彼氏に振られた!失恋後のベストなLINE対策

ウラッテ編集部

2017年05月19日更新

「彼氏に振られた…」と、失恋をしてしまったとき今後どのように対処すればいいのでしょうか。

今回は失恋後のLINEの対策方法を、「関わりたくない場合」「友達でいたい場合」「復縁したい場合」に分けてご紹介いたします。

彼氏に振られた・・・

彼氏に振られたときは、とにかくショックで落ち込んでしまいますよね。何も手につかなかったり、自分を責めてしまうこともあるでしょう。

あなたは今後、彼とどのような関係を築いていきたいですか?もう一度やり直したいと思ったり、せめて友達に戻りたいと思ったり、もう二度と関わりたくないと思うことは人それぞれでしょう。

振られたから、彼氏のLINEのデータを消そうと思ってしまうこともありますよね。しかし、データを消すにはメリットとデメリットがあります。それを理解してから、消すか消さないか決めるようにしましょう。


彼氏のLINEデータを消すメリット・デメリット

メリット

振られた彼氏のLINEのデータを消すことで、気持ちをすっきりとさせることができます。彼氏のことが忘れられなくて、ついついトーク履歴を見てしまうという人は、データを消すことも考えてみましょう。

データを消すだけで不思議なことに気持ちがすっきりとして、前へ進むことができるかもしれません。

デメリット

LINEのデータを消してしまうと、あなたからはもう連絡をとることができなくなってしまいます。その場合、彼氏ともう一度やり直したいと思っても何もできなくなってしまうのです。

それでもいいという覚悟があるのなら、LINEのデータを消してもいいかと思います。

もう一生関わりたくない場合のLINE対策

振られた彼氏ともう一生関わりたくないと思ったときは、LINEのデータを消してブロックをしましょう。

もし相手からLINEが来ても、ブロックをしていれば目に止まることはありません。

しかし、仕事関係で知り合って付き合ったから仕事のことの連絡はしなきゃいけないという場合もあるでしょう。そんなときは、ブロックせずに仕事関係のLINEのみ既読にして業務的な内容のみ返信しましょう。


友達で関係を続けたい場合のLINE対策

振られたけれど友達関係を続けたいという場合は、あなたからLINEを送ってみましょう。

振った彼氏側からは、なかなかLINEをしにくいので待っていても友達関係を続けることは難しいと思ってください。

気まずい関係を早く終わらせるためには、早めに連絡をすることが大切です。いつまでもLINEをすることを渋っていると、どんどん連絡をしにくくなってしまいます。

LINEをするときは、「あなたのことはもう吹っ切れているよ」とそれとなく伝えるのが良いでしょう。また相談をするのもおすすめです。

元彼はあなたのことをよく知ってくれている存在です。普通の男友達よりももっと深い話ができる友達になれるかもしれませんよ。

復縁がしたい場合のLINE対策

やっぱり彼のことが忘れられなくて、復縁したいという場合は焦らないことが大切です。

男性は別れてから1ヶ月以降に、別れた相手のことを思い出し、寂しさを感じさせます。そのタイミングでLINEをしてみましょう。

このときに、「あなたのことが忘れられない」「復縁したい」などと伝えてしまうと、相手は逃げてしまうかもそれません。まずは、友達に戻るような感じでLINEをしてみましょう。

たとえば誕生日にLINEを送ってみてもいいですし、「最近どう?」なんて近況を聞いてみてもいいでしょう。焦らずに少しずつ距離を詰めていくことが大切です。

距離が縮まってきたと思ったら、2人の思い出話をしてみましょう。すると、自然と彼もあなたのことが好きだったときの気持ちを思い出し、復縁することができるかもしれません。


まとめ

振られた彼氏のLINEの対応方法は、今後2人の関係をどのようにしていきたいかで大きく変わっていきます。

もう関わりたくないときはブロックをして、友達でいたい場合は早めに連絡をして友達関係に戻れるようにしましょう。お互いのことをよく知っているので、きっと素敵な友達関係になることができるでしょう。

復縁したい場合は焦らないことが大切です。ゆっくりと2人の距離を縮めていけば、もう一度やり直したいと彼も思ってくれるかもしれません。


最新記事をいち早くお届け!
友だち追加数

この記事が気に入ったらいいね!してね

恋や仕事がうまく行く最新情報をお届けします

ウラッテをLINEで友だち追加