自然消滅の期間とは?音信不通になったときの判断基準

彼氏と音信不通になると、「もしかして自然消滅するのかな…」と不安に思うでしょう。中には、彼氏と喧嘩になって1年以上連絡ないケースもあるようです。 恋人と音信不通になった場合、どれくらいの期間から自然消滅といえるのでしょうか。 カップルの自然消滅が成立する期間や、別れたと判断する基準について紹介します。

音信不通から自然消滅と言える期間はどれくらい?

恋愛の自然消滅と呼ばれる期間は2週間〜1ヶ月

恋人との関係を終わらせる方法の1つに、自然消滅があります。自然消滅とは、きちんと別れ話をすることもなく、相手の理解を得ることもなく、音信不通から関係を終わらせる別れ方です。

自然消滅の期間としては、約2週間〜1ヶ月ほど音信不通になった場合とされています。もちろん明確な基準はなく、カップルそれぞれの関係性によっても、自然消滅の期間は異なります。

自然消滅という別れ方は、なんとも後味が悪い気がしますが、案外自然消滅をしているカップルは多いようです。

遠距離恋愛で自然消滅と言える期間は?

自然消滅をしているカップルのなかでも、とくに遠距離恋愛カップルに多く見られます。もちろん遠距離恋愛で自然消滅といえる期間も、明確に決まっているわけではありません。

ただ遠距離恋愛の場合は、気軽に会えないこともあって、愛情や信頼を深めたり、相手に寂しさや不安を感じさせない思いやるためにも、密に連絡をとりあう必要があります。

このことから、遠距離恋愛で自然消滅といえる期間は、通常よりも短い期間といえるでしょう。目安としては1〜2週間音信不通の状態が続けば、自然消滅といってもおかしくないといえます。

自然消滅と言える判断基準

平均的な自然消滅の期間がわかったとはいえ、性格に自然消滅と判断するのは難しいですよね。そこで今度は、パターン別でみる自然消滅の判断基準を見てみましょう。

すべての連絡手段をブロックされている

一般的なカップルの場合、2週間〜1ヶ月ほどが自然消滅と判断できる期間といえます。ただ、その間に電話を着信拒否されたり、LINEやSNSのブロックをされていれば、自然消滅をしたい意思表示といえるでしょう。

一方的にLINEを送るのではなく、電話をかけてみたり、LINEをブロックされているかの確認をしてみるといいかもしれません。

遠距離カップルの場合、何度連絡をしても音沙汰がない

遠距離カップルの場合、1〜2週間ほどが自然消滅と判断できる目安の期間といえます。ただ、遠距離恋愛だからこそ、1日でも恋人と連絡がつかなければ、不安を感じて電話やLINEを繰り返し送るはずです。

しかし、何度連絡をしても音沙汰がなければ、自然消滅を狙っていると考えられます。遠距離というすぐに会えない状況を活かして、早い段階であらゆる連絡手段をブロックする可能性も高いといえるでしょう。

「恋人と連絡がつかない」と思った時点で、すぐに着信拒否やブロックをされていないかの確認をしてみてください。

会うことができる場合、無視をされる・避けられる

一般的なカップルのなかでも、同じ学校や職場で顔を合わせる環境にいる人も多いはずです。

日頃から恋人と会えるわけですから「どうしてLINEに返事をしてくれないの?」といえると思います。ただ自然消滅を狙っている場合は、無視をしたり、露骨に接触を避ける傾向が見られるはずです。

恋人から無視をされたり、避けられるのであれば、高い確率で自然消滅をしたいと思っていると判断できます。

自然消滅する理由・原因とは

音信不通から自然消滅までの期間や、パターン別でみる自然消滅といえる判断基準を紹介しました。しかし、付き合っているのであれば、きちんと別れ話をして関係を終わらせるべきです。

それなのに、どうして自然消滅を選ぶのでしょうか?今度は、自然消滅をする理由や原因を見てみましょう。

自然消滅する理由1:喧嘩をして仲直りができなかったから

恋人と喧嘩をして仲直りができなかったために、自然消滅をするカップルは多いです。喧嘩をした怒りがおさまらなかったり、気まずさから連絡ができなかったりと、いずれにしても恋人と気持ちがすれ違ってしまうのでしょう。

また、喧嘩の相手が恋人だからこそ、意地を張ってしまうのだと思われます。気づけば仲直りをするチャンスを失くして、いつの間にか自然消滅をしてしまうのです。

自然消滅する理由2:遠距離恋愛で連絡をとらなくなったから

遠距離カップルは、異なる環境のなかで生活をしています。生活リズムが合わず、スムーズに連絡をとりあうことは難しいでしょう。

たしかに、せっかくLINEを送っても翌日・翌々日に返事があれば、話したいことも話す気分にならないはずです。また、連絡がこないことを当たり前に感じやすく、加えて会う頻度も限られているため、恋人への気持ちが離れても不思議ではありません。

簡単に会えないという環境をうまく利用して、音信不通から自然消滅をしてしまうのです。

自然消滅する理由3:依存や束縛が激しくて疲れたから

恋人の依存や束縛が激しいと、精神的に疲れてしまいますよね。連絡がないとこで浮気を疑われたり、1日に何度もLINEを強要されていれば、別れたいと考えてもおかしくありません。

しかし、依存や束縛が激しい人に別れを告げても、なかなか受け入れてくれないのです。感情的になって別れ話が進まなかったり、場合によっては自傷行為や暴力で別のトラブルを引き起こすこともあります。

スムーズに別れることができないとわかっているからこそ、徐々に連絡の頻度を減らして自然消滅をしているのです。

自然消滅する理由4:自分から積極的に連絡をとれなかったから

自分から積極的に彼氏・彼女へ連絡ができないことが原因で、自然消滅に至るケースもあります。とくに恋愛経験が少ない人に多く、相手に気を使いすぎたり、どのようなLINEを送ればいいのかわからなくて連絡ができないようです。

自然消滅する理由5:他に好きな人ができてしまったから

付き合っている人がいても、好きな人ができることはあります。他に好きな人ができれば、恋人への気持ちは薄れ別れを決断するでしょう。ただ「好きな人ができたから別れてほしい」といいづらいものです。

別れ話をしなければいけないとわかってはいるものの、別れる理由を考えることが面倒に感じて、自然消滅を狙うケースもあります。

自然消滅のメリット

自然消滅をする理由や原因を解説しました。今度は、自然消滅のメリットとデメリットを見てみましょう。

自然消滅をしたい人も、自然消滅をされそうで不安な人も、気持ちを整理することができるはずです。

自然消滅のメリット1:面倒な別れ話をしなくていい

恋人との別れを考える人にとって、別れ話はとても大変なことだと思います。素直に別れを受け入れてくれない可能性が高く、恋人を説得させるために、時間も精神力もかけなければいけません。

ただ、音信不通から自然消滅をすれば、別れ話をする必要がありません。面倒な思いをすることなく、恋人と別れることができるのです。

自然消滅のメリット2:言い争いを避けられる

恋人が別れに応じてくれない場合、言い争いになることはよくあります。お互いに意見がぶつかり合って、売り言葉に買い言葉で、喧嘩別れになることも多いです。

ただ、自然消滅をして別れ話を回避することができれば、恋人と言い争う必要がありません。そもそも話し合うことをしませんので、別れを引き止められたり、逆に説得することもないのです。

自然消滅をされる側も、冷静に恋人との別れを見つめることができるため、早い段階で気持ちを切り替えることができるでしょう。

自然消滅のメリット3:別れを引き留められる心配がない

「恋人と別れたくても引き止められるのが面倒…」と考えている人は多いのではないでしょうか。

別れを引き止められてしまえば、説得するために、何度も繰り返し同じ話をしなければいけません。時間的にも精神的にも苦痛であり、できるだけスムーズに別れたいと思うはずです。

自然消滅は、別れ話をしませんので、別れを引き止められる心配がありません。自分のなかで「自然消滅をする」「もう二度と恋人に連絡しない」と決めた時点で、すぐに自由になれるでしょう。

今以上に相手を悲しませることも回避できるため、楽な気持ちで前に進むことができるはずです。

自然消滅のメリット4:復縁できる可能性がある

自然消滅は、きちんと別れ話をしているわけではありません。先ほど、自然消滅といえる期間について解説しましたが、人によっては「別れ話をしていないから別れていない」と考えることがあります。

また、別れ話をして言い争うこともありませんので、相手を傷つけることもないのです。

このことから、自然消滅をした側にとっても、逆に自然消滅をされた側にとっても、自然消滅後は復縁できる可能性が高いといわれています。

自然消滅のデメリット

続いては、自然消滅のデメリットを見てみましょう。本当に自然消滅をすべきかを判断できるはずです。

自然消滅のデメリット1:後ろめたい気持ちが残る

正直、自然消滅は後味の悪い終わり方といえます。恋人への気持ちがなくなったとはいえ、きちんと別れを告げないわけですから、後ろめたい気持ちを引きずってもおかしくありません。

場合によっては「ちゃんと別れを告げるべきだった…」と後悔する可能性も高く、かえって前に進すむことができなくなるでしょう。

自然消滅のデメリット2:連絡がとりにくい

別れた恋人に個人的な連絡をすることはないかもしれませんが、同じ職場や学校に通っていれば、連絡が必要な場面も訪れるでしょう。

ただ、自然消滅をしたことによって、連絡がとりづらく、気まずい思いをする可能性があります。もちろん、顔も合わせにくいというデメリットもあるでしょう。

自然消滅のデメリット3:振った相手に嫌われる可能性がある

自然消滅を選んだ場合、しばらくは「どうしてLINEに返事をしてくれないの?」と連絡がくると思いますが、きちんと別れを告げもせず、連絡を無視する態度に嫌気を感じて「こんなに不誠実な人だったんだ。別れて正解だった」と嫌われる可能性が考えられます。

今は「好きではないから嫌われてもいい」と思っているかもしれませんが、もし「復縁したい」という気持ちが芽生えたときに、復縁をすることが難しくなるのです。

たしかに、自然消滅にはメリットがあります。ただ、一方的で無責任な別れ方と思われてしまうことも理解しておきましょう。

自然消滅のデメリット4:別れた原因を解決できない

自然消滅をした後に、復縁したいと思うことがあるかもしれません。ただ、自然消滅の場合は、別れた原因がわからないままです。自分の反省すべきことも、別れた原因を解決することもできないため、復縁することが難しいといえます。

ただでさえ復縁の成功率は低いといわれており、自然消滅をすれば、さらに復縁の可能性をなくすことになるでしょう。本当に自然消滅をするかどうかは、慎重に判断してみてください。

自然消滅するカップルの特徴

自然消滅をしたいと悩んでいる人も、反対に自然消滅をされそうで不安を感じている人も、自然消滅をするメリット・デメリットを理解して、後悔しない判断をしてくださいね。

また、自然消滅をするカップルは、いくつか共通した特徴が見られます。自然消滅について気になっている人は、以下の内容を読んでみましょう。

特徴1:付き合ってすぐにマンネリになる

どのカップルにも倦怠期は訪れますが、付き合ってすぐにマンネリになるカップルほど自然消滅しやすい傾向が見られます。

付き合った期間が短いからこそ、相手に対して誠実に向き合う必要性を感じないのかもしれません。連絡や会う頻度が減り、そのまま自然消滅と繋がっていくようです。

特徴2:お互いに自分の時間を優先している

お互いに自分の時間を優先しているカップルも、自然消滅をしやすい傾向があります。仕事や趣味、友達との時間が充実する分「彼氏・彼女がいなくても困らない」「むしろ彼氏・彼女に使う時間がもったいない」と、恋人の必要性を感じなくなるようです。

特徴3:喧嘩が多い

彼氏・彼女と喧嘩をすることはあると思いますが、喧嘩をした直後は、気まずさから連絡がとりにくいですよね。実は、喧嘩が多いカップルほど「もう付き合うのが嫌になった」「付き合っていくのに疲れた」という理由から自然消滅に繋がりやすいようです。

