復縁屋を雇ってバレるのが怖い...優良業者の見分け方

元彼とヨリを戻したくても、自分ではなかなかうまくいかないときはあります。

頼れる友人がいないなら、復縁屋に依頼するしかないでしょう。

しかし、復縁屋に依頼したことが元彼にバレることになれば、復縁の可能性はゼロになってしまうかもしれません。

ここでは、復縁屋に依頼したことがバレる原因や、いい復縁屋の見分け方などをご紹介します。

復縁屋にはいろいろな業者がある!

その① しっかり対応してくれる復縁屋

しっかりした復縁屋は、基本的に安全を考慮して依頼者の存在がバレるような行動は取らないものです。

料金通りの働きをしてくれますので、より望ましい結果を出すためにさまざまな工夫をしてプロとして対応してくれるでしょう。

しっかり対応してくれる復縁屋は、そもそも作戦段階から危険なシナリオは採用しませんので、安心してご利用いただけます。

その② すぐバレる稚拙な復縁屋

すぐバレてしまう復縁屋は、技術が乏しくへっぽこな復縁屋と、あえてバレるような作戦で仕事をする無謀な復縁屋がいるようです。

復縁屋がバレるというのは問題ですが、はじめからバレるような計画を立てて実行する復縁屋は信頼できませんので、計画書を提出された段階でしっかり確認する必要があります。

その③ 詐欺まがいの悪質業者

復縁屋がバレるということはほとんどないはずなのですが、中には悪質な業者がいて、個人情報を入手したあとに依頼者を脅迫してくる業者があるようです。

探偵業の認可を受けた復縁屋が個人情報を悪用することはありませんが、別れさせ屋など認可のない業者は個人情報を漏洩させる危険性が大きいようです。

復縁屋に依頼をする場合は、探偵業の認可があるかどうかをしっかりチェックしておくといいでしょう。

いい復縁屋の見分け方

見分け方① 事前説明がしっかりしている

すぐバレる業者を避け、しっかりした復縁屋に依頼をしたい場合は、事前説明がしっかりしているお店を選ぶべきでしょう。

復縁屋は特殊な仕事をしていますので、事前説明は重要な業務です。

打ち合わせを怠って、依頼者が思わぬ行動を取り、復縁計画が失敗するのを避けるためにも、まともな復縁屋は顧客に詳細な説明をするものです。

面倒な説明は一切なしなどと都合のいいことをうたっている業者は、問題がある場合があるので避けたほうが無難です。

見分け方② 価格が適正で対応が丁寧

しっかりした復縁屋を選ぶには、価格帯をしっかり見極め適正価格のお店を選ぶようにしましょう。

安過ぎるお店はトラブルに巻き込ませる可能性が否めませんので、初心者はあまり格安の店を選ばないほうがいいかもしれません。

また高額な価格帯のお店がかならずしも有能とは限りませんので、お店選びにはしっかりと時間をかけて納得できる場所に依頼してください。

見分け方③ 契約書に意味不明な文章がない

契約書はどんなお店と交わすときでも重要なものですが、業態がしっかり行政に管理されていない別れさせ屋などの場合はとくに細部まで確認することが必要です。

悪質な業者になると、成功条件の部分に「スタッフが自社ビルから外に出たら成功とする」などの文章があり、とくに結果を出さなくても成功報酬を請求される場合があるようです。

見分け方④ むやみに専門家アピールをしない

いい復縁屋を見分けるには、過剰な有能アピールをしないお店を選ぶといいでしょう。

しっかりと調査や工作をしてくれる復縁屋は、復縁の難しさを知っているので現実的で謙虚な姿勢を取っています。

契約だけ結んで売り上げアップを目論む業者は、とにかく成功率の高さや専門家ぶった態度で依頼者に契約だけ結ばせて、あとは適当に流しているので広告ばかりに力を入れているようです。

復縁屋を雇ったことがバレるきっかけ

きっかけ① 打ち合わせ現場をみられてしまう

復縁屋経由でバレるということがなくても、打ち合わせを元彼にみられてしまいバレたケースは意外とあるようです。

打ち合わせをするときは、念のため個室になっているカフェや会議室で行うように意識したほうがいいかもしれません。

彼が確実に別の場所にいるときに打ち合わせを設定するなど、細心の注意を払うべきでしょう。

きっかけ② もうすぐ復縁できると早まって失敗

復縁屋を雇ったことがバレるきっかけとして多いのが、もうすこしで復縁できるという局面で、早まって依頼者が余計なことをバラしてしまうというケースです。

あと一歩でゴールというとき、長年苦労してきた人なら興奮して気が緩むかもしれませんが、そこはまだゴールではないのです。

もっといえば、復縁したあとでも復縁屋を雇ったことは一生隠しておくべきでしょう。

きっかけ③ 復縁屋との契約書がみつかる

復縁屋を雇ったことは、忘れた頃にバレるものです。

復縁したあとで、復縁屋と交わした契約書が彼にみつかるパターンは意外と多いようです。

とくに多いのが復縁がうまくいって結婚したあとなどです。

復縁屋を雇ったことが彼や家族にバレたくない場合は、貸金庫などに預けるか、必要に応じて処分するといいでしょう。

きっかけ④ 依頼しただけで復縁できた気になってしまう

復縁屋を雇ったことがバレるきっかけは、復縁屋に依頼したことで気が緩み、もう復縁できたような気になって言動から相手側にバレるというパターンです。

すこし考えればわかるようなものですが、短絡的な人は自らバラしてしまうのかもしれません。

自分がバラしそうで自信がない人は、打ち合わせで復縁屋のスタッフにどんな注意をすればいいか細かく教えてもらうといいでしょう。

復縁屋とはいえ人間相手は難しい

依頼内容が嘘なら失敗は不可避

復縁屋は、依頼者のいうことを信じて調査や工作活動をします。

復縁屋としてバレるような作戦はしませんが、作業が進むうちに依頼者側の嘘がバレることは意外と多いようです。

たとえば恋人同士ということで進めていた案件が、じつは金銭問題で離婚した元夫婦で、元彼といわれていた対象者がすでに再婚していたケースでは、事実が発覚した時点で失敗となりました。

相手がすでに結婚していたら成功しない

恋愛関係であれば復縁屋が介入する余地がありますが、法的に婚姻契約をしている夫婦に介入するのは難しく、成功率は約50%以下といわれています。

夫婦関係が破綻していたり離婚寸前であれば作戦が立てられますが、良好な関係の夫婦を別れさせるのは難しいと思っておいたほうがいいでしょう。

さいごに

復縁屋に依頼したらしっかり協力しよう

復縁屋に依頼をしたら、復縁させてもらうという受け身の意識でいてはいけません。

成功率を上げるために一緒に努力することが大切ですので、積極的に情報やアイデアを提供して、自分にできることがあれば参加するようにしましょう。

いかに協力体制を取れるかが、復縁を成功させる鍵になるでしょう。

関連記事
本気で復縁したいときの男の行動&復縁のタイミング
復縁したいときに見せる女の行動&復縁するタイミング

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!

関連キーワード