もう終わりにしよう!W不倫を終わりにする方法&注意点

「W不倫を終わりにしたい」と思っていても、「どうやって終わらせればいいのだろう…」「終わりにするときに注意することはあるの?」と思っている方がいるのではないでしょうか。

そこで、ここではW不倫を終わりにする方法と注意点を紹介します。

W不倫を終わりにしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

W不倫を終わりにしたいと思ったきっかけ

W不倫の相手に気持ちが冷めた

パートナーに不満を抱いているときは、W不倫の相手が魅力的に感じてしまいますよね。

しかし、W不倫の関係を続けていくうちにW不倫の相手にも不満を抱き、気持ちが冷めてしまうことがあります。

「W不倫を終わりにしたい」と思ったのは、W不倫の相手に対して気持ちが冷めたからかもしれません。

W不倫をしていることに罪悪感を抱いた

パートナーのことを裏切り、大切な子供のことを傷つけてしまうW不倫をしていることに罪悪感を抱いたため、「W不倫を終わりにしたい」と思ったのかもしれません。

W不倫には、デメリットが多いです。

W不倫をして後悔をしたときは、すぐに関係を終わりにしましょう。

夫婦関係がよくなった

「夫婦関係が悪化した」「パートナーに不満がたまっていた」という理由で、W不倫をしてしまうケースが多いです。

そのため、夫婦関係がよくなったときに「W不倫を終わりにしたい」と思うのでしょう。

W不倫を終わりにする方法

別れを告げる

W不倫を終わりにしたいときは、W不倫の相手に素直に「別れてほしい」「関係を終わりにしよう」と言うようにしましょう。

あなたから別れを告げることで、納得して関係を終わりにしてくれるかもれません。

自然消滅をする

W不倫の相手が関係を終わりにしてくれない場合は、自然消滅をするといいでしょう。

徐々に連絡をとる頻度を少なくして会わないようにすれば、W不倫の相手は「気持ちが冷められたのかな…」「このまま関係が終わるのかも」と思うでしょう。

W不倫を終わりにするときの注意点

注意点① 感情的にならない

W不倫の相手に「関係を終わらせたい」と伝えたときに、「終わりにしたくない」と言われてしまうかもしれません。

そして、話し合っているうちに、お互い感情的になってしまうことがあるでしょう。

感情的になってしまうと、話し合いができずに解決できない可能性があるため、落ち着いて話し合うようにしましょう。

注意点② パートナーに相談する

W不倫を終わらせることで、相手から慰謝料を請求される可能性があります。

そうなると、W不倫の事実を隠し通すことができないため、パートナーに相談するようにしましょう。

そして、夫婦でW不倫の相手に対して「どう対応するか」について話し合いましょう。

注意点③ 今後の関わり方を考える

W不倫の相手とは、再び関係をもたないように二度と関わらないほうがいいですが、職場が同じだったりご近所さんの場合は関わらなくてはいけないことがありますよね。

これからも関わらなければいけない相手ならば、今後の関わり方を考えましょう。

今後不倫をしないようにする方法

W不倫の原因を改善する

「パートナーに不満があったから」「夫婦関係が悪かったから」など、W不倫をしてしまったのには原因があるでしょう。

その原因を改善すれば、夫婦関係がよくなり、二度とW不倫をしなくなる可能性があります。

家族・夫婦の時間を大切にする

家族や夫婦関係が悪化することが原因でW不倫をしてしまうことがあり、家族や夫婦関係を良好に保つことでW不倫を防止できる可能性があります。

休日は家族で過ごしたり結婚記念日は夫婦でお祝いするだけでも、夫婦の仲がよくなるでしょう。

W不倫をしない約束をする

「またW不倫をしたら離婚する」「慰謝料を請求する」といった約束をするだけでも、W不倫を防止できます。

また、W不倫をしたことを簡単に許さずに、仕返しをして「浮気は悪いこと」だと教えるといいでしょう。

しっかりと終止符を打とう!

W不倫の相手と関わり続けることで、再びW不倫をしてしまう可能性があります。

そのため、W不倫の相手の連絡先を削除して、連絡がこないように受信・着信拒否をするなど、二度と関わらないようにしましょう。

関連記事
不倫をやめたい!やめるための5つの方法
男に利用されるのは卒業!都合のいい女をやめる5つの方法
浮気が終わるきっかけ&ベストな浮気の終わり方

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!