【例文つき】元彼と復縁したい!成功するメールの内容&タイミング

元彼と復縁するためには、まずはメールで連絡をしなければいけません。 しかし、別れて気まずくなった元彼に、どんなメールを送るかで悩んでいる人は多いと思います。 そこで今回は、元彼と復縁が成功するメールの内容と、メールを送るタイミングについて紹介します。 メールで好印象を与えれば、きっと復縁できるはずです。

メールで復縁を成功させよう!

「元彼と復縁するためには何をすればいいんだろう?」と、悩んでいる方は、メールを使いましょう。

メールは、元彼との距離を縮めたり、2人の信頼関係を再構築したり、お互いの気持ちが把握できるため、復縁の成功に有効な方法です。

しかし、ただメールを送ればいいのではなく、メールの内容メールを送るタイミングに気をつけながら、元彼の気持ちを取り戻さなくてはいけません。

メールをうまく活用して、元彼との復縁を成功させましょう。

復縁の成功率があがるメールを送るタイミングとは?

元彼にメールを送るときは、タイミングがとても重要です。

まずは、元彼にメールを送るベストなタイミングを見てみましょう。

正しいタイミングでメールを送れば、元彼との距離を縮める効果が期待できますよ。

タイミング①:冷却期間を置いてから

「元彼に新しい彼女ができたらどうしよう」
「元彼の気持ちが離れていったらどうしよう」

と、焦る気持ちはわかりますが、しっかりと冷却期間を置かなければ復縁は成功しません

そもそも、別れた直後の男性は、1人になれた解放感や、元カノに対して感情的になっている可能性が高く、メールを送ったところで無視されてしまうでしょう。

メールで復縁を成功させる秘訣は、元彼にあなたからのメールを嬉しく思ってもらうことです。

目安としては、平均3ヶ月間の冷却期間を置いてから、元彼にメールを贈りましょう。

タイミング②:元彼の誕生日やお祝いがあるとき

元彼の誕生日や、仕事で昇進したなどのお祝いがあったときは、メールを送る絶好のタイミングです。

自分の誕生日を覚えてくれていた嬉しさや、祝ってくれる優しさをありがたく思って、メールに返信してくれる可能性が高まります。

また、元彼からメールの返信があれば、あなたのことを悪く思っていない証拠でもあります。

元彼からの返信をきっかけに、少しずつ距離を縮めて復縁に繋げましょう。

しかし、別れた直後冷却期間を置いていない場合は、たとえ元彼の誕生日であってもメールを送るべきではありません。

どんな理由であっても、冷却期間を置くことを一番に考えましょう。

復縁が成功するメールの書き方

元彼にメールを送るタイミングがわかれば、次はどんな内容のメールを送るかを考えましょう。

せっかく勇気をだしてメールを送るわけですから、復縁が成功率が上がる内容にしなければいけません。

メールを送るタイミングと合わせれば、きっと元彼の気持ちを取り戻せるはずです。

例文①:誕生日おめでとう!素敵な1年にしてね

〇〇君、誕生日おめでとう!

今日は誕生日パーティーかな?笑 楽しんでね!

あと、素敵な1年を過ごしてください。

誕生日メールは、元彼との距離を縮める効果があるのでおすすめです。

元彼に好印象を与えやすく、メールに返信してくれたり、2人の距離を縮めるきっかけを作ることに繋がります。

しかし、あくまで元彼の誕生日を祝うだけであって、復縁を匂わせたり、未練を悟られる内容にしてはいけません。

純粋な気持ちで、元彼の誕生日をお祝いするだけのシンプルなメッセージを送ってくださいね。

例文②:久しぶり、元気にしてる?教えてほしいことがあるんだけど...。

久しぶり。元気にしてる?

仕事のことで教えてほしいことがあって連絡したんだ...。

相談に乗ってくれないかな?

上記のメールは、一見すると重たく感じられる内容ですが、他人から頼りにされたい・他人より上の立場にいたいという男性心理をうまく刺激している内容になっています。

頼られるという優越感から、メールの返信してくれる可能性が高く、なおかつお願いを聞き入れることで、自然とあなたを意識させる効果があります。

元彼が得意としていることでお願いをすれば、気持ちよく相談に乗ってくれるでしょう。

例文③:あの頃はごめんね。ちゃんと謝りたかった

突然ごめんね。

別れ話のときに、ひどいことを言ってごめんなさい。

ちゃんと謝りたくて連絡しました。

しっかりと冷却期間を置いて、元彼の気持ちが落ち着いていると判断ができる場合は、反省している気持ちを伝えたメールも効果的です。

ただ、だらだらと長文にするほど気持ちが重く伝わりますので、自分の反省すべき点をまとめたシンプルな内容を心がけてください。

あなたに謝られたことで、元彼の気持ちが落ち着き、きちんと向き合ってくれるはずです。

元彼に復縁メールを送るときの注意点

メールは、元彼と復縁できる効果的なきっかけです。

メールの内容とタイミングに気をつければ、復縁に向けて2人の距離が縮まるでしょう。

しかし、注意しなければ、元彼の気持ちが余計に離れることがあります。

どんなことに注意が必要なのか、以下の2つを見てみましょう。

注意点①:しっかりと冷却期間を置く

これまでにもお伝えしていますが、復縁が成功するか・成功しないかは、冷却期間を置いているかどうかで決まります。

冷却期間を置けば、別れを受け入れて自分の発言や行動を見つめ直せたり、自分を磨くことができるため、復縁の成功率アップに繋がるのです。

「元彼に新しい彼女ができたらどうしよう」
「元彼の気持ちが完全に離れたらどうしよう」

と、不安になると思いますが、最低でも3ヶ月間は、復縁に向けた準備をして過ごしましょう。

注意点②:気持ちを悟られない

元彼にメールをしても、復縁したい気持ちを悟られてはいけません

もし、気持ちを悟られれば、元彼に避けられたり、引かれることになるでしょう。

誕生日メールを送るのであれば、お祝いの気持ちを伝える内容だけに、謝罪のメールであれば、謝ることだけの内容を心がけてください。

また、だらだらと気持ちが書かれた長文のメールは、それだけで気持ちを悟られる可能性が高まりますので、やはり元彼に避けられる可能性が高く、復縁が難しくなります。

元彼にメールを送る場合は、シンプルかつ送る目的を間違えないことに注意しましょう。

さいごに

元彼との復縁が成功するメールの内容と、メールを送るタイミングについて紹介しました。

メールは、元彼と復縁するきっかけ作りに最適なアイテムです。

しっかりと冷却期間を置いてから、元彼に気持ちを悟られない内容を心がけてくださいね。

うまくメールを活かせば、大好きな元彼と復縁できるはずです。

関連記事
男女別!復縁したいと思うきっかけ&復縁するまでの期間

男女別!復縁したいと思うきっかけ&復縁するまでの期間

元彼が復縁したいと思う女の特徴と「戻りたい」と思わせる方法

元彼が復縁したいと思う女の特徴と「戻りたい」と思わせる方法

自分から振ったのに復縁したい!その理由と復縁方法について

自分から振ったのに復縁したい!その理由と復縁方法について

関連キーワード

おすすめの記事