LINEでの告白が成功するパターン&失敗した場合の対処法

この記事では、LINEでの告白が成功するパターンや、失敗したときの対処法などを体験談つきで詳しくご紹介します。

とある調査では「LINEでの告白はありかなしか」という質問に対して、「LINEでの告白はなし」と答えた人が圧倒的に多く、LINEでの告白は難易度が高いと言えます。

しかし、LINEでの告白が成功するパターンや方法を意識して告白することで、好きな人とめでたく付き合える可能性がグンと高くなります。

「直接告白して振られたらどうしよう…」
「傷つきたくない…」

そんな不安な気持ちから、直接告白する勇気が出ず「LINEで告白したい!」と思うでしょう。

ここでは、LINEでの告白が成功するパターンや方法、成功した人の体験談を紹介します。

好きな人にLINEで告白しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

LINEで告白するのはあり?なし?男女の意見

「やっぱり告白をするなら直接会ってするべき!」
「どんな形であっても好きな気持ちが伝わればいいと思う」

と、人それぞれ告白の仕方に対して考えがあるでしょう。

ここでは、LINEで告白することにどんな意見があるのかを紹介します。

LINEで告白するのがありの意見

20代 女性

告白は、自分の好きな気持ちを伝える行為です。

たとえLINEであっても、きちんと自分の好きな気持ちを相手に伝えられるのであれば問題ないと思っています。

実際に、今の彼氏にLINEで告白をしてOKしてもらいました。

LINEでの告白をありと考える女性は、「告白をする形ではなく気持ちを伝えることに意味がある」と考えているように思われます。

今度は、LINEで告白をするのがありと考える男性の意見を見てみましょう。

30代 男性

直接会って告白をしたくても、いざ好きな人を前にすると勇気がでなくなりますが、LINEであれば緊張せずに自分の好きな気持ちを伝えることができます。

緊張のあまり意味不明な告白をして印象を悪くするくらいなら、冷静に文章を作って相手に好きな気持ちを伝えられるLINEの告白をするべきだと思います。

LINEで告白するのがなしの意見

女性の意見

20代 女性

好きな人への気持ちは、きちんと自分の口から言葉で伝えたいのでLINEで告白なんて絶対に嫌です。

逆に、気になる人からLINEで告白されると、「勇気がない人なんだろうな...男らしくないな」と一気に気持ちが冷めてしまいます。

やっぱり好きな気持ちは、直接本人に向かって言葉で伝えるべきだと思います。

本当に好きであっても、LINEで告白すると気持ちが伝わりにくいイメージがあるので、告白するのも反対にされるのも直接がいいです。

なんだか安っぽい告白になりそうなので、個人的にはLINEでの告白はなしです。

女性の場合は、好きな人に好きな気持ちをしっかりと伝えるため、自分の言葉で愛を伝えられたい願望があって、「LINEでの告白はなし」と考えているように思われます。

乙女な心を持つ女性ほど、「告白=自分の言葉」と考えているのかもしれません。

男性の意見

20代 男性

自分が男だからかもしれませんが、LINEで告白するなんて男らしくないと思ってしまいます。

そもそも告白は勇気がいることですし、勇気を振り絞って頑張る姿を見せることで、自分の気持ちの本気度が伝わると思います。

女の子にLINEで告白されたら、「本気なのかな?」と疑ってしまいますね。

30代 男性

個人的に、LINEでの告白はなしです。

自分の気持ちを文字に変えることが苦手なので、失敗すると思っています。

せっかく本気で好きな気持ちを、冗談や嘘と思われるのは悲しいですので、たとえ振られるとしても自分の言葉で好きと伝えたいです。

男性の場合は、男らしさ・男としてのプライドを気にしたり、気持ちを文字で表現できない不安を感じて、「LINEでの告白はなし」と考える傾向にあるようです。

