彼氏依存をやめたい!恋人に依存してしまう時の治し方

彼氏に依存してしまうのをやめたいと思っていても、実際にやめることができないのが現実です。 やめたいとは思っていても、不安でどんどん重くなって依存してしまいますよね。依存しすぎている自分にイラつきますし、何より辛いものです。 この記事では、彼氏に依存しやすい女性の特徴や依存をやめられない原因、そして彼氏依存症を克服するための具体的な方法をお伝えします。 また。彼氏への依存から抜け出した女性のエピソードも紹介します。今は辛いかもしれませんが、彼氏依存を辞めて自立した女性の仲間入りをしましょう!

彼氏への依存度をチェックしよう

彼氏との関係に不安を感じたり、イライラすることが多い人は、もしかすると彼氏依存かもしれません。

そこで、自分の彼氏依存度をチェックしてみましょう。1つでも当てはまったら彼氏依存の可能性が高いです。

1:何よりも彼氏を優先している

彼氏と遊ぶために仕事を休んだり、友達との約束をドタキャンしたりと、何よりも彼氏を優先させている場合は、彼氏に依存していると思われます。

2:彼氏にNOといえない

深夜に「会いたい」といわれて渋々彼氏の部屋へ行ったり、要求されるがまま高価なプレゼントを贈ったりと彼氏にNOといえない場合は、彼氏依存と思われます。

「彼氏に嫌われたくない」という思いから、無理なお願いを思われないのであれば、ほぼ彼氏への依存度が高いといえるでしょう。

3:常に彼氏の行動が気になっている

彼氏がどこにいるのか、誰と何をしているのを常に気にしている場合も、彼氏依存といえます。交通事故やトラブルに巻き込まれるなどの心配ではなく、浮気をされたくない不安が強すぎるのです。

しつこく居場所を確認したり、現場の写真を送るように指示する場合は、かなり彼氏への依存度が高いといえます。

4:LINEの返信がないと不安になる

彼氏が仕事中とわかっているのに、友達と遊んでいると知っているのに、LINEの返信がないことに不安を感じる場合も、彼氏依存が高いといえます。

「本当は仕事ではないかもしれない」「浮気をしているかもしれない」と、彼氏を信じることができないでいるのでしょう。

5:毎日彼氏のSNSのチェックをしている

彼氏がどこで誰と何をしているかを気にするあまり、毎日何度も彼氏のSNSのチェックをしている場合は、彼氏への依存が相当高いといえます。

ある意味、彼氏の浮気調査や、彼氏に気がある女性がいないかを調べているのでしょう。

6:恋愛以外がうまくいっていない

彼氏の休日に合わせて仕事を休んだり、友達の誘いを断りすぎて相手にされなくなったりと、恋愛以外がうまくいかなくなる場合は、彼氏への依存度が高いと思われます。

彼氏に依存しているからこそ、彼氏以外に自分の居場所を持つことができなくなるのでしょう。仕事や友達との関係がうまくいっていない人は、彼氏に依存していると理解しておく必要があります。

7:突然彼氏のことで不安になる

仕事中であろうと、友達といるときであろうと、突然彼氏のことで不安になる場合も、彼氏依存症の可能性が高いといえます。

自分に自信がないうえに、自分の感情をうまくコントロールすることができないのかもしれません。彼氏以外のことに集中する力を身に付ければ、彼氏に依存することもなくなるはずです。

8:彼氏に愛されている自信がない

「彼氏は私のことが好きなのかな...」と不安に感じている人は多いのではないでしょうか。恐らく自分に自信がないことで、彼氏に愛されていることさえも信じることができないのだと思われます。

彼氏に依存している女性の典型的な特徴です。自分に自信を持たない限り、さらに彼氏依存が酷くなるかもしれません。

9:彼氏の意見がないと自分で何も決められない

友達と遊ぶかどうか、仕事へ行くかどうかさえ彼氏の意見がなければ決断できない優柔不断な女性も、彼氏に依存しやすい特徴があります。

彼氏に依存しているからこそ、自分の意思を持つことができなくなっているのかもしれません。もっと自分らしさを持たなければ、いつまでも彼氏依存から抜け出すことはできないでしょう。

