え…婚活失敗?ブロックされないLINEのコツとは?

「婚活アプリで仲良くなった彼から連絡がないなと思ったら、彼にLINEをブロックされていた…」ということがあったらショックですよね。 ここでは、婚活相手からLINEをブロックされた場合の対処法や、LINEでブロックされないコツを紹介します。

婚活で出会った男からLINEブロックされた!

LINEブロックには特別な意味がある

さまざまな相手と出会い結婚相手を決めなければいけない婚活は、効率のいい特殊なルールや符牒のようなものがたくさんあります

婚活初心者は日常の常識で動こうとしますが、ネット上では違う常識が存在するようです。

LINEをブロックするということは、「このたびはご縁がなく残念ですが、ご多幸をお祈りします」という意味なのだそうです。

LINEをブロックした理由って?

なんとなくブロックしてみた

LINEのブロックは、簡単で自己本位なものになってしまいます。

ひととおり丁寧なやりとりをした相手でも、ほんの気まぐれでブロックしたことは自分にも覚えがないでしょうか?

公式LINEのブロックなどでも、もしかしたら担当者は傷ついているかもしれません。

他に仲良くしている女性がいた

ネットの婚活は同時進行で進める人が多いので、あなたの他にもっと仲良くしている女性がいて、彼はそちらに決めたのかもしれません。

婚活中はいろいろな思惑が入り乱れて疲れ気味の人もいますので、きっちり別れの挨拶をしてくれる人は少数派のようです。

自然消滅だと思って気にしないようにしましょう。

じつはもう結婚していた

そもそも論として真剣に婚活する気がなく、それどころか既婚者である場合がたまにあるようです。

手軽な婚活サービスは遊びの男性がいるかもしれないので、相手の言葉を鵜吞みにせず、どう行動するかで相手の本音を見抜きましょう。

LINEをブロックされたときの対処法

LINEブロックスルーする

婚活におけるLINEのブロックは、「縁がなかった」というメッセージを兼ねています。

それが常識のようになっているので、深追いしてもしかたがありません。

LINEの婚活の洗礼を受けたと思って、そのままスルーしましょう。

婚活失敗?ブロックされないLINEのコツとは?

話題がないからといって日記文を送らない

話題が思いつかないからといって、今日あったことを長文で送らないようにしましょう。

長文はSNSで避けられる傾向にあるので、すぐ変人だと思われてブロックされてしまいます。

本当に婚活したいなら話題を思いつかないままボンヤリ暮らさずに、話題を作る訓練などに励みましょう。

ネット社会の現代では、最適な方法がつねにみんなに周知されるので、我流で変な工夫をしている人はとりあえずブロックされてしまいます。

LINEでの長文は変人認定される

熱い意見があるならば、横着してLINEで長文を書かず別のブログなどに長文を載せておいて、そのページのURLをLINEでお知らせするようにワンクッション置くといいかもしれません。

とにかくSNSなどで長文を書いてしまうと、読みづらく悪目立ちしてなんらかの心の問題を抱えた人のようにみえてしまうので気をつけましょう。

言葉遣いに気をつける

「ネットだから」「若者のツールだから」「顔が見えないから」といって馴れ馴れしい言葉遣いでメッセージを送ったり、謎のキャラを作って相手を困惑させるのはやめたほうがいいでしょう。

本気で婚活したいなら、社会人として常識的な言葉遣いを心がけましょう。

はじめはすべての人に丁寧語で接し、仲良くなったら2人の関係にあった言葉遣いを意識するといいかもしれません。

LINEをブロックされた理由を探ろう!

もしもLINEをブロックされたときは、ショックかもしれませんがまずは冷静にブロックされた理由を考えてみましょう。

自分の間違いに気付き直すことができれば、次に出会った人とうまくいくかもしれません。

LINEを上手に活用してたくさんの出会いを経験し、素敵な結婚相手をみつけましょう。

関連記事
婚活で出会った男性とメッセージが続かない…話題作りのコツとは?

婚活で出会った男性とメッセージが続かない…話題作りのコツとは?

婚活が一向にうまくいかない...結婚できない女の特徴とは

婚活が一向にうまくいかない...結婚できない女の特徴とは

関連キーワード

おすすめの記事