セフレが他の女の存在を隠す!教えてくれない男性心理

セフレと割り切って付き合っているなら、相手の個人情報を収集しようとするのは間違いです。

詮索は男性にとってストレスですので、親や正式な彼女など、義理がある関係の人に渋々答えるのが精一杯なのです。

彼の秘密が気になってしまったら、いったいどうすべきなのでしょうか。

ここでは、他の女のことを教えてくれないセフレの男性心理や、嫉妬を抑える方法などをご紹介します。

他の女がいるセフレの特徴

特別なイベントの日は会えない

セフレに他の女がいると、クリスマスや特別なイベントの日は会えないことが多いようです。

誕生日は人それぞれ日程がズレていますが、1年に1度のイベントは他の女に取られているのかもしれません。

また、セフレと毎週末会えない場合は、隔週で他の女に会っている可能性が考えられます。

デートが急でお金のかからないことしかしない

セフレが他の女と会っていると、交際費がかさんでお金がなくなります。

そのため、あなたとのデートはお金のかからないスポットやお店で過ごすことが多くなるでしょう。

また、他の女とのデートがキャンセルになったときに、急に呼び出されて会うことがあるようです。

セフレが他の女を隠す理由とは

セフレに余計な情報を与えて妨害工作されたくないから

セフレが他の女の存在を隠すのは、あなたに余計な情報を教えて彼女との仲を妨害されたくないのかもしれません。

もしいまはとくに邪魔するつもりがなくても、今後セフレと喧嘩したときに、報復として彼女にセフレの存在を明かされる危険性があります。

本命彼女とは微妙な時期だから

セフレが他の女の存在を教えないのは、彼女のことを考えたくないからでしょう。

彼女とうまくいっていないと、自分が格好悪い状況を晒すことになるため、なにもいいたくないのかもしれません。

あまり追求すると彼にうざがられる危険性がありますので、追求はほどほどにしましょう。

他の女の存在を言わない男性心理

セフレには自分の情報を知られたくない

男性はセフレに非日常の癒しを求めていますので、他の女の話をして現実に戻りたくないのかもしれません。

また、セフレには自分の情報をにぎられたくないと感じている男性は多く、無責任なセックスをする場合があるので気をつけましょう。

余計な詮索をされたくない

基本的に男性は、自分のことをあまり話したがらないものです。

セフレが他の女の存在を隠すのは、余計な詮索をされたくないのでしょう。

1度気軽に話してしまうと、根掘り葉掘り聞かれて面倒ですので、はじめからまったく答えないことで暗に「聞くなよ」とアピールしているのです。

セフレに嫉妬してしまう!対処法

嫉妬していいことはない!百害あって一利なしと心得る

セフレが他の女と会っているからといって、セフレ関係を認めている間柄であれば口出しはできないでしょう。

女性と男性は考えかたがちがうので、嫉妬すると女性は喜びますが、男性は迷惑に感じます。

あなたは嫉妬で愛情を伝えているつもりでも、彼は攻撃されていると思い込むのです。

セフレ関係で嫉妬すると、彼のなかで「そろそろ別れどきかな?」と冷めるきっかけになりますので注意しましょう。

不安やわがままを抑える努力をする

セフレ関係で他の女に嫉妬するのは、彼が彼女1本に決めてあなたとの関係を解消しようとする可能性を感じて不安になるからかもしれません。

もし彼を独占したいのなら、振られる覚悟で告白するしかないでしょう。

セフレの男性は、セフレ相手の女性に本気で惚れ込んでいる人が多く、振られるのが嫌でクールに付き合っている場合があるといわれています。

もし告白すれば、正式彼女になれる可能性はゼロではないでしょう。

本命彼女に昇格できる可能性は?

セフレに他の女の影がみえると、嫉妬していろいろ聞き出したくなることはあるでしょう。

それはつまり、あなた自身がセフレ男性をセフレ以上の存在だと感じている証拠です。

男性は女性として魅力を感じていない相手とは体の関係になりませんので、彼女になれる可能性はあるようです。

ただし、面倒を避けたい男性は正式な彼女を作りたがらない傾向がありますので、彼がどんな性格の人間かよく見極めて対応しましょう。

関連記事
セフレに彼女できたのがショックすぎる…立ち直るには?
セフレの関係は恋愛感情を持ってはいけないの?振り向かせる方法
セフレを複数人作る男性心理って?本命になるチャンスはある?

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード