結婚相手の見極め方を教えて!どんな人がいいかわからない時の対処法

よりよい結婚生活を送るためには、どんな男性を選べばいいと思いますか? チェックポイントがあったら、知っておきたいですよね。 ここでは、結婚相手にふさわしい男性を見極める方法や、離婚しないで幸せになれる相手の選びかたなどをご紹介します。

結婚相手の見極め方がわからない!どんな人がいいか教えて!

結婚相手を見極める方法は、たくさんあるようです。

個人で好き嫌い・向き不向きがあるので、一般的に結婚相手としていい人と結婚したとしても、自分が満足できるのかどうかはわかりません。

まずは自分の好みの男性と自分の人生計画をハッキリさせて、そこから自分にあった結婚相手はどんな人がいいか考えていくべきでしょう。


出典:pixabay.com

彼が結婚相手にふさわしいかチェックしよう!まず見るべきポイント

前向きな性格

基本的に結婚相手でどんな人がいいか迷ったら、明るく前向きな人を選んだほうがいいでしょう。

結婚生活は、楽しいことばかりではありません。

突然の事故・病気・仕事の失敗など、さまざまな問題が起こる可能性があります。

そんなときに後ろ向きで暗い人とはやっていけないので、前向きな性格の人と結婚したほうがいいかもしれません。

計画性を大切にする

結婚相手にどんな人がいいか悩んだときは、人生設計がしっかりしている人を選びましょう。

将来のことをなにも考えずお金を使い果たしてしまったり、いつまでも平社員のままで向上心がない人とは、いつか行き詰まってしまうかもしれません。

あなたが先導して付いてきてくれる男性ならいいかもしれませんが、男のジェンダーを振りかざしてワイルドなことばかりしたがる男性とは、うまくいかない可能性が高いでしょう。


出典:pixabay.com

収入が安定している

結婚相手にどんな人がいいか考える場合、結婚する目的がなんなのかを考えることから答えを引き出せます。

結婚は相手と一緒に生活するのが目的の1つなので、結婚相手に収入がないと生活がたちゆかなくなる可能性があります。

自分がバリバリ稼いでいたりセレブ家庭の出身なら、あいての収入を気にせず結婚できるかもしれませんが、一般的には安定した収入のある男性と結婚したほうがいいでしょう。

家族を大切にする

結婚相手にどんな人がいいかわからないときは、家族を大切にする人を選びましょう。

親や祖父母を大切にしていたり、あなたの家族にも興味を示すような男性なら、結婚したあとで頼れる存在になるかもしれません。

親や兄弟が急な病気で入院するときなどに、援助してくれない旦那とはうまくやっていけないかもしれません。


出典:pixabay.com

より具体的なやり方はこれ!結婚相手を見極める方法とは

一緒にお店にいって店員さんへの態度をみる

彼と一緒に飲食店にいったときに、彼が店員さんに偉そうに命令していたら性格に問題があるので、結婚は避けたほうがいいでしょう。

またお店の人がお世話をしてくれたときに感謝の言葉をいえる人は、結婚相手に向いているかもしれません。

お店の人が料理を間違えて持ってきたときに、そのまま黙って食べてしまう人は優しいように感じてしまいますが、実際は問題解決能力がない人かもしれません。

迷路などストレスの多い場所での態度をみる

結婚相手にどんな人がいいか迷っている場合、デートでお化け屋敷や迷路などストレスの多い場所を選び、彼がとっさにどんな反応をするかよくみましょう。

また長時間待ちの行列に並んで、彼がイライラしたときにどう変わるかみておいたほうがいいかもしれません。

子供が泣いたときに、文句をいう人は結婚に向いていないかもしれません。


出典:pixabay.com

急に虫が出た場合の態度をみる

もしあなたが虫が平気なキャラだとしても、あえて苦手なふりをして彼に頼ってみましょう。

一緒に騒いでしまう弱気な男性は、いざというとき頼りにならない可能性があります。

落ち着いて取ってくれる人なら、有事の際に頼れる結婚相手になるかもしれません。

まだある!どんな結婚相手がいいかわからないときに見極める方法

周囲の評判を聞く

周囲の人に、彼の評判を聞いてみましょう。

あなたにみせない日頃の彼の姿がみえてくるかもしれません。

近い友人は気を遣って彼をよくいうかもしれませんので、利害関係のない第三者からの情報を重視するようにしましょう。


出典:pixabay.com

一緒に旅行して価値観の違いをみる

結婚相手にどんな人がいいか悩んだら、一緒に旅行して価値観のズレをみてみましょう。

目的地までの時間を短縮させたがるせっかちな相手と、途中の道をのんびり楽しみたいあなたでは相性が悪いかもしれません。

しかしお互いの考えの違いに惹かれて愛情がうまれることは多いので、価値観の違いが必ず悪いとはいい切れません。

一般論に惑わされず、自分の気持ちで判断しましょう。

喧嘩したときに間違いを認めて謝れるか

喧嘩したときに、間違いを認めて謝れる男性は少ないようです。

多くの男性は話が通じずプライドが高いのか決して謝らず、うまく言い訳が浮かばないのか黙り込む傾向にあるようです。

きちんと話し合いができて、お互い意地を張らずに素直にやりとりができる関係を築ける相手と結婚しましょう。


出典:pixabay.com

将来離婚せず幸せな家庭を築きたいなら見て!結婚相手の見極め方まとめ

結婚相手にどんな人がいいか迷った場合、明るく安定収入がある健康な人を選べば幸せな結婚生活が送れるでしょう。

どんな人がいいかは自分で決めるものですので、相手に実際あったときの表情や声、動きの速さなどから全体の印象を把握して考えましょう。

身長や顔が好みでなくても雰囲気が格好いい人や、イケメンなのに動きが気持ち悪い人などさまざまな人がいますので、自分にとってなにが重要かをよく考えて判断しましょう。

関連記事
すぐ結婚しよう!結婚向きのいい男の特徴&調べる方法

すぐ結婚しよう!結婚向きのいい男の特徴&調べる方法

結婚相手の見つけ方って?自分に合う結婚相手を探すコツ

結婚相手の見つけ方って?自分に合う結婚相手を探すコツ

見た目が大事?結婚相手を容姿で選ぶメリット・デメリット

見た目が大事?結婚相手を容姿で選ぶメリット・デメリット

関連キーワード

おすすめの記事