彼氏・彼女と喧嘩が多いと感じている人は、このままでは自然消滅になるかもしれません。別れを考えていない人は、喧嘩を減らす対策が必要です。

特徴4:連絡や会う頻度が少ない

連絡や会う頻度が少ないカップルは、1人で過ごす時間が長く「彼氏・彼女がいなくても問題ない」という考えに至る傾向がみられます。次第に音信不通となり、結果的に自然消滅になることが多いようです。

ただ、相手を嫌になって別れているわけではありません。きっかけさえあれば、復縁しやすいパターンと考えられます。それでも自然消滅を避けたいのであれば、恋人との時間を増やして、しっかりとコミュニケーションをとっていきましょう。

特徴5:遠距離恋愛をしている

仕方がないことなのですが、遠距離恋愛カップルはどうしても自然消滅をしやすい傾向があります。

会える頻度も限られているうえに、生活リズムの違いからスムーズに連絡をとりあうことも難しいでしょう。また、寂しさや不安といったネガティブな感情を抱きやすく、喧嘩の仲直りもしにくい特徴があります。

これら数々の要因によって、遠距離恋愛カップルは自然消滅しやすいのです。

音信不通からの自然消滅を回避する方法

できることなら自然消滅は避けたいですよね。とくに彼氏・彼女が大好きな方は、何としてでも別れを阻止したいはずです。

ただ、恋人と音信不通になったときは、自然消滅の可能性が考えられます。そこで今度は、音信不通からの自然消滅を回避する方法を見てみましょう。

方法1:直接会いに行く

彼氏・彼女と音信不通になった場合は、できるだけ早めに会いに行きましょう。会いに行けば、きちんと話し合うことができるはずです。

結果的に別れることになるかもしれませんが、自分のなかで別れに納得することができるのではないでしょうか。しっかりと未練を断ち切っておけば、前向きな気持ちに切り替えることができるはずです。

また、恋人の別れたい理由や自分の反省すべき点を理解できるので、復縁に向けて自分のやるべきことがわかるでしょう。難しいといわれる復縁を成功させられるかもしれません。

もちろん、別れ自体を回避できる可能性もあります。

方法2:SNSを活用する

恋人と音信不通になれば、電話をかけてもLINEを送っても音沙汰なしの可能性が考えられます。「もう連絡手段がないから自然消滅したいんだ」と落ち込んでしまうかもしれませんが、まだSNSという連絡手段が残されています。

