前兆はある?付き合ってからプロポーズまでの期間とは?

付き合ってからプロポーズまでの期間は、カップルによってさまざまですよね。

そうはいっても女性にとってはプロポーズは特別なもの、時期やシチュエーションなど気になっている人も多いのはないでしょうか。

ここではプロポーズされるきっかけ作りやタイミングについてご紹介します。

付き合ってからプロポーズまでの期間は?

もっとも多いのは「1年以上2年未満」

お互いに結婚を意識するのは、一般的には付き合ってから1年を過ぎる頃といわれています。理由としては「1年付き合えばお互いのたいていのことは理解できるから」ということがあげられます。

四季を通して相手のいろいろな面を見ることで、これからの人生を共に歩んでいけるパートナーなのかを判断するようです。

早い人だと「半年以内」

「半年以内」という理由の人は、付き合う前から知り合いで、お互いのことをよく知っていたということが多いです。趣味や性格をよく知っているので、相手のことを知る期間がそれほど必要ではなく、プロポーズまでの期間が短くなるようです。

ほかには、シンプルに「この人と結婚したいと思ったから」という理由の人も多いです。付き合ってから相手の人柄を知って結婚したいという情熱が高まり、一気にプロポーズから結婚までいったというケースもあるようです。

長くなると「3〜5年」

プロポーズや結婚は焦らずにじっくり考えたいという人は、付き合ってから3〜5年の期間を経てプロポーズをするようです。「相手のことをきちんと理解したい」「一生に一度のことなので勢いではプロポーズできない」という慎重派の意見が多いです。

男性がプロポーズを決意するきっかけ

結婚するなら彼女しかいない!と思ったから

価値観や趣味が合う、彼女と一緒にいるとすごく楽しい、どんなときも笑顔を絶やさない彼女が好きでたまらない、などといった彼女の人間性に深く惚れこんでプロポーズをした男性は多いようです。彼女のことを逃したくないという想いがプロポーズを後押しするのでしょう。

節目だったから

どちらかが30歳を迎えたときや、彼女と付き合ってから1年が経ったときなどの人生の節目にプロポーズをする男性もいるでしょう。一つの区切りである30代に突入する時というのは、特に女性は結婚を大きく意識するタイミングです。また、男性は一定の交際期間を経ると結婚を決意するケースが多いといわれています。

友人が結婚したとき

友人や同僚などの周りの人の結婚にプロポーズを意識し始める男性も。身近な人の結婚は「自分もそろそろかな」などと現実味をもって感じられるものです。特に結婚式に参列して友人の幸せな姿を見たときには、結婚に対しての憧れが芽生えてきます。
さりげなくあなたの友人の結婚話をしてみると、彼もその気になってくれるかもしれません。

プロポーズの前兆はある?

実家に行くことが現実的な話になったとき

わかりやすいプロポーズの前兆は、実家に行くことが具体的に決まったときです。いつか行こうねという曖昧なものではなく「実家に挨拶に行きたい」というセリフや具体的な日程を聞かれたときは、プロポーズが近いと考えて良いでしょう。

仲間に紹介されたとき

付き合ってからは2人でデートをしていたのが、最近は彼の仲の良い友人や同僚が集まる飲み会に参加したり、会社の先輩や後輩に紹介されたりということはないでしょうか。その場合は「結婚するつもりの彼女」として、周囲の人にお披露目されているなんてこともあるかもしれません。
彼の結婚相手として周りの人から好印象を得ることは、彼のプロポーズへの強力な後押しになるはずです。

家族の話をしてきたとき

自分の子供の頃の話や家族の話をしてきたり、あなたの子供の頃の話を聞きたがったりしてきたときは、プロポーズをするに当たってすでに結婚後の生活をイメージしているのかもしれません。彼が自分の家族をあなたに知ってもらいたいと思っている可能性もあります。お互いの家族を知ることで、結婚後の2人の家庭もイメージしやすくなるのではないでしょうか。

早くプロポーズされたい!準備することは?

2人の幸せな将来を想像させる

結婚することで、付き合ってからの今までよりもさらに幸せな未来が待っているということを彼にイメージしてもらうことが大切です。あなたがプロポーズを待っているということを遠回しに伝えて、結婚を意識してもらうように仕掛けてみるのも良いでしょう。まずは2人の幸せな将来を想像させるようなきっかけを、普段の何気ない会話に混ぜてみてください。

家庭的なところをアピールする

昔から「男をつかみたければ胃袋をつかめ」といわれているように、美味しい食事が待つ温かい家庭に帰りたいと思うのが男性心理というものでしょう。また男性は一般的に女性に家庭的な一面や癒しを求めるものです。付き合ってからさらに家庭的になった一面をアピールすることが、プロポーズに向けての大きな一歩になるかもしれませんよ。

プロポーズされたいと意思表示する

彼から早くプロポーズされたいと願っているだけでは、なかなか進まないのが現実です。ですがプロポーズではできれば男性からしてほしいというのが女性心理といえますよね。一般的に結婚のタイミングに女性ほどのこだわりを持たないといわれている男性は、周りの結婚や節目の年齢をプロポーズのきっかけにすることが多いようです。

彼がプロポーズへのきっかけをつかみやすいように、「30歳までに結婚したい」「3年付き合ったら結婚するかを決めたい」というような具体的な期限を伝えてみるのも良いでしょう。

付き合ってからプロポーズされる期間はさまざま!

お互いを信頼し合う気持ちが大切

付き合ってからすぐプロポーズされることもあれば、長い年月をかけてお互いのことをよく知った上でプロポーズされることもあります。プロポーズをされて結婚へと進む上で大切なのは、お互いをパートナーとして信頼し合い、幸せな家庭を築いていくことです。プロポーズを焦る気持ちから、彼の気持ちを忘れるようなことは避けたいものですよね。

人生のタイミングは人それぞれであり、もちろんプロポーズのタイミングも人それぞれです。2人にとって最善の選択ができると良いですね。

関連記事
プロポーズが成功する!タイミングっていつ?
同棲から結婚のベストなタイミング&成功させるコツ
プロポーズを失敗したくない!平均成功率と確率を上げる方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード