男性が結婚に焦る年齢とは?焦る瞬間&結婚適齢期

「そろそろ結婚しないとやばいかもしれない」と結婚に焦る年齢は、男女で違いがあります。 女性と同様に男性ももちろん結婚に焦る人が多いのですが、実際に焦る年齢は女性と差があり35才頃からが多いと言われています。 周りの結婚や親からの圧力、子供のことを考えて徐々に焦りだすのです。 今回はそんな男性が結婚に焦る年齢や瞬間、そして理由をまとめました。 自分は早く結婚をしたいのに好きな人や彼氏が結婚に焦っていないのは、まだ焦る時期にきていないのかもしれません。この記事を読めば彼氏の結婚意識を変えられるかもしれません。

男性が結婚に焦る年齢

男女で異なる平均初婚年齢

男性平均初婚年齢 31.0才
女性平均初婚年齢 29.4才
令和2年の平均初婚年齢は、夫 31.0 歳、妻 29.4 歳

出典:www.mhlw.go.jp

このデータをみてあなたはどう思いますか?

2020年の日本人平均初婚年齢は男性31.0才、女性29.4才です。女性よりも男性のほうが初婚年齢が約2才遅いです。よって結婚に焦る年齢も女性より男性のほうが少し遅いのです。

また数十年前より晩婚化が進んでおり、平均初婚年齢はこれからもますます遅くなると言われています。それに比例して結婚に焦る年齢もどんどん遅くなることが予想されます。

男性が焦るのは35才から

女性の多くは25才頃から結婚を考え始めて、そして28才で少し焦りを感じ、さらに平均初婚年齢を過ぎた30才を過ぎてからは「そろそろ結婚しないとまずいかもしれない」とかなり焦るようになります。出産のことも考えると当然でしょう。

しかし男性の場合は、女性とくらべて結婚を焦りはじめるのが遅いです。

近年では晩婚化が進んでいるのに加えて結婚をしない人も多いです。そのため30才になって結婚願望があったとしても焦る男性はまだ少ないです。

男性が実際に焦り始めるのは33才頃で、35才になるとかなり焦り始めると言われています。

しかし男性だって年を取るほど結婚も子作りも難しくなり不利になるものです。そのため焦る年齢と現状のバランスが取れていない部分があり、男性の5人に1人以上が生涯独身の状態が起きています。

都心か地方でも違う

結婚に焦る年齢は地方にいくほど早まる傾向にあります。結婚は20代でするべきだという昔の常識がまだ浸透しており、周囲の圧力を受けやすいからです。25才や26才でも焦る男性がいるほどです。

しかし実際は都心でも地方でも結婚の平均年齢に大きな違いはありません。

年齢別!男性の結婚観について

理想の結婚年齢は人によってさまざまです。それぞれの男性の結婚観や、男性の状況によって変わってくるためです。

しかし平均的に男性はどのように結婚について考えているのか、年齢別で見てみましょう。

30歳前後は結婚を考える時期

女性の多くが、30歳前後までには結婚したいと考えています。男性も同じく結婚を考えている人は多いです。

しかしまだ焦りはなく「いい人がいたら!」程度で気楽に考えている人が多いです。むしろ独身で自由に生きたいと考えている男性も多い年代です。結婚前提ではないお付き合いをしている人も少なくありません。

そのため彼女から結婚を迫られると、例え彼女が好きでも「結婚は今ではない」と避けるような行動をする人もいます。

35歳前後から焦りだす

35歳前後になると収入が増えてきて結婚のための資金がたまる男性も多くなってくることから「そろそろ結婚したいな」と結婚を本格的に考え始め、同時に焦りも感じる人が増えてきます。

