人を好きになる瞬間はいつ?恋する女性心理&男性心理

「いつから好きになったの?」こう聞かれてハッキリと明確に答えられない人は多いのではないでしょうか?最初は興味がなかったのに気づいたら恋をしていたり、ただの男友達(女友達)だと思っていた人をいつの間にか好きになっていたり…なんてことがあると思います。そもそも今、自分は恋愛感情としてあの人のことが好きなのか否か分からない人もいると思います。 そこで今回は人を好きになる瞬間やきっかけを男女別でまとめました!好きになる瞬間がわかれば自分の気持ちを確かめられますし、好きな人の気持ちも分かりやすくなります!

男女別で共通する好きになる瞬間

好きになるときというのは実は特徴があります。まずは男女共に共通する好きになる瞬間をまとめました。

価値観が合ったとき

趣味や仕事についての話をしたときに、同じ価値観を持っていると感じた瞬間に好きになりやすいです。

どんなに好きな人でも価値観のズレが生じると相手への不満が増えたり、我慢をすることが増えて別れるカップルが多いです。しかし、価値観が同じだと自分の素をさらけ出しやすく、会話も盛り上がりやすいので好意を抱きやすいのでしょう。

ギャップを感じたとき

ギャップ萌えという言葉があるように、普段とは違うギャップを感じたときは恋に落ちやすくなります。

たとえば会社ではクールな印象のある人が、話してみたらすごく笑顔が素敵な人だったなどです。「クール=冷たい・怖い人」とマイナスな印象をもっていたけれども、「本当は優しくていい人」とプラスな印象になるので、惹かれやすいのでしょう。

関連記事
ギャップを武器に!モテるギャップの特徴とは?

ギャップを武器に!モテるギャップの特徴とは?

別れるときに寂しいと思ったとき

同じ時間を過ごして別れる時間になったとき、寂しい気持ちになったのならそれはもっと一緒にいたいからです。もっと一緒にいたいのは好きだからですよね。

友達の場合も、もっと一緒にいたいと思うときがありますが、その思いが強く、わがままを言いたくなるほど一緒にいたいと思うのなら、恋の可能性があります。

楽しい時間や貴重な時間を過ごせるほど、寂しい気持ちになりやすく、好きという感情が芽生えやすいです。

気づいたら相手のことばかりを考えているとき

気づいたら相手のことばかりを考えているのは、それだけ気になっているからです。四六時中彼のことばかりを考えているなら好きなのでしょう。

一緒に過ごした時間を何度も思い出したり、今度一緒にこんなことをしたいなと妄想をしたり、時には今誰といるんだろうと嫉妬や不安な気持ちになるのなら好きなのでしょう。

女性が男性を好きになる瞬間

では続いて、女性特有の好きになる瞬間についてをまとめました。女性が男性を好きになるきっかけには特徴があります。思い当たることがあるのではないでしょうか?

ご飯を美味しそうに食べているとき

ご飯を口いっぱいに詰め込んで食べている姿が小動物のようで「可愛いな~」と好きになってしまいやすいです。

また家庭をイメージしたときに「自分の手料理も美味しく食べてくれそう」と好印象を持つのです。2人で生活をすることになったときに食事は欠かせないので、男性を好きになるポイントとなるのでしょう。

外見がタイプでかっこいい

やはりイケメンは好きになってしまいやすいですよね。でもイケメンといっても人それぞれ好みがあり、少なからず理想の異性の好みがあると思います。

女性の場合は、背が高い・塩/ソース顔・細マッチョなど細かな理想を持っている人が多いです。完璧なイケメンよりも程よいイケメンのほうが好きになりやすいです。

助けてくれて、頼れる!と思ったとき

落ち込んでいるときに「大丈夫?俺にまかせて」と、助けに来てくれた瞬間に恋に落ちやすいです。

女性の多くは本当は甘えたい・頼りたいという気持ちがあるので、優しく声をかけれたら「この人だけが理解してくれる」と好意を持つのです。素直になれない女性にとって、すぐに助けてくれる男性は特別な存在になれるでしょう。

頑張っている姿を見たとき

仕事を熱心に取り組んでいる姿や、スポーツに熱中している姿を見ると好きになってしまいやすいです。

何かに熱心に取り組んでいる姿は、キラキラしていて一段とカッコよさが増して見えるのです。また、真剣な眼差しや汗をかきながらも頑張っているところを見ると、男らしくて魅力的にうつるのでしょう。

相手の好意を感じたとき

女性の多くは追いかけるよりも追いかけたいと思います。そのため、好きになってくれる人が好きになりやすい傾向があります。最初はタイプでなかった人も、相手からアプローチをされたら好きになるときがあります。

低い声で囁かれたとき

電話越しに低い声で囁かれると、グッと男らしさを感じてドキドキすることはないですか?男性の低い声が好きな女性は多く「重低音が心地よい」「色っぽくてドキッとする」と感じるようです。

また低い声は耳に残りやすいので、つい相手を意識してしまい恋に落ちてしまうのかもしれません。

男性が女性を好きになる瞬間

続いて、男性が女性を好きになる瞬間についてまとめました。これさえ知っていれば、好きな人を振り向かせることができるかもしれません。

他の男性の話を聞いて嫉妬したとき

自分の嫉妬心からやっと恋していることに気づく男性がいます。他の男性の話や、他の男性と仲良くしている姿を見て「なんかムカつく!あいつにとられたくない」という気持ちになるのです。

他の男性の話をしたとき、ちょっと機嫌が悪そうだった場合は脈ありかもしれません。

かわいいと思ったとき

やはり男性はかわいい人を好きになりやすいです。かわいいというのは顔や外見だけではありません。無邪気だったり、少しドジだったり、話し方や仕草などでかわいいと思われるときもよくあります。

逆に見た目がかわいくても、だらしなかったり不潔だと、一瞬でブサイクだと思われるときもあります。

無邪気な笑顔を見てキュンとしたとき

一緒に話しているときや会社ですれ違ったときにふわっと無邪気な自然な笑顔を向けられたとき、癒しを感じて好きになるときがあります。笑顔は可愛く見せる最強の武器なのです。

特に真面目な印象を持たれやすい人からの笑顔はギャップがあって、自分しか知らない表情だと特別感もありいいでしょう。とくに目をくしゃっとした笑顔は、子供のように可愛く守ってあげたいと思ってくれるでしょう。

自分のために行動してくれたとき

男性にとって女性から何かをしてもらうことは貴重です。ご飯を作ってくれたり、困っているときに助けてくれたり、自分のために行動をしてくれたとき、男性は惚れやすくなります。

ただしやってあげすぎると当たり前になってしまい貴重感がなくなってしまうので、彼のために行動をするのは程々にするのが良さそうです。

優しくされたとき

こちらが相手に何かしたわけではないのに、優しくされた瞬間に好きになってしまう男性は多いようです。

仕事で疲れていたときに「いつもお疲れ。これ差し入れだよ」と言われたら、本当に優しい人だなと惹かれます。優しいだけじゃ魅力にならないと思うかもしれませんが、無条件の優しさは男性のハートを射止めるでしょう。

肌と肌が触れ合ったとき

「下心が見えすぎじゃないの?」と思いますが、肌と肌が触れ合った瞬間に男性はドキッとし、その気持が恋愛感情になりやすいです。

ふと手と手がぶつかったり、肩があたったりしたときドキッとしますよね。その心臓がドキドキしている感覚が恋をしているときと似ているので、勘違いして惹かれてしまうのかもしれません。

ただ一歩間違えると、そのドキドキは性的な方に進んでしまうときもあるため、さりげないボディタッチがポイントです。

いい香りがしたとき

香りというのは記憶に残ります。すれ違ったときにいい香りがふわっとし、その香りを思い出すたびに香りがした人も同時に思い出します。

いい香りだと何度も思い出すので恋に惹かれやすいです。香りは強いものでなく清潔感があるものが特にいいです。いい香りだと印象自体もよくなります。

また、柔軟剤や香水以外に本能的に相性のいい匂いを嗅ぎ分ける力も人間はもっているそうです。遺伝子のなるべく遠い男性をいい匂いと感じて、本能的にその男性を好きになってしまうのです。

フェロモンは女性ホルモンや男性ホルモンから作り出されます。

本来ホルモンは体内機能を正常化させるためのものですが、それが微量ながら体外に放出されたものがフェロモンです。

出典:www.statusparty.jp

恋に落ちるまでの女性心理

STEP1:相手を知る

女性の多くは好きになるまでに時間がかかります。第一印象で「カッコイイ!素敵!タイプかも!」と思っても、まだ恋に落ちているわけではありません。

女性は比較的に男性よりも保守的です。そのため「この人、本当に大丈夫かな?」と好きになる前にまずは相手を知ろうとします。

STEP2:だんだんと恋愛感情を抱く

相手を知っていくうちにだんだんと恋愛感情が芽生えていきます。この段階で何か嫌なことがあって一気に冷めることもありますが、そうでなうなら「私は彼のことが好きなのかも…」と考えるようになります。

「この人素敵だな」と思っていたのから「付き合ったら楽しそうだな!」「どういう人が好きなのかな?」と相手のことをさらに知りたくなるし考えるようになります。

STEP3:恋に落ちる

会ったときやLINEなどで何か一つドキッとすることが起きて、本格的に恋に落ちます。いきなり恋に落ちるというよりも「やっぱり彼がいいわ!私この人が好き!」とだんだんと大きくなってきた恋心を確信するようなかたちで恋に落ちます。

STEP4:自分を知ってもらおうとする

最初はガードをしていたのから、恋に落ちたら「もっと私を知ってほしい!もっと一緒にいてほしい!」という女性心理が働きます。

女性はなかなか本音を言うことができません。ですが気持ちが伝わると、ついニヤニヤしてしまうほどとても嬉しいのです。

恋に落ちるまでの男性心理

STEP1:異性を意識する

だんだんと好きになる女性と比べて、男性は恋に落ちるのが早い傾向があります。まずは、この人は恋愛対象になるか否かを見ていることが多いです。

マッチングアプリでは男性がリードをとることが多いのも、そういった最初からノリがいいのが比較的に男性のほうが多いからのようです。

STEP2:急に好きになる

恋愛対象になると判断した場合、男性はすぐに好きになります。男性にとっての女性が好きだと気づく瞬間はこのときです。

好きになると同時に無意識に性的な気持ちも湧き上がりやすいです。男性から積極的にアプローチをされるのが多い理由は、女性よりも恋に落ちるのが早いのと、そういった3大欲求である性欲が絡んでいるからです。

じっくりと相手を知ってから好きになる女性と比べて感覚的なところがあるため、熱が一気に冷めることもよくありますし、また性的に「ヤりたい」という気持ちだけが先行してしまうこともあります。

「付き合う前にセックスはやらないほうがいい」とよく言われているのは、そういった性的な「ヤりたい」感情を先行させないためなのかもしれません。

好きになるきっかけエピソード

男友達(女友達)にドキッとすることをされた

20代 学生

ただの友達だと思っていたのに、2人っきりでいる時に急にじっと真顔で見つめられて「俺のことどう思う?」って言われました。

本当に急だったので、何も答えられなくて「どうって…」なんて曖昧に答えてしまいましたが、そこから彼がただの友達として見れなくなりました。彼も私のことを、友達以外の関係で意識しているような気がします。

職場の上司のプライベートを見て

20代 OL

私は社内恋愛なんて無縁だと思っていたのですが、上司と帰り道が一緒だったので帰っていたとき、上司がプライベートの過去の話をしてくれました。

それまで上司を全く恋愛対象として見たことがなかったのですが、プライベートの話を聞いたら上司の考え方がとてもカッコイイなと思ってしまい、男性として意識をもつようになりました。

今は仕事をしている姿も、コーヒーを飲んでいる姿もかっこよく見えてしまいます。

セフレ関係だったけど本気になった

20代 男性

しばらく彼女はいらないと思っていたので、割り切ったセフレ関係の人がいました。関係は半年以上続きます。

「この人は恋人対象ではないな…」とずっと思っていたのですが、セフレ関係の人と暇だったのでお昼からデートをしたとき、居心地の良さと癒しを感じて本当に好きになってしまいました。

告白されたら好きになった

30代 女性

全く意識をしていなかったのに…急に告白をされたんです。本当に急だったので断ってしまったのですが、そこから意識をしてしまい私も好きになってしまいました。

今はまだ付き合っていないのですが、2人でよく遊ぶいい感じの関係です。

年下の後輩を好きになった

30代 女性

バイトとして働いている年下の男の子を好きになってしまいました。私は年上だし、先輩だったので気を張っていたのですが、とても優しくて素直に私に接してくれて…

最初は弟のようで可愛いと思っていたのですが、だんだんと本気で好きになってしまいました。

恋愛感情に気づいたら恋の始まり♡

男女で好きになる瞬間というのは、似ているようで違うのがわかったと思います。女性が男性を好きになるポイントは時間がかかること、男性はすぐに恋に落ちるということです。

恋に落ちる瞬間を意識して、ぜひ今の甘酸っぱい恋を楽しんでください。

関連記事
男性が女性を好きになる瞬間って?惚れさせるテクニック

男性が女性を好きになる瞬間って?惚れさせるテクニック

なぜ急に!?好きじゃない人を好きになるきっかけとは?

なぜ急に!?好きじゃない人を好きになるきっかけとは?

既婚者男性を好きになる女性の特徴5つ!相手の心理は?

既婚者男性を好きになる女性の特徴5つ!相手の心理は?

関連キーワード

おすすめの記事