焦って結婚して後悔しないようにする方法&体験談

焦って結婚をしても、「結婚するのは早かった」「結婚相手をよく選ぶべきだった」と後悔することになってしまうかもしれません。

そこで、ここでは焦って結婚して後悔しないようにする方法と体験談を紹介します。

今結婚するべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

焦って結婚して後悔する確率

約53%の人が後悔している

とある調査では、約53%の人が焦って結婚したことを「後悔している」と答えています。

「結婚相手が何も手伝ってくれないから」「年収だけで結婚相手を選んでしまったから」など、後悔した理由はさまざまですが、焦って結婚しないほうがいいでしょう。

後悔しても簡単に離婚できない

離婚するには相手の同意が必要なため、焦って結婚をして後悔をしても簡単に離婚できません。

そのため、焦って結婚をしても相手が同意してくれない限り離婚することができずに、後悔しながら結婚生活を送ることになる可能性があります。

後悔をしないように、焦って結婚しないほうがいいでしょう。

焦って結婚して後悔した体験談

30代 パート

「30歳までに結婚したい」と思っていたため、焦って結婚してしまいました。

しかし、夫の収入が少なくて「専業主婦になりたい」という夢を叶えることができず、「焦って結婚しなければ収入が多い人と結婚できたかも…」と後悔する毎日です。

結婚したことに後悔しないように、年齢を気にして焦って結婚しないほうがいいと思います。

20代 会社員

年上彼氏に「結婚してくれないなら別れたい」と脅されて、焦って結婚しました。

仕事・家事・育児をこなすのは本当に大変で、夫は何も手伝ってくれなくて「焦って結婚しなければもっといい人と結婚できたかも…」と後悔しています。

結婚は一生なので、焦って結婚せずにいい人を探したほうがいいです。

焦って結婚して後悔しないようにする方法

結婚する前によく考える

結婚をする前に、「本当にこの人と結婚して後悔しないか」「この人と幸せになれるのか」ということを考えて結婚するか決断しましょう。

考えずに焦って結婚してしまうと、「もっと考えてから結婚すればよかった」と後悔してしまうかもしれません。

理想の結婚相手を思い出す

結婚をする前に、自分の理想の結婚相手を思い出しましょう。

「家事を手伝ってくれる人」「収入が多い人」など、理想の結婚相手と付き合っている相手を比べてみれば、自分の結婚相手にふさわしいのか見抜けるはずです。

タイミングが合っているか考える

「今は仕事に専念したい」「もっと自由に遊んでいたい」と思っているときは、結婚をするタイミングではありません。

結婚したいと思っていないときに焦って結婚してしまうと、「もっと遊んでおけばよかった」「出世してから結婚するべきだった」と後悔するでしょう。

後悔したくない!結婚で大事なこととは?

愛があるか

年齢を気にして愛していない相手と結婚をしても、「愛することができなくて寂しい」「愛してる人と結婚したかった」と後悔する可能性があります。

結婚をしてから後悔しても遅いため、心から愛してる人と結婚するようにしましょう。

協力し合えるか

仕事と家事、育児を両立するのはかなり大変なため、「夫にも手伝ってほしい」「1人で全部はこなせない」と思うでしょう。

「この人と結婚してよかった」と思うには、お互いに協力し合う必要があります。

「夫が食器を洗う」「妻が料理をする」など、役割分担をして協力し合いましょう。

夫婦の時間を大切にできるか

結婚をしてから夫婦の時間を大切にできないと、「結婚した意味がない」「夫婦仲が悪くて寂しい」と思ってしまうでしょう。

結婚したことに後悔しないようにするには、週末はデートをしたり結婚記念日は毎年お祝いしたりして夫婦の時間を大切にする必要があります。

後悔しないように決めよう!

焦って結婚をしてしまうと、「もっといい結婚相手がいたかもしれない」「結婚するのが早すぎた」と後悔してしまうかもしれません。

結婚したことに後悔をしても簡単に離婚できないため、「結婚して後悔しないか」「本当にこの人でいいのか」と考えてから決断しましょう。

関連記事
焦って結婚すると失敗する!?結婚に焦りは禁物な理由
結婚したいなら焦りすぎはNG!ゴールインのために必要なこと
妥協して結婚!後悔した体験談と後悔しない方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!