この年齢になると周囲に結婚する人も増えてくるため「自分もそろそろ結婚しなくてはいけない」と思うようになるのです。

結婚願望が強い男性の場合は35歳を過ぎると焦る一方ですが、しかしこの年齢になっても結婚願望がなかったり焦らない男性もいます。

40代になると諦めも入る

40才になると結婚に諦めをもつ人も増えてきます。

「結婚はデメリットばかりだから結婚するつもりはない」と考え、独身の楽しさと自由さを知り結婚願望すらない人も増えてきます。

不妊の原因が男性の側にあることも珍しくなく、男性も年齢を重ねるほど精子が老化してくるとも言われているので、子供のことも考えるとますます諦めも入るでしょう。

仕事や趣味に打ち込んでいる男性は、40歳まで結婚しなくても大丈夫だと焦りもないケースも多いです。

男性が結婚に焦る瞬間

結婚に焦るのは年齢だけではありません。周りの環境の影響をうけても焦るものです。

焦る瞬間① 周りが結婚したとき

周囲の友人が結婚をするときに、「自分も結婚しないとまずいかもしれない」と焦るのは男女ともに一緒です。

とくに、周囲の友人が立て続けに結婚するラッシュがきたときは友人から「そろそろ結婚しないの?」と聞かれることが増えて、より結婚に焦りを感じるようになります。

焦る瞬間② 親が病弱になったとき

両親が病気で倒れたときに、「早く結婚をして嫁や孫の顔を見せてあげたい」と思うようになる男性が多いです。

男性の多くは、結婚して孫の顔を見せることが一番の親孝行だと考えているためです。

焦る瞬間③ 親や親戚のプレッシャーを感じたとき

「そろそろ結婚しないの?」「あんた結婚しないの?」「孫が早く見たいよ!」結婚適齢期になるほど、結婚に対する親のプレッシャーは強くなりがちです。

そうなるとやはり「うるさいな…」と思う一方で自然と焦りをもつようになります。

焦る瞬間④ 風邪や病気になったとき

風邪や病気になったときは一人ぼっちだと寂しくなるものです。「このまま誰も知らずに死んでしまったらどうしよう…」なんて孤独な考えもしてしまいます。

特に彼女すらいない男性の場合は、風邪や病気になったときに寂しさと孤独を感じ結婚に焦りを持ち始めます。

焦る瞬間⑤ 幸せそうな家庭を見たとき

公園やデパートで幸せそうな家族連れを見たとき、結婚願望がある者からすると微笑ましくなると同時に羨ましくもなるものです。

「早くあんなふうに幸せな家庭を持ちたいな」「かわいい子供がほしいな」と結婚願望に火がつくのです。

焦る瞬間⑥ 婚活がうまくいかないとき

結婚に焦る人の多くは婚活サイトに登録をしたり、お見合いや合コンを積極的にしています。しかし頑張っているのにうまくいかない場合「このまま時だけ過ぎて結婚できないのかな…」とかなり焦りを感じるものです。

結婚にいつまでも焦らない男性の特徴

結婚に焦る男性がいる一方で、結婚にいつまでたっても焦らない男性もいます。好きな人や彼氏が以下の特徴に当てはまるなら注意が必要です。

特徴① 結婚についての話をしない

結婚に焦っている人なら、結婚したい年齢や理想の家庭について自然と話題にでるものです。焦るほど脳内が「結婚」でいっぱいだからです。

しかし結婚に焦りを感じずまだ独身でいたいと思っている人は結婚話や将来の話をしない傾向があります。結婚話をしないどころか避ける傾向もあります。

特徴② 仕事や趣味に熱中している

頭の中が仕事や趣味でいっぱいの人はまだ結婚に焦っていない人が多いです。

「来年会社を作ろうと思っているんだ」「5年以内に海外で働きたいんだ」など、仕事や趣味についてこれからも大きな挑戦をしようと考えている人は、今は結婚よりも他のことを優先していて集中をしているのかもしれません。

特徴③ 女遊びが激しい

女遊びが激しくチャラい男性は、結婚よりも今の自由な時間を楽しみたいと思っています。そのため結婚についてはまだ焦りを感じていないでしょう。

しかし女遊びが激しい人でも年齢や環境の変化で、急に結婚願望が芽生える場合もあります。

【女性編】結婚に焦ったときの対処法

彼氏と結婚について真剣に話し合う

結婚したいと思うのなら彼氏と真剣に話し合いましょう。結婚話を避けられて、それを見逃したままでいては何も話は進みません。時だけが過ぎていきます。

あなたと彼氏の考えを共有し、好きだからこそ未来についてを話し合いましょう。

婚活アプリに登録する

結婚に本当に焦ったなら婚活サイトや結婚相談所に登録をするのがいいでしょう。

マッチングアプリに登録をしたり、合コンに積極的に参加をするのもいいですが、婚活サイトや結婚相談所は同じく結婚に焦っている人達が集まっているため真剣交際の出会いが多く結婚に発展をしやすいです。

彼氏に結婚願望がないなら未来はほぼありません。例え彼氏がいても婚活サイトに登録をしてもいいでしょう。なぜならあなたの人生は1回しかなく、また年齢を重ねるほど結婚と出産の難易度が上がるからです。未来がない人をいつまでも待ってはいられません。

自分磨きをする

「なかなかいい人に出会えない…出会えたと思っても振られてしまう…」そういった人は自分磨きを徹底しましょう。

第一印象は残念ながら外見で判断をされがちです。そのため髪型や服装、ダイエットなど思いっきり研究しましょう。

また結婚はカップルのお付き合いとはまた異なってくるので、外見だけ磨いてもNGです。勉強をして教養をつけたり、料理を学ぶのもいいでしょう。

自分に不足しているものを振り返り自分磨きをしましょう。

自分の結婚相手について考える

意外と自分の結婚相手についてうまくイメージができていない人が多いものです。よくあるのが自分の器に当てはまらない男性を求めるケースです。

誰だってお金持ちで一途で優しくてイケメンの旦那を求めたいものですが、そういった高い理想を求めるのではなく自分にあった旦那ってどんな人なのかを考えましょう。

可愛くもなく、お金もなく、性格も頭もスタイルも悪い…そんな人に王子様は来てくれません。いくら出会いを求めても結ばれるのは難しいでしょう。王子様を求めるのではなく、自分のレベルに合った自分に合う人は誰なのかを考えましょう。

どうしても王子様を求めるのなら、王子様に合う女性になりましょう。

男性を結婚で焦らせる方法

一向にパートナーが結婚に乗り気ではなく悩む女性もいるでしょう。そこで結婚を焦らせる方法をまとめました。

結婚願望があることを伝える

まずは結婚願望があることを伝えましょう。あなたの意思がまずは伝わなくては話になりません。

あなたの結婚願望を知り彼氏は「まだ結婚する気はないけど…しっかり考えないと別れてしまうかもしれないな」と焦りを感じるようになりますし、結婚について考えるきっかけにもなります。

堂々と婚活パーティに参加する

あなたは結婚願望があるのに彼氏がない場合は、堂々と婚活パーティに参加をするのもいいでしょう。

彼氏に怒られても「あなたのことは好きだけど、私も年齢があるし結婚をしたいから…」といえば彼氏は何も言えません。あなたとの結婚を真剣に考えてくれるかもしれません。

「結婚願望がないなら別れる」と伝える

何をやっても結婚を真剣に考えてくれないなら最終手段で「別れる」と伝えましょう。やっと焦りを感じてくれるかもしれません。

しかし何をやっても頑なに結婚願望がない男性もいます。そういったパートナーの場合は残念ですが、別れて他の人を探したほうがいいかもしれません。

女性は残念ながら若いほうが人気があり、時が経つほど結婚の可能性が減るのでどんなに好きでも将来を考えた決断をしましょう。

結婚願望がなくても年齢で焦ることがある!

結婚願望がない彼氏だったとしても、年齢や環境の変化で「そろそろ結婚しないとまずいかもしれない」と突然焦りを感じるケースがあります。

結婚に焦りを感じる年齢は女性より高い傾向にありますが、40代とかなり年をとってから焦るケースもあれば、20代のころから焦りを感じる男性もいます。

人それぞれなので、自分の気持ちを押し付けず彼氏の考えも尊重をしながら結婚を考えましょう。

関連記事
結婚しないずるい男の心理&特徴!決断させる方法

結婚しないずるい男の心理&特徴!決断させる方法

付き合うなら結婚前提ってどういうこと?男女別の心理&注意点

付き合うなら結婚前提ってどういうこと?男女別の心理&注意点

結婚できない30代の男性の特徴6つ!1人でなんでもできる男は一生独身...?

結婚できない30代の男性の特徴6つ!1人でなんでもできる男は一生独身...?

関連キーワード

おすすめの記事