「男だったらこうするべき!」という形にこだわっているため、男らしく直接告白をしようと考えるのでしょう。

反対意見が多数!それでもLINEで告白したい理由

一般的に、好きな人への告白の仕方は、「直接言葉で伝えたい」と考えて、LINEでの告白をなしと考える人が多い傾向にあります。

それでもLINEで告白したい人がいるのは、どういう理由があるのでしょうか。

今度は、LINEで告白したい3つの理由を見てみましょう。

理由①:緊張せずに告白できるから

好きな人に告白をするときは、好きな気持ちを伝える恥ずかしさから緊張したり、「振られたらどうしよう...」と不安に感じてしまいますよね。

緊張すると、早口になったり回りくどい告白をしやすく、自分の気持ちをうまく伝えられなくなることがあります

また、ひどい場合は、「緊張しすぎて告白ができなかった...」と失敗するケースもよくあります。

しかしLINEで告白をするときは、好きな人と顔を合わせる必要がなく、自分のペースで気持ちを整理しながら文章を作ることができるため、相手に好きな気持ちを伝えることができます

自分の気持ちを伝えたい思いと、自分の緊張しやすい性格を理解している人ほど、LINEで告白したいと考えるようです。

理由②:自然な流れで告白できるから

好きな人との恋バナでトークが盛り上がっているときに、「〇〇君が好きだよ。付き合ってほしい」と普段通りのLINEのやり取りの流れで告白できることから、LINEで告白したいと考える人がいます

直接会って告白をする場合は、わざわざ好きな人に会う時間を作ってもらう必要があり、相手に「もしかして告白されるのかな?」と意識させてしまいます。

また電話で告白をする場合は、告白のことで頭がいっぱいになり、会話が弾まず気まずい雰囲気になって結果的に告白できないことがあります。

告白を成功させる秘訣は、いかに好印象を与えられるかどうかです

事前に気持ちを悟られず、好きな気持ちを伝えるために、LINEで告白したいと考えているのでしょう。

理由③:告白するチャンスが多いから

直接会って告白をしたくても、好きな人に会えなければ告白できません

会うために時間を作ってもらう必要があり、仮に好きな人が忙しい人であれば、なかなか会うことができないでしょう。

また、会って告白することにこだわっていると、いつの間にかに他の人と付き合われる場合も考えられるのです。

その点LINEでの告白は、いつでも告白をするチャンスがあるため、「告白する前に他の人に好きな人を取られてしまった…」と最悪な失敗を回避することができます。

緊張することなく、しっかりと気持ちを整理して確実に告白できることから、LINEで告白したいと考えるようです。

LINEで告白するメリット・デメリット

LINEで告白することに対して、「LINEで告白をしても気持ちが伝わらないんじゃないの?」と否定的な意見があったり、「LINEだったら緊張せずに告白できる!」と肯定的な意見があったりと、人それぞれ考えがあるでしょう。

必ずしもLINEで告白することがいいわけではなく、反対に悪いわけでもありません。

好きな人に告白をするうえで大事なことは、成功させることです。

LINEで告白するメリット・デメリットを知って、会って告白をするのか、LINEで告白をするのか、自分に合った告白の仕方を選びましょう。

【メリット】告白できる機会が多い

LINEで告白するメリットは、告白をする機会やタイミングが多いことです

電話や会って告白をする場合は、好きな人に時間を作ってもらう必要があります。

会うとなれば半日〜丸1日時間、電話に関しても数十分〜数時間は時間を取ってもらわなけらばならず、好きな人が忙しい人であれば、簡単に会うことも電話で話をすることもできません。

しかしLINEで告白をする場合は、相手の状況を見極める必要はありますが、好きな人に時間を作ってもらう必要がなく、いつでも告白をすることができるため、告白するチャンスを逃さずに、きちんと自分の好きな気持ちを伝えられることができます

【メリット】緊張せずに告白できる

形に関係なく、告白には緊張がつきものです

とくに、好きな人の顔を見ながらの告白や、好きな人の声を聞きながらの告白は、余計に緊張が増してうまく気持ちを伝えられなくなることがあります。

しかしLINEでの告白は、好きな人の顔も見ず、声も聞がない状態ですので、電話や会って告白をするときより緊張を抑えることができるのです

緊張することなく、たっぷりと時間をかけて自分の気持ちをまとめることができますので、結果がどうであれ好きな人に気持ちを伝えることができます。

【デメリット】真剣な告白を嘘だと思われる

時間をかけて気持ちを文書にしたものの、LINEで告白をする行為そのものに真剣さを感じられなくて、「どうせ遊び半分で告白をしてきたんだろう」と嘘に思われることがあります

「愛の告白=直接会うもの」と考えている人が多く、LINEアプリをゲームやおもちゃ感覚に思っているため、真剣な告白が嘘っぽくなってしまうようです。

本気で告白をしたものの、信じてもらえなかったり、適当に流されてしまう場合があるため、返事をもらう以前にショックを受けることになるかもしれません。

【デメリット】気持ちが伝わりづらい

あなたは、メッセージの内容を誤解されて、相手を怒らせたり喧嘩になったことがありませんか?

自分の気持ちを完璧に文章で伝えることは難しく、実際に多くの人が誤解がもとでトラブルを経験しています

誤字脱字はもちろんですが、気持ちを文章にまとめることができないと、メッセージを送った相手に誤解されてしまいます。

また、メッセージを送る側ではなく、受けとる側の理解力・読解力が必要であり、さらにメッセージを受けとる側のその日の気分によって捉え方が大きく変わってしまうのです。

そのため、時間をかけてLINEでの告白文を作ったものの、相手に気持ちが伝わらなくて失敗してしまうことがあります。

好きな人との距離が縮まるLINEを使ったアプローチ方法

せっかく告白をするわけですので、必ず成功させたいですよね。

そのために、いきなり告白をするのではなく、しっかりと好きな人との距離を縮めておかなければいけません。

LINEでの告白を成功させるために、好きな人との距離が縮まるLINEを使ったアプローチ方法を見てみましょう。

方法①:日頃から相手を褒めておく

LINEに限らず、告白を成功させるためには、好きな人に自分を異性として意識させておかなければいけません。

好きな人の好みのタイプに近づいたり、ボディタッチをしたりと、自分を異性として意識させる方法はいくつかあります。

LINEを使う場合は、とにかく相手を褒めることです

「◯◯君は本当に優しくてかっこいいよね」
「◯◯君と付き合える人は幸せものだね!」
「◯◯君は仕事もできて頼れる人気者だよ」

と、見た目・内面・周りからの評価など、さまざまな角度から好きな人を褒めることで、あなたの印象がよくなり、グッと距離を縮めることができます。

方法②:恋愛に関する絵文字やスタンプを使う

好きな人とLINEのやり取りをするときに、恋愛に関する絵文字やスタンプを適度に使うと距離を縮めることができます

代表的なものであれば、ハートマークです。

たとえば、「◯◯君は仕事ができて本当にかっこいいね(ハート)」のように、文章としては恋愛に関係ありませんが、ハートマークをつけることで相手に好意を示すことができます。

「自分のことをよく思ってくれているんだ」と思ってくれると、「◯◯さんって本当に優しいよね!よかったら今度ご飯にでも行かない?」と相手から歩み寄ってくれるはずです。

