容から気持ちを見抜く3つの方法を中心に紹介しました。

元彼に連絡したくても「返信がなかったらどうしよう」と、不安に感じるかもしれませんが、連絡のやり取りは、復縁の成功率に大きく影響します。

しっかりと冷却期間を置き、ベストなタイミングで元彼に連絡をしましょう。

元彼と連絡を取りあって、もう一度ラブラブな関係に戻れるといいですね!

関連記事
え、なんで?元彼と復縁したいなら連絡しないほうがいい理由◯つ
あきらめないで!復縁に成功した人から学ぶ5つの共通点
決定的な違いアリ。復縁できる人とできない人の特徴

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!