中距離恋愛の距離はどこから?会う頻度はどれくらい?

中距離恋愛とは、いったい、どれくらいの距離からの恋愛を指すのでしょうか。 この記事では、中距離恋愛の基準や、成功させるポイント、寂しい時の乗り越え方、中距離恋愛から結婚するベストタイミングなど、中距離恋愛の知りたいあれこれについてたっぷりと解説します。

中距離恋愛の定義とは?距離はどのくらいから?

中距離恋愛の基準

彼氏といつでも会える距離の恋愛でも、なかなか会えない遠距離恋愛でもない中距離恋愛というものがあります。

中距離恋愛に明確な基準はありませんが、一般的に会えそうで会えない微妙な距離を中距離恋愛と呼んでいるようです。

中距離恋愛は、普通の恋愛と遠距離恋愛の両方の要素を持っている分、案外続けていくのが難しい恋愛といわれています。
彼氏といつでも会える距離の恋愛でも、なかなか会えない遠距離恋愛でもない中距離恋愛というものがあります。

中距離恋愛に明確な基準はありませんが、一般的に会えそうで会えない微妙な距離を中距離恋愛と呼んでいるようです。

中距離恋愛は、普通の恋愛と遠距離恋愛の両方の要素を持っている分、案外続けていくのが難しい恋愛といわれています。

中距離恋愛の距離

彼氏・彼女に会えそうで会えない微妙な中距離恋愛ですが「一体どれくらいの距離のことなの?」と気になる人がいるでしょう。

人それぞれ感覚が異なりますが、一般的に移動に片道2〜3時間かかる距離であり、泊まりでなければ恋人に会いに行くのが難しい距離を指します。

頑張れば会えに行ける距離であるのは確かですが、だからこそいくつもの問題が発生してしまうのです。

うまく中距離恋愛をやっていきたいのであれば、中距離恋愛のメリット・デメリットをしっかりと理解して、対策を準備しておくことが大切です。

中距離恋愛のメリット、デメリット

では、中距離恋愛のメリットとデメリットとはどんなものなのでしょうか?中距離恋愛を長続きさせるためにも、以下の内容を確認してみましょう。

中距離恋愛のメリット

中距離恋愛のメリットは、程よい距離感を保って付き合っていけることです。近すぎず遠すぎない距離にいることで、不安や寂しさを感じにくく、かといって干渉しすぎることもありません。

毎日の連絡も会う頻度も程よい頻度になるため、自分の時間を楽しみつつ充実した中距離恋愛を続けることができるのです。

中距離恋愛のデメリット

中距離恋愛のデメリットは、精神面や金銭面での負担が大きいことです。

会えそうで会えない距離ということは、頑張れば会いに行ける距離でもあります。そのため、遠距離恋愛より会う頻度が多くなりやすく、その分金銭的な負担がかかってしまいます。

2〜3時間の中距離であれば、おそらく1回の交通費が数千円になるでしょう。また、別途デートや食事代もかかりますので、一度会いに行くだけで相当な金銭的な負担があります。

さらに、会いたいときに会えないわけですから、寂しさや不安を感じて精神的なストレスが溜まってしまうのです。

このように中距離恋愛は、程よい距離でうまく付き合っていかなければ、精神面や金銭面での負担が大きい恋愛といえます。

中距離恋愛がうまくいかない原因

普通の恋愛や遠距離恋愛よりも、中距離恋愛を長続きさせることは難しいといわれています。しかし、1人の時間も恋人との時間も楽しめる中距離恋愛なのに、一体どうしてうまくいかないといわれるのでしょうか?

そこで今度は、中距離恋愛がうまくいかない原因を見てみましょう。

うまくいかない原因1:意外と負担が大きく疲れてしまう

中距離恋愛のデメリットでお伝えをしましたが、中距離恋愛の負担は意外と大きく、精神的に疲れてしまうことがうまくいかない原因と考えられます。

毎日会えるわけでも、会いたいときに会えるわけでもない距離なので、遠距離恋愛のような寂しさや不安を感じることが多いでしょう。

また、頑張れば会える距離だからこそ、無理をして月に会う頻度を増やしやすく、交通費や交際費といった金銭面での負担を大きくしてしまうのです。

精神面・金銭面の負担が大きくなれば、中距離恋愛を続けていくうえでの不満に変わってしまうでしょう。次第に気持ちがすれ違って、喧嘩別れや、自然消滅へと発展してしまうのです。

うまくいかない原因2:頑張れば会える距離だからこそ関係を疎かにしてしまう

中距離恋愛を頑張りすぎたことによって、精神面や金銭面の負担を大きくするケースがある一方で、いつでも会える距離だからこそ関係を疎かにするパターンも見られます。

「いつでも会えるから、デートは今度にしてもらおう」と、関係を疎かにしていれば、付き合っている意味を感じなくなったり、気持ちが冷めたりと、関係を悪化させてしまうでしょう。