うまく絵文字やスタンプを使って、友達から異性として意識してもらいましょう。

方法③:毎日LINEでやり取りをして好意を匂わせる

LINEで好きな人との距離を縮めたいのであれば、毎日LINEのやり取りをすることが一番の方法です

毎日LINEでやり取りをしていると、お互いの性格や価値観、趣味や恋愛傾向について知ることができます

お互いを知ることが距離を縮めるきっかけであり、付き合い方がわかったり、信頼関係を気づくことができるのです。

相手に負担をかけないペースでLINEのやり取りをしておくと、一気に二人の距離が縮まるでしょう。

試してみて!好きな人を振り向かせるLINEテクニック

振られるとわかっていて、告白をする人はいないでしょう。

告白をするからには、「絶対に成功させて付き合いたい」と思ってするわけですから、好きな人との距離が縮まり、脈ありの可能性が高いとわかったときに気持ちを伝えるはずです。

そのためには、告白をするまでに好きな人を振り向かせなければいけません。

どうすれば好きな人を振り向かせることができるのか、3つのLINEテクニックを紹介します。

LINEテクニック➀:相手のペースに合わせてLINEをする

好きな人とのLINEは、毎日たくさんやり取りをしたいですよね

少しでも好きな人と繋がっていたくて、もっと好きな人のことが知りたくて、すぐに既読にしたり、好きな人からのLINEを待っていると思います。

しかし、必ずしも好きな人がLINEのやり取りが好きとは限らず、ましてや、人それぞれ生活リズムが違うため、あまりにもLINEが多かったり、連続してLINEを送られると迷惑に思ってしまうのです。

印象が悪くなったら、振り向かせるどころかLINEのやり取りさえも避けられるかもしれません。

LINEのやり取りのなかで、LINEが好きな人なのか、今は何をしているのかを把握しながら、相手のペースに合わせた頻度でLINEをしましょう

LINEテクニック➁:「好き」のフレーズを使う

LINEのやり取りで好きな人を振り向かせるコツは、「好き」のフレーズを適度に使うことです

たとえば、マリンスポーツが趣味の男性に「海って落ち着けるから私も大好き!」と、恋愛に関係ない話題であっても、「好き」や「大好き」の文字だけが強調されて、自分に言われているような感覚にさせる効果があるのです。

さらに、「◯◯君と同じで私も◯◯が好き」と共感を示すことで、より二人の距離が近づいて異性として意識させることができます

「私も◯◯が大好き!」
「◯◯が好きなんだよね」

と、「好き」のフレーズをうまく使ってみてください。

LINEテクニック➂:ハートの絵文字やスタンプを使う

LINEで好きな人を振り向かせるテクニックは、ハートの絵文字やスタンプを使うことです

多くの男性は、女性からハートの絵文字を使われることで、「もしかして自分のことが好きなのか?」「なんかドキドキしてしまった」と一気に異性として意識するそうです。

また、「私も海が大好き(ハート)」というように、「好き」のフレーズとかけ合わせてハートマークを使うと、より異性として意識してもらいやすくなります。

うまくハートマークを使い分けて、好きな人を振り向かせましょう。

LINEの告白が失敗するパターン&その後の対処法

LINEでの告白が緊張しづらいからと言って、必ずしも成功するわけではありません。

LINEでの告白に失敗することはよくあります。

これから好きな人にLINEで告白をしようと考えている人は、失敗するパターンとその後の対処法を覚えておきましょう。

パターン➀:告白するタイミングが早すぎた

LINEで告白をするタイミングが早すぎると、高い確率で失敗します

そもそもLINEの交換を望んだ時点で、すでに少なからず相手に好意を抱いていると思われますが、何度もLINEのやり取りをして、二人の距離を縮めたり、相手に異性として意識してもらわなければいけないのです。

