LINEのタイムラインが復縁に最適!?なんて投稿するの?

彼氏との関係が悪化して、既読無視が続くともう連絡がとれないと思うかもしれません。

しかし、タイムライン機能を使えば、自然に彼に自分の近況を伝えることができるようです。

LINEのタイムライン機能で復縁する方法があれば、知りたい人は多いでしょう。

ここでは、復縁に有効なタイムラインの投稿内容や、流さないほうがいいNGタイムラインなどをご紹介します。

復縁したい!でもどうやって…

別れた彼氏と復縁したいときは、LINEのタイムライン機能が使えるということをしっているでしょうか。

タイムライン機能を上手に利用すれば、こちらからの連絡にはまったく応えてくれない相手に、あなたの情報をみせることができるようです。

タイムラインを日頃使わない人でも、しっかり準備すれば簡単に利用できます。

男性の特性に合致したいまどきの復縁方法なので、試してみる価値はありそうです。

LINEのタイムラインが復縁に最適!?

彼氏にむけた連絡ではない

LINEのタイムラインは、既読無視する相手にも自然にみてもらえる便利な機能です。

特定の相手に向けた投稿ではないので、彼氏に対するメッセージではありませんし、気長に投稿していれば通知がでますので、いつかみてもらえる可能性があるでしょう。

彼がストレスなくチェックすることができる

LINEのタイムラインは通知があるとなにげなくみてしまうものですので、気まずい関係でも気にせずみてもらえる可能性があります。

また、男性は別れた彼女の様子を比較的気にしてチェックする人が多いので、まさに不特定多数に向けたタイムラインはチェック用にうってつけなのです。

基本的に、既読無視や未読無視は特定の相手に行動が把握されやすく、気にする人は行動を把握されたくないという理由で疎遠になったりするようです。

その点、タイムラインであれば自分からコメントなどをしないかぎり、こっそり覗き見ができるので、彼が気軽にチェックしやすいようです。

自分の変わった姿をみてもらえる

LINEのタイムラインは、自分の変化や努力をみてもらえますので、復縁に役立つといわれています。

たくさんの人にみてもらえますので、もし彼氏がみていなくても第三者がみていて彼氏に伝えてくれる可能性があります。

どの時点で彼があなたの投稿に気付くかわかりませんので、タイムライン作戦は気長に長期戦の構えで続けましょう。

復縁のアピールができるタイムラインの投稿内容とは?

前向きに努力している内容

LINEのタイムラインで復縁をアピールするには、前向きに努力している内容を投稿するといいようです。

男性は成長したり変化するものが好きですので、すこしずつでも努力している報告をみると好感を持つようです。

前とは変わった自分を伝える内容

もし本当に復縁したければ、LINEのタイムライン機能には、以前と変わった自分を表現する内容を流したほうがいいようです。

彼に復縁を意識してほしい場合は、イメージチェンジや痩せてスタイルがよくなった姿を投稿して、彼から離れていこうとする様子をみせたほうがいいようです。

復縁が逆効果になるタイムラインの投稿内容

辛い寂しいなどマイナスの内容はNG

LINEのタイムライン機能が復縁に使えるからといって、投稿する内容が「彼と別れて辛いよ寂しいよ」という無意味なものでは彼に響きません。

「相変わらずめんどくさい女のままか…触らぬ神に祟りなし!」と思われて終わりです。

タイムラインに投稿する内容は、健気に頑張っている姿を彷彿とさせるものに限定したほうがいいかもしれません。

彼を名指しで批判するような内容はNG

復縁のためにLINEのタイムラインを利用するのであれば、マイナスの内容を投稿してはいけません。

彼を名指しで批判したり、恨みごとを垂れ流すようなことはやめましょう。

彼の興味を引きたいからといって、過激な投稿や自暴自棄な投稿は逆効果です。

LINEをうまく活用して復縁を目指そう!

LINEのタイムラインを正しく活用すれば、彼との復縁に役立てることができるかもしれません。

あなた自身の人間的魅力と、彼に響くような努力の証しを上手に組み合わせて、根気よくタイムラインで彼にアピールしましょう。

関連記事
復縁のためだもんッ...元彼のSNSに「いいね」をするのはアリ?
元彼がまだ好き!SNSを使って復縁を引き寄せるテクニック
「いい女だった...」元彼に別れを後悔させるSNSを使った方法

幸せになる情報たくさん!
SNSでウラッテをフォローしよう!

幸せを呼ぶ方法、今年の運勢、占い、恋の秘訣、彼をメロメロにさせる方法、あの人が冷たい理由…etc 女性にとって役に立つ内容を配信します♪LINEの友達になるとオトクなクーポンもお届けっ!