また、関係を疎かにする分、相手の依存や束縛を強めたり、浮気問題が発生することに繋がりやすく、やはり中距離恋愛を続けていくことが難しくなるのです。

中距離恋愛は、頑張りすぎても気を抜きすぎてもうまくいかない難しい恋愛なので、より真剣に向き合っていく必要があります。

中距離恋愛を成功させるポイント

ここまで読んでみて、中距離恋愛が難しい恋愛であるとわかったかと思います。では、どうすれば中距離恋愛を成功させることができるのでしょうか。

今度は、中距離恋愛を成功させる5つのポイントを見てみましょう。

成功させるポイント1:まめに連絡を取り合う

中距離恋愛は、会えそうで会えない距離であることから、遠距離恋愛のような寂しさや不安を感じやすい恋愛です。普段からまめに連絡を取り合って、しっかりとコミュニケーションをとっておかなければ、不安な感情から依存や束縛を強めたり、浮気問題を招きかねません。

毎日のLINEはもちろんですが、たまにはテレビ電話で会っている気分を味わうなど、マメに連絡を取り合ってお互いに安心させましょう。

成功させるポイント2:お互いの中間地点で会う

中距離恋愛が片道2〜3時間とはいえ、お金と時間の負担は大きいものです。あなたと彼氏のどちらか一方に負担が偏れば、不満が溜まって関係を悪化させてしまうでしょう。

このことから、会ってデートをするときは、お互いの中間地点で待ち合わせすることをおすすめします。時間とお金の負担が平等になりますので、不満を感じることなくうまく付き合っていけるはずです。

成功させるポイント3:無理のない頻度で会う

中距離恋愛が頑張れば会える距離だからといって、無理をするのはNGです。

大好きな彼氏に会いたい気持ちはわかりますが、お金・時間・体力に無理をして会っていれば、それこそ中距離恋愛を負担に感じてしまいます。

もちろん、あなたと同じように、彼氏も中距離恋愛を負担に感じてしまうでしょう。中距離に限らず、恋愛がうまくいく秘訣は、ストレスや負担を感じないことです。

彼氏としっかり話し合って、お互いに無理のないペースで会うようにしましょう。

成功させるポイント4:共有貯金をする

中距離恋愛カップルは、交際費の負担を平等にするために、共有貯金をおすすめします。

そもそも、中距離恋愛がうまくいかなくなる1番の原因は、金銭的な負担です。あなたと彼氏のどちらか一方に、金銭的な負担が偏ることはないと思いますが、1回のデートにかかる費用は、交通費や食事代を含めれば相当な負担になるのは確かです。

しかし、共有貯金から交通費やデート代を出しておけば、お互いに不満を感じることなく円満に付き合っていくことができるでしょう。負担にならない少額からでも、毎月共有貯金をはじめてみてはいかがでしょうか。

成功させるポイント5:1人の時間も充実させる

中距離恋愛のメリットは、程よい距離感で付き合っていけることです。彼氏と会う時間は大切ですが、それと同じくらい自分の時間を充実させなければもったいないといえます。

仕事を頑張ったり、友達と遊んだり、趣味の時間を満喫したりと、1人と時間を充実させるほど、彼氏と過ごす時間をより楽しむことができるのです。

自分の時間を満喫していれば、中距離恋愛の不安や寂しさも紛らわせることができるため、相手に依存や束縛をすることもなくなるでしょう。

中距離恋愛の程よい距離感を十分に活かして、円満な関係を続けてくださいね。

中距離恋愛中に寂しい時の乗り越え方

中距離恋愛は、彼氏に会いたいときに会えない距離です。そのため、寂しさを感じる瞬間がたくさんあります。ただ、寂しさを溜め込んでいては、中距離恋愛がストレスとなり、彼氏とうまく付き合っていけなくなるのです。

そこで今度は、中距離恋愛の寂しい時の乗り越え方を見てみましょう。

乗り越え方1:デートのときに次の予定を決める

中距離恋愛をしている人は、デートをした日のうちに次に会う予定を立てましょう

前もって彼氏に会える日がわかっていれば、その日に向かって前向きな気持ちで毎日を過ごせるはずです。たとえ寂しさを感じることがあっても「◯日後には彼氏と会える!」と、ポジティブに思えるでしょう。

前向きにいることが、中距離恋愛の寂しさを乗り越える秘訣ですよ。

乗り越え方2:趣味や友達との時間を充実させる

中距離恋愛を成功させるポイントのなかでもお伝えしましたが、自分の時間を充実させることは、中距離恋愛の寂しさを紛らわせる方法の1つです。

とくに、友達と遊んだり、趣味に夢中になったりと、あなたが楽しいと思える時間をより多く過ごしていれば、彼氏に会えない寂しさを感じることを減らすことができるでしょう。

寂しい気持ちは、明るい気持ちでなければ打ち消すことができません。1人の時間を活かして、楽しい時間を過ごしてみてください。

乗り越え方3:正直に寂しいと伝える

よく「彼氏に寂しいと言ったら重いと思われないかな…」と不安に感じて、1人で寂しさに耐える人がいます。

たしかに、彼氏に寂しいとばかり言っていれば、鬱陶しいと思われるかもしれません。ただ、1人で耐えるのが一番やってはいけない行為です。

たまには彼氏に「会いたくて寂しいよ…」と正直に伝えていきましょう。自分の寂しさを知ってもらえるだけで、自然と気持ちが落ち着いていくはずです。

ただ、寂しいと言い過ぎることだけは注意をしてくださいね。

中距離恋愛でやりがちなNG行為

中距離恋愛を成功させるためには、やってはいけないNG行為を知ることも大切です。ここでは、中距離恋愛カップルがやりがちな行為を紹介します。

現在、中距離恋愛をしている方は、以下のNG行為を覚えておきましょう。

NG行為1:干渉しすぎる

中距離恋愛は、頻繁に会えるわけではありません。だからこそ、彼氏の行動や人間関係を把握したい衝動に駆られてしまうものですが、干渉しすぎると彼氏からの印象を悪くしてしまうでしょう

干渉は、依存や束縛と同じであり、彼氏の精神的なストレスになってしまうのです。最悪の場合「彼女が重くて付き合っていくのがしんどい」と思われて、別れを招くこともあります。

寂しさや不安を感じると思いますが、もっと彼氏を信じて、お互いに会えない1人の時間を大切にしていきましょう。

NG行為2:ドタキャンをする

中距離恋愛は、会おうと思えば会える距離です。だからこそ、中距離恋愛に慣れてくるほど「また今度彼氏に会いに行けばいいか」と、関係を疎かにしやすくなります。

ただ、中距離とはいえ、カップルは信頼がなければ付き合い続けることができません。「デートの日だけど行くのがめんどくさい」「いつでも会えるし今日のデートはやめにしよう」と思うかもしれませんが、ドタキャンをするたびに彼氏からの信頼を失くしていると考えて、誠実に中距離恋愛と向き合ってください。

中距離恋愛から結婚するベストタイミングって?

中距離恋愛に終わりが見えたときが結婚するベストなタイミング!

中距離恋愛を続けていれば、いずれ彼氏との結婚を考えるでしょう

ただ、中距離とはいえ、お互いに離れた場所で生活をしていると、なかなか結婚をするタイミングが見つからなくて、ずるずると中距離恋愛を続けてしまっているのではないでしょうか。

そもそも結婚は、何らかのきっかけが必要であり、きっかけを自分たちで作らなければ、いつまで経っても2人の関係を進展させることができません。

中距離恋愛カップルの場合であれば、中距離恋愛に終わりが見えたときが結婚に進むタイミングといえます。どちらかの転勤や引っ越しのタイミングで結婚について話し合ってもいいでしょう。

もしくは、思い切って先に結婚の話をしてから、転職や引っ越しを考えてもいいのではないでしょうか。いずれにしても、中距離恋愛を終わらせる方向へ進めば、お互いに結婚を意識することができるはずです。

中距離恋愛カップルが結婚するベストなタイミング 関連記事

ポイントを抑えて中距離恋愛を成功させよう

中距離恋愛の基準や距離、中距離恋愛を成功させるポイントやNG行為を中心に紹介しました。

中距離恋愛をうまく続けるためには、ポイントを抑えることが大切です。連絡や会う頻度、やってはいけないNG行為を理解して、中距離恋愛を成功させましょう。

関連記事
遠距離恋愛中の彼氏と長続きしたい!結婚まで辿り着くための付き合い方

遠距離恋愛中の彼氏と長続きしたい!結婚まで辿り着くための付き合い方

遠距離恋愛中に不安になったときの対処法&長続きさせるコツ

遠距離恋愛中に不安になったときの対処法&長続きさせるコツ

顔も知らない...会ったことない人との遠距離恋愛を続かせるコツ

顔も知らない...会ったことない人との遠距離恋愛を続かせるコツ

遠距離恋愛でも大丈夫!ベストな会う頻度&長続きのポイント

遠距離恋愛でも大丈夫!ベストな会う頻度&長続きのポイント

関連キーワード

おすすめの記事