音信不通の恋人のSNSをチェックすれば、相手の状況を知ることができるでしょう。またSNSのDMを送ることで、何らかのアクションを起こしてくれる可能性があります。

電話やLINEにこだわらずに、あらゆる手段を使って音信不通を回避してみてください。

方法3:周囲の人に協力をお願いする

電話・LINE・SNSなど、あらゆる手段を使っても恋人と連絡がつかなければ、友達に協力をしてもらうのも1つの方法です。

友達から音信不通の恋人に連絡をするように伝えてもらえば、渋々でも何らかの行動をとってくれるのではないでしょうか。

また自然消滅をしたい理由にもよりますが、音信不通は一方的な別れ方といえます。無責任といわれてもおかしくなく、周りの人からの印象もよくありません。

そのため、周りの人からの評価を下げたくなくて、きちんと連絡をしてくれる可能性も期待できるのです。

音信不通からの自然消滅をする方法

先ほどは、音信不通からの自然消滅を回避する方法を解説しましたが、逆に「音信不通から自然消滅をしたい」と考えている人もいるはずです。

そこで、音信不通から自然消滅をする方法を紹介します。

方法1:連絡がきても返事をしない

音信不通から自然消滅をしたいのであれば、何があっても恋人に連絡をしないことです。自分から連絡をするのはもちろんのこと、相手からの連絡にも返事をしてはいけません。

付き合っていたからこそ情が湧くかもしれませんが、本気で別れたいのであれば、連絡をしない覚悟が必要です。

方法2:SNSに充実した私生活を投稿する

恋人に連絡をしない期間に、SNSに自分の充実した私生活を投稿してみましょう。あなたと連絡がつかない恋人は、きっとSNSのチェックをするはずです。

SNSに充実している姿が投稿されていれば「忙しいのかな?」「何かあったのかな?」という心配から「自分と別れたかったんだ」と理解させることができるのです。


連絡をしないだけでは、相手に別れたいと思わせることができません。別れたい意思表示のために、SNSを更新してみてください。

方法3:好きな人がいることを匂わせる


音信不通になったとしても、すぐに自然消滅に繋がるわけではありません。その理由は、恋人だからこそ仕事の忙しさや、事故や怪我の心配をされるからです。

ただ、新しく好きな人ができたことを匂わせれば、恋人に今後の関係を諦めさせることができるでしょう。

SNSに好きな人と撮った写真を投稿したり、身近な人に好きな人がいることを打ち明けて、別れたい恋人の耳に入るようにしてみてください。

「好きな人ができたから連絡を無視するんだ…」と自然消滅を受け入れてくれるはずです。

自然消滅してから復縁するには?

自然消滅について悩んでいる人のなかには、復縁を考えている方もいるのではないでしょうか?

「自分から自然消滅をしたけど復縁したい」「自然消滅をされたけど復縁したい」と、それぞれの悩みを抱えていると思います。

そこで今度は、自然消滅をしてから復縁する方法を見てみましょう。

自然消滅から復縁する方法1:自分磨きをする

自然消滅した側・された側に関係なく、きちんと自分磨きをしておきましょう。どんな別れ方であれ、別れたときから成長していなければ、相手の気を惹くことはできません。

容姿を磨いたり、仕事で結果を残したり、思いやりの心や前向きな考え方を身につけたりと、あらゆる部分で魅力が増せば、別れた恋人が振り向いてくれるはずです。

相当な時間と努力が必要になると思いますが、復縁の成功に向けて自分磨きを頑張っていきましょう。

自然消滅から復縁する方法2:冷却期間後に連絡をする

自然消滅から復縁をしたいのであれば、しっかりと冷却期間を置いてから、音信不通だった元恋人に連絡をしましょう

そもそ冷却期間とは、復縁をするための準備期間です。自分磨きはもちろんのこと、冷静さを取り戻したり、別れた原因を解決したりと、元恋人を振り向かせる努力をしなければいけません。

また、自然消滅をした時点で、2人の信頼関係は壊れています。友達として連絡をとりあう関係に戻らなければ、復縁することは難しいでしょう。

時間がかかると思いますが、冷却期間を置いて自分に自信が持てたと確信できたタイミングで「久しぶり。元気?」と気軽な内容で連絡をしてみてください。

相手の気持ちも落ち着いていると思われますので、気さくに返事をしてくれるかもしれません。

自然消滅から復縁する方法3:友達からやり直す

自然消滅に限らず、復縁できるまでには時間がかかります。そもそも別れた時点で信頼関係が壊れているため、連絡をとりあえたからといって、すぐに復縁できるわけではないのです。

復縁を申し込むまでに、まずは友達として付き合って、少しずつ2人の心の距離を縮めていってください。連絡や会う頻度を増やしたり、悩み相談を受けたりと、友達としてうまくいけば、復縁できる可能性も上がるはずです。

自然消滅しても後悔はしないで!

自然消滅といえる期間や判断基準、自然消滅のメリット&デメリットを中心に紹介しました。

自然消滅をするのも、自然消滅をされるのも辛いと思います。ただ、いずれにしても後悔しない決断をすることが大切です。

衝動的な行動は控えて、慎重になりましょう。

関連記事
許せない!音信不通の最低な彼氏を後悔させる方法

許せない!音信不通の最低な彼氏を後悔させる方法

この卑怯者!音信不通の最低男へのベストな対応とは?

この卑怯者!音信不通の最低男へのベストな対応とは?

音信不通の彼氏に会いに行くのはアリ?どんなリスクがある?

音信不通の彼氏に会いに行くのはアリ?どんなリスクがある?

関連キーワード

おすすめの記事