浮気相手に制裁したい!合法で復讐できる2つの方法

彼氏・旦那に浮気をされて、「浮気相手の女が気に入らない」「浮気相手に制裁したい」と思ってしまう人は多いのではないでしょうか。

今回は、「彼氏や旦那の浮気相手に合法で復讐できる方法」を2つ紹介します。

浮気相手に制裁したい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

彼氏・旦那と浮気していた女が許せない!

浮気相手の女を許せなくて当然です。

彼氏・旦那が浮気をしていたら、「彼氏の浮気相手の女がむかつく」「旦那と浮気していた女を許せない」と浮気相手の女を憎んでしまう人は多いと思います。

彼氏・旦那にパートナーがいるのを知りながら、浮気関係を持った女を許せないですよね。

浮気をされて感じた恨みを晴らすために、浮気をした女に厳しい制裁を与えましょう。

浮気相手に仕返しするなら制裁がいちばん!

必ず浮気相手の女に制裁しましょう。

彼氏・旦那と浮気をしていた女に、「あの女が許せない」「絶対に復讐してやる」と恨みを持ってしまう人は多いのではないでしょうか。

自分は傷つけられたのに、今までと変わらず普通の生活を送っている女を憎く感じてしまいますよね。

「浮気していたい女を懲らしめたい」と思ったら、必ず浮気していた女に制裁を与えましょう

制裁をすることで、あなたの溜まった恨みを晴らすことができたり、浮気をした罪の大きさを思い知らせることができるため、浮気をしていた女を反省させる効果があります。

悪さをするような女を放置してはいけません。

容赦なく、厳しい制裁を与えましょう。

違法ではない!合法で復讐できる2つの方法

彼氏や旦那と浮気をしていた女への制裁方法は、たくさんあります。

今度は、合法で復讐できる2つの方法を確認しましょう。

合法で復讐できる方法➀:慰謝料の請求をする

彼氏・旦那と浮気をしていた女に、慰謝料の請求という形で制裁しましょう。

浮気は、民法で定められた不貞行為に当たる違法行為です。

違法行為をしたら、必ず制裁を受けて償わなければいけません。

浮気の慰謝料の相場は50万円~300万円ほどと言われており、悪質な浮気であるほど、慰謝料が増額されるそうです。

お金で傷ついた気持ちが晴れることはありませんが、高額な慰謝料を請求されたことで、自分の犯した罪の大きさを気づかせることができます。

合法で復讐できる方法➁:内容証明を送付する

彼氏や旦那と浮気をしていた女に、内容証明を送付して制裁しましょう。

そもそも内容証明とは、郵便物の送付方法の1つです。

内容証明に法的な効力はなく、あくまで「書面に書かれている内容を証明します」という証拠のようなものです。

この内容証明に、「旦那と浮気関係を終わらせてください」「慰謝料を〇〇万円請求します」など、浮気をしたことへの制裁内容やあなたの要望を書いて送ると、浮気相手の女にプレッシャーを与えることができます。

また、浮気相手の職場へ送付すると、会社側から「何かトラブルがあるんじゃないか」と要注意人物に指定されることがあるため、問題を大きくする効果があります。

場合によっては社会的信用を失うことに繋がるため、復讐心に燃えるあなたにとっては、満足できる結果を引き寄せられるでしょう。

浮気相手に制裁をした女性のエピソード

彼氏・旦那に浮気をされて、浮気相手への制裁を成功させた人はたくさんいます。

実際の体験談を読んで、どのような制裁をしたのか参考にしてみましょう。

30代 女性

旦那の浮気が発覚したので、浮気相手の女に制裁をしました。

制裁方法は、慰謝料の請求です。

調査を依頼した結果、浮気期間が1年ほどだったので300万円の慰謝料を請求しました。

はじめは逆ギレされていましたが、当事者全員を交えて話し合いをした結果、浮気相手のご両親の一言で自分の非を認めて、請求した300万円の慰謝料を払ってもらいました。

両親から勘当されたり友達を失ったりと、何もかも失ったと聞いています。

こんなもので私の気分は晴れませんが、ここで区切りを付けようと思いました。

40代 女性

旦那の浮気が発覚して、問題を穏便に解決させようと思っていたのですが、浮気相手の態度が気に入らなかったので、徹底的に制裁することにしました。

連絡を無視するので、相手の職場へ内容証明を送付して、慰謝料に弁護士費用を加えた額を請求して、とりあえず問題を大きくしました。

ようやく追い詰められたのか、話し合いに応じる姿勢を見せてきたので、相手の良心や婚約者など、関係者全員が揃った場で浮気に対しての制裁を与えました。

両親から見捨てられて、婚約者と破談になり、自分の人生を棒に振ったようです。

相手本人から500万円、相手の両親から300万円の追加の話はありましたが、そちらは丁重にお断りしました。

浮気をされても、お金でしか解決できないのが辛いです。

注意!やってはいけないNGな復讐方法

彼氏や旦那の浮気相手が憎いからと言って、何でもしていいわけではありません。

場合によっては、あなたが罰せられてしまう可能性があります。

今度は、やってはいけないNGな制裁方法を確認してみましょう。

NGな復讐方法➀:個人情報をばらまく

浮気相手が憎いからと言って、相手の個人情報を不特定多数の人にばらまくのはNGです。

名前・住所・職場など、個人を特定できる情報をSNSや手紙に掲載した上で、「こいつは浮気をする女」「この女は私の旦那と浮気をしました」など、名誉を傷つける行為をしてはいけません。

返って、あなたがプライバシー保護や名誉棄損で訴えられる可能性があります。

浮気をされた恨みがあるかもしれませんが、節度ある行動を取りましょう。

NGな復讐方法➁:浮気相手に暴力を振るう

彼氏や旦那の浮気相手に、「一発ぐらい殴りたい」「あいつを醜い女にしたい」と思ってしまう人は多いようですが、暴力で解決しようとする行為はNGです。

暴力を振るったからと言って、問題が解決するわけではありません。

むしろ、あなたが傷害罪で刑事責任を負ってしまいます。

暴力で解決するのは、人としてレベルの低い人が行ってしまう行為です。

自分の人生を狂わせてまで復讐する必要はないので、絶対に暴力で解決するのはやめましょう。

さいごに

「彼氏や旦那の浮気相手に合法で復讐できる方法」を2つ紹介しました。

彼氏・旦那と浮気をした女が憎いと思ったら、必ずきつい制裁を与えましょう。

浮気をした彼氏・旦那は、二度と浮気をすることがなくなるはずです。

関連記事
浮気相手をとことん懲らしめる方法&注意点
直接謝罪をしてもらおう!浮気相手に会いに行くときの注意点&対応
浮気相手に対する慰謝料の請求方法とあなたが知っておくべきこと

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!