10:友達の意見を聞かない

自分から彼氏に関する悩みを友達に相談したにも関わらず、友達の意見をまったく聞かない女性は、すでに彼氏に強く依存している可能性があります。

彼氏に依存するあまり周りが見えなくなっているのです。自分の彼氏に対する思いを否定されたくないという思いが強く、友達に猛反論しては、友達との関係を悪化させてしまう特徴も見られます。

11:彼氏がいないと生きていけないと思っている

「彼氏がいないと生きていけない」と考えている女性は、相当彼氏に依存しているといっても過言ではありません。

彼氏を中心に生きているのはもちろんですが、彼氏に振られたときのことを想像しては、彼氏を束縛したり、一緒にいる時間を増やしたりと、どんどん依存度を強めていると思われます。

愛情と依存の違いを理解しない限り、彼氏に重いと思われてしまうかもしれません。

彼氏依存のチェック項目を紹介しましたが、どれか1つでも当てはまったら彼氏依存といえるかもしれません。今度は、彼氏依存の特徴を次から詳しくみていきましょう。

彼氏依存がやめられない!彼氏に依存する女性の特徴

では、彼氏に依存する女性の具体的な特徴を見てみましょう。自分を客観的に見つめることで、彼氏にどう思われているかもわかるはずです。

特徴1:意思が弱い

彼氏依存の女性は、意思が弱い特徴があります。意思が弱い分、彼氏にNOということができず、渋々ながらも「彼氏に嫌われたくない」という思いで何事もOKしてしまうのです。

ただ、なんでも彼氏のいう通りにしていては、彼女でありながら都合のいい扱いをされかねません。相思相愛でいるためにも、自分の意思をきちんと伝えていく必要があります。

特徴2:何でも彼氏好みに合わせてしまう

ファッションや趣味など、何でも彼氏好みに合わせてしまうのも、彼氏に依存する女性の特徴といえます。彼氏色に染まることで、もっと好きになってもらおうと考えているのです。

彼氏の好みに合わせることが悪いわけではありませんが、自分の好みと違うことにストレスを感じたり、そもそも自分らしさを失くして彼氏に飽きられるかもしれません。

特徴3:彼氏の発言や態度に敏感

彼氏に依存する女性は、彼氏に可愛いといわれて喜んだかと思えば、彼氏に手繋ぎを断られて酷く落ち込んだりと、彼氏の発言や態度に一喜一憂する特徴がみられます。

女性にとって彼氏の存在がすべてであり、何ものにも変えられません。彼氏の心意を確かめることなく、自分勝手な思い込みで判断をするため「私のことが嫌いになったんだ…」「もしかして浮気をしているかも…」とマイナスに考えてしまうのです。

特徴4:彼氏に尽くしすぎる

彼氏にお願いをされたわけでもないのに、部屋の片付けや手料理を振る舞ったり、深夜の呼び出しに応じたりと、彼氏に尽くしすぎるのも依存度が高い女性にみられる特徴です。

彼氏に尽くすことで、自分への思いを繋ぎ止めようと考えているのでしょう。ただ、お金も時間も体さえも彼氏に提供していれば、都合のいい相手になりかねません。尽くすことが悪いわけではありませんが、やれること・やれないことの線引きをするべきといえます。

特徴5:重いといわれて振られることが多い

そもそも彼氏に依存をする目的は、自分の不安や寂しさを紛らわすためや、自分の存在意義を確認するためと考えられます。

ただ一方で、依存される側の彼氏は、ストレスや息苦しさを感じることになることが多いです。そのため、彼氏依存の女性は、過去の恋愛でも気持ちが重いという理由で振られている傾向がみられます。

毎回、重い・鬱陶しい・疲れたを理由に振られている方は、今の彼氏との付き合い方を見直すべきかもしれません。

友達いないと彼氏依存になりやすい?

友達が彼氏しかいないと彼氏依存になりやすい

実は、彼氏に依存をしやすい女性は、友達が少ないという特徴がみられます。人付き合いが苦手なのか、彼氏に依存するあまり友達との関係を疎かにするのかは人それぞれですが、いずれにしても友達がいない・友達が極端に少ないのです。

ただ友達がいなければ、彼氏が生活のすべてになってしまいます。彼氏以外に居場所がなく、彼氏に関する悩みや不安を吐き出すことができません。次第に「彼氏がいれば友達はいらない」という考えが生まれてしまうようです。

彼氏に依存をしてしまう原因

彼氏に依存する女性の特徴を解説しましたが、そもそもどうして彼氏に依存するのでしょうか?彼氏依存をやめるためにも、彼氏に依存する原因を見てみましょう。

彼氏に依存する原因1:自分に自信がない

自分に自信がないからこそ、彼氏に依存をしているのかもしれません。彼氏に求められること、必要とされることでしか自分の存在意義を見出すことができなくなるのです。

彼氏の発言や態度に一喜一憂して、不安定な精神状態になってしまうのは、自分の自信のなさが大きな原因といえます。

彼氏に依存する原因2:恋愛にトラウマがある

過去の恋愛で浮気をされたり、彼氏に裏切られたトラウマによって、彼氏に依存するケースもあります。

本来であれば、きちんと彼氏に向き合うべきなのですが、彼氏ではなく「男性は浮気をする生き物」「彼氏もいつ私を裏切るかわからない」という男性の括りで見てしまっているのです。

男性不信といってもおかしくなく、恋愛で傷つかないための防衛反応として依存をしてしまっていると思われます。

彼氏に依存する原因3:寂しさの紛らわし方を知らない

誰にでも彼氏との関係において、寂しさや不安を感じる瞬間があるでしょう。本来であれば、友達と遊んだり友達に悩みを相談することで気持ちを整理するものです。

ただ彼氏に依存する女性は、友達が少ないうえに自分らしくいられる場所がほとんどありません。常に寂しさや不安を抱いており、なおかつ寂しさや不安をかき消す手段が彼氏に限られています。その結果、彼氏に依存をしてしまうのです。

彼氏依存症から抜け出すための心構え

これからも彼氏とうまく付き合っていきたければ、依存をやめることが大切です。ただ、彼氏依存をやめるためには、きちんと心構えをしておく必要があります。そこで今度は、彼氏依存症から抜け出すための心構えを見てみましょう。

同棲の場合は1人の時間を大切にする

同棲中の彼氏に依存している場合は、1人の時間を大切にしましょう

友達との時間を大事にしたり、趣味の時間に没頭したりと1人の時間を充実させることによって、彼氏に対する不安を和らげることができるはずです。

また、1人の時間を大切にするほど彼氏を意識する頻度も減りますので、依存を抑えることに繋がります。

彼女であることに自信を持つ

彼氏の気持ちを繋ぎ止めるため、自分の存在意義を確立するために彼氏に依存している人もいるでしょう。

ただ、あなたは男性の彼女であり、周りにいる女性とそもそもの立場が違うのです。

もっと彼女であることに自信を持てば、彼氏のことばかり考える状態から抜け出すことができるでしょう。

遠距離の場合は彼氏を信用する

遠距離恋愛中は、お互いの姿を目で見ることができません。だからこそ、より強く彼氏を信用して付き合っていく必要があります

「彼氏が浮気をしたらどうしよう」「彼氏の気持ちが離れたらどうしよう」と不安に感じる気持ちはわかりますが、彼氏を信用していれば、しつこくLINEをしたり、彼氏のSNSのチェックをしたりと依存することがなくなるでしょう。

彼氏を信用しつつ、遠距離の不安や寂しさをしっかり対処することを心がけてみてください。

彼氏依存をやめたい!克服する方法

これまで、彼氏に依存する原因や、彼氏依存をやめるための心構えをお話しできました。では、いったいどのようにして浮気依存をやめたらいいのでしょうか?

今度は、彼氏依存を克服する方法を見てみましょう。

彼氏依存を克服する方法1:依存と愛情の違いを理解する

彼氏依存を克服したい人は、依存と愛情の違いを理解しましょう。そもそも愛情とは、見返りを求めない感情のことであり「彼氏のことが好きだから何かをしてあげたい」と思う気持ちを指します。

一方で依存とは、見返りを求める感情のことです。彼氏に愛されるため、彼氏に幸せにしてもらうために、尽くすことを指します。

一見すると、依存と愛情はとても似ていますが、まったく異なる感情です。依存と愛情の違いがわかれば、彼氏依存を克服することができるでしょう。

彼氏依存を克服する方法2:彼氏以外で楽しみを見つける

彼氏との関係は大切ですが、恋愛だけが人生ではありません。仕事も友達との関係も存在しており、すべての物事にきちんと向き合うことによって、本当の意味での幸せを手にすることができるのです。

また、仕事や友達との時間が充実すれば、彼氏のことばかり考えていた日常から抜け出すことができるでしょう。彼氏だけに時間もお金もかけることなく、もっと自分らしく楽しく過ごすことができるようになるはずです。

彼氏依存を克服する方法3:自分磨きをして自信をつける

自分磨きをして自信をつけることができれば、自然と彼氏への依存をやめることができるでしょう。

そもそも、彼氏に愛されたくて依存をしているわけですから「彼氏のために綺麗になろう」と前向きに考えるだけで、どんな努力でもできるはずです。

彼氏に愛されるためにやった自分磨きが、いつしか自分の自信へと変わり、彼氏の影響ではなく自分の意思で物事を決められるようになるでしょう。

彼氏依存を克服した女性が実践した治し方はコレ!

彼氏依存症を克服することは難しいため、これまでに辛い思いをしてきた人は多いでしょう。しかし、実際に彼氏依存から抜け出している女性はたくさんいます

以下の体験談を読んで、彼氏依存症を克服する方法や、彼氏依存をやめる勇気をもらいましょう。

体験談1:愛と依存の違いを知って彼氏依存を克服しました

20代 女性

私のことを心配してくれた友達によって、依存と愛情の違いを教えてもらいました。そのおかげで彼氏依存を克服することができて、今は彼氏と楽しく付き合うことができています。

彼氏への愛情と思ってやってきたことが依存だと気づいたときは、本当に驚きました。また同時に、どれだけ彼氏に辛い思いをさせていたのかを知ることもできました。

これからは、本当の愛を彼氏に注いでいきたいと思います。

体験談2:自分磨きをして彼氏依存から抜け出しました

20代 女性

これまでは、彼氏に必要とされることでしか自分を認めることができませんでした。ただ、自分磨きをするうちに心も体もすっきりして、仕事や自分の時間を楽しめるようになりました。

彼氏にしつこくLINEをすることも、彼氏のペースで付き合うこともなくなり、より自分の幸せを考えられるようになりましたね。

彼氏依存をやめたらメリットがたくさんある!

彼氏に依存する原因や、彼氏依存から抜け出すための心構え、彼氏依存を克服する方法を中心に紹介しました。

彼氏に依存をしていても、本当の意味で幸せになることは難しいでしょう。しかし、彼氏依存をやめたらメリットがたくさんあります。

いつまでも彼氏とラブラブでいるためにも、彼氏依存症を克服してくださいね。

関連記事
彼氏依存ってどこから?依存度チェック&やめる方法

彼氏依存ってどこから?依存度チェック&やめる方法

彼氏依存で別れたくない!依存から簡単に抜け出す方法

彼氏依存で別れたくない!依存から簡単に抜け出す方法

好きすぎるから束縛っておかしい?束縛・依存と好きの違い

好きすぎるから束縛っておかしい?束縛・依存と好きの違い

関連キーワード

おすすめの記事