復縁が絶対無理な状況を具体的に解説!ノーチャンでも復縁は可能?

「元彼と復縁したいけど、できる気がしない」「元彼に告白したけど振られた」と悩んでいませんか? 今回は、「復縁が絶対に無理な状況」と、「復縁が無理な状況から復縁する方法」を紹介します。 元彼と復縁するのが難しい状況にある方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

元彼に「復縁は無理」といわれたこれって脈なし?

元彼に、「復縁することはできない」と振られてしまったら、復縁することはできないのでしょうか。

結論から言うと、「復縁は無理」と言われても、復縁することは可能です。

別れた直後は、元カノに対してネガティブな印象をもっているため、別れてからすぐ復縁を迫った場合は、「復縁は無理」と振られてしまうでしょう。

しかし、冷却期間をおくことで、マイナスイメージが少なくなります。

別れた直後に「復縁はできない」と言っていた元彼でも、時間がたつとともにあなたに未練を持つようになり、復縁できることがあります。

「復縁は絶対無理な状況だ」と思っても、諦めないことが大切です。

復縁が絶対に無理な状況4つ

【絶対無理な状況1】連絡手段がない

元彼と復縁するためには、元彼と連絡する手段が必要です。

LINEや電話をブロックされていても、共通の知人がいれば、連絡手段を得ることができます。

しかし、共通の知人がいない場合や、元彼が引っ越しをして連絡が全く取れなくなってしまった場合は、復縁が絶対無理な状況になってしまいます。

【絶対無理な状況2】あなたが浮気を繰り返した

あなたが浮気を繰り返して別れたのであれば、元彼は復縁を受け入れてくれない可能性が高いです。

また、一度の浮気であっても、「浮気は絶対許せない」と振られるケースがあります。

何度も繰り返してから別れた場合は、あなたに愛想が尽きているので、「もう浮気はしない」と言っても信じてもらえません。

【絶対無理な状況3】元彼に新しい彼女がいる

すでに元彼に新しい彼女がいる場合は、復縁が絶対無理な状況です。

新しい彼女とうまくいっている間は、元彼にとってあなたは過去の女です。

復縁が絶対無理な状況で復縁のアピールをしても、逆効果になってしまうだけです。

【絶対無理な状況4】体だけの関係になった

復縁する前に体の関係を持ってしまうと、元彼はあなたのことを「恋愛対象」ではなく「都合のいい女」と考えます。

恋人ではなく、セフレになってしまうため、復縁が絶対無理な状況になります。

具体的に解説!復縁する気がない彼の行動

LINEの返信が無い

復縁する気のない元彼にLINEを送っても、返信が返ってこないことが多いです。

返信がきたとしても、返信までにかなり時間がかかったり、そっけない内容だけのときは、復縁する気がないと考えていいでしょう。

好きな女性の話を平気でする

元カノの前で、別の好きな女性の話をする男性は、復縁する気がありません。

男性にとって、元カノは過去の女になっているため、恋愛対象として考えていないでしょう。

一緒にいてもほかのことに夢中になる

元カノと一緒にいても、ずっとスマホを操作したり、周囲の女性を気にするような態度をとる元彼は、復縁する気がありません。

このような行動は、気になる相手の前ですることはありません。

やっぱり復縁は不可能だった...体験談

復縁が絶対無理な状況であることはわかっていたのですが、どうしても元彼のことが忘れられず、復縁するために努力をしました。

しかし、元彼は私のことを気にするそぶりが一切ありませんでした。

「なんとしても振り向かせよう」と頑張ったのですが、復縁は失敗してしまいました。

それでも逆転をねらいたいなら自分磨きを

復縁が絶対無理な状況のときに、復縁を成功させることは難しいです。

どうしても復縁したいときは、自分磨きをしましょう。

元彼が惚れ直すほどの魅力を身に着ければ、あなたに興味を持つ可能性があります。

自分磨きをするときは外見だけではなく、内面も磨きましょう。

また、元彼が新しい彼女と別れたときに、復縁のチャンスが生まれます。

チャンスを逃さないように、自分磨きを継続することが大切です。

脈なしの彼との復縁率をあげるコツ

脈なしの元彼との復縁率を上げるためには、復縁できるまで努力をする必要があります。

どうしても元彼が忘れられないのであれば、復縁が絶対無理な状況であっても、元彼が振り向いてくれるまで頑張りましょう。

関連記事
復縁が無理な状況から逆転する方法&復縁を遠ざけるNG行為

復縁が無理な状況から逆転する方法&復縁を遠ざけるNG行為

復縁するのは無理と言われた…その理由&復縁したいと思わせる方法

復縁するのは無理と言われた…その理由&復縁したいと思わせる方法

関連キーワード

おすすめの記事