それなのに、何度かLINEのやり取りをした程度で告白をしてもうまくいくはずがありません

LINEのやり取りをすることがなくなり、どんどん疎遠になってしまうでしょう。

告白するタイミングが早すぎた場合の対処法

告白をするタイミングが早すぎて失敗した場合は、しばらく時間を置いてイチから関係を築きましょう

関係を築き直すときは、恋愛に関係ない話題で、あなたから好きな人に話しかけたり、LINEを送って歩み寄らなければいけません。

同じ失敗をしないために、お互いの趣味について話をしたり相手がどんな性格なのかを見極めながらコミュニケーションを取りましょう

しっかりと信頼関係が築けたタイミングで二度目の告白をすると、きっとうまくいくはずです。

パターン➁:相手の状況を考えずにLINEで告白をした

LINEでの告白は、告白をする機会が多いメリットがありますが、だからといって、好きな人の状況を考えずに告白をしていいわけではありません。

たとえば、好きな人が友達と遊んでいるときにLINEで告白をしても、「何で友達と遊んでいると知っているのに告白してくるの?」「実はイタイ女だったんだな」と印象が悪くなってしまいます

LINEでの告白であっても、お互いに時間にも気持ちにも余裕があるときを選びましょう。

相手の状況を考えずにLINEで告白をした場合の対処法

好きな人の状況を考えずに、自分本位な告白をしたときは、好きな人の気分を壊したことであなたへの印象が悪くなっていると思われます。

まずは誠意を持って謝罪をして、好きな人からの印象を取り戻すために努力をしましょう

誰にでも優しく気遣いができる一面や、何かに向かって努力をする姿を見せることが、印象の回復に繋がります。

一度悪くなった印象は、そう簡単に戻ることはありません。

悲しくも辛い思いをするでしょうが、好きな人を振り向かせるために頑張りましょう。

LINEの告白が成功しやすいパターンって?

LINEで好きな人に告白をするのであれば、やっぱり成功させたいですよね。

LINEでの告白が成功しやすいパターンはいったいどんなときでしょうか?

本気度が伝わる文章でLINEを送ると成功しやすい!

気持ちを言葉に出すことは簡単ですが、その気持ちを文章にして伝えることはとても難しいものです。

LINEでの告白は、文章で相手をどれだけ好きであるかを完璧に伝えることが成功の秘訣です

「ずっと〇〇君が好きでした。私と付き合ってください」とシンプルな言葉で自分の気持ちを表現できたら、きっと相手の心に届くでしょう。

告白に成功したときは、すぐに会う約束をしましょう

好きな人がLINEでの告白がありのパターンでも、本気度た伝わる文章でLINEの告白をしたパターンでも、成功したその後の対処法は同じです。

それは、早い段階で会う約束をすることです

LINEは、男女が愛を育むためのコミュニケーションツールとして最適ですが、やはり直接会って話をしたりスキンシップをしないことには、本当の意味でのラブラブなカップルになれません。

LINEでの告白に成功した後に会って、もう一度好きな気持ちを伝えたり、OKの返事をしてくれた喜びや感謝の気持ちを伝えてもいいでしょう

お互いがお互いを好きであること、正式に付き合うことになったと実感できるはずです。

LINEの告白に最適なタイミング

LINEでの告白を成功させるため大事なことは、タイミングと告白のセリフです。

ここでは、LINEでの告白が成功するタイミングと告白の例文を紹介しますので、これから好きな人に告白をしようと考えている人は参考にしてみてください。

LINEで告白をするタイミング➀:好きな人が時間に余裕があるとき

LINEは、告白する機会とチャンスがたくさんあると言うものの、相手の状況を無視して自分本位に告白をしては逆効果です

好きな人が仕事をしているときに告白LINEを送ったところで、「何このLINE?これで告白してるつもりだったら失礼だな」と印象が悪くなってしまいます。

LINEであろうと電話であろうと、告白する前に相手の状況を確認する必要があります

好きな人が帰宅をして寝るまでのゆっくりしている時間帯や、休日の午後にゆっくりしている時間を確認したうえで、告白LINEを送りましょう。

あなたからの告白LINEを受け取って、真剣に考えてくれるはずです。

LINEで告白をするタイミング➁:デートをして気分が高まったとき

たとえば、クリスマスシーズンに幸せそうなカップルを見たときに、「私も彼氏と一緒にクリスマスを過ごしたいな」と思ったことがありませんか?

