【完全版】疑問解決!旦那の浮気を許す条件はコレだ!【体験談つき】

もしあなたが旦那の浮気を許すとき、どんな条件を突き付けますか?

今回は、旦那の浮気を許す条件をいくつかご紹介していきたいと思います。

多くの人が実践し効果のある方法になっています。

覚えておいて損はしませんので、ぜひ最後まで読んでみてください。

旦那の浮気をただで許すな!

旦那の浮気にはきついお仕置きが必要です。

ある企業のアンケート結果によると、旦那の浮気が発覚したとき約6割の夫婦が離婚に至っているというデータがあります。

逆に言えば残りの約4割の夫婦は再構築を選んでおり、今まで通りに夫婦関係を築き直そうとするそうです。だからと言って旦那の浮気が許されているわけではありません。

しかし現実には再構築をする中で勝手に許されたと勘違いしている旦那もいるらしく、そんな旦那にイライラしている人も多いようです。

浮気をした旦那と再構築をしてもしなくても、必ず旦那への制裁は与えるべきです。ただで許していては、落ち着いた頃に浮気を繰り返させてしまう可能性があります。

きついお仕置きを与え、二度と浮気をさせないように意識させましょう。

どう対処?旦那に浮気をされた主婦たちの体験談

40代 女性

浮気をした旦那と離婚しようとしましたが、旦那が頑なに離婚を拒否するため再構築を選びました。

ですが、ただでは許していません。離婚をしない代わりにある程度のまとまった額の慰謝料を貰いました。

また、弁護士を入れて二度と浮気をしないこと・次は離婚に応じることなど、細かく決めてサインしてもらいました。

お金で気持ちが整理しているわけではありません。ですが、旦那に制裁できてすっきりすることはできまし。

30代 女性

旦那の浮気が原因で離婚問題になりました。周りからは色々な意見をもらいましたが、やはり旦那を信じていく自信がなく、私としては離婚したかったです。

ですが、旦那が離婚を嫌がり続けるため、再構築することになったのですが、代償として浮気相手への慰謝料請求と職場への報告を認めさせました。

旦那の出世は閉ざされましたが、浮気相手は左遷で地方に飛ばされ、ひとまず1つ不安がなくなりました。

まだまだ制裁には甘すぎるため、もっときつい制裁が無いかと考えています。

旦那の浮気を許す条件

旦那の浮気を許す条件①:慰謝料の請求

浮気をした旦那を許す条件1つ目は、慰謝料の請求です。

旦那と浮気相手の双方に、納得できる額の慰謝料を請求し、認めることができれば浮気を許すという人は多いようです。

離婚の有無に関係なく慰謝料は請求することができるそうです。お金で辛い気持ちが和らぐわけではありませんが、旦那と浮気相手への制裁にはおすすめの方法のようです。

旦那の浮気を許す条件②:浮気関係の解消

浮気をした旦那を許す条件2つ目は、浮気関係の解消です。

許してもらうわけですから、言われる前に浮気関係は解消しておかなければいけません。しかし「女と別れたと聞いて再構築したのに、影で付き合ってたみたいです。」といった経験をしている人がいるように、別れたと嘘をつく最低な旦那もいます。

再構築を選ぶのであれば、しっかりと別れた証拠を確認しておきましょう。

旦那の浮気を許す条件③:両親への報告

浮気をした旦那を許す条件3つ目は、両親への報告です。夫婦双方の両親に、旦那が浮気をしたこと・再構築すること・再構築する条件など、決まった内容を細かく報告しておきましょう。

また、報告するときは旦那の口から説明させることをおすすめします。「二度と浮気はしない」という決意表明の意味も含まれます。

旦那の浮気を許す条件④:浮気防止策への同意

浮気をした旦那を許す条件4つ目は、浮気防止策を認めさせることです。

携帯のチェック・GPSの許可・事後報告の飲み会禁止など、浮気防止策は細かいものを含めれば数え切れないほどあります。

あなたが納得できる浮気防止策に納得できるのであれば、再構築を選んでも問題ないでしょう。仮に認めないまま再構築してしまうと、隠れて浮気をされる可能性がありますよ。

旦那の浮気を許す条件⑤:お小遣いの廃止

浮気をした旦那を許す条件5つ目は、お小遣いの廃止です。

お小遣いというよりも、普段から必要最低以上のお金を持たせないことで、浮気防止に繋がります。もちろんクレジットカードやキャッシュカードも持たせてはいけません。

お金を持っていると浮気をしやすい状況が作りやすくなってしまいます。旦那がお金が持てないことに納得できるのであれば、再構築を選んでも問題ありません。

まだある!浮気の再発を防止する方法

浮気の再発防止策①:職場への報告

浮気の再発防止策は、職場への報告です。

とくに同じ職場の相手と浮気関係にあった場合は、必ず報告しておきましょう。おすすめは、弁護士を通して書面を送付することです。

最近の企業は、浮気や不倫に厳しい処罰を与える傾向にあります。もちろん社内に居場所がなくなりますし、左遷や解雇になるケースもあるようです。

旦那と浮気相手の双方に、社会的制裁を与えることができますよ。

浮気の再発防止策②:公正証書の作成

浮気の再発防止策は、公正証書を作成しておくことです。

公正証書を作成するには弁護士に依頼をする必要があります。また、作成には費用がかかりますが、法的な効力があるものになるため可能な限り作成しておくことをおすすめします。

弁護士を交えて夫婦間で決めたことに法的な効力を持たせることができるため、最近では多くの人が公正証書を作成しているようです。

何かあったときのために、ぜひ作成しておきましょう。

さいごに

浮気をした旦那を許す条件と再発防止策をお届けしてきました。

浮気をした旦那と再構築するのであっても、必ず制裁は与えておきましょう。制裁を与えなければ危機感が持てず、同じように浮気を繰り返すことになってしまいます。

今回紹介した旦那を許す条件は、数多くの人が実践している方法です。とても効果があるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事
なんで浮気を繰り返す? 男女の心理&2度と浮気させない方法
旦那の浮気が発覚した後ツラすぎる...苦しむ理由と乗り越える方法
理解不能!バレても浮気を続ける夫の心理とやめられない理由

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード