【遠距離恋愛】彼氏が喜ぶ手紙の書き方って?書くときのポイント5つ

「彼氏に手紙を書いてみよう」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか?

しかし、「手紙を送ったら重い女と思われないかな」「引かれたりしないかな」と不安を感じてしまいますよね。

今回は、「彼氏が喜ぶ手紙の書き方」と「手紙を書くときのポイント」を5つ紹介します。

遠距離中のコミュニケーションは大切!手紙で彼氏を喜ばせましょう

手紙はもっとも愛情が伝わるコミュニケーションツールです。

大好きな彼氏と遠距離交際をしていると、「彼氏を喜ばせたいな」「もっと彼氏に愛されたいな」と思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、「どんな方法だったら喜んでくれるんだろう」と喜ばせる方法が思いつかずに、何もできないずにいる人は多いと思います。

そんなときは、手紙で彼氏を喜ばせてみましょう

ラインやメールの機械的な文字に比べて、手紙には温かみを感じさせることができます。

あなたからの手紙を読んで、きっと彼氏は喜んでくれるはずです。

遠距離の彼氏を喜ばせたい人は、ぜひ手紙を送ってみてください。

男性目線で解説!遠距離中の彼氏が喜ぶ手紙を書くポイント

スマホやパソコンがメインの現代だからこそ、手紙を送ることに大きな意味があります。

今度は、遠距離中の彼氏が喜ぶ手紙を書くポイントを男性目線で紹介します。

手紙を書くポイント➀:彼氏に対する愛情を書く

彼氏に喜んでもらうために手紙を書くわけなので、しっかりと彼氏に対する愛情を書きましょう。

あなたと同じように彼氏も遠距離の寂しさを感じており、「他の男に目移りしたらどうしよう」「気持ちが冷められたらどうしよう」と不安になっています。

彼氏を安心させて喜んでもらうために、「愛してるよ」「大好きだよ」と手紙に書きましょう。

手紙を書くポイント➁:感謝の言葉を忘れない

「大好きだよ」「愛してるよ」という言葉だけが愛情表現ではありません。

むしろ、彼氏に対する感謝の言葉を書くことで、よりあなたの気持ちが伝わります。

「いつも優しくしてくれてありがとう」「疲れてるのに長電話に付き合ってくれてありがとう」と言われるだけで、彼氏の心は癒されます

自分の存在意義ができて、今以上にあなたのことを大切にしようと思ってくれます。

手紙を書くポイント③:物足りない程度に書く

せっかく彼氏に手紙を書くなら、彼氏をどきどきさせたいと思いますよね?

彼氏をどきどきさせることができたら、今以上に彼氏から愛される彼女になれるので、手紙の長さは少し物足りないぐらいがおすすめです。

しっかりと要点をまとめて書いたら、あなたの気持ちが彼氏に伝わりやすく、「また手紙がほしいな」「もっと気持ちが知りたいな」と思ってもらえます。

手紙の長さは、とても重要なポイントです。

手紙を書くポイント④:重い内容は書かない

遠距離の彼氏を手紙で喜ばせたいのに、「あなたがいなくなったら生きていけない」「私と同じぐらい愛してね」と重い内容の手紙を書いてはいけません。

手紙を読んで気が滅入ってしまったり、引いてしまったことで気持ちを冷めさせてしまうことに繋がります。

彼氏を喜ばせるために手紙を書いているので、ポジティブな内容でまとめましょう。

手紙を書くポイント⑤:きれいな字で書く

彼氏への想いが強すぎて、勢いそのままに手紙を書いてしまうと、雑な内容になるだけではなく文字が汚くなってしまいます

文字が汚い女性に魅力を感じず、せっかく気持ちを書いているのに、その想いが伝わりません

「あんな性格だから字も汚いんだ」「この字を見たら萎えてしまう」とマイナスなイメージを与えてしまいます。

手紙は必ず届くので、ゆっくり丁寧に読みやすい字を意識しましょう。

遠距離恋愛をしている彼氏が喜ぶ手紙の書き方って?今すぐ使える例文

手紙を送ると彼氏に喜んでもらえるのですが、いざ書こうとしたときに「何を書いたらいいんだろう」と悩んでしまうのではないでしょうか。

今度は、今すぐ使える例文を紹介するので、手紙の内容に迷ったときの参考にしてください。

今すぐ疲れる手紙の例文➀:愛情と感謝の気持ちを伝える

遠距離の彼氏に手紙を書くなら、やっぱり愛情は伝えたいと思いますよね。

しかし、愛情だけを手紙に書いたら、せっかくのあなたの気持ちが重くとられかねません。

そんなときは、「はじめて誰かに手紙を書いたよ。どう?嬉しいでしょう!なんで手紙を書いたかというと、〇〇のことが大好きだからだよ。いつも優しく私のわがままを聞いてくれてありがとう。」と彼氏への感謝の言葉とセットにして書きましょう。

彼氏に対する愛情を手紙に書くときは、できるだけフランクな文章を使うと重くなりません。

はっきりと愛情を書いているのに、感謝の言葉が重みを柔らかくしてくれます。

今すぐ疲れる手紙の例文➁:寂しさに可愛げを持たせる

彼氏と遠距離交際をしていると、どうしても寂しい思いを知ってほしいですよね。

しかし、「寂しいよ。〇〇に会いたいよ」と寂しい思いだけを伝えると、重く感じたり、依存されている気がして引かれてしまいます。

引かれることなく寂しさを伝えるために、「ようやく遠距離になれてきたけど、やっぱり会えないと寂しい...。でも、寂しい思いを我慢したから会えたときが嬉しいんだろうね!次はどこへ連れて行ってもらおうかな?笑 体には十分気をつけてね」と寂しさに可愛げを持たせた書き方をしましょう。

可愛げがあって一途に頑張る彼女を想像して、もっと大切にしてくれるはずです。

重いのは絶対にNG!遠距離中の彼氏に送ってはいけない手紙とは

あなたからの手紙を読んだ彼氏は、きっと喜んでくれるはずです。

しかし、手紙の内容によっては「こんな手紙いらないのに」「なんか冷めてしまう」と返ってあなたの印象を下げてしまう場合があります。

手紙を送って失敗しないために、彼氏に送ってはいけない手紙を確認してみましょう。

送ってはいけない手紙➀:ポエムのような手紙

彼氏への想いを手紙に書きたいからといって、ポエムのような手紙はNGです。

ポエム自体は文章が短いため、手紙の長さとしてはベストかと思われます。

しかし、ポエムはメッセージ性が強いため、彼女に気持ちを押し付けられている気にさせてしまって、場合によっては彼氏に引かれかねません。

きちんと文章を組み立てて、可愛らしい手紙を書くことを心がけましょう。

送ってはいけない手紙➁:気持ちを押し付けた手紙

明らかに気持ちを押し付ける手紙はNGです。

「あなたがいなくなったら生きていけない」「何があっても絶対にあなたと離れない」など、彼氏を深く愛しているのは伝わりますが、愛情が重すぎて彼氏が引いてしまいます。

自分の気持ちを押し付けるのではなく、「知ってもらう」ことが大切です。

手紙を送る前に、読み返すことを心がけましょう。

遠距離中の彼氏に手紙を送るのにおすすめなタイミング&頻度

彼氏の誕生日や二人の記念日に手紙を送ると喜ばれます!

彼氏に手紙を送るタイミングと、手紙を送る頻度が重要です。

スマホのラインがたくさん送られてくると、「鬱陶しいな」「しつこいな」と思った経験がありますよね。

同じように手紙が頻繁に届くと、「ちょっと重すぎる」と思われてしまいます。

手紙は相手に想いが伝わりやすいので、ライン以上に重いと思われてしまいます。

送ったらいいというわけではなく、何ごとも物足りないぐらいがちょうどいいので、彼氏の誕生日や二人の記念日など、何かのイベントがあるときに送りましょう。

年に1~2回ほどの頻度になるので、手紙を送るタイミング・頻度としては最高です。

さいごに

「彼氏が喜ぶ手紙の書き方」と「手紙を書くときのポイント」を5つ紹介しました。

遠距離の彼氏を喜ばせたい人は、ぜひ手紙を送ってみてください。

しかし、手紙を送るときは必ず自分で読み返して、重い文章になっていないかチェックしましょう。

関連記事
遠距離恋愛カップルには手紙がいい!?喜ぶ内容&NGな内容
彼氏と遠距離…長続きする付き合い方&失敗する付き合い方
心はそばにいる!遠距離カップルが離れていても一緒にできることとは?

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!