「恋がしたい・恋人がほしい」という心理は、そのときの感情や状況が大きく左右します

この心理をうまく利用して告白をすると、成功率を上げることができますので、デートをしてしやすい自宅に帰りついてからの告白がおすすめです。

デートの直後は、お互いに恋愛気分が高まっており、告白をする勇気もあれば、好きな人も恋愛モードになっているため成功しやすいでしょう

LINEでの告白に使える例文

例文➀

LINEで告白をするときは、ノリではなく真剣に告白をしましょう

どんな形での告白であろうと、愛を伝えることを冗談まじりにしてはいけません。

どれだけ仲良しな関係であっても、しっかりと敬語を使った丁寧な文章で告白をしましょう。

〇〇君

お喋りをしたりLINEをしたり、遊びに行って楽しい思い出を作るたびに、どんどん好きになりました。大好きです。

これからも、〇〇君と楽しい思い出をいっぱい作っていきたいので、私と付き合ってください。

LINEで告白をするときのポイントは、「好き」という感情と、「付き合ってほしい」という気持ちをはっきりと伝えることです

間違っても、「一人でゆっくりって寂しそうじゃん!私が彼女になってあげようか?」と軽いノリで告白をすることがないように気をつけてください。

例文➁

LINEでの告白は、シンブルイズベストに限ります

ダラダラと長文にしてしまうと、「結局なにが言いたいんだろう?」と思われてしまうのです。

短い文章だから気持ちがこもっていないわけではありません。

短くても、好きな気持ちを端的に伝えましょう。

〇〇君

あなたのことが大好きです。

私と付き合ってください。

とてもシンプルな文章ですが、「好き」と「付き合ってほしい」の両方の気持ちがわかりやすいですよね。

シンプルな告白だからこそ、言葉に重みを感じさせることができます

たくさんの言葉を並べるより、「好き」と「付き合ってほしい」の気持ちだけで十分に愛情を伝えることができます。

振られたくない…LINEでの告白を成功させる方法

せっかく勇気をだしてLINEでの告白をするわけですので、必ず成功させたいですよね。

どんなことに気をつけて告白をすればいいのか、以下の3つを見てみましょう。

方法①:日頃からLINEのやり取りをして関係を築いておく

LINEで告白をするうえで一番大事なことは、好きな人との信頼関係です

たまにLINEをする程度の関係で、お互いのことをほとんど知らない状態で告白をしても、成功する可能性はほとんどありません。

日頃から、好きな人とLINEのやり取りをして関係を築きましょう

心の距離が縮まった分、告白の成功率が上がります。

方法②:相手がゆっくり過ごしているタイミングを狙う

好きな人が仕事で忙しいときや、誰かと遊びに行っているときに告白をしても、返事を考えることに集中することができません。

時間にも気持ち的にも余裕がないと、しっかりとあなたの気持ちに向き合うことができないのです。

いきなり告白をするのではなく、事前に好きな人の状況を確認して、相手がゆっくり過ごしているタイミングを狙って告白をしましょう

たとえ返事を保留にされても、真剣にあなたから告白されたことを考えて答えをだしてくれるはずです。

方法③:LINEであっても真剣な告白をしている自覚を持つ

よくも悪くもLINEで告白をするときは、言うほど緊張することがありません

さらに、自分の好きなタイミングで告白をすることができますので、別の話題でトークが盛り上がった流れで、「もう付き合っちゃう?」と冗談っぽく告白をしてしまう人がいます。

しかし、告白は真剣にやるべきことであり、真剣なときと遊びのときの区別をはっきりしないと、好きな人からの印象を悪くしてしまうのです。

LINEであっても真剣な告白をしている自覚を持って、敬語を使った文章で丁寧な告白を心がけましょう。

LINEで告白が成功した人の体験談

LINEでの告白には賛否両論ありますが、それでもLINEで告白をして成功した人がたくさんいます。

どんなことに気をつけたのか、どのような告白をしたのか、実際にLINEでの告白に成功した人の体験談を読んでみましょう。

20代 お政

LINEで告白をするまでに、毎日少しでもLINEでやり取りをして仲良しな関係を築きました。

他愛のないトークですが、お互いの趣味の話や過去の恋愛話をして、自分のことも好きな人のことを深く知ってからLINEで好きと伝えました。

告白をするまでの関係があったからこそ、OKの返事をしてくれたのだと思います。

20代 女性

何でも言い合える彼に、LINEで告白をしました。

いつもふざけたLINEで盛り上がっていましたが、告白をするときだけは、真剣な言葉で丁寧に告白をしました。

普段の私と違って真剣だったから、彼は驚いていましたが、私の真剣な気持ちに真剣に答えたいと言って、2日ほど返事を保留にされました。

返事は直接会って伝えられましたが、もちろんOKでした!

本当に嬉しかったですね。

30代 女性

人生で初めてLINEで告白をしました。

あまり緊張はしませんでしたが、何日も時間をかけて告白を考えたのですが、結局は「ずっと好きでした。付き合ってください」でしたね。

冗談に思われないかと心配でしたが、シンプルだから真剣さが伝わったらしく、本当に嬉しかったことを覚えています。

告白成功後ラブラブな関係を続ける方法

LINEでの告白に成功できると、とにかく幸せな気持ちで満たされるでしょう。

しかし、告白の成功は、新しい二人の関係の始まりです。

今度は、LINEでの告白に成功した後にラブラブな関係を続ける方法を見てみましょう。

方法①:相手の気持ちを尊重する

LINEでの告白に成功して付き合いがスタートした後は、相手の気持ちを尊重することを心がけましょう

二人の付き合い方が形作られてくると、相手の行動・発言・価値観を否定して、自分の意思を通そうとする心理が働いてしまいますが、自分を否定されて、いい気分でいられる人はどこにもいません。

相手を大切に思うのであれば、自分より相手のすべてを受け容れる(尊重する)気持ちを持ちましょう

いつまでも、愛し愛される関係でいられるはずです。

方法②:自分を大切にする

恋人がラブラブな関係でいるために、相手のすべてを尊重する気持ちが必要です。

だからと言って、自分の意見や考えを押し殺す必要はなく、しっかりと自分の意見を伝えて、自分自身を大切にしてあげなければいけません

相手を尊重しつつ、自分も大切にすることは、二人が対等な関係でいられることに繋がります。

ストレスのない関係を築くことができますので、いつまでもラブラブでいられるでしょう。

方法③:好きになったときの気持ちを忘れない

付き合いが長くなると、どうしても気持ちに「慣れ」が生じてしまいます

たとえば、「振られることはないだろう」と過信したあまり、自分の見た目に気を遣わなくなり、ぶくぶくと太ったりお洒落から遠のいてしまうケースがよくあります。

しかし、あなたの姿を見て、恋人に好きな気持ちを持ってもらうことはできません。

恋人があなたのことを好きになったのは、「自分のために魅力的でいよう」と努力をする姿に魅力を感じたから好きになったのです。

付き合って何年たっても、好きになったときの気持ちを忘れなければ、ずっとラブラブな関係でいられるでしょう

さいごに

「LINEでの告白が成功&失敗するパターン」や「LINEでの告白に成功した人の体験談」を中心に紹介しました。

人それぞれ、LINEでの告白に対して意見がありますが、ポイントを押さえて告白をすれば、好きな人のハートを射止めることが可能です。

LINEでの告白に成功した人の体験談を参考にしながら、好きな人に最高の告白をしてみてください。

関連記事
好きな人に会いたいと伝えたい!成功率16%UPで言う方法
両思いになれる!?寝る前にやるべきおまじない特集!
付き合う前だからできる!誕生日デートの誘い方♡

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!